マンガでよめる痔のこと・薬のこと

先ほど、お電話をいただきましたのに、出られずに申し訳ございません。
ここに「のに」の意味はなんですか

A 回答 (8件)

この「の」は形式名詞(抽象名詞)で、「先ほど、お電話をいただきました」という内容を媒介的に実体として捉え「の」と捉えなおして表現し、それに原因理由を表わす接続助詞「に」を続け、以下にそれに対するお詫びを述べています。



このように、「のに」は事態の捉えなおしと、それを理由として認識し表現しています。
    • good
    • 1

「・・・なのに」の「のに」

    • good
    • 0

NO.6で、〈「のに」は事態の捉えなおしと、それを理由として認識し表現しています。

〉と回答しましたが、「に」自体には添加、付け加えるの意味しかなく、「先ほど、お電話をいただきましたのに、内容をすっかり忘れてしまいました。」のように前の内容の結果が繋がる場合もあります。

このように「のに」の前後の内容で、文としては理由となったり、結果説明や「このナイフは、バターを切るのに向いている」のような「適している、ふさわしい」の意味になります。

「に」自体は、「おせんに、キャラメル」「鬼に金棒」のように、付加、添加の意味しかありません。■
    • good
    • 0

逆接の接続詞を終助詞的に使うと…… 教えてgoo 辞書〈2〉



 下記の仲間。
日本語アレコレの索引(日々増殖中)【18】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1955992054&owner …

mixi日記2017年月日から

 直接的には下記の続きだろうな。
【逆接の接続詞を終助詞的に使うと…… 教えてgoo 辞書】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12293518959.html

【よい(いい) よさそう よすぎる よさすぎる よげ よさげ】
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1609878393&owner …

 テーマサイトは下記。
【先ほど、お電話をいただきましたのに、出られずに申し訳ございません。 ここに「のに」の意味はなんですか】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9845576.html
 質問内容は、タイトルのまんま。


 下記に準じて書く。
【~と思いますけれども、ここにけれどもの意味はなんですか? こういう場合はきっと逆接なんですか?】
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9843175.html

 逆接の接続詞っぽい言葉はいろいろありますが、そのなかには、接続助詞としても使えるものがります。さらには、終助詞としても使えるものもあります。
●文頭で使う接続詞用法「〜。のに、」
●文中で使う接続助詞用法「〜したのに、〜」
●文末で使う終助詞用法「〜のに。」

「のに」の辞書的な解説は、No.3で OKATさんがされているので省略します。
「のに」の場合は、〈(4)まれに文頭に来て接続詞的に用いられることがある〉そうですが、現代ではほとんどないのでは。
 接続助詞用法と終助詞用法に限ってよいでしょう。
 終助詞の場合は、〈予想に反した意外な気持や、期待外れの不満を表わす〉そうです。これを逆接と言えるか否かは微妙でしょうね。なにしろ、後ろに接続していないのですから、「逆接」と言えるのか……。
 質問の接続助詞用法の場合は、「逆接」でよいでしょう。
 下記のようにも書けます。
「お電話をいただきましたのに、出られずに申し訳ございません」
「お電話をいただきましたが、出られずに申し訳ございません」
「お電話をいただいたにもかかわらず、出られずに申し訳ございません」
 etc.……

 ただ、「のに」の場合には、終助詞用法の「のに」(予想に反した意外な気持や、期待外れの不満を表わす)に近いことがあります。
「せっかく海に来たのに、雨が降ってきた」
 これは話の順を逆にすればよくわかるでしょう。
「雨が降ってきた。せっかく海に来たのに」

 なんだか恨みごとのようです(笑)。いつでもこういうニュアンスがあるわけではなく、ご質問の例の場合は、フツーに「逆接」でよいのでは。

 詳しくは下記をご参照ください。
【逆接の接続助詞「ものの」と「のに」の違い〈1〉〈2〉】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12294120923.html

 長々と書いていますが、今回の質問に深く関係するのは下記あたりでしょう。
===========引用開始
「ものの」と「のに」がどう違うのかの答えは、いくつかの段階があると思う。

●第1段階の答え……「のに」は「意外・不平」の意味があり、「ものの」にはない
 辞書の意味を見比べればわかるが、「のに」には「意外・不平」の意味がある。「ものの」にはない。これは明らかに違う。
 これが辞書の記述を信じた第1段階の答え。

●第2段階の答え……「のに」と「ものの」はほとんど同じ
「のに」は「意外・不平」を表すことがある。じゃあ、そもそも「意外」と「不平」はどう違うか。
 これは「意外」の一部が「不平」ってことだと思う。簡単な例をあげる。

  来ると言ったのに彼は来なかった。(不平)
  来ないと言ったのに彼は来た。(喜び?)※「来てくれた」にするともっとハッキリする。

「意外」が好ましくない方向なら「不平」だが、好ましい方向なら「喜び?」ってこと。どちらになるのかは文脈しだい。両方をまとめると「意外」ってことだろう。
 ただし、「意外」の意味をもつのは「のに」だけではない。辞書には記載がないが、「ものの」だって「意外」のニュアンスをもつことがある。それは逆接の接続助詞だから当然のこと。「けれども」でも「が」でも同じことだろう。逆接なんだから、「予想どおり」よりも「意外」に決まっている。

 ここで考える必要があるのは終助詞の「のに」の働き。辞書を見てもこちらは「不平」を表わす感が強い。その影響を受けて、接続助詞の「のに」もそういうイメージが強くなっている気がする。
===========引用終了
    • good
    • 1

接続助詞です。

意味は、逆接です。前後の文を逆接で繋ぎ、後文に思い通りでなかったという不服や不満を臭わせる表現に使います。
晴れている<のに>出かけられない。
    • good
    • 1

一般的には「逆説」の接続助詞。


下記辞書が詳しい。
  [日本国語大辞典]
の‐に
(格助詞「の」が接続助詞「に」の前に介入したもの)用言の連体形を受ける。→語誌(1)。

【一】〔接助〕
(イ)予期しない結果に対して意外に思う気持を表わす逆接条件を形成する。
*土〔1910〕〈長塚節〉二「あれ程働いて行ったのに屹度休みもしないで銭取をして」

(ロ)逆接的な意のない場合にも用いられることがある。
*人情本・英対暖語〔1838〕三・一三章「併(しかし)お前は上品だのに肌目が細かひから、汗なんぞをおかきではなひネ」

【二】〔終助〕

(接続助詞「のに」の後件が自明の事として略されたもの)
予想に反した意外な気持や、期待外れの不満を表わす。

*吾輩は猫である〔1905〜06〕〈夏目漱石〉六「そんなら、さう仰っしゃればいいのに」
*雁〔1911〜13〕〈森鴎外〉一二「今夜どこにゐたのだか、わたしにさう云って下さいと云ってゐるのに」


語誌

(1)断定の助動詞「だ」および形容動詞に付く場合、古くは次のように終止形を受ける。「一も二もねへりくつだのに、あんまりしがねへしらを切る」〔洒落本・通仁枕言葉‐幾よしの舗〕「貴君は温順だのに本田さんは活溌だから」〔浮雲〈二葉亭四迷〉二・一二〕および【一】(ロ)の二例。しかし、「だ」については古くは連体形の「だ」も考えられ、語源を考える上でも連体形接続とする方が考えやすい。→助動詞「だ」。

(2)近代に入ると「色々な噂が耳に這入った筈なのに」〔或る女〈有島武郎〉前・一八〕「いつもはどんな人にでも顔を合せるといふ事が億劫なのに、けふは不思議と」〔第一の世界〈小山内薫〉〕のように「…なのに」という形が現われ始め、現在では「だのに」よりこの形の勢力が強くなっている〔湯沢幸吉郎「現代口語の実相」〕。

(3)「のに」は「に」に代わって元祿の頃から現われるが数は少ない〔「徳川時代言語の研究」〕。江戸後期には多く使われるが、なお「に」の勢力も強く、頻度はむしろ「に」の方が高い。しかし、現在ではほとんど「に」は用いられず「のに」を用いるのが普通である。→接続助詞「に」。

(4)まれに文頭に来て接続詞的に用いられることがある。「まだ間がある。のに日は落ちた」〔虞美人草〈夏目漱石〉一四〕「人の居ない処へ行く気でゐた。のに振り向いて」〔坑夫〈夏目漱石〉〕など。

(5)「此暑いのに、何が楽しみで気のつまる本を見る」〔咄本・聞上手‐格子作り〕「昨日あの降るのに夜通し歩いて浦賀から参りやした」〔人情本・春色雪の梅‐四・一九回〕のような「のに」は、接続助詞ではない。「此」「あの」は下に体言を期待する語であるから「の」は名詞的性格を持つ格助詞であり、「に」も格助詞と見るべきである〔湯沢幸吉郎「江戸言葉の研究」〕。
    • good
    • 0

だけど


けれども
しかし
But
    • good
    • 1
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「敬語、もうやめたら」と思った瞬間。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明するのに、
「私が父親の跡を継いで、葬儀社をさせていただいています。」

誰に対して「させていただいています」と言ってるのか、私にはわかりませんでした。
社員とか、株主総会でのあいさつならば、「(未熟者ではございますが、私が社長を)させていただいています」と言ってもいいでしょうが、テレビで自分の職業を紹介するのには、誰に対しての敬語?と思いました。

なんか、もうここまでワケも解らずに「いらっしゃる」とか「させていただいて」とか使うなら、いっそもう、敬語なんか廃止してしまっていいんじゃないか、
その方が日本語が崩れないですむんじゃないか、と思ってしまいました。

極論とは思いますが、
すでに学校の「国語の時間」に真っ当な敬語を学習させるのはムリになってしまっていて、バイトとかで「簡単便利な速習敬語」を覚えた結果が、この「混乱敬語」ではないでしょうか。

「もう、敬語、使わなくていいよ」と言いたくなりました。
ダメでしょうか?
敬語は日本語の伝統文化、なんとしても守るべきでしょうか?

でも、いったいどうやって守れるのでしょう、なんかもう絶望的気分になってしまいました。

先日、スーパーでのことです。
背後のカウンターで、商品について尋ねたお客に店員さん、
「担当の者がいらっしゃいますので、しばらくお待ちください」

お客さんは年配の方、一瞬怪訝な顔をして聞き返したのは、聞き取れなかったからではない、と思います。
「者」と「いらっしゃる」という聞きなれない組み合わせに戸惑ったのだと思います。
が、店員さん、もう一度、声を張り上げて「担当の者がいらっしゃいますので、・・・」

テレビで、父親が経営していた葬儀社を自分が継いだということを説明す...続きを読む

Aベストアンサー

>なんかもう絶望的気分になってしまいました。
 無理もありません。敬語を使い慣れている人と、そうでない人との格差が大きすぎますね。
 No.6の方があげられた「携帯電話の電源はお切りして下さい」は、「して」を取れば通用するわけです。こういう場面で「お切りする」という謙譲語を使う人が増えていると、「敬語」(講談社学術文庫)の著者、菊地康人氏は警告されています。

Q次の問題の回答は「3」ですが、どうしてその回答が導き出されるのでしょうか。

問題の出典は、「1日10分で脳が若返り! ボケない人になるドリル」(児玉光雄・著)です。

Aベストアンサー

#7です。

>しかし、「これを・・・に基づいて積み重ねる。その後、・・・」がすんなりとは理解できません。
別の説明をするとしたらどうなるでしょうか。

たしかに、蛇足でしたね。
ピラミッドの形にこだわりすぎました。
法則としては、

「一段跳びの垂直線上には同じ数字が来る」

だけで十分と思いなおしました。

Qご案内します

案内するのは私なのに「ご」は、なぜ、必要ですか?

Aベストアンサー

対象があるものは相手への敬意も含めて丁寧語として「ご」をつけますね
「お知らせします」だって「知らせます」ではぶっきらぼうでぞんざいな感じがします。
ただ相手がいても「発言します」のように自分が主体的に行うものには
「ご」はつかないですね

Q「できたてのホヤホヤ」みたいな擬音

「できたてのホヤホヤ」の「ホヤホヤ」のように、それ単体で使われることがない語句(擬音?)は他にどんなものがありますでしょうか?

Aベストアンサー

まず思い浮かんだのは、古典の「枕詞」が代表格かと。
文法上も、枕詞(たらちねの,あしひきの,ひさかたの,あおによし・・)を単体で使うことはありません。
「たらちねの+母」でワンセットです。

擬音語だと、「どしどし」なんてのは、「ご応募ください」などとセットかな?

Q接続詞の用法について

閲覧ありがとうございます。
自分が文章を書くときの癖のようなものなのですが、文法的に正しいかがどうしても分からないため質問させていただきました。

例えば「しかし、誰もそのことに気付かない」「そして、彼は考えを改めた」のような文章を、
自分が書く場合は「誰もそのことに、しかし気付かない」「彼は考えを、そして改めた」のようにしてしまうことがあるのですが、
このような用法は認められるのでしょうか?

文法には明るくないので的外れかもしれませんが、強調したい部分に対して接続詞を副詞的に用いているのだと思いますが、
接続詞という本来の用途からは大きく外れている気がして……。

近しい人間に聞いたところ、ありかなしかが二分してしまったので詳しい方に伺いたく存じました。
検索をかけても英文法ばかりがヒットしてしまうため、お手数ですが解答いただければ幸いです。

Aベストアンサー

その用法は伝統的日本語には余り見られないですが、どちらかと言えば英文翻訳調の近現代小説によく見られた気がします。斬新な印象があるためその文体が好まれた時期です。外国語(英語)に翻訳されて海外でも需要は多かったはずです。接続詞の位置も、それに慣れた外国人にも違和感はなかったはずで、逆に文体が近いと言うこともその需要に一役買ったのかも知れません。
言葉は生き物ですが、文体もまた同じ。認められるかどうかは、時代が決める、と思います。現に使われているので認めない訳には行きませんが、同時にいつも認められるかどうかも疑問で、お知り合いの意見が二分するのも自然な話です。
極端ですが、文体は無数に存在しうるわけです。好みのものを使うのは自由ですが、これを契機に別の文体に触れたり自ら新しい文体を模索したりして、楽しんでみられてはいかがでしょうか?

Q「ぎょうにんべん」について

「行」の部首は、「彳(ぎょうにんべん)」では無く、「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」であることが、このサイトの過去問にありました。
 漢字の部首は、その元となった字で表されることがしばしばあり、「氵(さんずい)」は「水」、「忄(りっしんべん)」は「心」、「犭(けものへん)」は「犬」という具合です。
(例:「池」の部首は「水」と表記されている書物が多くあります)
この考え方から行くと、「彳(ぎょうにんべん)」は「行」の字が元になったと思いましたが、「彳(ぎょうにんべん)」と「行(ぎょうがまえ、ゆきがまえ)」は別の部首という扱いを受けていて、「役」「後」「待」などの部首は「ぎょうにんべん」、「行」の他「術」「街」などは「ぎょうがまえ」になっています。
 ということは、「ぎょうにんべん」と「ぎょうがまえ」の間には、直接関係が無く、別々の部首だということでしょうか。

Aベストアンサー

「行人偏(ぎょうにんべん)」と「行構え(ぎょうがまえ)」とは別扱いです。しかし、「行人偏」は「行」の字由来ということで間違いありません。しかし、「行」の字そのものは「行構え」の最初に配置されています(「漢字源」による)。過去の辞書でも取り扱いに困ったことでしょう。

Q関西弁について 「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧

関西弁について
「There is a dog」の状況を、関西では「犬がおる」と言うそうですが、丁寧語では何と言うのでしょうか。例えば、先生に対して「先生、犬が…」その後は何て言うのでしょうか。
「います」?「おります」?「おます」?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

犬に対して丁寧語を使う必要はないので、先生に対して丁寧に言うなら「犬がいます(おります)」でしょうか。

関西風にいうなら「犬がおるんですわ~」

Qかつては一年「と」生きられなかった

外国人に日本語を教えているものです。

「30年前には大腸がんのステージ4の方は1年と生きられなかった。」

という文章の「と」は文法的にどのように解釈すればよいのでしょうか。
「一年も」「一年しか」などと言い換えられるのでしょうか。
辞書にはこのような助詞「と」の使い方はありますでしょうか。

教えていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

助詞の話はむずかしくて、辞書をひいてもわからない特殊な用法も多いようです。
 ただ、ご質問の「ト」は比較的一般的なので、フツーの国語辞典に出ていると思いますが。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A8-579147
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説
と[格助・接助・並助]
6 (数量を表す語に付き、打消しの表現を伴って)その範囲以上には出ない意を表す。…までも。「全部で一〇〇円―かからない」「一〇〇キロ―走らなかった」 
===========引用終了

===========引用開始
大辞林 第三版の解説


( 格助 )
⑥量的な限度を表す。少ない量をあげて、打ち消しの形をとる。 「この食料では三日-もつまい」 「五分-待てない」 
===========引用終了

 ちなみに当方がトの特殊用法と考えているのは下記あたりです。
【助詞の話10「ト」の特殊用法── 小学校中学校と 十五、十六、十七と】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1488.html

 トかニか迷うのは下記のようなケースです。
【日本語アレコレ──「自然に」と「自然と」の違い1】
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-305.html

