行政書士を目指しているものが、将来は開業の意志はあるものの、行政書士の世界は無知です。
そこでしばらく実務の経験を積みたいと考えております。
行政書士の、求人等について知りたいのですが教えていただけないでしょうか?
また、それを知る手段など教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 行政書士事務所の求人は、各事務所が個別に行っています。



 ご存じかとは思いますが、行政書士に合格し実際に行政書士業務を始めるにあたっては、その地方の「行政書士会」に登録する必要があります。行政書士会に登録すれば、その地方の行政書士の名簿が入手できますので、お近くの行政書士事務所に挨拶を兼ねてしばらく実務経験を積ませてもらえないか直接おたずねになるとよいでしょう。

 もちろん、合格前でも「行政書士補助員」として実務経験を積むことが可能です。その場合も、まずはお住まいの地方の行政書士会に問い合わて事務所を紹介してもらうことをおすすめします。

 また、オンラインで採用募集を行っている行政書士事務所の例もありましたのでご紹介します。

「八田行政書士事務所」
http://www.katsushika.co.jp/hatta/

 以上、お役にたてれば幸いです。--a_a

参考URL:http://www.katsushika.co.jp/hatta/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変感謝します。
知りたいことに手が届く回答ありがとうございます。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

 行政書士、司法書士は法律関係者として、その地位が中途半端なため、開業以外には、独立の資格としての求人はあまり期待できません。


 というのは、これらの資格は、業として、法律書類を作成するのが禁じられているのであり、会社に属する一般社員が会社に関係する書類を作成するのは、何ら禁じられていません。したがって、会社にとってみれば、高い金を出して、わざわざ資格ある人を雇う必要がないのです。
 当然のことながら、履歴書にその資格ありと書けば、法律の専門知識を持っている人と見られ、有利なことは間違いありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。回答していただいて大変うれしく思います。
そうですね会社としては社員としての必要性というのはあまり無いかもしれませんね、ただ、一般の企業への就職はあまり考えておらず、行政書士事務所等の仕事の求人について知りたいのですが、その辺はどうなのでしょう、情報を得るための手段等も教えてください。

お礼日時:-0001/11/30 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q60歳以上の方の趣味を教えてください。

こんにちわ。現在、60歳以上の方の趣味を調べています。
そこで60歳以上の方にお聞きしたいのですが、ずばりご趣味はなんですか?
また、年齢、性別も教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の両親のことでもいいですか?

母(64歳)
 ・地域の体育施設に通ってエアロビクスと器械体操  の指導を週一回受けている
 ・独学でパソコンの操作を学習
  ワード・エクセルはモチロンの事
  キーパンチもブラインドタッチが出来るまでマスター 
 ・読書
 ・日帰りバスツアー
 ・季節の花めぐりの旅行
 ・シニア料金での映画鑑賞
 ・ベランダ菜園の手入れ、世話
 ・旅日記の編集(PCで)
 ・デジカメ撮影、アルバム作り
 
父(62歳)
 ・競馬
 ・ガーデニング
 ・銭湯めぐり
 ・自宅の手入れ(日曜大工)
 ・パソコンでゲーム 
 ・日帰り旅行

二人で一緒にしている事も多いんです。
この頃とっても仲良しです。 

Q行政書士独学についてお聞きします 行政書士を受けたいと思います ケータイ行政書士ミニマム六法 ケータ

行政書士独学についてお聞きします

行政書士を受けたいと思います
ケータイ行政書士ミニマム六法
ケータイ行政書士
1分マスター行政書士2冊を
買いました。

どのように勉強したらいいですか

Aベストアンサー

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニマム六法は、条文の語句の色分けをしてあるとのことですね。法律の条文は、一言一句、作る人のこだわりが込められているものです。法律の条文と最高裁の判決理由に無駄な語句はないと思います。最初の段階から、この条文はここだけ覚えればいいという習慣をつけるのは、おすすめできません。今までに試験に出てない重要なタームは完全に穴になってしまうのではないでしょうか。行政書士試験に条文の穴埋めのような問題が出るとすれば、こちらの本も直前期に見直すためにだけ使う方がいいと思います。普段の勉強は、面倒でも、普通の六法や判例六法を使った方がいいのではないかと思います。

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニ...続きを読む

Q60歳以上の人の年金の手続きについて。

10月から新しい社員を雇用したので、
保険の手続をしなければならないのですが、
年金の手続で疑問が生じたので教えてください。

(1)今月から雇用した社員は60歳以上なのですが、
その場合、年金の加入はどうすればよいのでしょうか?
 「社会保険の事務手続」には、「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」とありますが、60歳を越えている場合は年金に加入しなくてもいいのでしょうか?

