マーベルの伝説はこの男から…。アイアンマンを紐解く! >>

「気づく」という言葉の前に「に」をつければいいと僕は教わったのですが、たまに「を気づく」というのも見かけます。「を気づく」とググってみてもたくさん出てきます。

どんな時に「〇〇に気づく」ではなく「〇〇を気づく」を使えばいいんですか?もし同じ意味だったら何かニュアンスの違いなどありますか?

詳しい方がいらっしゃったら是非教えてください。

質問者からの補足コメント

  • 回答ありがとうございます!勉強になります。

    「を」が動的な対象の捉え方だとすると、「〜を気づく」の使う例文を教えてもらえませんか?

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/10/12 01:16
  • 回答ありがとうございます。

    例えば、青空文庫でこんな作品を見つけました。

    https://www.aozora.gr.jp/cards/001154/files/4450 …

    作中に以下の文章があります。

    「。。。一種の臭みになつてゐることを気づくのである」

    こういう言い方は、現代ではもう使わないんですか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2018/10/12 01:22

A 回答 (11件中1~10件)

グーグル検索の結果です。


に気付く約 7,280,000 件
を気付く約 64,600 件

気付くは「分かる認識する」などと違って、主体的にする意味よりも自然とそうなる意味が強い言葉です。格助詞「を」は対象を示しますが、「に」は動作の到達点を示します。色々な経緯を経て結局そうなったことを強調する場合は「に」が相応しい訳です。「気付く」はその場合に該当しますから、本来「に」を用いてきました。
ところが、「気付く」は意味上「分かる認識する」と重なる面が多いために、差異に気付かない人が出るのも無理からぬ事ではあります。これは古今を問わないと思いますので、ご提示の青空文庫にもあり得ますし、これから先もあり得ますが、「気付く」の特性に気付くならば、日本語に慣れた人は誰しも「に」に回帰することになると思われます。
    • good
    • 1

格助詞「を」の動的の意義をもう少し詳しく説明しておきます。



運動と静止の関係にある二者、あるいは両者が運動している場合に、一方の側からその繋がりの変化を捉える場合に「を」を使用します。
門に近づき、くぐり抜け、遠ざかる場合、

門を入る。→門をくぐる。→門を出る。

になります。近づく場合の他の例として、

家を見つける。
事件を分析する。

遠ざかる場合は、

家を去る。
親を捨てる。

両者の統一の場合。

試験をパスする。
困難を突破する。
橋を渡る。

これと反対に、静止した側の立場に立ってつながりの変化を捉えた場合は、

水をあびる。
責任を負う。

遠ざかる場合は、

使いを走らす。
豆をまく。

統一の場合は、

電車を見送る。

また、両者が運動している場合は、

馬を乗りまわす。
車を運転する。

のようになります。

「雨が漏っているのを気づく」の場合、気づく側は静止していますが、対象を動いているものとして動的な関係として捉えています。■
    • good
    • 0

「に」の基本的要素は「着点」だろうと思います。


「を」は「対象」。

〇a.犬が敵に吠える。⇒吠えた結果(声)が敵に向けられて着地する。
〇b.犬が敵を吠える。⇒吠える動作が敵に対して発せられる。

〇c.彼女に気づいた。⇒注意(意識・認識)が彼女に向けられて着地した。
△d.彼女を気づいた。⇒注意(意識・認識)が「彼女」対して発せられた。
ある程度の違和感が伴うのは、相手が人間なので、「注意(意識・認識)の対象」ではなく「着地先」と捉えるほうが直接的な働きかけが実現しやすくなり、自然に感じられるからではないかという気がします。

〇e.重大なことに気づいた。⇒注意(意識・認識)が「重大なこと」に向けられて着地した。
〇f.重大なことを気づいた。⇒注意(意識・認識)が「重大なこと」に対して発せられた。
こちらは、物である分「直接的な働きかけ」の必要性が薄くなる。

「に気づいた」⇒相手との関係性を直接的に、ストレートに表現したい場合に使う。
「を気づいた」⇒相手との関係性を間接的に、じっくりと対象化したい場合に使う。
    • good
    • 0

「を」の使用例です。



もう、どうにもならないことを気付いた。
背後から、近づいてくるのを気付いた。
猫が死んでいるのを気づいた。

これらは、「に」でも表現できますが、話者が対象を静的に捉えるか、動的に捉えるかの違いで、対象自体の相違ではありません。
言語は話者の認識の表現で、対象と表現を直結して理解するところに現在の言語論、文法論の誤りがあります。■
    • good
    • 1

まず結論だけ書きます。

「に気づく」をおすすめします。
 どうやら「を気づく」も「間違い」とまでは言えない気がしますが、やめておくほうがよいでしょう。
 たしかに「を気づく」でグーグル検索すると相当数ヒットしますが、それよりもはるかに多く「に気づく」がヒットします。そういうことです。


 先行コメントで気になったものに関してコメントしておきます。
 No.2で〈「を」は動的な対象の捉え方〉というコメントがありました。何を言いたいのか質問者はわかりますか。ユニークすぎて当方にはわかりません。具体例があればよいのですが。

 No.3のかたがグーグル検索の結果をひいています。
「を気付く」は約 64,600 件だとか。「に気付く」とは2ケタ違います。グーグル検索の結果をウノミするのは危険です。しかし2ケタ違うと、どちらが一般的なのかは明らかでしょう。
 ただし、これだけでは「を気付く」が間違いとは言い切れません。
 絞り込みのために「”を気付く”」で検索すると約 43,100 件がヒットします。
https://www.google.com/search?client=safari&rls= …
 検索のトップに来るのは下記です。
【~を気付く [耳に障る言葉]】
https://wordswordswords.blog.so-net.ne.jp/2012-0 …
 タイトルにあるとおり、「〜を気付く」という表現を疑問視しています。

 2番目は質問サイトです。
【~を気付く】
https://okwave.jp/qa/q6689117.html
 今回と同じような質問であり。BAの趣旨は……よくわかりません。「現代語の感覚ではそうかもしれません」ですから、古い時代には使われていたのかもしれません。
 以下、つぶさに見ていけば違うのかもしれませんが、同じような話なのでは。

 今回の回答でも「文語、口語の違い」という指摘があります。青空文庫からの引用もあります。昔は使ったのかもしれません。
 擬古文でもないかぎり、現代では「〜に気づく」と書くべきでしょう。これを「〜に気付く」と書くか否かは表記の問題なので、また別の話になります。
    • good
    • 0

文語、口語の違い。

    • good
    • 0

No.5です。

分かりにくいので再度

検索結果 / を気づく 7件

検索結果 / に気づく 数のみ書きます。68件

『KOTONOHA(別名「少納言」)』で検索
  を気づく 1件のみ
 
  に気づく は最大の500件あり。(500件以上)
    • good
    • 0

『青空文庫』での検索。


検索結果 / を気づく

らかといえば古いタイプと常識とをもっていることを気づくのである。 小説は、最も現実の脂と匂いのきつい   宮本百合子「文学における古いもの・新しいもの 「風雲」について」
さえも、そんな不祥がこの場で行われたということを気づくものはありません、水を流したように綺麗になって   中里介山「大菩薩峠 37 恐山の巻」
測とに満ちた目だった。マドレーヌ氏もついにそれを気づくようになった。しかし彼は別に何とも思っていない   ヴィクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル 04 第一部 ファンテーヌ」
その作品の中に小奴といふ女性が歌はれてゐることを気づくであらう。 小奴といふのは釧路の芸者で、石川と   野口雨情「石川啄木と小奴」
。泪ぐむことさえあった。 多鶴子はさすがにそれを気づくと、豹一にそのことを冗談めかして言った。「あん  織田作之助「青春の逆説」
びたくない。 自分には芝居は書けないといふことを気づくのは、自分には芸術はわからないといふことがわか   岸田国士「言はでものこと」
を持っていたのです。もとより、誰一人そんなことを気づく者はなく、ネルロ自身も、そんなことは思ったこと   マリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメー「フランダースの犬」
7件見つかりました.
  ヴィクトル・ユゴーやマリー・ルイーズ・ド・ラ・ラメーは問題になりません。(翻訳社者の問題ですから)宮本百合子は意外でした。野口雨情はあり得ます。岸田国士も意外。

検索結果 / を気づく

 数のみ書きます。68件 

『KOTONOHA(別名「少納言」)』で検索
  を気づく
う。『夜明け前』の読者は、この作が従前の藤村の作よりもよほど明るくなっていることを気づくに相違ない。 藤村が静子夫人とともに京都に来て私のところを訪ねてくれたのは、
和辻 哲郎(著) 一件のみ。この人も意外。
  に気づく は最大の500件あり。
    • good
    • 0

洗濯する前に蝶〃が一匹、二匹、師匠いわく、その蝶は死んでいるのか?。


師匠の訂正、洗濯する前を蝶〃が一匹、二匹。
個人的な見解ですが、どちらも目的核と言われますが「に」は収束、「を」は拡散がふさわしいと思っています。
死んで落ちた蝶はそれ以上動きません→収束、飛んできて、目の前から飛び去る→拡散。
気づく、一般的な使われるのは、その部分(収束)の商況を知るですね。
では拡散の例?、注意を向けて知ることとなる・・・この意味では思いつきません。
ただし、(意識不明)の彼女を気づかせる、とか失神した者に活を入れて気づかせる、とかは使います「気づく」意味が異なればあり得るのでしょう。
>一種の臭みになつてゐることを気づくのである
{一種の臭みになつてゐること」、具体的内容なら収束ですが、象徴的な内容のため、その裏に数多くの類型があるとすれば拡散に該当しますね。
この部分だけ、取り出したので理解はむつかしいかも、文章全体を理解しないことには・・・、文法の問題ではなく表現の問題では・・・と思います。
    • good
    • 0

格助詞「に」と「を」の意義の相違によるものです。



「に」は空間的・時間的な対象の位置付けの認識を表し、静的な対象の捉え方を表しています。

「を」は動的な対象の捉え方を表し、動詞の動的な目的を表しています。

このように、「に」と「を」では話者による対象の捉え方が異なります。■
この回答への補足あり
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「約1時間がかかった」は正しい表現でしょうか

正しい表現は「大阪から羽田まで約1時間かかった」だと思いますが、
「大阪から羽田まで約1時間がかかった」も可能でしょうか。

Aベストアンサー

この場合の「約 1時間」は名詞でなく、副詞として使われていますので助詞は不要です。
「明日いきます」の「明日」も同じです。

「大阪から羽田までは時間がかかる」の場合の「時間」は名詞として使われていますので助詞「が」をつけます。

Qどなたか教えてくださいませんか。 昨日は日曜日でしたか。 はい、そうです。 はい、そうでした。 いい

どなたか教えてくださいませんか。
昨日は日曜日でしたか。
はい、そうです。
はい、そうでした。
いいえ、そうではありません。
いいえ、そうではありませんでした。
回答文としてどれも正しいですか。

日本語学習者です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

昨日は日曜日でしたか。
① はい、そうです。
② はい、そうでした。
③ いいえ、そうではありません。
④ いいえ、そうではありませんでした。

①の返事が、一番自然です。

今日が15日(月曜日)の場合、「昨日は日曜日です」「明日は16日です」という言い方が自然です。「徳川家康が幕府を開いたのは、京の周辺ではなく、江戸です」で自然です。
「……です」 という表現は「……である」という断定、判断、確定、承認などの意を表すもので、時制のようなこととは関係なく使われます。「20世紀とは1999年から2000年までの100年間です」が自然な表現で、「20世紀とは1999年から2000年までの100年間でした」ではおかしい表現と思われてしまいます。
「……でした」という表現を使う例で多いのは、「それは過去の出来事で、もうそれは終わって(終了して)、その後は状況が違うこともある」という気分を持っている場合や、いろいろのことを過去の出来事として並べる場合です。例えば、「昨日は暑い日でした」「幕府を、頼朝は鎌倉に開いたし、足利尊氏は室町に、徳川は江戸に開いた」などです。 

「……ではありません」と「……ではありませんでした」とでも、似たようなことが言えます。 「昨日(2018/10/14)は月曜日ではありません」という断定がいつでもいつまでも続くような気分を持っているなら、それでいいのです。(「いいのでした」では表現としておかしいのです) ただし、「昨日(2018/10/15)は日曜日ではありませんでした」という断定、宣言の表現の方法をとる場合は、その後に、「ですから、朝刊に日曜版が入っていたのは昨日ではありません」と続くようなケースで、「昨日(2018/10/15)は日曜日ではありませんでした」の部分は単純な過去を表しているというよりは、この表現は理由や原因を表しているという意味つけのために「……でした」「……ではありませんでした」といいます。
「……の指示を受けました、私は、……」の場合も同様です。
「た。」は、過去であることを示すために使う表現ではないです。「私は走った、止まった、登った、泳いだ、戦った、感動した、泣いた、笑った、寒かった、暑かった、見事だった、勝った、負けた、見つけた、落とした、待った、腹減った、酔った」のような場合でも、過去・順序としての前・今まさに完了・相手への要求・要請・今の感情や感覚・いまの状態・継続中の状況をいう場合もあります。「こんなはずじゃなかった」「良かった」「あった」「ありがとうございました」……、どれも、過去を示さない場合にも使います。
「晴れたら」「破れたら」「乾いたら」「出かけないと言ったら出かけない」のような「た」も過去や完了をさすためではなく、あとに続く発言の条件節として提示しているという接続用法のための使い方です。

「はい/いいえ」の「いいえ」は、相手の要望や発言内容に対する否定・拒絶の意思表示です。
「はい」は、相手に応じる気持ちの表現です。「ハイ、もうしません」「ハイ、すぐにやります」「ハイ、その通りです」「ハイ、壊れてはいませんでした」「ハイ、壊しました」「ハイ、彼は泣いてはいませんでした」「ハイ、心を入れ替えて、まじめに働きます。もう嘘をつきません」
「いいえ、違います」「いいえ、私が悪かったのです。彼女が悪かったのではありません」「いいえ、この調書に署名は出来ません」「いいえ、昨日は晴れでした」「いいえ、先週は暑くはありませんでした」「いいえ、明日の集合時刻は9時でした。間違いありません」

昨日は日曜日でしたか。 ① はい、そうです。
❶もっとも普通の表現です

昨日は日曜日でしたか。 ② はい、そうでした。
❷「何か含むところがあって、そう返事するのですか」と疑問を持たれます。

昨日は日曜日でしたか。 ③ いいえ、そうではありません。
❸「何か私に言いたいこと、クレームでもあるのですか」と勘ぐられます
単に否定の言葉「いいえ」だけにするか、「○曜日でした」という方が自然です。
「日曜日ではありません」だけでもいいです。
「いいえ、そうではありません」は、しつこいです。

昨日は日曜日でしたか。 ④ いいえ、そうではありませんでした。
❹❸と大体同様ですが、「そうじゃないというなら、何曜だと思ってるの、もっと返事の仕方があるでしょう」という気分にさせられます。 むかっ腹が立つ返事と思う人も出てくると思います。

昨日は日曜日でしたか。
① はい、そうです。
② はい、そうでした。
③ いいえ、そうではありません。
④ いいえ、そうではありませんでした。

①の返事が、一番自然です。

今日が15日(月曜日)の場合、「昨日は日曜日です」「明日は16日です」という言い方が自然です。「徳川家康が幕府を開いたのは、京の周辺ではなく、江戸です」で自然です。
「……です」 という表現は「……である」という断定、判断、確定、承認などの意を表すもので、時制のようなこととは関係なく使われます。「20世紀とは1999年から2000年までの100年...続きを読む

Q「知りたいです」と「知りたいと思います」の前に、「名詞+を」それとも「名詞+が」が正しいのでしょうか

日本語を勉強中の中国人です。「知りたいです」と「知りたいと思います」の前に、「名詞+を」が正しいでしょうか。それとも「名詞+が」が正しいのでしょうか。

また、質問文に不自然な日本語の表現がございましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

を も が も正しくて、意味も同じです。

知りたい は 他動詞 + 助動詞 の形ですが、助動詞 たい は 形容詞型 の活用をします。

「名詞」を他動詞の目的語と考えれば助詞 を が付きます。

助動詞 たい が形容詞型の活用をすることから、知りたい を一つの形容詞と考えると「名詞」は主語になり、助詞 が が付きます。

「名詞」がどうしたのかと聞かれれば、「名詞」が知りたいのだ というニュアンスです。こちらの方が「名詞」を若干強調した言い方になります。

Q「する」の可能形

「される」は「する」の受身、尊敬形だと思いますが、可能、自発形でもあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>される には可能の意味もある(あるいは、あった)ということですね。
「勉強さ・れる」は「サ変動詞」の未然形に「れる」(「れる・られる」の「れる」の方)が付いたものです。これが今でも正しい形と考えられています。しかし、実際使うと「受身・尊敬・可能・自発」の意味を兼ねているため、分かりにくいのは確かです。
そこで、「勉強+できる」(勉強ができる)という「複合動詞」の方が分かりやすいことが理由で使われます。
 なお、「れる・られる」(せる・させるも同様)は、「れる」は五段活用に付き、それ以外の(上一・下一・カ変・サ変)活用には「られる」付くという分類が分かりやすいのですが、「サ変」だけは「五段」と同じように「れる・せる」がつきます。
 勉強さ・れる(勉強さ・せる)

>できる が する の可能動詞と言えると思いますが語源的には する と できる は全く別のものでしょうね。「できる」は可能の意味を持った動詞です。(上一段活用)

Q(2)がなぜ終止形になるのか教えてください

(2)がなぜ終止形になるのか教えてください

Aベストアンサー

「とも」という接続助詞は、「動詞型・形容動詞型活用語の終止形、形容詞型活用語および助動詞『ず」の連用形に付く」となっています。
「なり」(断定の助動詞)は形容動詞型活用語に入っています。
  [活用表]
          未然 連用 終止 連体 已然 命令
形容動詞      なら なり なり なる なれ なれ
             に
助動詞(「なり」) なら なり なり なる なれ なれ
             に
のように、全く同型です。したがって、「終止形接続」の仲間に入ることになります。
(現代語の「静かだ」という形容動詞と「だ」という断定の助動詞も同じになります。「だろ だっ・で・に だ な なら ○」)

Q①このボタンを押すと、エレベーターの扉が開く。 ②このボタンを押すと、エレベーターは扉を開ける。 ①

①このボタンを押すと、エレベーターの扉が開く。
②このボタンを押すと、エレベーターは扉を開ける。

①は問題なしね、
②の表記は正しいかな


お願いします。

押すと
押せば
押したら
この三つのキーワードについて、もっとも代表的な文を作ってよろしいでしょうか

Aベストアンサー

開ける→意思を持っての行動。
押すと・・・・勝手に・自動的に
押せば・・・・開ける、ではなく開く条件提示
押したら・・・押すと、と押したら、同じ、通常はどちらかの表現が正しい?。
押して・・・・・開ける、がすんなり聞けます、ただし、エレベーターの・・・です。
ただし、前後の文章を含めて何を表現したいのか?、エレベーターを擬人化しての表現ならあり得ます。
完全に擬人化でなくとも、直接手で触れてではなく、一見無関係のボタンで、自動化を強調?、しての表現では使えます。
でも、この文章単独では、間違い?と言わざるを得ません、全体で何を表現したいのか?により決定されます。

Q「それから」の微妙な使い方について

『長江の向うには大別山、山の頂には樹が二三本、それから小さい白壁の禹廟、……』

この文章に「小さい白壁の禹廟」は「山の頂」にあるのですか。「二三本」と同じグループですか。それとも、白壁の禹廟は語り手が見える他のところにあるという状態ですか。

Aベストアンサー

現実の史跡を記述したものなので、実際に地図をあたるのが早いと思います。

芥川は、1921年に海外視察員として中国を訪れ、長江とその最大支流漢江の合流点にある武漢を訪れます。武漢の長江南岸に黄鶴楼はあります。現在の黄鶴楼は六角形の51メートルもある壮大な建物ですが当時は消失して存在しませんでした。また白壁の禹廟とは、対岸にある晴川閣中にある建物のことです。2つは川を挟んで向き合った位置です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%B6%B4%E6%A5%BC
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%B4%E5%B7%9D%E9%96%A3
http://www.qcgmuseum.com/admin.php/index/show/tid/33.html

「長江の向こう」とありますが、長江の河口からかなり遡った地点にあるとは言え川幅は1㎞はあり、なかなか広大な風景です。長江の南岸から望めば、北岸のむこうに樹が二三本生えた大別山、岸辺近くに上記の晴川閣を望んでいるものと思われます。

以上が位置関係になります。付記すれば「それから」は視野が少しだけ手前に来たことを表す程度のものです。

現実の史跡を記述したものなので、実際に地図をあたるのが早いと思います。

芥川は、1921年に海外視察員として中国を訪れ、長江とその最大支流漢江の合流点にある武漢を訪れます。武漢の長江南岸に黄鶴楼はあります。現在の黄鶴楼は六角形の51メートルもある壮大な建物ですが当時は消失して存在しませんでした。また白壁の禹廟とは、対岸にある晴川閣中にある建物のことです。2つは川を挟んで向き合った位置です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%B6%B4%E6%A5%BC
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6...続きを読む

Q『どんがら』の意味で…

自動車などの乗り物の「ボディ」という意味合いに使えると思いますか?

この車はどんがらは異なるが…
みたいな使い方を見たことがあります。

Aベストアンサー

「どんがら」は「どうがら」の転で、

どうがら【胴殻】

① 〔胴は胴体、殻は骨、の意〕 肉を取り去ったあとの骨。がら。あら。 「雁(がん)の-鯉のわた/浮世草子・織留 5」
② からだをののしっていう語。どんがら。【大辞林】

中味を取り去った外殻と骨組みを表します。■

Q「やぶ遅く申し訳ありません」 「籔遅く申し訳ありません」

タイトルのような表現をする人がいるとは、恥ずかしながらごく最近まで知らなかったのですが、自分もこの言い方を使うよっておっしゃる方、いらっしゃいますか?

Aベストアンサー

夜遅くなら
夜分(遅く)に・・・

昼間なら
藪から棒に・・・
かも

Q日本語の質問です。 本にこんな練習問題がありますが、 どんな言葉が入ったら自然な文章になるでしょうか

日本語の質問です。
本にこんな練習問題がありますが、
どんな言葉が入ったら自然な文章になるでしょうか。

A: 一生懸命ですね。
B:ええ、 田中さんから__________かぎり、
きちんとやらないと。

たとえば、 '頼まれているかぎり' か、 '認められるかぎり' は、 自然ですか?

Aベストアンサー

◎頼まれたかぎりーこのシチュエーションにおける最適の表現。
〇"頼まれているかぎり"ーシチュエーション的にも文としても、とりあえずは正しい。
×頼まれるかぎりー間違い。

〇認められたかぎりーシチュエーション的には違和感あるが、文として、とりあえずは正しい。
〇認められているかぎりーシチュエーションにおいては違和感あるが、文として、とりあえずは正しい。
×"認められるかぎり"ー間違い。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較