友人が外国でマティーニをオーダーしたところ、
我々が思っている“マティーニ”ではなく、
“マルティニ”が来たそうです。
マティーニのちゃんとした発音を御存知の方、教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

"maritini"の起源はイタリアともアメリカとも言われていて


(1つ目の参考URLを参照して下さい)、
国によって発音が違っているだけのようです。

英語では「マーティーニ」と発音するし
(アメリカでは「マー」の後に/r/の発音が入ることが多いと思いますが)、
イタリア語ではきっと「マルティニ」(あるいは「マルティーニ」でしょうか)
と発音するのでしょうね。

マティーニには300種類くらいのレシピがあるそうですね
(2つ目のURLを参照して下さい)。
私自身はカクテルに詳しくないのですが(日本でマティーニと言えば
どこでも同じような味の物が出てくるのどうかもわかりません)、
risusanの書かれているように、おそらくどのように発音しても、
細かく指定しない限り、その国で一般的なレシピで作られた
マティーニ=マルティニが出て来そうですね。

外国でカクテルに限らず、自分の食べたいもの、飲みたいものを
注文するって難しいものですね。

参考URL:http://www.luc.jp/drink/episode.htm http://userwww.aimnet.ne.jp/user/w-banno/977gatu …
    • good
    • 0

すみません。

先ほど回答したものですが、参考URLに2つ続けて書くと
まずいみたいですね。勉強不足ですみません。

1つ目は
http://www.luc.jp/drink/episode.htm

2つ目は
http://userwww.aimnet.ne.jp/user/w-banno/977gatu …

でした。もちろん他にもたくさん参考になるページはあると思います。
私はgooで「カクテル マルティニ」,「カクテル マルティニ マティーニ」
と2通りで検索してみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。サイトもとても参考になりました。(他のカクテルの情報も含めて)ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/28 22:05

もしかしてお友達はヨーロッパで「martini」をオーダーしたのでは?


3年ほどヨーロッパで暮らしましたが、あちらではカクテルはアメリカや日本ほど嗜まれていません。
よってどう発音しようと、「マルティニ」しか出てきません。
それに対してアメリカではちゃんと「マティーニ」が出てきます。
それぞれの文化圏で「martini」が何を表すかによるのだと思います。
ヨーロッパで「マティーニ」を飲みたければ例えば「(ドライ)ジン・マティーニ」と言えばいいでしょう。
ただ若干の例外を除き、相当のクラスのホテル・バーでも寝ぼけた甘いものしか出てきません。ベルモット代わりに「martini」と使ったりするからです。
やはりピシッとしたドライなカクテルは日本とアメリカが一番のようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答ありがとうございます。おっしゃる通り、私の友人はヨーロッパ圏で頼んでいたそうです。
世界って広いですね。

お礼日時:2001/11/28 22:03

今までの経験では「マティーニ」ではなく「マッティーニ」と発音した方が正しく出てきました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
なるほど、次回トライしてみます。

お礼日時:2001/11/28 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカクテルのレシピの違い

同じ名前のカクテルなのにお店によってレシピが異なるのはなぜでしょうか。
例えば、

マティーニ
マンハッタン
ギムレット
サイドカー
ジントニック
バラライカ
ダイキリ
シンガポールスリング

なんかはお店によってかなりレシピが違うと思いますが、
何か理由はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

ベースとなるレシピは同じでもお店によってオリジナリティを出すために一工夫加えている場合が多いようです。
特にマティーニはカクテルの大様と呼ばれるキングオブカクテルであり、
すべてのカクテルはマティーニの亜流だという人がいるくらいです。
バーテンダーさんそれぞれが自分の個性を出すだけでなく、お店の伝統であったり、
飲む人の気持ちになって努力を重ねた結果、異なるレシピが生まれたのではないでしょうか。

ただ、シンガポールスリングは、ラッフルズスタイルとサボイスタイルで大きくレシピも味も異なります。
日本ではサヴォイスタイルで提供されるお店が多いようです。シンガポールスリングはシンガポールのラッフルズホテルがその発症ですが、サボイも正式なレシピとして提供されています。
それぞれ、発祥のホテルの名前に由来します。

Q“Lagervall”の発音を教えてください。

アメリカに住む人のLast nameで、“Lagervall”と表記されているのですが、
どう発音するのかわかりません。
どなたかご存じないでしょうか?カナ表記でも発音記号でもかまいません。

因みに、“Lagervall”で検索すると、“Laservall”が引っかかるのですが、
知りたいのは、“Lagervall”です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Lagervall:レイガヴォル

の様に発音している様に思います。質問者さんのお耳に任せます。

☆YAHOO!英語学習・リスニング
http://stepup.yahoo.co.jp/english/
ページ下の方の「リスニング」の「英文を聴こう」をクリックして下さい。文章も発音してくれますが、単語も読みあげてくれます。コピペして入力すると、片仮名では、「レイガヴォル」の様に私には、聞こえました。

☆Text-to-Speech
http://www.oddcast.com/home/demos/tts/tts_example.php
こちらのサイトも、文章や単語を入力すると、発音してくれます。Enter Text に Lagervall を入力 ⇒ Language で English を選択 ⇒ Voice で、お好みの男性、女性を選択 ⇒ Efffect / Level は、そのままにして、Say It をクリックすると、発音してくれます。

Qカクテルのレシピに正解はあるんでしょうか?

ウイスキーにはまり、ヴァッティング技術に魅了され、なぜかカクテル作りに行き着きました。

しかし、最近レシピにちょっと疑問です。

マティーニなどのレシピで、使うジンやビターの種類や量が違っていたり変えていたりするのはなんとなく理解できます。
ロブ・ロイやアフィニティやマンハッタンの違いもなんとなく調べてわかりました。
ファーストラブも、あるレシピでは「カシスリキュール15 mL 飲むヨーグルト45 mL モナンラズベリーシロップ 15 mL」だったり「トロピカルヨーグルト2/6、ざくろジュース2/6、ミルク1/6、レモンジュース1/6」(←これだとノンアルコールですか?)だったりしますが、基本はヨーグルトってことなのかなと納得させています。

結局、酒の銘柄や量を変えると呼び名が変わったり、基本となるリキュールやジュースが決まっててトッピングは自由だったり‥

カクテルのレシピは基本を押さえてあとは結構自由と考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

カクテルのレシピは基本を押さえて自由。
ですけど「良いバーテンダー」ほどキッチリ量(はか)って同じ味を提供します。

自分で作って自分で呑むなら まぁOKですが(でも#2さん 自由過ぎます。せめて「カルア(コーヒーリキュール)」は使いましょう。)。
お金を貰ってカクテルを出すのなら「店の味」を気分で変えたら お客さん逃げますよ。

Q外国人に”チャットで"発音を伝えたい

アメリカ人とチャットする機会があって、そのとき流れで『がぎぐげご』の発音を伝える話になったんです。
でも、単純に ga gi gu ge goで伝わるのか・伝わっているのか、わかりませんでした。
「gu」は向こうの人は「ガ」と読んでしまいそうだなあとか(gunのguですし)、「ge」を「ギ」と読んで「gi」を「ジ」と読んでしまいそうだなあとか思っちゃいました。
どうすればうまく日本語のガギグゲゴ、ひいては五十音を伝えられるでしょうか。

Aベストアンサー

こちら↓をご参考に。

http://www.learn-hiragana-katakana.com/reading-hiragana-pronunciation/

細かいことをいえば、

「ガス」の ガ と
「マンガ」の ガ の発音は異なるかも。

Qマティーニの発音

友人が外国でマティーニをオーダーしたところ、
我々が思っている“マティーニ”ではなく、
“マルティニ”が来たそうです。
マティーニのちゃんとした発音を御存知の方、教えてください!

