新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

昨日、ネットの記事を見ていましたらF欄大学から一橋大学の大学院へ進学したという記事を見ました。本当にそのようなことは可能なのでしょうか?

A 回答 (15件中1~10件)

「入ってから苦労するよ」


といかいう人って、何もわかっていない。

多分私のことでしょう。

自分の言っていることが正しいと思っているようですが、全然論理的でないことにお気づきですか。

>研究室を選ばなければ余裕です。
選ぶのが大事でしょう。

>東大の新領域あたりなんて、事前に先生のところ言って
>「他分野なのでテストは出来ませんが、入ってから一生懸命やります!」
>とか行っておけば、入れてくれるよ。
>っていうか、そんなの毎年いるよ
本当かどうか知りませんが、まともなところは点数で切ります。
正直言いますが、Fラン院でも点数が足りなければ落とします。

>合格不合格は、テストに寄らず、研究室の教授が決めるし、
>テストなんてどうでもいい。
>実際に、研究室訪問で「テストは0点でもいいから」とかいう先生もいる。
信じられませんが、あるんならしょうがないですね。
これもFラン院以下です。

>別に研究成果なんて出さなくても大丈夫。
>博士に進まなければいいだけ。
>修士で、卒業できないなんてほとんどありえない。
Fラン院でも日常的にディスカッションするんで、こんなのは終了前にやめさせてますよ。
No.8に書いたとおり、ほかにも例があります。

>「入ってから苦労するよ」
>といかいう人って、何もわかっていない。
>別に、苦労したっていいじゃん。っていうか、苦労しない人っているの?
>優秀生は、一日10時間専門的なことやる
>劣等生は、一日10時間基本的なことやる
>ってだけ。苦労は同じ。
苦労は同じって、研究で業績を出すかどうかの違いがわからんって、何を自慢してんの?
長時間基本的なことをして、苦労は同じって、それで院生のつもり。

これでわかるよね、F欄を出て一流大の院に言ってもしょうがないってことが。

>対外的には「俺、旧帝大の院だけど?」「研究が忙しくって」って見栄晴れるし。
見栄張ったってしょうがないでしょう。
    • good
    • 6

F欄大学が何を指すのかよくわかりませんが、一流大学といえども、分野によっては院試はかなりガバガバです。

かなり格下の大学学部から入ることは可能です。

もちろん、入って何かいいことがあるのかというのは別の話です。なぜガバガバなのかと言えば、不人気で定員が空いているからです。そこからお察しください。
    • good
    • 1

研究室を選ばなければ余裕です。



東大の新領域あたりなんて、事前に先生のところ言って
「他分野なのでテストは出来ませんが、入ってから一生懸命やります!」
とか行っておけば、入れてくれるよ。
っていうか、そんなの毎年いるよ。

理系の研究室なのに、わけわからん大学から
「文系出身だけど、理系に興味あったので、勉強したいと思います。高校数学から勉強して頑張ります」
みたいなやつだってたまにいる(っていうか、そんな奴が旧帝大の院に合格している)。

学生は、それだけで労働力だし、まあ、色々事情があって、いないよりかは、
いて困らないんです。合格不合格は、テストに寄らず、研究室の教授が決めるし、
テストなんてどうでもいい。
実際に、研究室訪問で「テストは0点でもいいから」とかいう先生もいる。

別に研究成果なんて出さなくても大丈夫。
博士に進まなければいいだけ。
修士で、卒業できないなんてほとんどありえない。

「入ってから苦労するよ」
といかいう人って、何もわかっていない。
別に、苦労したっていいじゃん。っていうか、苦労しない人っているの?
優秀生は、一日10時間専門的なことやる
劣等生は、一日10時間基本的なことやる
ってだけ。苦労は同じ。

ゼミで、馬鹿っぽくてちょっと惨めなだけ。
でも、他分野からなんだから当然ジャン?って開き直ればいいだけ。
対外的には「俺、旧帝大の院だけど?」「研究が忙しくって」って見栄晴れるし。

いい大学院にいって、最終学歴だけ上げておくのはそれなりの価値はある。
(無価値だと強く主張する人は、それが世間で価値があるという人たちもいることを知っているから)
    • good
    • 1

大学院生のものです。


全然可能ですよ。実際私自身もそうですし、先輩や知り合いにも東大院や一橋院、慶応院にいかれた方がいます。
ただ問題は合格するまでよりも入学してからが、大変です。
なので、内部進学の人よりも講義の予復習には時間がかかりますし、それを厭わない精神が大切だと自戒として常々思っています。

入学前に基礎知識を充分に固めておければそこまで内部の人との差は感じないと思いますよ!
    • good
    • 2

No.8です。

大学院重点化で定員が増えましたので行きやすくなったのは事実ですが、行ってきちんと成果が挙げられることが大事です。

大学院生になったとたん、旧帝大の四年生以上が求められることだけは覚悟してください。
    • good
    • 2

ユーチューブの篠原好さんが紹介する勉強方法を真似、応用すりゃいける

    • good
    • 0

研究成果があげられるか?


京大を軽く捻りつぶす研究成果でもあげられるなら目指せばいい。

名門大学院で成果のないほど惨めなものはない。
    • good
    • 0

私の知っているFラン某学科からも今年帝大院に一人行きます。



学部を持たないサテライト院なのでまだ良いかもしれませんが、学部を持つ研究科だと
行った途端にそこの4年生以上が求められますから心配ですね。

帝大院ではないですが、地方国立院や有名私大院で過去に行方不明になったり、ていよく
就職先を紹介されて追い出されたものも知っています。
    • good
    • 0

知人が2人、三流紙大卒で、京大大学院へ進学し卒業しています。


また有る知人は、東大卒ですが、京大大学院へ進学卒業しています。
世間では、大学院は最終学歴と見なしません。
    • good
    • 4

場所を選ばなきゃ誰でも入れる研究室なんて山ほどありますぜ。



日本では、大学院生は金のかからない都合のいい労働力だから、問題児でなければよっぽどのことがない限りいても損はしません。ただし、卒業できなくても、まともに就職できなくても最終的には放置されます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の教授になりたいと思っています。 東大、京大に行ければいいのですが、そんな学力はなく中堅大学に行

大学の教授になりたいと思っています。
東大、京大に行ければいいのですが、そんな学力はなく中堅大学に行こうと思っています。
海外の大学行こうと思っていたのですが、英語が出来ないし、
高校の成績もそれほどよくないので、大学に行ってから、大学院とかで行こうと考えています。
日本の大学院と海外の大学院はどう違いますか?
修士課程を日本でとって博士を海外の大学でとることもできますか?

Aベストアンサー

何故,教授になりたいのですか? 同級生等の状況を見ると,教授になると,まず自分の個人の力で一生懸命研究をする必要があります。その一部を,卒論レベルでやれる内容と,修士レベルでやれる内容に分類してテーマを策定し,それを研究室に所属する学生さんにやってもらう必要があり,そのためには,学部の講義を学期あたり学部一科目・大学院一科目は担当して多くの学生さんの教育をした上で,研究室に配属された学生さんにはより専門的な知識を教育する必要があり,同時に設定したテーマの研究をやってもらう必要があります。学生さんの中には自分とは波長の違う人もいて,人間関係を良好に保つ努力も必要です。このような教育・研究に自分の時間の半分以上を当てると同時に,さらに,研究室の運営や学科・学部・専攻の運営(多くの先生が雑用と呼ぶやつ)を真面目にこなす必要があります。後者が自分の時間の 1/4 くらいでしょうか。今はそれ以外に,社会貢献とか学会活動とかにも時間を費やす必要があるようです。もちろん,多分?,家庭サービスも必要でしょうねぇ。その覚悟をまずはしてくださいね。
さて,教授の資格と高校時代の成績とは直接の相関は無いと(知人の状況を眺めてみて)思いますが,勉強が好きでないと駄目です。土曜も日曜もなく昼も夜もなく,自分が好きなこと(教育・研究という意味で:研究はわかるでしょうが,講義ノートを良くすることなども含みます)に時間を忘れて没頭できる能力は必要です。あとは,大学に入学してからの人間関係に大きく依存するでしょうね。海外留学を勧めてくれる先生と出会えること,そういう環境があること,自分がそういう意欲を強く持ち続けること。こういう環境に出会えなければ,かなりの自分の苦しい努力が無いと,お望みの道は開けないかもしれませんね。でも,やりたいのであれば頑張る以外には手はありませんね。がんばりましょうか?
30年以上前なら米国留学する日本人学生はたくさんいましたが,最近は少ないと聞きます。知人には,学部卒業で米国に留学して PhD を取った人もいますし,もちろん修士は国内で PhD は米国という人もたくさんいますよ。また,当時は米国の大学の先生達も日本からのPhD留学生を多く雇ってくれましたが,昨今はどうでしょう。ただ,どうせ行くならあちらのボスに,生活費と授業料を全部支援(奨学金)してもらうという緊張感が(金を払っているんだという教員側も,支援してもらっているという学生側も)持ち続ける必要はあるようです。ストレスでちょっとたいへんになりそうな場合もあります。結局は,国内外問わず,勉強が好き!ってのが必要な資質でしょうか。覚悟ができればがんばってみるというのも一つの人生かもしれません。

何故,教授になりたいのですか? 同級生等の状況を見ると,教授になると,まず自分の個人の力で一生懸命研究をする必要があります。その一部を,卒論レベルでやれる内容と,修士レベルでやれる内容に分類してテーマを策定し,それを研究室に所属する学生さんにやってもらう必要があり,そのためには,学部の講義を学期あたり学部一科目・大学院一科目は担当して多くの学生さんの教育をした上で,研究室に配属された学生さんにはより専門的な知識を教育する必要があり,同時に設定したテーマの研究をやってもらう必...続きを読む

Q大学院とその後の職業

将来大学院に行きたいと思ってる人です。
大学院に行く人は、その後どのような仕事に就きますか?
それとも院生はそんなこと考えませんか?
よくあるケースでいいので教えてください!
修士と博士で違うのであれば、2つとも教えてくれれば幸いです。
気が早いかもしれませんが、よろしくお願いします。
ちなみに理系志望です。特に宇宙について研究してみたいです。

Aベストアンサー

ある程度、まともな大学院生という前提で回答します。
(本当にろくでもない院生もいるので、そういうのは今回は省略)

>大学院に行く人は、その後どのような仕事に就きますか?
見もふたもない回答で恐縮ですが、本当に「色々」です。
多くの人が「研究者」を目指しますが、多くの人がどこかの段階で諦めます。
純粋に研究者として、残るのは2-3割くらいでしょうか。

諦めた人で、理系(や研究ぽいこと)にこだわりがある人は
「民間企業の研究・開発部門」「公的機関の研究・開発部門」
などに行きます。
そうでもない人は
「公務員」「教師」
とかになったりもします。

ただ、理系だと、少なくとも修士(2年)までは行く人が多いですね。
一昔前は「修士は研究者を目指す人しか進まない」という
時代もあったようですが、最近は、「まず研究者になれないだろう」という
レベルの学生でも、多くの人がとりあえず修士に進みます。

本当に研究者になりたい人は、そのあと博士(3年)に進みます。
うまくいけば、研究者になれるし、博士であきらめて、普通に就職していく人もいます。

個人的な考えですが、理系に進むのならば、研究者を目指すか同化に寄らずに、
少なくとも修士まで、できれば博士まで取っておくといいと思います。
「専門がある」というのは、精神的な支えにもなります。

宇宙に興味があるのでしたら、旧帝大の物理学科がいいでしょう。
できれば、東大か京大がいいと思いますが、東北大とか大阪大とかも
いいと思います。駅弁大学はやめたほうがいいです。
学力にもよると思いますが、素粒子とか宇宙の理論は優秀な学生が集まる
ところですので、勉強は得意なほうがいいです。

ちなみに、私の知る理論物理の先生は、半分くらいが中学で微分方程式(微積分の先です)を
勉強していて、中には小学生のときに微分方程式を勉強していた人もいました。
別に、普通のカリキュラムどおり「大学で始めて微分方程式を勉強した」という人もいたので、
別に必須ではないですが、「そういう人たちが普通にいる世界」と覚悟はしておいたほうがいいと思います。

ある程度、まともな大学院生という前提で回答します。
(本当にろくでもない院生もいるので、そういうのは今回は省略)

>大学院に行く人は、その後どのような仕事に就きますか?
見もふたもない回答で恐縮ですが、本当に「色々」です。
多くの人が「研究者」を目指しますが、多くの人がどこかの段階で諦めます。
純粋に研究者として、残るのは2-3割くらいでしょうか。

諦めた人で、理系(や研究ぽいこと)にこだわりがある人は
「民間企業の研究・開発部門」「公的機関の研究・開発部門」
などに行きます。
...続きを読む

Qなぜ難関私立大学は都会にしかないんですか?

なぜ難関私立大学は都会にしかないんですか?

Aベストアンサー

NO4さんもあるように、ある程度政府とか利権と結びついてるからですよ。
そして当時は電話もネットもないですし、国内の移動にはたっぷり1週間はかかるわけですから、単純に人やモノやカネが集まるところの近くにいること(つまり東京や京都や大坂の近く)が有利でした。
ですから特に戦勝国の人間(薩長土肥の軍人や官僚、商人、思想家、学者)は今の東京やNYがそうであるように首都である京都や文化・政治の中心地である江戸(東京)に集結していたんです。

例えば
最古の私大である慶応大学の福沢諭吉は内戦(戊辰戦争)の戦勝国である薩長土肥とも親しく、
何より幕臣の木村芥舟と繋がりがありました(慶応義塾のキャンパスも木村芥舟の寄付によるものです)。
早稲田の大隈重信は良く知られているように総理大臣経験者であり、若くはやはり薩長土肥に近い佐賀藩の出身で、有名若手官僚として
名を馳せてました。
立命館の西園寺公望は名前の通り幕末に活躍した公家であり、総理大臣経験者でした。地元の京都に広大なキャンパスを用意することは苦ではなかったはずです。
同志社の新島襄は安中藩(群馬県)出身で嫁は大河ドラマにもなった会津藩出身の新島八重です。珍しく内戦(戊辰戦争)の負け組の出ですが八重の兄の山本覚馬(会津藩の砲術師範)が大変博学な上に盲目でカリスマ的な人物だったらしく、やはり戦勝国でカリスマ的な人物だった西郷隆盛は敗戦国の捕虜だった山本になんと京都の薩摩藩邸を寄贈してしまいます。山本は妹婿の新島襄のキリスト教に触れキリスト教徒となりそれを同志社のキャンパスとしたのです。
日本では3%程度しかいないキリスト教徒ですが有名私大の約50%はキリスト教主義の学校です(有名女子大はもっと多い)。
例えばカンカンドウリツ4校のうちの関学と同志社、
早慶上智ICU4校のうちの上智とICU、
MARCH5校のうち青学と立教の2校がキリスト教主義の学校です。
別に当時の政府首脳はキリスト教を薦めたかったわけではないと思いますが当時の1流の学問は欧米ですから、当然国内の1流の思想家や学者は外国に目を向けます。結果的にエリートのキリスト教徒化は進んだのだと思います。
そして既存の神道や仏教からの攻撃をキリスト教徒が受けやすかったことを考えると、こういった有名大学関係者が薩長土肥の特権階級のそばに寄って行ったのは自然の摂理だったと思いますね。
ちなみに神道や仏教の学校も作られましたが、しがらみがあって地元(地方)に作っちゃったり、元々ある程度の知名度やバックボーンがあったからか情熱がイマイチ足りなかったような気がします。
結果として今ではいわゆるFラン化してる神道・仏教系の大学は多くありますね。ここではあえて名前を出して書きませんが。
ともかく私大全部が都心にあるってわけじゃなく、特権階級にすり寄ってでも良い大学を作りたい、大学を存続させたいって情熱を持っていたところがいま有名だいとして生き残っている、そんな感じですね。
だから難関私立自体がもともと都心にあるというより、戦略とか情熱とかを持った私大が結果として都心を目指した、って感じがしますね。


逆にですね、欧米、特にイギリスの大学は当時猛威を振るっていたキリスト教(進学)に反発する形で始まりました。もっと宗教の制約のない状態での学問がしたい人有志が集まって非合法にやっていたのです。いわば違法行為で見つかれば死刑も有り得ることですからロンドンでなくオックスフォードやケンブリッジのような田舎の方が都合が良かったんです設立年度があやふやなのもその辺が理由です(あんまり記録に残っていないのです、バレたら大変ですから)。この辺が日本の大学との違いですね。
ただ一部の学部はオックスブリッジをロンドン大学が抜いちゃってますし、アメリカでも新興のカルテックやスタンフォードがアイビーの一部の大学を抜いちゃってます。つまり欧米でも都心の大学の人気が進んでます。

NO4さんもあるように、ある程度政府とか利権と結びついてるからですよ。
そして当時は電話もネットもないですし、国内の移動にはたっぷり1週間はかかるわけですから、単純に人やモノやカネが集まるところの近くにいること(つまり東京や京都や大坂の近く)が有利でした。
ですから特に戦勝国の人間(薩長土肥の軍人や官僚、商人、思想家、学者)は今の東京やNYがそうであるように首都である京都や文化・政治の中心地である江戸(東京)に集結していたんです。

例えば
最古の私大である慶応大学の福沢諭吉は...続きを読む

Q慶應義塾大学の付属校に通うものです。 大学は慶應義塾大学に進学するつもりなのですが、大学院を決めかね

慶應義塾大学の付属校に通うものです。
大学は慶應義塾大学に進学するつもりなのですが、大学院を決めかねています。
私は大学院を卒業した後、企業に就職したいと考えています。
その場合に、大学院も慶應義塾大学へ進学したほうが良いですか、または大学院は東大や一橋大などに進学したほうが就職に有利ですか。
場合によって異なるのであれば、その条件ごとに有利な大学院を教えてください。
付属校ですのでそういった情報が入ってきません。
よろしくお願いします。
なお、私は文系です。

Aベストアンサー

通常の場合、文系の院卒はマイナス要因ですね。悪く言うと就職から逃げたという感じですし。調べりゃ分かりますがビジネスで成功してる人の多くは学部卒ですよ。ふつうに優良企業へ行く人もいますけど、学部卒が有利ですね。
教授なんて実務未経験者ばかりだし、机上の空論を振ってるだけだからそれ齧った院生なんぞ実社会ではとても使いものにならんというのが評価軸ですね。
今後どんどん欧米のように修士、博士が有利になる可能性はありますけど、修士まで進むなら大学名よりも成績とか論文とか実力があるかどうかですね。広島カープと巨人ジャイアンツどっちがいいですか?と言われても「プロで生き残れそうな方」と答えるようなものですから。あなたの特性とか、教授との相性とかそれによって異なるわけです。
東大好きの企業は結構あるので就職、潜り込めはするでしょうけど、そこで院で培った勉強や経験が生きるかと言うと疑問ですね。


実務系ならありですけどMBAは学生を採らないし(使えないから)、ローやアカウティングスクールは学歴よりも難関試験に受かったかどうかがまず重要です(慶応でも合格率は4割ぐらいです)から院卒なっても資格取れずに路頭に迷うかも、ですね。
内部だと企業によっては馬鹿だろって見立てもできますけど、国立の院に行けば一定の学力は担保されます。その辺の差し引きで決めればいいと思う。

就職で勝ちたいなら海外の方がいいけどね。とにかく留学経験、学部平均点とTOEFLのスコアさえとってしまえばカネ次第で海外はいける。北米はもちろん香港やシンガポールなら英語で授業を受けれるし東大並の評価の大学はごろごろある。
単純にSランク企業に行きたいなら海外の奴(下位大はダメだけど)の方が有利。
中国も有利かな。
今じゃ欧米のトップ企業は拠点を東京じゃなくシンガポや北京上海、ソウルに置いてることも増えて来た。東京オフィスはその「派出所」みたいな感じ。
実際良く言う「外資系」「外国人」にしても(ドイツやアメリカ企業でも)東京オフィスの日本人の上役は、韓国人や中国人、インド人なんかってケースはとても多いんだよ。アメリカ人やイギリス人、ドイツ人はイメージほど多くはない。アジア人の方が安価で優秀だし、仕事もアジアの絡みで動くことも多いので。同様の理由でオーストラリア人も多い。彼らの方が英語喋れたり、欧米の有名大出てたりが多いし、今後20年ぐらい見た時にそっちの方が有利っぽい。こういう流れは日系企業も増えている。
要するに国内なら学部ほど差はない。差をつけたければ海外へ。てところかな。

通常の場合、文系の院卒はマイナス要因ですね。悪く言うと就職から逃げたという感じですし。調べりゃ分かりますがビジネスで成功してる人の多くは学部卒ですよ。ふつうに優良企業へ行く人もいますけど、学部卒が有利ですね。
教授なんて実務未経験者ばかりだし、机上の空論を振ってるだけだからそれ齧った院生なんぞ実社会ではとても使いものにならんというのが評価軸ですね。
今後どんどん欧米のように修士、博士が有利になる可能性はありますけど、修士まで進むなら大学名よりも成績とか論文とか実力があるかど...続きを読む

Q高学歴、社会的地位の高い職業に就いている人との会話について

先日、放送大学の少し難易度が高めの面接授業に参加しました。
その授業でディスカッションの際に、高学歴、地位の高い職業のかたがたとうまく交流することができませんでした。

私は低学歴で地位の低い職業に就いていますが、両親も周りの友達も皆、そうなので、
それに対して恥じるという感覚が今までありませんでした。

面接授業に参加された方は高学歴でIT関係者や教職の方ばかりで、
最初の自己紹介で皆さんが学歴、職業等をおっしゃるので、私も同じく言ったところ、
完全に引かれてしまいました。

あからさまに学歴と職業を理由に見下されたのですが、
私は初めての経験で落ち込むよりもキョトンとしてしまい、うまく打ち解けることができませんでした。
このような場合、私はどのように接することが望ましいのでしょうか。
もしよろしけば、どなたかご指導をよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それはあなたにとって良いことだとおもいます。
1.階級社会である事に激突した。
2.そいつらの話題、話し方に触れた。
3.今後もそのレベルに居るべきかという問題意識を持った。
もしあなたが「なあなあ」のレベルに行ったら、上記の一つも得られなかった。

Q地方の大学は国が支援したいほどのレベルなのか?

最近ニュースの記事で「都内の私立大学における定員増を認めず、地方大学の方に政府が力を入れる」というものがありました。
個人的にこの記事を読んだ際、地方活性化と言いながらもいつもの天下りではないかと思っています。

何故国は税金を掛けてまで地方を優先しているのでしょうか?

地方と言っても国立の大学であれば話は理解できますが、実績の薄い私立大学が郊外にあったとしても結果は都内の方が何かと便利なので志願者はそちらに流れてしまいます。
大学全入時代に入った影響も少なからずあり、大学の存在そのものを改めて考え直さないといけない時代だと思っています。

仮に地方を活性化させたことでメリットがあるならば良いのですがその場しのぎ程度であればこれも別の問題になってしまいます。

詳しい方がいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

地方の私大に20年近く勤務しています。
今や東京にもFランなどと言われる大学が有り、地方の私大、特に旧帝大もないような県の私大はFランばかりと言って良いでしょう。

では、地方のFランは本当にレベルが低いのか。
例えば、私は9月にドイツで行われる国際会議に是非発表してくれと言われて、予算もないのに自費で発表しに行きます。
日本からの発表者は1桁です。
私の発表するデータを出したのはいわゆるFランと言われる大学の学生です。
しかしながら、私の研究は世界初と自負していますし、レベルが低いとも思っていません。

私の住んでいる地域は、通学圏内に国公立大学がありません。
従って、国公立に行くには、必ず地域外通学を強いられます。
それでも、優秀な高校生は、うちの大学には来てくれません。
従って、うちの大学に来てくれる学生を鍛えて、研究成果を出すしかないのです。

もし、うちのような大学は不要だから切り捨てるということになれば、ますます過疎化は進むでしょう。
このような地域では子供が勉強して東京に行くと帰ってこないから、そんなに勉強しないで良いという親も
一定数います。

一流と言われる大学から多くの素晴らしい研究成果が生まれるのは事実でしょう。
しかしながら、例えば東大の教員数は決まっています。
同様にその他の国立大の定員も決まっています。

どこにどんな研究者がいるか、若い時に判断できるか。
自分の経験も踏まえて、人の判断力はそれほど高くありません。

幅広く、日本全体の国力を上げるには、なるべく広く可能性を拾っていったほうが良いと
私は思います。

地方の私大に20年近く勤務しています。
今や東京にもFランなどと言われる大学が有り、地方の私大、特に旧帝大もないような県の私大はFランばかりと言って良いでしょう。

では、地方のFランは本当にレベルが低いのか。
例えば、私は9月にドイツで行われる国際会議に是非発表してくれと言われて、予算もないのに自費で発表しに行きます。
日本からの発表者は1桁です。
私の発表するデータを出したのはいわゆるFランと言われる大学の学生です。
しかしながら、私の研究は世界初と自負していますし、レベルが低いと...続きを読む

Q大学は留年者の数によって国からの補助金が減るってことは京都大学のように留年者だらけの大学は補助金が少

大学は留年者の数によって国からの補助金が減るってことは京都大学のように留年者だらけの大学は補助金が少なくなってるんですか?

アホな大学ほど補助金欲しさに馬鹿でも卒業させていくのでアホな大卒で溢れるのでは?

Aベストアンサー

京都大学は文科省との関係が悪い事を誇っていますから、他の大学のことは分かりません。東大の様に「互いに無きゃ困る」大学もある訳で、色々でしょう。

Q大学ってそもそも何するところですか? なぜだいたいの人が行くのでしょうか? 素朴な質問ですみません。

大学ってそもそも何するところですか?
なぜだいたいの人が行くのでしょうか?
素朴な質問ですみません。

Aベストアンサー

>大学ってそもそも何するところですか?
 一応勉強しに行くところです。

>なぜだいたいの人が行くのでしょうか?
 だいたいの人は行っていません。大卒はやはり少数派です。
 日本人の総人口の約20%程度で、最新の進学率でも50%以下ですので、半数以上の人は大学には行きません。(高卒時の進学率は年々増えいますので半分程度でしょう)

何をしに行くか?よりも先に、何故行くか?の質問が有ると思います。
この答としては、
・だいたいの人が行くから、が一番多いように思います。次が
・高校卒業して直ぐに働くという実感(環境)がないのでとりあえず。
 (私の場合はこれで、家族、親せきがみんな行っていたので、ごく自然な成り行きでした。) その次位に
・将来就職、年収に有利
というのが3大理由だと思います。
中には、本当に興味があって勉強しに行く人もいますが、非常に少数だと思います。

例えば、獣医さんとか看護師さんを目指して大学を選択する人は上記と違って何をしに行くか、が非常に明確に決まっている人もいます。

あなたはどのタイプかを考えてみることをお勧めします。 みんなが行くから、でも一向に構いません。
決して無駄な時間にはなりませんし、もし本当に無駄だと判断したらその時点で止めれば良いことです。 あなたには高卒の肩書が残りますので、何も損にはなりません。
過ごした時間はそれを自覚する為の経験なのでこれも貴重な時間です。

私がこの手の答えで最もダメだと思う意見は、大学は行ってもしょうがないので自分は行かなかった、大卒者も大したことは無い、等々自分の処遇に対する文句を聞えよがしに周りに言いながら実績を残していない人です。

高卒者でも優秀な人を一杯見てきましたが、自分の処遇に文句ばかり言いながら一生パート的な業務(大卒者の補助的な仕事)しかできなかった(与えられなかった)人もそれ以上に一杯見てきました。

貴方が、受験勉強をしなくて良い、逃げ道を探しているので無ければ、大学に行くことを強くお勧めします。

>大学ってそもそも何するところですか?
 一応勉強しに行くところです。

>なぜだいたいの人が行くのでしょうか?
 だいたいの人は行っていません。大卒はやはり少数派です。
 日本人の総人口の約20%程度で、最新の進学率でも50%以下ですので、半数以上の人は大学には行きません。(高卒時の進学率は年々増えいますので半分程度でしょう)

何をしに行くか?よりも先に、何故行くか?の質問が有ると思います。
この答としては、
・だいたいの人が行くから、が一番多いように思います。次が
・高校卒業して直...続きを読む

Qこれって間違いですよね? なぜ違うのかわかりません

これって間違いですよね?
なぜ違うのかわかりません

Aベストアンサー

なかなか回答が増えませんね。検算ってできますか? 右辺を微分してみたらどうでしょう。友人(大学人)が,最近の学生さんは検算しない?できない?とぼやいていました。

Q4年後辺りに大学院に入りたい思っている者です 大学院は、大学を卒業した後に入る、のですよね? 大学卒

4年後辺りに大学院に入りたい思っている者です

 大学院は、大学を卒業した後に入る、のですよね?
 大学卒業が3、4月くらいで、大学院入試が8月なら、
 大学卒業した後、大学院入試浪人みたいになって4~7月はただ勉強して過ごす期間になるのですか?

Aベストアンサー

大学や,専攻によって違うかもしれませんが,一般的に

・4年生の夏(8月か9月)に大学院の入学試験がある。
・合格発表はその試験の1~2週後。
・大学院の合格は4年生の過ごし方には違いは生じない。
・ただし,卒業できることが大学院入学の要件なので,大学院に合格していても学部を卒業できていなければ(卒論に失敗したら)合格はキャンセルされる。
・4年生の大学院入試に失敗した場合,学部を留年するか,卒業して浪人するか,いろいろなやり方があるが,我が国では履歴書に空白があるのは好まれないので,可能なら学部に在学したまま留年する。そのとき卒論を書いてから留年するのか,卒論もしてはいけないのかは,今在学している大学の指導教員に相談のこと。
・大学院は前期課程=修士課程と後期課程=博士課程がある。呼び名は大学院によって異なるが,一般的に前者つまり修士課程は工学・理学系なら可能な限り入学して修了するのが昨今は普通だろう。就職の際,修士修了は2年分の給与が学部卒業者とは異なるのが普通。会社によっては修士課程を認めないところもあったが,昨今は2年分は異なると思う。行くことができるなら修士は修了するのが,知識を増やすためにも望ましい。
・博士課程は研究者になることを前提とした教育・研究の場なので,就職については,分野にもよるだろうから,じっくり指導教員と相談する必要がある。

と思いますが・・・

大学や,専攻によって違うかもしれませんが,一般的に

・4年生の夏(8月か9月)に大学院の入学試験がある。
・合格発表はその試験の1~2週後。
・大学院の合格は4年生の過ごし方には違いは生じない。
・ただし,卒業できることが大学院入学の要件なので,大学院に合格していても学部を卒業できていなければ(卒論に失敗したら)合格はキャンセルされる。
・4年生の大学院入試に失敗した場合,学部を留年するか,卒業して浪人するか,いろいろなやり方があるが,我が国では履歴書に空白があるのは好まれないので,...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング