死亡した人には健康保険が適用されないと聞きましたが本当ですか?
では医師が死亡時刻を遡って記入した場合、救命措置や検査費用などは誰が何割、負担するのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

そもそもが、医師による死亡診断書が出ているならば、


監察医が死亡時刻を推定することはありません。

ですから、死亡した人に医療行為をすること自体がありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/06/01 21:59

死亡診断書には死亡時刻しか記入しません。

外傷などの発症時刻は推定で記載しますが。
死亡時刻は医師が死んだと診断し、延命処置や検査をやめた時です。

ですから、死因がわからず、AIとしてCTを施行するときは、健康保険は適応されず、全額家族負担となります。が、死因追及のため、死後病理解剖した場合は、病院負担です。保険適応してほしいですが、死後の検査なので、泣く泣く病院が負担しています。ただし、患者側から病理解剖を申請された場合は..自己負担でしょうね。
警察が介入すれば司法解剖で国からお金がでますが。

http://blog.livedoor.jp/garjyusaiga/archives/522 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

関連サイトのご紹介がありがとうございます。
死亡の原因は人それぞれでなかなかきっちりとした線引きはできないですね。

お礼日時:2014/06/01 08:38

死亡診断ができるのは医者だけです



もう、お分かりですよね?


× 7:00 救命処置を続けながら搬送。回復せず死亡確認。

○ 7:00 救命処置を続けながら搬送。

○ 7:** 死亡を確認


死亡診断した時間が死亡時刻です

しかし、心肺停止した時間は監察医?によって推測されます


死亡診断書(死体検案書)

には、死亡診断をした時間と直接死因の発症時間が記載されます


補足で説明すれば、死亡を確認した時間が死亡時刻(救命処置終了まで)で、監察医?が原因の心肺停止時間を推測してもそれは死亡時刻ではなく、発症時刻です

参考URL:http://www.moj.go.jp/content/000011718.pdf
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/31 18:02

救命措置や検査を行った時点では死亡確定している訳ではない


確定していないから救命措置を取ったということなので問題無い

後で、司法解剖だか検案だか行われて時刻が確定したとしても影響はない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/31 17:56

志望する瞬間まで保険は適用されるはずです。



>医師が死亡時刻を遡って記入した場合
これがあり得ない設定です。
意志は死亡時刻は正確に記録しなければなりません。

この回答への補足

例えばの話になりますが、
6:00 道で倒れている人を発見。心肺停止状態
7:00 救命処置を続けながら搬送。回復せず死亡確認。
9:00 死因不明のため、監察医により死体検案。
5:00(推定) 死体現象により遡った推定時刻を記入。
こういう事はありえますよね

補足日時:2014/05/31 17:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/31 17:26

死亡認定した後に救命処置をしないと思います



死亡した後に検査した場合は、治療ではありませんので保険適用外です

この回答への補足

例えばの話になりますが、
6:00 道で倒れている人を発見。心肺停止状態
7:00 救命処置を続けながら搬送。回復せず死亡確認。
9:00 死因不明のため、監察医により死体検案。
5:00(推定) 死体現象により遡った推定時刻を記入。
こういう事はありえますよね

補足日時:2014/05/31 17:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
補足もご覧になって頂ければ幸いです。

お礼日時:2014/05/31 17:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医師会の将来性。医師会の組織率や政治力の低下について、マスコミでも騒がれていますが、今後、医師会が解

医師会の将来性。医師会の組織率や政治力の低下について、マスコミでも騒がれていますが、今後、医師会が解散することはあるのでしょうか。また、新専門医機構などの新たな法人に取って代わることはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

都市部だと、自治体も医師会だよりなところもあるから、しばらくはなくならないんじゃないかな?
開業医は大学や病院以外にも地域の他科の開業医とのつながりもほしいわけだしね。

Q健康保険での負担は何割でしょうか?

健康保険の負担割合が、生活保護者ゼロ割、75歳以上1割、70-75歳 1割か3割 というのは分かるのですが、
70歳未満、勤労者、扶養家族などは、現在、何割負担しているのでしょうか?

Aベストアンサー

3割自己負担(未就学児は2割)ですね。

Q入院中の医師の対応が悪く身内が死亡しました

弟が腹痛を訴え救急車で病院に行き入院した後の事です。
痛みは2日位で治まってのですが検査をする事になって入院をしたまま検査をしていました。
CTをとったり血液検査をしたりMRIもしてどこにも異常がない(腎臓・肝臓・膵臓・心臓等)と言う事でした。
約2週間検査をして次の土曜日に退院という事になっていたのですが退院間近の金曜日に、
CRPの数値が上っているのでもう少し検査が必要と言われ退院は出来ませんでした。
2~3日後今度は血小板が減っていると言われました。その頃から段々お腹が張ってきて、
手足がむくんで、背中が痛くなり、夜になると高熱が出て食欲が無くなりました。
医師にそのことを言って治療をしてもらおうと、言ったのですが、担当の医師はあなたは太っているから
それは脂肪だといって取り合ってくれませんでした。その件で弟は医師と喧嘩をしたそうです。
それでも医師は脂肪だと患者の家族にも言い張り、お腹の診察も足もむくみの触診さえしなかった様です。
その後の1週間位は検査のみはしていたようですが、CRPの数値が上がっているが感染症ではない、
血小板も減少しているが原因は解らないとの事でした。しかしあまりにも状態が悪くなって、
やっと抗生剤・利尿剤等で治療が始まりましたが、2日後腹水・胸水等の圧迫による急性心不全を起こし、
その3日後意識が無くなり、その時から医師が替わり色々な治療しましたが、次の日呼吸困難になり、
人工呼吸器を付ける事になりました。呼吸器を付けてから15日後で死亡してしまいました。
もし、医師が早くお腹の張っている事に診察をして治療していれば救命出来たと思うのですが、
医師は病名も腹水が溜まった原因も死亡してしまった今でも解らないと言っています。
納得が出来なくて長い質問を書いてしまいました。

弟が腹痛を訴え救急車で病院に行き入院した後の事です。
痛みは2日位で治まってのですが検査をする事になって入院をしたまま検査をしていました。
CTをとったり血液検査をしたりMRIもしてどこにも異常がない(腎臓・肝臓・膵臓・心臓等)と言う事でした。
約2週間検査をして次の土曜日に退院という事になっていたのですが退院間近の金曜日に、
CRPの数値が上っているのでもう少し検査が必要と言われ退院は出来ませんでした。
2~3日後今度は血小板が減っていると言われました。その頃から段々お...続きを読む

Aベストアンサー

>腹痛を訴え救急車で病院に行き入院
>血小板が減少
>CRPの数値が上がっている
>お腹が張ってきて、手足がむくんで、背中が痛くなり
>腹水・胸水等の圧迫による急性心不全

■急性腹膜炎の可能性が高いように推察します。(全くの推測です)
原因は、急性虫垂炎の破裂、重度の急性胃潰瘍やクローン病などの重度の潰瘍性腸炎など
が考えられます。暗褐色の血便でその可能性が高くなります。
腸閉塞、腸軸捻転などで腸管が壊死した場合も考えられます。

早期に手術で病巣を除去し、盲腸の破裂部位、胃や腸管にあいた穴をふさぎ、感染部位を
洗浄し、感染源の遮断、腹水を体外へ排出します。
処置が遅れると毒素が血管内に進入し敗血症から多臓器不全に至ります。


>医師は病名も腹水が溜まった原因も死亡してしまった今でも解らないと言っています。

■ごくまれに、病院側に心当たりがある場合、医療事故、医療過誤を隠蔽するために死因
を明らかにしないことがあります。
大学病院などに病理解剖を依頼することで病因や直接の死因が判明することがあります。

弟さんが「腹痛を訴え救急車で病院に行き入院」から「原因不明で他界」するまでの経緯
病院側の対応から推察しますと、診断内容の誤り(見落とし)、説明義務違反、経過観察
義務違反、患者管理義務違反 を問える可能性があります。


■経過観察義務
「患者の状態悪化」の見逃しに対しては、経過観察義務違反が認められる場合があります。
患者の状態が悪化し死亡するなど悪しき結果が生じた場合、「状態悪化」の見逃しに対し
て、次のような責任を問える可能性があります。

特定の検査義務違反(予断による必要な検査の欠落)
診断内容の誤り(見落とし)
説明義務違反
経過観察義務違反
患者管理義務違反


■必要な検査は行ったが、「検査結果を見誤ってしまった、異常所見を見落としてしまっ
た」という場合、患者側は「診断内容の誤り」と主張できます。

手術や検査の後に死亡した場合、患者側がこれらの義務違反を主張した場合、医療機関側
はひとつひとつ反論していかなければなりません。

(1)手術や検査そのものが適応外だったのではないか
(2)適応があったとしても、説明が不充分だったのでは(説明義務違反)
(3)手術や検査でミスがあったのではないか
(4)そのミスの後フォローが不充分だったのではないか(ミス後のフォロー義務違反)
(5)手術や検査後の経過観察が不充分だったのでないか(経過観察義務違反)
(6)死因に関して十分説明が行われなかったのでないか(死因に関する説明義務違反)


■真相究明の準備としましては、担当した医師に疑問な点につき、できるだけ詳細な説明
を求めることです。
その際、詰問調ではなく控えめな口調で話すと真相の一端が語られることがあります。
必ず密かに、会話を録音することをお忘れなく。
病態の推移を詳細に記載した日記なども書証として有効です。

その後、情報収集して専門家の意見を参照し 医療事故、医療過誤の確信がもてる段階に
達したら、法律扶助協会などを利用して医療裁判の経験のある弁護士を紹介してもらい、
証拠保全を依頼、精査したのち弁護士とよく相談して訴訟を提起するなどの決断すると良
いでしょう。


以上参考まで。
過剰ストレスにつきご自愛下さい。

>腹痛を訴え救急車で病院に行き入院
>血小板が減少
>CRPの数値が上がっている
>お腹が張ってきて、手足がむくんで、背中が痛くなり
>腹水・胸水等の圧迫による急性心不全

■急性腹膜炎の可能性が高いように推察します。(全くの推測です)
原因は、急性虫垂炎の破裂、重度の急性胃潰瘍やクローン病などの重度の潰瘍性腸炎など
が考えられます。暗褐色の血便でその可能性が高くなります。
腸閉塞、腸軸捻転などで腸管が壊死した場合も考えられます。

早期に手術で病巣を除去し、盲腸の破裂部位、胃...続きを読む

QCTの適用疾患や適用部位について

MRIよりもCTの方が描出に優れている
適用疾患や適用部位について教えてください。

Aベストアンサー

再び参上いたしました(笑)。

現在普及している臨床機では、特に高速に反転磁場を利用する撮像条件でなければ問題にはならないと思います。だたし、現在ではあり得ない話ですが、もの凄く強磁場な装置であれば、神経刺激などは無視できないでしょうから放射線被曝が無いからと言って安全とは言えないことになるでしょうね。
妊婦さんの腹部検査であれば、第一に超音波検査、次にMRI検査という順番になるでしょう。
回答になりましたでしょうか?

Q医師と歯科医師はなぜ別の学部?

医師に関係する大学の学部で、医学部と歯学部はなぜ別々になっているのでしょうか。

要求される知識または技術が全く違うのでしょうか。

疑問に思ったので質問させていただきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

歴史や現状認識というのは人の思惑によって解釈が違うので、断言するわけには行きませんが…

古代では両方とも辛い症状を緩和するという点では同じ立場だったと思います。しかし医学は内科的に薬剤で治療するのが主でしたし、歯学は鎮痛と抜歯のような外科処置が主だったと思います。
更に呪術的要素が組み込まれて、医学は薬学中心に、歯学は外科中心に発展した段階で分かれていったのでしょう。
現代では、世界の中には医学を修得してから歯学を学ぶというシステムを採る国もあります。(ドコとどこかは古い知識なので割愛します)
日本では完全に分離していますが、歯学部の学生は基礎医学や歯科領域に症状の出る病気など歯科領域に関係する全身疾患、耳鼻科や眼科を主とした頭部中心の医学を修得します。
医学部がどれほど歯科に関して学ぶかは全く不明ですが、歯科医が以下領域の知識の多くを忘れてしまう以上に、医師は歯科領域の知識は無いでしょう(自習している人を除く)
しかし、医師のプライドの高さとそれに影響された国の政策により、医師が歯科領域の処置を行なう事に対してはかなり緩いのに対し、歯科医が医科の領域を侵すことに関しては、非常に排他的であることは明白ですし、多くの病院や研究施設において蔑視されている事も事実です。
医科・歯科併設の大学でも、両方の学問を理解する事は殆どありません。
しかしWHOが発表しているように、老人の誤嚥性肺炎の多くは口腔内常在菌ですし、簡単な話、物をしっかり噛まずに食べると胃腸に負担がかかったり、脳への血流も制限されるなど、全身的に大きな影響を及ぼす事はよく知られる事です。寝たきりの老人が食べ方を教えると自立する症例もある事は良く知られています。

「飛行機で急患が発生した場合に医者を求められ、手を上げられないのは日本人だけ」と揶揄されるように、その落差は大きいです。よって、日本でも歯科医の医学的知識の充実が望まれますが、世界中で医学修得後に歯科医資格を修得する事が義務化されても、日本ではかなり無理でしょうね。
今、60歳を越える歯医者の中には聴診や打診が医師より上手い人も、両方の資格を有する人も多いですが、今では無理でしょう。
また、事故で顎を損傷した場合、整形外科や形成外科医ではマトモに噛める再生ができず、後で口腔外科医が再手術事例も多いです。私の母校では比較的病院が近いため、その様の手術があると最初から携わる方策が出来ていました。(今は教授が変わったので判りません)
先日の対立のように、救急救命の場においても、医師会のプライドの為に、歯科医は世界に逆行する大きな制限を受けています。

私個人的には、国家試験に救命処置を含めた医学的知識を重視するべきだと思いますがね…。

歴史や現状認識というのは人の思惑によって解釈が違うので、断言するわけには行きませんが…

古代では両方とも辛い症状を緩和するという点では同じ立場だったと思います。しかし医学は内科的に薬剤で治療するのが主でしたし、歯学は鎮痛と抜歯のような外科処置が主だったと思います。
更に呪術的要素が組み込まれて、医学は薬学中心に、歯学は外科中心に発展した段階で分かれていったのでしょう。
現代では、世界の中には医学を修得してから歯学を学ぶというシステムを採る国もあります。(ドコとどこかは古い...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報