プロが教えるわが家の防犯対策術!

教えてください。
名詞が前につく場合な為「な為」と「の為」はどちらがあっていますか?
私は「の為」だと思うのですが‥
又は使い分けがあるなら、教えてください。

A 回答 (6件)

その「な」は形容動詞連体形の活用語尾だと思います。


静かな、華やかな、などですが、その語幹「静か」「華やか」はそのまま名詞となったり、接尾辞「さ」をつけると名詞になります。(静かさ)。
形容動詞は、もともと語幹と語尾が明確に分けられない曖昧さを持っています。語幹の代わりに名詞を入れ込むことは極容易です。形容動詞ではありませんが(雨な日)。また形容詞語幹に「げ」をつけると形容動詞化できます。(優しげな瞳)。また「な」は古くは「なり」で断定の意味でしたから、「静かな」は静かである意味になります。

本来は「雨の日」が正しいのでしょうが、以上の形容動詞の性質に引きずられ、また様子状態を表す形容動詞の意味を引き継ぎ、「雨な日」=雨である日、が通用するようになったものと考えられます。

「為」となっても事情は変わりません。天候、気分、物事の様子状態、などを表す名詞であれば、今後も「名詞+〜な為」は増えるのではないでしょうか。
    • good
    • 4

すでに回答があるように、それが名詞なのか形容動詞なのか、ごちゃまぜにしているからそういう疑問が湧くのです。

形容動詞の理解を進めるのが先決問題のように思います。
    • good
    • 1

「な」は「にあり」→「なり」→「な」と変化した判断の助動詞です。



格助詞「の」は語と語の関係を表わす語です。

したがって、形式(抽象)名詞「為」を続けた場合、意味が異なります。

「健康の為に走る」は名詞間の関係表現です。

「健康な体」の場合は、健康は名詞ではなく属性を表わし、「な」は肯定判断を表わしています。

このように、「~な為」の「~」は属性表現の語になりますので、「名詞+~の為」が正しい用法です。■
    • good
    • 3

悪天候のため、コンサートは中止となりました。



僕は阿呆のため、白い目で見られている。
僕がアホなため、試合に負けてしまった。

(アホ)は形容詞でしょうか。
    • good
    • 1

様態を表す名詞ならどちらでもよいと思います


(いわゆる形容動詞=ナ形容詞的な使用方法)
    • good
    • 0

「の為」だと思います。


形容動詞が前に付く場合、「な為」です。
たとえば、「複雑な為」は、一見、名詞+「な為」のように見えますが、「複雑である」という形容動詞です。

名詞をわざと形容動詞的に使いたい場合は、あえて「な」を使うこともあると思います。
たとえば、「メガネな為」というと、「メガネをかけた状態である為」や、「メガネをかけた人である為」のような意味になりそうです。
    • good
    • 2

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング