A病院で入院中の患者が、入院している病院でできない手術を、他のB病院へ紹介状を出し、そちらの病院で日帰り手術をした場合。
外出扱いにもならないのですが、患者側にとっては、A病院でできないからと
移されたのに、治療費の負担が大きくなるのでは。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

入院中は(A病院ですね)他の診療機関(B病院)での投薬や治療に関して同一日付での保険診療は認められない。

入院で保険を適用するなら入院外の治療は自費扱いになる…この約束事のことをおっしゃっているのでしょうか?

約束事はその通りだと思います。変更されたということは聞いていないですから…
ですが実際の運用では保険適用を認めているように思います(ただし条件が厳しくあって認められないものも依然として存在します。投薬だけとかは×です。)それはお話のような状況です。実際に高度先進医療を受ける場合などでは(これも保険適用がある・・)認められています。あくまでも健康保険基金の実際の運用でです。基金が財政難で認めないといえばそれまでです。
本来はA病院を退院してB病院へ行かなければなりません。なぜなら、患者さんの療養をするのに必要かつ十分だからこそその病院(=A病院)へ入院しているというのが建前だからです。十分でなければ退院するのが約束事です。それが健康保険の約束事なんです。知っていても知らなくても…決まりは適用されます。
詳しくはB病院で聞かれるしかないでしょう。

この約束事に関してもうろ覚えなので自信なしとします。確認してくださる方の登場を待ってくださいね。
    • good
    • 0

おそらく高度な技術を要する治療が必要と判断されたのだと思います。

誤った治療や稚拙な手術を受けるよりいいですよね。

B病院で受けた治療費はB病院から請求されると思います。
手術を受けるのだから当然です。

A病院での治療費プラスB病院での治療費が(保険+自己負担分)必要です。規則だと思います。

質問の意味を勘違いして解答しているのであれば、補足説明します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学病院・総合病院などで入院・手術時にする血液検査

いくつかの大学病院などで入院・手術の経験があるのですが、事前に感染症を防ぐためにウイルス血液検査をどこでもすると思います。
変な話ですがそのたびに各種ウイルスの陽性・陰性を聞いていましたが(変な顔ひとつせず結果をすぐ教えてくれました)
「HTLV-1」に関しては、通常調べているのでしょうか?当時はこれの存在じたい知らず、更に最近身内が保持・発病したので気になりました。

聞くときも、「HIVや肝炎はどうですか」としか聞かなかった気がします。でも「どれか陽性のってありますか」とも聞いた気がします・・

Aベストアンサー

普通調べるのはB型肝炎、C型肝炎、梅毒くらいです
HTLV-1は患者の多い鹿児島あたりでは調べているかもしれません

Q増収のため入院患者の退院を引き延ばそうとした病院のニュース

相模原の病院で、増収のため入院患者の退院を
一日ずつ延ばすよう、病院側が勤務医に要請したという
報道が前にあったようなのですが、
ネットで調べても見つかりません。

どなたか、関連サイトをご存じないでしょうか。

Aベストアンサー

http://www4.airnet.ne.jp/abe/news/00/miv/index.html#1128

ここの中段ぐらいに
”相模原協同病院(同県相模原市)で~”とありますがこのサイトの事でしょうか。

Q親が入院中で酸素を1リットル使っています。外出や散歩・外泊など入院中は

親が入院中で酸素を1リットル使っています。外出や散歩・外泊など入院中は濃縮酸素器やボンベなどのレンタルは、出来ないようです。皆さんは、どうしているのでしょうか?退院が決まっていなくても使う時だけ貸してくれるところありませんか?何か他の方法もあれば教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。あなたの質問内容は、病院でちゃんと調べてくれますよ。遠慮せずに伝えたらいかがですか?たとえ、担当の看護師さんや先生が知らなくて、その場で答えられなくても、調べれば分かることですから。それに、酸素1Lなら、先生の注意点を守れば、酸素投与なしでも動けるような・・・
外出時、外泊時に酸素がどうしても必要であれば、先生が調べる(結局はソーシャルワーカーみたいな人が調べるのでしょうが)はずです。記憶はおぼろげですが、酸素のレンタルは、慢性閉塞性呼吸器疾患のような病名がつかなければ貸出が出来なかったような気がします。

Q教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術で

教えて下さい。 低温火傷し植皮手術も勧められているんですが入院、手術での金額はいくら位でしょうか?だいだいでいいので教えて下さい。

Aベストアンサー

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮化させます。

植皮は極力避けたいと思っていられるのでしたら、先日このサイトで、同じような低温火傷での植皮の質問に、2回連続で詳しく回答していますので、参考にされると良いと思います。

http://okwave.jp/qa/q5820150.html

現在は、偶然にも受診した病院が湿潤療法を行っていたり、ネット等で調べて湿潤療法の病院へ転院された方はラッキーで、医師の言われるまま「ガーゼ治療は痛いのが当たり前なので我慢して続ける事」を正しいと信じて受けている方はアンラッキーといった状況です。
正しいと思っていた治療が間違っていた事がわかっても、大きな病院や熱傷専門病院は各種の事情ですぐに湿潤療法に切り替えられず、医療の現場も混乱しているくらいです。

何年か後には、湿潤療法が主流になりますが、その時には植皮の痕はもう戻りません。

金額については判りませんが、植皮をする事になれば、2週間以上の入院と共にさらに体の別の部分に新しい傷を作り、「絶対安静」と「入浴禁止」が待っています。
また修正のための2回目、3回目の手術を行う事もあります。

あなたが現在受けている治療は、ガーゼに抗菌軟膏(クリーム)をべったり塗って貼るという従来の治療法ですね?
今は湿潤療法という最新の治療法が普及してきて、全国でもこの治療法に切り替える病院が増えてきています。
湿潤療法では、低温火傷等の深い火傷でも、時間は掛かりますが上皮...続きを読む

Q処方ミス時の患者負担

2ヶ月前に水虫と診断され、飲み薬を処方されました。
医者からは一週間飲んで三週間休みという服用方法という説明があり、そのようなチラシも窓口で渡されました。
袋には一日一錠と書いてあったのでその通りに飲んでいたのですが、
薬が切れて、昨日病院へ行ってみると、「こんなに間を空けたら効果がなくなる」と怒られました。
わけがわからず良く話を聞いてみると、
本当は一日二錠×二週間飲まなければ効果がない薬だったようなのです。
わたしはてっきり一日一錠×一週間 三週間休みだと思っていたので
それで二ヶ月過ごしてしまっていました。
治療は初めからになってしまうようなのです。
時間は戻らないとしても、一度目に払った薬代を無駄にして泣き寝入りするのは納得がいきません。

既に袋とチラシは捨ててしまい、物証がありません。
病院側のカルテにも薬の名前しか書いておらず、医者はどのように説明したか全く覚えていないそうです。
ただ、素人の私が変則的な服用法をしっているはずがないので、必ずそのような説明があったのだと思います。
こういう場合は患者が負担をしなければいけないのでしょうか?

2ヶ月前に水虫と診断され、飲み薬を処方されました。
医者からは一週間飲んで三週間休みという服用方法という説明があり、そのようなチラシも窓口で渡されました。
袋には一日一錠と書いてあったのでその通りに飲んでいたのですが、
薬が切れて、昨日病院へ行ってみると、「こんなに間を空けたら効果がなくなる」と怒られました。
わけがわからず良く話を聞いてみると、
本当は一日二錠×二週間飲まなければ効果がない薬だったようなのです。
わたしはてっきり一日一錠×一週間 三週間休みだと思っていたので...続きを読む

Aベストアンサー

 水虫といっても、皮膚のみと爪(つめ)にもありで投与量と投与期間が違います。皮膚のみですと、比較的少ない量で治ります。しかし、爪もあると少ない量では、なかなか治りません。ですから、皮膚のみですと、一日一回にしろ、一日二回にしろ、どちらでも治癒に向かっていっていると思います。多少、治癒期間に差があるでしょうが、たくさん飲むほど、速く治るが、その分薬代が多くかかることと、副作用のリスクが高まるでしょう。
 爪にも水虫があるとすると、一日二錠でも、なかなか治らないでしょう。しかし、一般的にいいますが、たくさんの薬を飲むほど、副作用の危険性も高まりますので、安全性を重視して少ない量を処方する医師もいます。
 いずれにしても、最初の医師の説明と二回目の説明が違うという問題は残っていますよね。ただ、ここで思ったのは、医師の説明がどうのこうのより、あなたの水虫が治るか治らないかの問題です。詳しい状況は、わかりませんが、イトリゾールという薬の性質から考えると、一日一回でも二回でも、そんなに差がないようにも思えます。先程も言いましたが、一般的にたくさん飲めば、速く治るかもしれないが、それだけ副作用のリスクが高まり、少ない量だと時間がかかるが、リスクが低くなるでしょう。
 話を戻しますが、最初の説明と二回目の説明が食い違っており、医師が言うとおり、間違った飲み方をしていたために、治るのが遅れ、医療費が余分にかかったとすすならば、一回目の説明がどうだったかが重要ですよね。一回目のとき、窓口でチラシをもらったと言っていましてよね。そのチラシ、今度行ったときに、窓口に直接行って、名前・生年月日・受診日(一回目の!)を伝えて、「あのときもらった水虫の薬の飲み方のチラシをもう一度下さい。」と言ってみて下さい。受付の人が、わけわからずあのチラシをくれるかもしれませんよ。そうすれば、証拠が取り戻せるのでは?
 ところで、私が思ったのは、この医師、プライドが高く、ちょっと患者さんへの説明が下手なのではないでしょうか?あなたの水虫が速く治らなかった。速く治せなかった理由をあなたが飲み間違えたことにして、自分のプライドを守りたかった。それで、二回目の受診のときにあんなことを言ったのではないでしょうか?(長くなってきたのでここでおしまい。)

 水虫といっても、皮膚のみと爪(つめ)にもありで投与量と投与期間が違います。皮膚のみですと、比較的少ない量で治ります。しかし、爪もあると少ない量では、なかなか治りません。ですから、皮膚のみですと、一日一回にしろ、一日二回にしろ、どちらでも治癒に向かっていっていると思います。多少、治癒期間に差があるでしょうが、たくさん飲むほど、速く治るが、その分薬代が多くかかることと、副作用のリスクが高まるでしょう。
 爪にも水虫があるとすると、一日二錠でも、なかなか治らないでしょう。しか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報