At any rateが聞き取れず苦戦しました。なんとなく流れで理解したのですが at が へ に聞こえてしまいます。

ついでに A little more のlittleが ドロ、ドルみたいな感じに聞こえててんぱりました。 そんなものなんですかね?
カタカナで伝わりにくいかと思いますがよろしくお願いします。

A 回答 (2件)

どこで聞いたのでしょうか?



拝見する限り、なんとなく英国かオーストラリア人じゃなければカナダ人の発音のように感じます。ああ、もしかしたらアメリカでも若者っぽい喋り方だと「へ」になるかもしれません。
(日本の若者の日本語の発音もなんか???な時がありますよね)

アメリカの発音に慣れていると、英国の英語はすごく聞き取り難いですし、オーストラリアなまりもかなり聞きつらく感じます。
(オーストラリア滞在中に現地の方が、AU(エーユー)が「アイォウ」と聞こえるように発音されて、理解するのに苦しんだことがあります:AU=オーストラリア)

世界にはいろんななまりがありますので、慣れるしかないと思います。

この回答への補足

ナイトクラブ的な場所での会話ですね。英、濠訛りはさほど感じなかったのでアメリカだと思うのですが自信はないですね・・大学生と言ってたので20前後だろうから若者言葉なのかもしれません! 今となっては確認のしようがないので見得を張って説明を求めなかったとに後悔です。

回答ありがとうございました。

補足日時:2009/05/21 19:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼の場所間違えてました。私の質問も説明不足でわかりにくかったですね。

お礼日時:2009/05/22 08:11

英語だと「t」と「l」の発音が近い関係にあるので, 特に「t」が「l」のように聞こえることがあります. 例えば「water」が「ワラ」のようになることがあります.


そして, 前置詞とその目的語の間ではアンシェヌマンすることがあります.
ということで, at any rate は「アテニレイト」あるいは「アレニレイト」のように聞こえるかもしれません.
little が「ドロ」みたいに.... ん~, こっちはよくわからん. 上に書いたように t が l のようになることがあるのでちょっと速く発音すると「リル」みたいになるんですが, そこからの変化かなぁ.

この回答への補足

「アテニレイト」「アレニレイト」だったら私の耳でも聞き取れるはずなんですよね。たぶん。。。1度は聞き返したんですがやはりへニィレイトと聞えてしまいその場で携帯にメモったのですよ。まぁ前後の状況で意味は理解できたのでその場は流しました。 

回答ありがとうございました!

補足日時:2009/05/21 19:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼の場所間違えてました。私の質問も説明不足でわかりにくかったですね。

お礼日時:2009/05/22 08:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング