下記ような請求書からシステム購入の仕訳をしたいと思っています。
===================================
  ハードウェア        500万
  ソフトウェア         300万
  システム導入費用     200万
  ハードウェア保守パック 100万
  値引             100万
  請求額           1千万
====================================
  ハードウェアは[器具備品]、ソフトウェアは[ソフトウェア]の科目になると思うのですが、
  導入費用と保守パックはどういう扱いにすればよいのでしょうか?また値引の100万
  は器具備品、ソフトウェアの金額にどう反映すればよいのでしょうか?

  御教授お願いします。
  

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

このうちでハードウェア保守パックは費用の前払的性格のもので他とは少し性格が違うように思います。



また全体で100万の値引きがありますがこれはそれぞれの元の金額から金額比で配分して値引きがあったものと考えます。

システム導入費用はその実際の作業の内容により判断し、ハードウェアとソフトウェアに配賦します。

たとえば見積もり工数などが出ているのならば、その工数比でハードとソフトに配分するなどです。それが出ていない場合は実際の作業記録をもらうなどをして、客観的な配分をされるのが良いと思います。

以上で値引きとシステム導入費用の配分をした後で、ハードウェアとソフトウェア、ハードウェア保守パックの3種類に分類して仕訳をします。
勘定科目はハードウェアは器具備品、ソフトウェアは無形固定資産に該当します。

この2つはどちらも適正な期間で減価償却をします。

ハードウェア保守パックは長期前払費用として、その保守の期間内で費用に振り替えていきます。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/07/29 20:15

システム導入費用と値引はシステムの導入費としてハード・ソフトに配賦します。


導入費用 200万、値引 100万
差し引き100万を配賦して
工具器具備品 5,625/現金 10,000
ソフトウェア 3,375
長期前払費用 1,000
って感じで仕訳します。
長期前払費用は保守期間で経費にします。
5年保守なら年20万を保守料/長期前払費用って形で仕訳。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/07/29 20:21

◆先ず、システム導入当初にハードウエアとソフトウエアを購入する場合は、別々に資産認識して計上するのは誤りです。

ハードウエアとソフトウエアが一体となって一つの資産として働くからです。


◆次にシステム導入費用のような付随費用は、会計上も税務上も、資産の取得原価に加えるべきです。その根拠は、

(1).会計:
企業会計原則第三貸借対照表原則の五(資産の貸借対照表価額)のD:
「 ・・有形固定資産の取得原価には、原則として当該資産の引取費用等の付随費用を含める。」

(2).税務:
法人税法施行令第百二十六条(減価償却資産の取得価額)第1項第一号イ:
「  減価償却資産の・・取得価額は、別段の定めがあるものを除き、次の各号に掲げる資産の区分に応じ当該各号に掲げる金額とする。

一   購入した減価償却資産 次に掲げる金額の合計額

イ  当該資産の購入の代価(引取運賃、荷役費、運送保険料、購入手数料、関税(カッコ内略)その他当該資産の購入のために要した費用がある場合には、その費用の額を加算した金額)

ロ  当該資産を業務の用に供するために直接要した費用の額  以下、略 」


◆ですから私なら、次のように仕訳計上します。(値引きは初期費用に反映させ、前払費用には反映させない)

システムの総額は、
ハードウェア………500万
ソフトウェア………300万
システム導入費用…200万
値引………………△100万
======================
差引合計……………900万


〔借方〕器具・備品9,000,000/〔貸方〕当座預金9,000,000
※「器具・備品」ではなく、有形固定資産の区分に「***システム」という科目を新設する方が良いでしょう。

ハードウエア保守パックは、長期前払費用に計上して、保守契約期間で均等償却します。

〔借方〕長期前払費用1,000,000/〔貸方〕当座預金1,000,000

もし保守契約期間が5年ならば、1年間の償却額は20万円であり、仕訳は、

〔借方〕保守料200,000/〔貸方〕長期前払費用200,000

私は、この仕訳が好きですが、

〔借方〕長期前払費用償却200,000/〔貸方〕長期前払費用200,000
と仕訳する人もいます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

根拠も引用していただき、ありがとうございました!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/07/29 20:16

私なら次のような仕訳をします。

ハードウェア保守パックをハードウェアに加算してハードウェアの購入額を600万とします。その後システム導入費用をハードウェウ600万とソフトウェア300万で均等に割り振りします。システム導入費用は200万×(3/9)= 666,666円をソフトウェアの購入価額に加算します。200万×(6/9)=1,333,333円をハードウェアに加算します。修正後の購入価額はハードウェア6,000千円+1,333千円=7,333千円。ソフトウェア3,000千円+667千円=3,667千円となります。次に値引き額100万円を修正後の価額で割り振ります。ハードウェアの値引き額100万×(7,333/11,000)=666,636円。ソフトウエアの値引き額100万×(3,667/11,000)=333,363円。修正後の価額ハードウェア→7,333千円-667千円=6,666千円。ソフトウェア→3,667千円-333千円=3,334千円。以上のように処理します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく計算していただきありがとうございました!
参考にさせていただきます。

お礼日時:2011/07/29 20:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデスマって何の意味でしょうか⁉ システムエンジニアの彼に、今日デスマと言われました そしてシステムエ

デスマって何の意味でしょうか⁉

システムエンジニアの彼に、今日デスマと言われました

そしてシステムエンジニアは
朝まで仕事だったりしますか?
朝まで残業だったり

例えば小さな子会社でも

Aベストアンサー

デスマ = デスマーチ(死の行進)

大量の仕事が、たとえば1000あるとして、1日頑張れば、確実に10だけ減るなら、100日で終わると見込める。
でも、1日で10減っても、その日の終わりに10とか、場合によっては20追加されたりしたら、どれだけ頑張ろうが、終わりは見えてこない。
そんなお仕事の状態です。
一般的には、人員不足よりも、技術力・知識不足、コミュニケーション不足、無茶なスケジュールなどの原因から発生します。

Q仕訳について教えてください!! 中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について 12月に中古車を購入しま

仕訳について教えてください!!
中古車両購入時のリサイクル料の仕訳について
12月に中古車を購入しました、個人事業主ですが、未払のまま確定申告をするので、質問です。
未払金/車両本体代
未払金/リサイクル料
の仕訳でよろしいのでしょうか?
減価償却は、定額法なので償却基礎金額に車両本体代を入れて、リサイクル料は、全く別勘定としておけばよろしいのでしょうか?

支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?
どうか、お知恵のある方教えて下さい

Aベストアンサー

>未払金/車両本体代
 未払金/リサイクル料
 の仕訳でよろしいのでしょうか?

いいえ、基本的に貸借(左右)逆です

・12月購入時
車両(本体)100万 未払金 100万
預託金    5万 未払金  5万

などとします

>支払った時に、車両本体価格とリサイクル料を支払えばよろしいですか?

支払ったときに「計上」すればよろしいですか、ということなら、

車両本体については支払ったときの計上は誤り(12月納車時に未払金等で計上します)、リサイクル費用については支払ったときの計上でもよいです。
(リサクル料金は「預託金」「長期前払費用」の類ですので、支払ったときの損金にはなりませんが)

QTime Machine で、「システム全体を回復する」の意味?

Apple社のサポートページで、Time Machine で、「システム全体を回復する」の記事を見ました。

システム全体を回復するには:
1
Time Machine バックアップディスクをコンピュータに接続します。
起動ディスクに問題があったためにシステムを回復する場合は、ディスクが修復または交換済みであることを確認してください。
2
Mac OS X のインストールディスクをセットし、「Install Mac OS X」アイコンをダブルクリックします。
3
インストーラで、「ユーティリティ」>「バックアップからシステムを復元」と選択します。
4
「システムの復元」ダイアログで、「続ける」をクリックします。
5
Time Machine バックアップボリュームを選択します。
6
復元したい Time Machine バックアップを選択します。
7
画面に表示される指示に従います。

この、「6 復元したい Time Machine バックアップを選択します。」のところでは、Time Machine で、バックアップをした、日時と Mac OS X のバージョンが、リスト表示され、指定できます。これは、指定した、日時における、 Mac OS X バージョン+アプリケーションソフト+データ の状態に復元できることを意味でするのでしょうか。それとも、指定した、日時における、 Mac OS X バージョンのみの状態に復元できることを意味して、その後、アプリケーションソフトは、再インストールし直して、データは、別のデータ用のバックアップ用ハードディスクから、コピーして、復元しなければならないことを意味でするのでしょうか。

Apple社のサポートページで、Time Machine で、「システム全体を回復する」の記事を見ました。

システム全体を回復するには:
1
Time Machine バックアップディスクをコンピュータに接続します。
起動ディスクに問題があったためにシステムを回復する場合は、ディスクが修復または交換済みであることを確認してください。
2
Mac OS X のインストールディスクをセットし、「Install Mac OS X」アイコンをダブルクリックします。
3
インストーラで、「ユーティリティ」>「バックアップからシステムを復元...続きを読む

Aベストアンサー

「指定した、日時における、 Mac OS X バージョン+アプリケーションソフト+データ の状態に復元できることを意味」します。
ただし、Time Machineの環境設定で、バックアップの対象から外した項目は、いうまでもなく復元できません。

Q中古車購入の仕訳と決算時の仕訳を教えてください。

兄から中古車を93万円で譲ってもらい、それを事業用として9割使用しています。
それを減価償却で処理したいのですが、仕訳などさっぱりわかりません。
耐用年数は2年です。

63万円を納車日の翌日に支払い、残金は翌月から毎月3万円を支払っています。

購入時の仕訳・決算時の仕訳など教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

sanosan112さん、こんにちは。

個人事業主か法人かによって、若干仕訳が変わりますけど
恐らく個人だと思いますので、それで仕訳します。
あと、購入時、個人事業主名義かそれ以外の名義(配偶者等)で消費税の
処理が違ってきます。これも恐らくは個人事業主名義だと思いますので
それで処理します。

購入時
車両関係費930,000円(課税仕入) 現金630,000円
                未払金300,000円

決算時
店主勘定46,500円(10%分)   車両関係費465,000円(対象外) 
減価償却費418,500円(90%分) 

減価償却費は12ヶ月分なので、購入時が1月じゃなければ月数按分してください。
5月購入なら8ケ月/12ケ月×465,000円です。

3万円の返済時
未払金30,000円 現預金30,000円

因みに名義が本人以外なら消費税は対象外になり消費税控除ができません。償却は名義が違っても配偶者なら可能です。まあ免税事業者なら関係ありませんけどね。
 

QシステムGrの●●さんの意味 システムGrのシステムGrって?

人様のブログで読んでいた言葉が意味がわかりません。
システムGrの●●さんってどういう意味ですか?
すみません。教えてください。

Aベストアンサー

Grはグループ(Group)の略ではないでしょうか。

Q複数の勘定科目に分かれる請求書を仕訳する時は?

複数の勘定科目に分かれる請求書を仕訳する時、一番金額の大きい科目で全
額仕訳してもいいのでしょうか?

例えば、
仕入1,000,000円、消耗品費200,000円、衛生品費100,000円
で合計1,300,000円の請求書を仕訳する時、すべて仕入勘定で
計上しても良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕入れは販売目的、ほかは経費です。
一緒に計上することはできません。

Qアメリカと日本の生産システムの技術目標の意味を教えてください。

大学の課題文章でわからないことがあったので質問させていただきます。
経営学部の授業で工業についての生産システムの勉強をしています。(私は経営学部ではないので、理解が難しいです。)

「伝統的アメリカ型の生産システム(例はフォード)は技術目標が静態的な最適化であり、日本型生産システム(例はトヨタ)は技術目標が動態的な最適化である。」という文章があったのですが、どういう意味で、静態的、動態的であるのかがわかりません。
製品の品質のことだけでなく、様々な面から静態的・動態的といえることをレポートでまとめなくてはならなく、困っています。

どなたかご教授ください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

生産システムでの動態管理とは、主に生産ラインに生産品を流した時の管理で、特定の工程での品質や、全体ではフレキシブルな調整が必要な項目についての管理です。

例えば、納期があってそれに対して生産を行った時など、いつまでに部材を仕入れ、どの工程をいつまでに終了させるか、ラインの生産能力がどのくらいあればよいかといった管理です。

品質面でいえば、ラインに生産品を流した時にどういう不良で検査で落ちていくかを捉えます。ハンダ付け不良による品質低下がなぜ起きるか、ということを調べたりします。これと反対に固体管理は製品にシリアル番号を付与して個別に品質管理したりします。

一方、静態管理は在庫や受注、発注の量等を週や月といった決まった範囲で捉える管理で、生産ラインをリアルタイムで流れる動態とはちょっと異なります。

生産システムの日米の違いを考えるには、動態、静態という観点で見続けるより、JIT生産という観点で見た方がレポートとしては良くまとまるのではないでしょうか。トヨタのカンバン生産方式の仕組みは有名ですからそれを調べることになると思います。

もっともアメリカもそうした方式を取り入れてるので、現在でも明確な差があるかといわれれば、そんなことはないと思いますが。

生産システムでの動態管理とは、主に生産ラインに生産品を流した時の管理で、特定の工程での品質や、全体ではフレキシブルな調整が必要な項目についての管理です。

例えば、納期があってそれに対して生産を行った時など、いつまでに部材を仕入れ、どの工程をいつまでに終了させるか、ラインの生産能力がどのくらいあればよいかといった管理です。

品質面でいえば、ラインに生産品を流した時にどういう不良で検査で落ちていくかを捉えます。ハンダ付け不良による品質低下がなぜ起きるか、ということを調べた...続きを読む

Q立替金のレシートを渡すのは、請求書発行時と領収書発行時のどちらが適切でしょうか?

お世話になります。
私(自社)が発行する請求書に、お客様(相手会社)負担の印紙代を立替金として記載しています。
印紙代のレシートをお客様に渡すのは、請求書発行時と領収書発行時のどちらが適切でしょうか。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

どちらかというと領収書発行時でしょう。お客さんから代金を受け取る前に印紙の領収証を渡してしまうと印紙代を払ってもらえなくなる恐れがある、と心配されるのであれば。
 請求時には「いくら立替えています」とせいぜいコピーを見せるのがいいでしょう。
 貴方の取引の実情を知らないので一概には言えませんば、普通は立替えた印紙代を請求するのに貴方が実際に買ったときの印紙代のレシートを渡したりする必要性は低いように思います。請求書に「印紙いくら」と実際にかっかた金額を明示すれば相手は納得します。または貴方の事業所の、印紙代を含めた金額の領収証を渡せばよろいしです。
 しかし相手がどうしても「印紙のレシートを渡せ」、ということであれば請求時よりは領収時となります。

Qシステムコールをフックするという意味

皆さん、こんにちは。
プログラミングを勉強中の大学生です。

タイトルどおりですが、システムコールをフックするとはどういった意味でしょうか?
別の質問をしたときに回答してくれた人が言っていました。
その人に聞く前に締め切ってしまい、追加の質問ができなくなってしまいました。
「フックする」というのがわかっていません。システムコールもよくわかりません。
WEBで検索しても持っている本を調べてもわかりませんでした。
具体例を交えて説明していただけるとうれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLの説明が分かりやすいと思います。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fsecurity/rensai/rootkit03/rootkit02.html

Qフリーランスの契約で支払時に協力金?請求書も購入?

フリーランスです。知人からの紹介にて今回はお引き受けするつもりなのですが
ある株式会社(資本9700万/従業員120名)と契約をする事になりました
経理上の関係で会社に登録する為の書類が送られてきました
主に
1)証明書類提出(住所/実印)
2)免責事項
3)支払いについての内容
です
問題は3)の支払い関係の項目です

この会社の基本は手形支払いです
しかし15万以下なら現金支払いが可能なので
自身がフリーランスという事もあり
現金にての支払いをお願いするつもりです

支払いについての内容は
源泉徴収有り、振込手数料は自己負担とここまでは理解できるのですが
3)a...支払い時毎回「協力金」として1%引かれる
3)b...請求書は会社発行の正規伝票とし契約者が購入する(25枚綴り600円程度)
この2点が少し引っかかります。

b)については社としての方針なのでしかたが無いのかな?
とも思いますが
a)はさっぱりわからず、電話にて担当者に聞いたのですが
手形支払いが主なので現金支払いの場合その手数料なるものとして
引くという事らしいのです
しかし、この会社より大きな企業でも契約した事があるのですが
「協力金」なるものを言われた事がありません
手数料項目にしては少し高いのかなとも....

次回直接お伺いした時にお聞きするつもりではありますが、
知識が乏しいので自身でも「協力金」の存在理由を少し予備知識として
知っておきたいと思うのです

3)aは
  企業として正統なものなのかもしれませんが
  なんとなく手数料以外の意味合いもあるのではとも思うのですが
  考え過ぎでしょうか?

3)bは
  請けて側で請求書伝票を契約会社から購入した方いらっしゃいますか?
  逆の立場経理側では同じ伝票にする利点は?(処理しやすいからとかですか?)

「多分...」でもかまいませんので皆様のお考えをお聞かせいただけませんでしょうか?

フリーランスです。知人からの紹介にて今回はお引き受けするつもりなのですが
ある株式会社(資本9700万/従業員120名)と契約をする事になりました
経理上の関係で会社に登録する為の書類が送られてきました
主に
1)証明書類提出(住所/実印)
2)免責事項
3)支払いについての内容
です
問題は3)の支払い関係の項目です

この会社の基本は手形支払いです
しかし15万以下なら現金支払いが可能なので
自身がフリーランスという事もあり
現金にての支払いをお願いするつもりです

支払いについての内容は
源泉徴収有り、振...続きを読む

Aベストアンサー

>請求書伝票を契約会社から購入

これは専用伝票による納品が条件お会社の場合よくあります。残念ながらそれを断るとまず取引自体始まらないでしょう。

>支払い時毎回「協力金」として1%引かれる
これは、一見取引開始の条件のようですが、取引金額はあくまで見積で決められた金額です。このような使徒不明の協力金はそれを徴収する根拠がありません。実態は値引きの一種です。
実は「下請け代金支払い遅延防止法」ではこのような合理的根拠に基づかない金額の徴収を禁じています。
この法律では元請企業けは取引きのにに決められた価格で取引すべしと定めており、事後に値引きを強要することを禁じています。

いつか匿名で公正取引委員会にお聞きになったらいかがでしょうか。貴社の秘密は守って調査をしてくれる可能性があります。
実際大手の会社でもこの改善命令で後から代金を追加払いをするケースが時々あります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報