出産前後の痔にはご注意!

中3の子供のテストで

We must help poor children. What do you think?
これに対してあなたの意見を英語で書きなさい。

という問題がありました。

そして、子供が

I agree with the opinion.・・・

と書き始めたのですが、
この文章が減点されていました。
with の後は人が来るからマルにはできないと言われたそうです。

教科書で確認したら、確かにagree with you や your motherなど
人がきていましたが、ものが来た場合の説明は受けていなかったそうです。

その話を聞いた時、確かに、私が学生のころ、人だったら・・・、
物だったら・・・って習った記憶もあるので、気になって色々調べてみたのですが
agree withの後でも、ものが来る場合もあるようで・・・
よくわかりません。

入試で英作文の問題もあり、意見に賛成、反対など英文で述べる問題もよくあるそうで、
この先、その意見に賛成のとき、もうI agree with the opinion.
では不正解なのか、またそのかわりどういういいかたをしなければならないのか、教えてください。

中3の子供がわかるようによろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

10年くらい前の参考書とか辞書には


agree with もの
agree to 人
とありました。

私が昔勤めていた予備校の講師も同じことを言っていました。
その流れを変えたのがジーニアス英和辞典で,それで育った世代だとまず大丈夫です。

agree wit ~は「~と意見が一致している」という意味で,「人」以外に
opinion, idea のような語がきてまったく問題ありません。
極端な意見だと,listen to me で「私のいうことを聴く」みたいに
agree with ~は本来,「もの」で,「人」で,「その人のいうこと」を表すと言っています。

ちなみに「提案などに同意する」という場合が
agree to ~で必ず「提案」などものがきます。

be of the opinion that ~で「~という意見である」という意味です。

ジーニアス以降,まずすべての辞書でこのことは書いているはずです。
    • good
    • 0

agree withの後には人もモノも両方来ます。



試しにgoogleでagree withを検索してみれば、後ろに人でないものが来ている用例が山のようにヒットします。
ということで、現代の英語ではagree with モノという用法は定着しており、誤りとは言えなくなっていると思います。

ではあなたのお子さんが正しかったから先生の方を修正させればいいかというと、それは微妙かな。

あなたのお子さんが現代英語の用法を研究した上で自信満々でそういう答えを書いたのに減点されたということなら、もちろん先生が悪い。

でもそういう点をきちんと調べずにwith モノと書いたのなら、要するにたまたま正解だっただけであり、そのことだけで先生を責めるのはいかがなものかと思います。

私は学校で英作文とは英借文である。日本語を英語に置き換えただけでは正しいとは限らない。実際に英米で使われている英文の用例を探してから使いなさい、と先生に教わりました。これは今でも正しいと思っています。

自信があるのかないのか、ちゃんと調べたのかそうでないのか、そういう観点で見てあげればよいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この機会に英語に対する興味が深まってくれればいいなと思っています。アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2010/02/05 09:19

あまり文法は得意ではなく、アメリカ英語しか実際の経験がないので、本来の英語と違う、などあるかもしれませんが…



日本では、昔から「agree with 人」、「agree to 物、事」が半ば公式のように言われています。
実際にはどちらも使われていますし(日本語の「役不足」のように誤用している人が増えているというだけかもしれません)、agree to の場合、「賛成」というより提案などに「同意、了承」という意味合いが強くなります。

なので、一番正しく一番自然なのは、「彼の意見に賛成だ」と言う場合でも「I agree with him」だと思います。
直訳すれば「彼に賛成だ」ですが、わざわざ言わなくても「彼の意見に賛成だ」と分かりますし、英語の場合、それが自然です。
    • good
    • 1

agree with のあとには人が来ます。

しかし plan 「計画」, sigh「溜息」, opinion 「意見」なども使えます。例は

 http://eow.alc.co.jp/agree+with/UTF-8/

にあります。減点したのは先生の間違いです。先生が知らない事は先生に教えてあげましょう。
    • good
    • 0

ofです


なぜかと聞かれてもそういうことになっているからとしか言えません
これは誰それです、ではなくこの人は誰それです
が正しい
これとこの人はどう違うのか?
そういう決まりだとしか言えません
    • good
    • 0

簡単に答えてしまえば、


agree with (人)
agree to (事柄)
です。

動詞と前置詞との組み合わせは慣用なので、日本語で説明するのは難しいのですが、中学生にわかるように言うなら:
with は 「と」と訳しますね(例:with you あなたと一緒)。ここでは「あなた(人)と同じ意見ですよ」という意味。
to は 「に」と訳す(例:go to the station 駅に行く)から、「その意見に賛成しますよ」ということ。

文法的に厳密には正しくないかもしれませんが、覚え方としては十分納得できるでしょう。
なお、英語国民の中にもちゃんと区別しない(できない)人もおります。日本の学校英語では区別した方がいいでしょう。(そうでなければ、減点されますから。)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qagree with your planは間違いですよね?

agree with your opinionなら良いですが、

1. agree with A「<人の発言や意見>に同意・賛成する」
2. agree to A「<提案や計画や条件>に同意・賛成する」
なのでplanは2に属し、1の用法に合致しません。

ソース
http://www.lingua-land-jp.com/qb37.htm

ジーニアスにもagree with [×to] your argument [opinion] on this point.と載っています

Aベストアンサー

基本的に agree は with と相性がいいです。
「~と意見が一致する」という意味合いです。

唯一、agree to ~となるのが、
コウビルド英英辞典にもある
If you agree to a proposal, you accept it.
の場合です。
「同意」という日本語自体が難しく、
この場合は「承諾する」「受け入れる」と訳した方がいいと思います。

「提案」というのは、相手側から提示されるもので「意見を一にする」というものではありません。
受け手が受け入れるものです。

主語となる人がともにできるものなら with であり、一方的に出されるものなら to と区別できると思います。
あと、人の場合は必ず agree with 人です。
(昔の学校文法だと、agree with 人、agree to ものという区別をしていて、agree with your idea は誤りと平気でやっていました)

plan は微妙ですね。
相手側から提示されるものと考えると to
plan の内容・骨子という意味で「案」と考えると with
どちらも可能だと思います。

基本的に agree は with と相性がいいです。
「~と意見が一致する」という意味合いです。

唯一、agree to ~となるのが、
コウビルド英英辞典にもある
If you agree to a proposal, you accept it.
の場合です。
「同意」という日本語自体が難しく、
この場合は「承諾する」「受け入れる」と訳した方がいいと思います。

「提案」というのは、相手側から提示されるもので「意見を一にする」というものではありません。
受け手が受け入れるものです。

主語となる人がともにできるものなら with で...続きを読む

Qagree to と agree with の違い

私は「agree with 人 」だと思っていたのですが、
I agree to the plan.
I agree with the plan.
両方言うことが可能だと知りました。
どう違うのでしょうか。

また、「その意見に賛成です。」と言いたい場合はどちらが適切ですか?

Aベストアンサー

 agree with 人,agree to 物 というのは予備校講師レベルでも錯覚する誤りです。
 agree には,「~に同意する,受諾する」という意味があり,これは,agree to your plan のように用いることしかできず,agree to you で「あなたに同意する」とすることはできません。この「同意」というのは,話し合いで「意見が一致する」というよりも,「部下の考えた計画に上司が同意する,契約に応じる,親が結婚を認める」のような意味です。
 もう一つ,「~と意見が一致する」という場合で,agree with ~となります。この with の後は,人だけでなく,「人が述べた意見・考え」などでもかまわないのです。ただし,あくまでも「見解の一致」と言えるものだけで,「提案・要求」のような実行を表すものは上の agree to ~になります。
 plan の場合は,会議中の「意見」の段階では agree with the plan も可能だと思います。会議などで決定し,社長などがゴーサインを出すとか,相手先が契約に応じるという段階では agree to the plan となると思います。

 agree with 人,agree to 物 というのは予備校講師レベルでも錯覚する誤りです。
 agree には,「~に同意する,受諾する」という意味があり,これは,agree to your plan のように用いることしかできず,agree to you で「あなたに同意する」とすることはできません。この「同意」というのは,話し合いで「意見が一致する」というよりも,「部下の考えた計画に上司が同意する,契約に応じる,親が結婚を認める」のような意味です。
 もう一つ,「~と意見が一致する」という場合で,agree with ~となりま...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html

Qagree withとagree that

中3です。

agree thatとagree withの違いが分かりません。

どちらも意味は「~に賛成する」で
あってますか?

Aベストアンサー

agree+with は名詞句が来ます。
つまり、動詞がはさまない単語。
agree with you.
agree with the facts.
名詞、代名詞などが来ます。動詞は入っていませんよね。


agree that は後ろに節がきます。
つまり主語+動詞の文が来るのです。
agree that we should start.
名詞だけでは完成しないので、主語+動詞の文型がきます。


意味はどちらも賛成する、一致する。です。


人気Q&Aランキング