【自然に、と 自然と、 の違い】
【「意外に」「意外と」】
【○○{ト/ニ}似ている】

 スッキリとした説明があったら教えてください。

助詞の話はむずかしくて、辞書をひいてもわからない特殊な用法も多いようです。
 ただ、ご質問の「ト」は比較的一般的なので、フツーの国語辞典に出ていると思いますが。
https://kotobank.jp/word/%E3%81%A8-579147
===========引用開始
デジタル大辞泉の解説
と[格助・接助・並助]
6 (数量を表す語に付き、打消しの表現を伴って)その範囲以上には出ない意を表す。…までも。「全部で一〇〇円―かからない」「一〇〇キロ―走らなかった」 
===========引用終了

==========...続きを読む

Q”高”と”安”という正反対の意味にも取れる組合せである、”高安”の、昔の由来を教えて下さい

大相撲では、高安が大関に昇進し、活躍が期待されています。
四股名の高安について気になりました。この高安は、地名にも苗字にも使われています。
高安の高は、値段の高い、安は値段の安い、という意味にも取れます。上下で、ちょうど正反対ですね。(もちろん、高も安も、他の意味もありますが) 高安は、山川のような正反対の意味が組み合わさった、のかもしれませんね。
質問は、この高安ができた昔の由来を教えて下さい。

Aベストアンサー

興味を惹かれて検索したところ、以下の記述がありました。
由来と言えるかどうかは不確かですが、ご参考まで。
最終行を含む一部を抜粋しておきます。
http://www.geocities.jp/iko_kan2/takayasunoki.html

高安を古くは「こうあん」と読めば、中国的な呼び名である五老峰と合わせ、そのル

ーツは、やはり中国大陸にあるのかも知れません。

中国の大河、長江流域にある九江市の南方、江西省の省都-南昌からさらに61kmの所

には、高安市(人口78万人)があります。

この間には南北25kmにわたり標高1300m~1500mを測る99の峰が続く天下の名山、

廬山(ろざん)があり、断崖絶壁と峡谷が多く 滝も多い。

この中で、5つの峰が続いて5人の仙人が東に向いて並んでいるように見えるという峰

の名は「五老峰」とよばれ、唐の詩人李白の詩で知られるように頂上からは鄱陽湖が

長江に連なるあたりが霞んで眺められるといいます。

雄大さでは比較できませんが、古代の高安氏族は、河内平野を蛇行して流れる旧大和

川と河内湖を望む高安山から信貴山周辺にかけた山々を、まさに中国の故地の景色や

由来などに重ね合わせて、名称を付けたものかも知れません。

興味を惹かれて検索したところ、以下の記述がありました。
由来と言えるかどうかは不確かですが、ご参考まで。
最終行を含む一部を抜粋しておきます。
http://www.geocities.jp/iko_kan2/takayasunoki.html

高安を古くは「こうあん」と読めば、中国的な呼び名である五老峰と合わせ、そのル

ーツは、やはり中国大陸にあるのかも知れません。

中国の大河、長江流域にある九江市の南方、江西省の省都-南昌からさらに61kmの所

には、高安市(人口78万人)があります。

この間には南北25kmにわたり標高1300m~1500m...続きを読む

Q「しうございます」の代わりに「しくございます」と言ったら駄目ですか

愚かな質問かもしれませんが・・・・、「ございます」に連結する形は、形容詞の副詞形の転訛のように見えますが、その転訛した形ではなく、元の(つまり普通の)副詞刑をそのまま使ったら駄目ですか。

例えば、「ありがたい」の副詞刑の「ありがたく」が「ありがたう」になって、au -> oになる現象によって「ありがとう」になって、「ありがとうございます」になったように見えますが、「ありがたくこざいます」と言ったら駄目ですか。

ほかにも「よろしうございます」の代わりに「よろしくございます」とか、「待ち遠しうございます」の代わりに「待ち遠しくございます」、「早うございます」の代わりに「早くございます」とか言ったら駄目ですか。

Aベストアンサー

「言ったらだめですか」というような「許可制」ではありませんから、使うのは自由です。明治時代に「標準語」を制定するに当たって、「山の手地方に住む教養ある人のことば」を標準語としました。そのとき、この関西弁由来の「ウ音便」が「標準語」の中に残りました。その結果が、後に「ザーマス言葉」が流行るきっかけになりました。
 今は「ございます」が次第に廃れて「ありがたいです」が定着しようとしています。それに逆らって、「お早くございます」が流行るかどうかですね。ただ、「お早いです」はまだ使われていませんので、「お早うございます」が残るか、「お早くございます」が残るか、どちらでしょうね。わたしは「お早うございます」がまだ生き続けると思いますが。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング