犬好きの方で、翻訳のできる方教えてください!

Complex levels of emotion and ego link dogs and owners-----often a dog must compensate for a lack in the owner's past or present life. The dog becomes the owner's self-extension, to some degree. Dog trainers, breeders, professional handlers, boarding-kennel proprietors, veterinarians, and others whose life's work is with animals soon learn to respect the complex intertwining of owner/dog identities. Contending with this situation often calls for the fullest measure of patience and compassion. Persons working on a full-time basis with animals often glean an unusual quality of empathy through their own feedback and interaction with their living charges.

長文ですがよろしくお願いします。
なんと言いますか、私は、英文は頭の中で英語で解釈します。和文は日本語で。ですので、パズルを組み立てるように直訳はできますが、翻訳は苦手です。そしてなお、恥ずかしながら、私の日本語は中途半端です。
特に、Contending~以降がわかりません。よろしくお願いしますm(_ _)m


kay0722

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

感情の複雑なレベルと自我はしばしば犬と所有者-----を結びます。

そして、犬は所有者の過去または現在の生命において欠けているものを補償しなければなりません。ある程度は、犬は所有者の自己拡張になります。犬トレーナー、畜産家、プロのハンドラー、寄宿犬小屋所有者、獣医とライフワークがすぐに動物とある他の人は、所有者/犬アイデンティティを複雑に絡み合わせることを尊重することを学びます。しばしばこの状況と戦うことは、忍耐と同情で最も完全な方法を要求します。しばしば動物とフルタイムの方式に取り組んでいる人は、彼らの生活の告訴で彼ら自身のフィードバックとインタラクションを通して感情移入の変わった品質を収集します。

役に立てばいいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigaitng.

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

殺人事件を捜査し、捜査線上に1人の容疑者が浮かびます。
刑事は令状をとろうとしますが…。

(A:刑事,B:上司)
A: What do you mean the judge won't give us a writ?
B: The judges have to be careful. A lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigating. They're getting very sensitive, and I don't blame them.
A: But there's a note from the two dead men on his wall.
(刑事は、容疑者の自宅で、被害者の名前の入ったメモを見つけています)
B: All it says is "We know."
A: Yeah.
B: That's not exactly evidence pointing to a murder, is it?

ここで、
タイトルの部分についてお聞きしたいのですが、

”裁判所からの令状をとりながら、それを捜査ではなく、脅しのために使う刑事は少なくない”
(だから、判事は令状を出すのに慎重になっている)

という解釈でよろしいのでしょうか?

お時間ありましたら、お願いいたします。

70年代の刑事ドラマで英語の学習をしております。

殺人事件を捜査し、捜査線上に1人の容疑者が浮かびます。
刑事は令状をとろうとしますが…。

(A:刑事,B:上司)
A: What do you mean the judge won't give us a writ?
B: The judges have to be careful. A lot of boys are taking their writs and intimidating people instead of investigating. They're getting very sensitive, and I don't blame them.
A: But there's a note from the two dead men on his wall.
(刑事は、容疑者の自宅で、被害...続きを読む

Aベストアンサー

Gです。 補足しますね。

warrantはwritの一種なんです。 warrentの中に含まれないよく知られたwritとしてSubpoenaがあります。 これは出廷命令とでも言いますか、~しなくてならない、と言う分の、出廷しなくてはならない、と言う令状ですね。

これは、被疑者だけでなく「罪にはまったく直接関係していない」証人も出廷しなくてはならないと言うことなのです。 Warrantには「めんどくささ」がないわけです。 善良な市民が法廷に出廷して知っている限りのこと、忘れかけてしまっていること、または、まったくプライベートのことまで話さなくてはならない羽目になるわけです。 もちろん時間もとられます。 変な例ですが、浮気をしているときに何か重大なことを見てしまったと言うことが警察に知られてしまいこの出廷令状が来てしまった場合、その人の人権をも壊す事にも発展する可能性が大きくなるわけです。

お分かりですね、なぜジャッジが躊躇する理由が。 

この辺のところが分からないと何でWarrentsだけではないWritsの発行が市民に「威圧感」ないし「威迫」の問題が起こる、とこの文章で入っているわけです。 脅かしているわけではないのですね。 これをintimidation of a witnessないしwitness intimidationと言う大きな問題になっているわけです。