また、その場合、この方の配偶者の年齢は60歳未満で、まだ年金の第3号被保険者になるとおもわれるのですが、配偶者の方についての事務処理はどうしたらいいのでしょうか?

今まで60歳以上の人を雇ったことがないのでよくわからないのですが・・・
お分かりになる方がいらっしゃったら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

雇用された方が一般社員と変わりない勤務実態である場合か、一般社員の4分の3以上の勤務時間と勤務日数の場合として考えると、70歳未満の場合は厚生年金に加入しなければなりません。
「20歳以上60歳未満の人はすべて国民年金に加入する」という文は、あくまでも国民年金に関するものであり、厚生年金は70歳まで加入することとなっています。
もちろんのことながら、健康保険も社会保険または組合保険の保険証を取得することとなります。

雇用された方が一般社員の4分の3未満の勤務実態である場合は、社会保険に加入する資格に届いていませんので、国民年金と国民健康保険となりますが、前記のとおり60歳以上の方は国民年金には加入しなくてよいこととなっています。


さて、その方の60歳未満の配偶者のことですが、だんなさんが65歳未満で、厚生年金に加入している場合は国民年金の第3号被保険者となります。
この場合は国民年金種別変更届にて、社会保険事務所に届け出ることとなっています。

Q行政書士で開業したい!開業された方のみに聞きます。

行政書士を取得して開業したいと思っています。専門分野は不動産・法人関係に力を入れてやりたいと思います。書き込みを見る限り食べていけないと言うご意見がほとんどですね・・。でも開業されて成功した人は必ずいるはずだと思うんです!取得さて開業された方のみでお願いします。廃業に至った方今でも開業された方どうか成功失敗限らずそれにいたった経緯、専門分野も一緒に教えて頂けると

Aベストアンサー

そうでしょうか?
不動産関係はおそらく宅建業免許のことでしょうから
司法書士業務ではないです。

法人関係も定款認証は行政書士の専業です。
司法書士は定款認証業務はできないはずです。

確かに商業登記そのものは行政書士はできません。
私も法人設立に関して、設立のアドバイスなどをして
設立までの手続きのフロー等説明はします。
定款認証等までは行政書士の専業ですからそこまでやります。その後登記事務は提携の司法書士にお願いしています。
問題は、司法書士が定款認証業務まで「業として」行っている方が大多数であるということ。
もちろん行政書士も本人申請で登記を出してしまう人も非常に多いのは事実です。

まあ、ここで議論しても始まりませんが、一概に司法書士の専業部分ばかりではないので補足しておきます。

参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~lawyer/ronbun4.html

Q国内どこでも60歳以上が資産6割保有していますか?

国内の金融資産の約6割を、
60歳以上の方が所有していると
聞いたことがあります。

近所(都内)では、団地などで細々と暮らしているご年輩の方が多いです。
ということは、ご年輩の方々の中でも相当な格差があるということでしょうか?

確かに東京の港区(平均所得が23区平均の2約倍)に住んでいる高齢者と、
足立区に住んでいる高齢者では結構な格差があるとは思います。

ただ、足立区に住んでいる高齢者でも、基本的には6割の金融資産を、
60歳以上の方が所有しているという日本の統計に近くなる訳ですよね?

ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

間違って理解されているようですね。

計算が面倒なので、この国の人口を100人、60歳以上の方を20人
国民の総資産を1億円とします。この状態でもし仮に、Aさんが
総資産6000万円で、Aさんの年齢が60歳以上だとすると

「国内の金融資産の約6割を60歳以上の方が所有している」

こういうことになりますが、当然のことながら、残りの60歳以上である
19人の資産が仮にゼロでも、「」内の結論は変わりません。

60歳以上の方の資産が多いんじゃないんです。
資産の多い人は60歳以上である可能性が高い、ってだけです。

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q60歳以上の人が入れる保険

60歳以上の健康な人が入れる死亡、(入院)保険はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

60代の方なら、健康状態に問題がなければ、ほとんどの保険商品に加入可能です。

ただし、保険料の設定は年齢・性別により行われますので、(保険期間をいつまで設定するかによりますが)それ相応の保険料負担が発生することだけは覚悟しなければなりません。

Q今年の行政書士のテスト(行政書士合格者に質問)

去年、行政書士に受験して、不合格だったものですが、ここ3年間は、試験の難易度が高くなっていると思い、今後の対策に悩んでいます。

他のサイトなどで紹介されてた、司法試験用の伊藤塾のシケタイとかを基本書として使い、六法も判例六法とかを使っていますが、問題集も司法試験や司法書士とかを使うべきですか?

基本的に、行政書士の過去問題や参考書は、必要ですか? 予想問題や模試などは、購入や受けてみようとは、思っています。

最近の行政書士の合格者の方、アドバイスください。
他にいい勉強法あれば、教えてください。
基本的に、独学で勉強しようと思っています。

Aベストアンサー

平成16年に合格した者です。
昨年は少し傾向が変わったと聞いておりますので、ご参考までに。

行政書士試験も過去問は大事です。
私も5年分くらいは解いたと思います。
http://www.hajimete.tv/test/index.html

六法は、行政書士試験用の六法を買いました。
通常の六法も持っているのですが、それに載ってない規則などもありますので。
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/book_details.php?bookcd=2819

上記六法で条文の素読みはしたものの、今ひとつ身に付いてない気がしたもので、直前は、ひたすら下記書籍のカードをやりました。
http://book.dai-x.com/shop/6/2677.html

その他、早稲田セミナーの基本書も、たしか行政法は使ったと思います(諸法令というのもあったんですが、今はないのかな)。
http://www.w-seminar.co.jp/gyousho/view.cgi?gyousho_text_list.html%23nandemo2006

それから教養対策ですが、普段新聞を採っていないので、「新聞ダイジェスト」(月刊誌)を半年くらい購読してました。
これには時事ネタを就職試験向けにアレンジした問題が入ってます。
http://www7.ocn.ne.jp/~n-digest/

私が受験した感想は、行政書士試験は基本的に暗記がモノを言う試験だということです。
シケタイは、法的思考力を付けるのには優れていますが、これだけでは合格できないと思います(ただし、憲法・民法は量が多すぎることを別にすれば、有用かもしれません)。
司法試験の問題についても同様のことがいえます。
Takamituさんの場合、ある程度行政書士試験に特化した勉強をする必要があるのではないでしょうか。

来年は合格率も多少は上がると思います。
がんばって下さい。

平成16年に合格した者です。
昨年は少し傾向が変わったと聞いておりますので、ご参考までに。

行政書士試験も過去問は大事です。
私も5年分くらいは解いたと思います。
http://www.hajimete.tv/test/index.html

六法は、行政書士試験用の六法を買いました。
通常の六法も持っているのですが、それに載ってない規則などもありますので。
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/book_details.php?bookcd=2819

上記六法で条文の素読みはしたものの、今ひとつ身に付いてない気がしたもので、直...続きを読む

Q60歳以上のアルバイト

60歳以上でアルバイト探しています。神奈川県相模原市ですどこが探しやすいですか

Aベストアンサー

65歳までならアルバイト・パート探しは容易だと思います。
スーパーや外食産業なら大体人手不足で困っているようです。
コンビニもそうですが、オーナーの気持ちひとつで、年齢制限はないものの
若い人を採ろうとする傾向が強いです。(老人は扱いにくいと思われているかもしれません)
と言いましたが、そこで同年齢の方が働いているなら問題ないと思いますが。

Q行政書士って27歳無知識からなれますか

行政書士って27歳無知識からなれますか?
なれるとしたらどのくらい時間かかりますか?当方、毎日3時間なら勉強する時間あります。

30才でなれた場合、何万くらいひと月に稼げるでしょうか?

Aベストアンサー

あたまがよければなれます。
バカではむりです。

あたまがよければ3ヶ月~半年でなれます。
普通なら1年~かかります。
馬鹿では無理です。

あたまがよければたくさん稼げます。
普通なら肩書きが行政書士ってだけで給料は一般的なサラリーマンくらいです。

受かりたいなら「自分で調べる」「自分で考える」という学習能力が必要です。
がんばってくださいね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報