Aベストアンサー

"maritini"の起源はイタリアともアメリカとも言われていて
(1つ目の参考URLを参照して下さい)、
国によって発音が違っているだけのようです。

英語では「マーティーニ」と発音するし
(アメリカでは「マー」の後に/r/の発音が入ることが多いと思いますが)、
イタリア語ではきっと「マルティニ」(あるいは「マルティーニ」でしょうか)
と発音するのでしょうね。

マティーニには300種類くらいのレシピがあるそうですね
(2つ目のURLを参照して下さい)。
私自身はカクテルに詳しくないのですが(日本でマティーニと言えば
どこでも同じような味の物が出てくるのどうかもわかりません)、
risusanの書かれているように、おそらくどのように発音しても、
細かく指定しない限り、その国で一般的なレシピで作られた
マティーニ=マルティニが出て来そうですね。

外国でカクテルに限らず、自分の食べたいもの、飲みたいものを
注文するって難しいものですね。

参考URL:http://www.luc.jp/drink/episode.htm http://userwww.aimnet.ne.jp/user/w-banno/977gatu.html

"maritini"の起源はイタリアともアメリカとも言われていて
(1つ目の参考URLを参照して下さい)、
国によって発音が違っているだけのようです。

英語では「マーティーニ」と発音するし
(アメリカでは「マー」の後に/r/の発音が入ることが多いと思いますが)、
イタリア語ではきっと「マルティニ」(あるいは「マルティーニ」でしょうか)
と発音するのでしょうね。

マティーニには300種類くらいのレシピがあるそうですね
(2つ目のURLを参照して下さい)。
私自身はカクテルに詳しくないのですが(...続きを読む

Q“a” と “the”

塾の講師をしています。

中学英語の問題です。
次の一文だけの英作問題について質問します。

「どうか彼にノートを持ってくるように言ってくださいませんか。」

この解答が
「Could you please tell him to bring the notebook?」

もちろん、この解答で合っているのですが、私は“a notebook”でも説明を加えた上で「○」にしました。

一文しかありませんが、この場合、特定のノート“the notebook”の方が自然だと思います。
しかし、“a notebook”にした場合、減点対象になるのでしょうか?
「○」にはすべきでなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

両方○で、正解だと思います。

いつも使っているノートを持ってきて→the
新しいノートを1冊持ってきて→a

Qマティーニに入れるベルモット

今日とてもドライマティーニが飲みたくなり自分で作ってみようと思い立ちました。
しかし店で飲んだことはあっても、作ったことがないのでレシピがわかりません。
ジンは大好きなボンベイサファイアで、と決まったのですがベルモットが何にすれば良いかわかりません。
手に入りやすくて美味しいドライベルモットをご存じの方、ゼヒ教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

小さなバーを営んでおります。

基本的には好みの問題になると思います。一般的なのはチンザノですね。ホワイト、ドライ、エキストラドライがあります。わりとスパイシーです。対してノイリーというフランスのベルモットがあり、こちらは柔らかくふくよかな風味ですね。

サファイアがジェニパーベリーよりもスパイス系や柑橘系の香りを重視しているジンなので、それを壊さずにというのであれば僕はノイリーの方をおすすめします。

また、それに加えてオレンジビターを1ダッシュほど加えたり、ピールもレモンの皮ではなくオレンジに変えてみたりも面白いですね。

Q発音の矯正本とLの発音

アメリカに留学中の者です。
9月のクォーターから普通の授業を取り始める予定で、今はESLだけ取っています。

先生に他の英語の力に比べて発音だけ一段階下に位置してると言われました。
自分でも母音の使い分けは正直意識してない、というかできない、と思っています。
日本語でいう「あ」です。
あとLも苦手です。Rは大丈夫なんですが…。

発音の矯正にオススメのCD付本がありましたら、教えてください。

あと、Lの発音の仕方なのですが、2ヶ月通っていた私立の語学学校では、
舌を見せるようにして発音するように教わりました。
本当は舌の先をちょっと丸めて上の歯の裏に付けますよね。
でもそれは今の私には高度だから、舌を見せる方法でとりあえず慣れなさい、と言われました。

今の大学のESLでは上記の本物の方法じゃないと駄目~って言われます。
私はとりあえず舌を出す方法で慣れたいと思っていたのですが、やっぱり最初から本物の方法を練習するべきですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1ですが、私が音声学を勉強したのはもう30年も前のことになりますので、お薦めの本はちょっと分かりません、ごめんなさい。

「舌を見せる」というのはアッカンベーをするようになさっていたとのことですが、それではLの発音は全くできないのではないでしょうか。語学学校の先生の言わんとしていたことがよく理解できません。

Lを発音するために必要なことはあくまでも舌の先を歯の根もとの歯茎のふくらんだところに押しつけるということです。これなくしてはLの音とは認識されないと思います。

vowels の発音より簡単な、たとえばappleで説明したいと思いますが、よくカタカナで書けばアップルよりアポーが近いと言いますよね。このポーと発音するときに舌の先を歯茎に押しつけたまま離さずに音を出してみてください。

ただの日本語の「アポー」の発音だと、舌の先はどこにもつけずにやりますが、英語の場合は舌の先を歯茎に押しつけたままでするといいのです。

vowelsの場合ですが、最後のsを抜かしてvowelだけで練習してみてください。このvowelを発音したとき、舌先の位置はどこで終わっていますか?歯茎に押しつけられたままで終わるのが正解ですよね。
そのあとにsが来るのですから、すぐに[z]の発音に移行すればいいわけで、[z]の音を出すときに舌先を歯茎から離せばいいのです。
ただし、日本語のラ行のように舌先で歯茎をポンとはじいてしまってはいけません。くっつけていたものを離すだけです。

#1ですが、私が音声学を勉強したのはもう30年も前のことになりますので、お薦めの本はちょっと分かりません、ごめんなさい。

「舌を見せる」というのはアッカンベーをするようになさっていたとのことですが、それではLの発音は全くできないのではないでしょうか。語学学校の先生の言わんとしていたことがよく理解できません。

Lを発音するために必要なことはあくまでも舌の先を歯の根もとの歯茎のふくらんだところに押しつけるということです。これなくしてはLの音とは認識されないと思います。

vowe...続きを読む

Qマティーニの蘊蓄話

マティーニの蘊蓄話

何年か前にバーで行きずりの人から聞いた話です。

昔、マティーニをこよなく愛する文豪(もしくはそれに類する職業の人)がいました。
しかしその人は身体を壊して酒が飲めなくなり、ジンのボトルを見ながらベルモットを飲んだ…という主旨の話だったと思います。

それがふと気になって調べてみたのですが、インターネットではそれらしい話は出てこない。
マティーニ好きの大統領が、ベルモットを見ながらジンのストレートを飲んだという話はありましたが。

しかし、調べてみたらベルモットもワインの一種らしいんで、酒を飲めない身体なら、それも飲めなかったはず。
その話自体、記憶が曖昧なので、私の聞き間違いかもしれません。

もしご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

様々なカクテルのウンチクが混ざって変化した感じですね。

おそらくマティーニを愛する文豪はヘミングウェイのことでしょうね。
ヘミングウェイにまつわるカクテルの逸話はかなりあります。

そしてドライ・ベルモットのビンを見ながらジンを飲むのはチャーチル・スタイルですね。

チャーチル・スタイルの話をしたかったが、ジンとベルモットを逆に覚えてしまい、さらにチャーチルもカクテルの逸話に多く登場するヘミングウェイと間違えた…そんなとこだと思います。

Q“each day”と“every day”の違い

“each day”と“every day”は『毎日』と言う意味ですが、この2つには違いがありますか?また同じように代用してもよいのでしょうか??教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出していますので私からも書く必要は無いと感じています。

非常に似た表現だと言う事の証明として、each and everyと言う表現は多くの業界、例えばビジネス、で使うことを避けるべきだ、としています。

また、同じフィーリングだけど対象となるものが二つなのか二つ以上なのかでも使い方が変わります。 eachが二つですね。 each shoe/leg/parentと言う感じです。 その反対がbothとなります。

everyが使われる多くの反対がAllになります。(すべてと言う事ではありません。 Not every "every" means opposite of "all, however.

ちょっと時間がないので適当なサイトを今調べてみますね。

良いものがありましたのでご紹介します。 私の回答より良くまとまっていると思います。 (Gの回答はいつもまとまっていないじゃないか!!!)

参考URL:http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/grammar/learnit/learnitv110.shtml

アメリカに37年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

#2さんと同じような回答になります。 つまり、#2さんの「感覚」がこれらの単語の持つフィーリングです。

each dayとは続いている日々の各日と言うフィーリングがあります。 しかし、every daysとすると、その「各」と言うフィーリングが弱くなります。 その代わり、every dayの方は「すべての」と言うフィーリングが強くなります。 しかしallの持つ「まとめてすべて」と言うのとは違いますね。

#2さんの例文がそれをはっきり出...続きを読む


人気Q&Aランキング