つまり、この令状を使って「検察」側に有利な証言をさせることは法廷では違法とされているからなんですね。 つまり検察側が負けとなり、すなわち起訴もおじゃんになってしまうわけです。 それをリクエストした署長の首までも飛ぶことにもなるのです。 裁判官・判事だけの問題ではないのです。

ちょっと実際の専門的な説明がどうしても必要だと感じましたので書かせてもらいました。

なお、このご質問には直接の関係はないですが、例文にも含まれていますので書かせてもらいますが、That's not exactly evidence pointing to a murder, is it?と言う表現をしています。

http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1584939 で、このis(n't) it?で私の説明が不十分だったようですが、ここでも立派に使われているわけですね。

ではまた書いてください。

参考URL:http://okwave.jp/kotaeru.php3?q=1584939

Gです。 補足しますね。

warrantはwritの一種なんです。 warrentの中に含まれないよく知られたwritとしてSubpoenaがあります。 これは出廷命令とでも言いますか、~しなくてならない、と言う分の、出廷しなくてはならない、と言う令状ですね。

これは、被疑者だけでなく「罪にはまったく直接関係していない」証人も出廷しなくてはならないと言うことなのです。 Warrantには「めんどくささ」がないわけです。 善良な市民が法廷に出廷して知っている限りのこと、忘れかけてしまっていること、または、ま...続きを読む

Qoftenの使い方。sure of their opinion to listenとは?

Because people do not listen.
の文中にoftenを入れるとしたらどこですか?


sure of their opinion to listen
を訳してください。

overcomeは、埋める と訳しても良いのでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

oftenを挿入できる位置は4通りありますが、基本的に意味は一緒です。
ただ、微妙なニュアンスの違いはあるかもしれません。
わかりやすく、例文を変えてみると…

A.Usually I don't go there.
B.I usually don't go there.
C.I don't usually go there.
D.I don't go there usually.

AとB「普段は私はそこに行かない」、
CとD「私がそこに行くことはあまりない」という感じになります。

A.Often people do not listen.
B.People often do not listen.
C.People do not often listen.
D.People do not listen often.

以上のことを踏まえると、
AとBは「普段はみんな話を聞かない」、
CとDは「みんな話を聞くことはあまりない」と訳せます。

つまり、AとBはoftenなどの頻度を強調しているのに対し、
CとDは「~しない」という行為を強調しているように思えます。
口語でも、AとBはoftenの部分を強めて発音することが多いです。


overcomeについては、埋めるという意味で使われているのはあまり聞いたことがありません。

oftenを挿入できる位置は4通りありますが、基本的に意味は一緒です。
ただ、微妙なニュアンスの違いはあるかもしれません。
わかりやすく、例文を変えてみると…

A.Usually I don't go there.
B.I usually don't go there.
C.I don't usually go there.
D.I don't go there usually.

AとB「普段は私はそこに行かない」、
CとD「私がそこに行くことはあまりない」という感じになります。

A.Often people do not listen.
B.People often do not listen.
C.People do not often l...続きを読む

QThe opportunities and leisure attractions of the t

The opportunities and leisure attractions of the towns are too tempting

翻訳してください

Aベストアンサー

街でレジャー施設に接する機会がどれほどの誘惑であることか。

Qand actually kinda annoying cause of the amount of people that were there.

正しい訳をおしえてください。
メールをもらいました
i actually went to shibuya cause i havent been there in a loooong time. it was ok. i went to a club called A. it was very crowded, and actually kinda annoying cause of the amount of people that were there. but anyway i was just checkin in to see how you were doing. cya

実はずっといったことがなかったから渋谷へいったんだ。よかったよ。Aというクラブへいったけど混んでたよ。あと・・・・・でも
わかりませんでした。教えてください。

あとこの文のようにいわれたとき Aいったんだ。楽しそうだね
とか、いいね とかはどういえばいいのですか?


教えてください

Aベストアンサー

ずーといってなかたので渋谷行ったよ。よかった。Aも良かった。混んでたねー。あまりの人の多さにちょっと引いた。まあともあれ、君がどうしてるかなーとおもってさ。

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報