教えてください。例えば『見ていらっしゃる。』と『見てらっしゃる』は どう違うのでしょう・・・?
私は、『いらっしゃる』でも『らっしゃる』でもよい様な気がしますが、先日上司より指摘を受けました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「いらっしゃる」は「いらせらる」が変化したもので、ご存知のように「来る」「行く」「居る」の尊敬語です。


これを命令形で言えば、「いらっしゃい」になるわけです。

ご質問の「~らっしゃる」はCoquilleさんのおっしゃる通り、「~いらっしゃる」の「いる」という動詞の語幹が省略された形だと思います。

ですから、会社などで目上の方に対して使うのはややはばかられるのではないでしょうか。
「いらっしゃい」とは言っても、「っらっしゃい!」では、威勢が良すぎて上品に見えないでしょうしね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

良く分かりました。
助かりました有難うございました。

お礼日時:2002/03/06 18:11

「らっしゃる」は正しい敬語(丁寧語?)ではないですね。


皆さん書かれているように、「いらっしゃる」の縮まったものです。
「こんにちは」が縮まって「こんちわー」というのや、
「~です」を「~ッス」というような、
体育会系のノリというか、威勢の良い感じで使うものですね。
正式な場では使わないものです。
上司などの目上の人の場合は、通常、良い気持ちはしませんね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

有難うございました。
助かりました。

お礼日時:2002/03/06 18:12

 No.1の方のおっしゃるとおりだと思います。


 「らっしゃる」は省略された形だから、本来の形の方が丁寧な言い方だと思います。「らっしゃる」だと場合によってはぞんざいな言い方だと思われるかもしれません。
寿司屋かラーメン屋の大将だと「らっしゃい」、高級クラブのママだと「いらっしゃい」、料亭の女将だと三つ指ついて「いらっしゃいませ」というような感じでしょうか。
    • good
    • 1

これは私見ですが、「らっしゃる」は「いらっしゃる」が短くなったものではないでしょうか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々とご回答有難うございました。
また宜しくお願い致します。

お礼日時:2002/03/06 18:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q『ディスカウントストア』と『百貨店』の違いってなんですか?? (例えば、価格が安い⇄価格が高い) み

『ディスカウントストア』と『百貨店』の違いってなんですか??
(例えば、価格が安い⇄価格が高い)
みたいに簡単にわかりやすい違いを教えてもらえると助かります!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ディスカウントストアは通常より低い価格で売っているお店。
百貨店は、そこに行けばなんでもある、という意味のお店です。

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Qなぜ季節によって空に浮かぶ雲がちがうのでしょうか? 例えば、入道雲は夏はよく見ますが、冬は見れない。

なぜ季節によって空に浮かぶ雲がちがうのでしょうか?
例えば、入道雲は夏はよく見ますが、冬は見れない。のようなことです。
回答お願いします。

Aベストアンサー

雲というのは、基本的に「冷たい風と暖かい風がぶつかった時にできる」ものです。

簡単にいうと、夏の湿気の強い時期に氷を入れたコップを置くと、外に水滴が溜まるでしょう。これはコップの温度が低いために、暖かい空気に含まれている湿気が水分になって表れた、ということです。雲の発生原理は基本的にこれと同じです。

夏は当然ながら「熱い空気」がたくさんあります。特に日本は周りを海に囲まれているため、熱い空気=湿気を含んでいる空気になります。このような空気は太陽で暖められた海水から発生するのですが、当然に蒸発した湿った空気は上に上に登っていくわけです。

上に登れば、空気は冷えいます。そこで大体300mぐらい昇ると空気に冷やされて雲になるのです。この時風が強く吹いていれば、雲になってもそこに留まることができず、どんどん流されていきます。
しかし、条件が整うと、同じ場所にどんどん下から湿った空気が供給され、雲がどんどん成長していきます。このように雲がドンドン大きくなると、重くなり土砂降りの雨がいきなり降ることにつながっていきます。これがいわゆる入道雲、積乱雲の発生の仕方です。
 こういう仕組みの雲は太陽が照り付ける夏に起こりやすく、ほかの時期では見られないわけです。

また、もっと高い場所にある雲もあります。これらは偏西風などの影響を受けて作られます。日本の南西から地球を一周するジェット気流があり、これが時期によって日本列島の上に掛かったり日本海までズレたりしているからです。このような気流の場所や流れ方によっても、発生する雲はちがってきます。

こういう天候のいろいろな違いによって雲の形が違ってくるのです。ある程度覚えると、天気を大体予想できるようになりますよ。

雲というのは、基本的に「冷たい風と暖かい風がぶつかった時にできる」ものです。

簡単にいうと、夏の湿気の強い時期に氷を入れたコップを置くと、外に水滴が溜まるでしょう。これはコップの温度が低いために、暖かい空気に含まれている湿気が水分になって表れた、ということです。雲の発生原理は基本的にこれと同じです。

夏は当然ながら「熱い空気」がたくさんあります。特に日本は周りを海に囲まれているため、熱い空気=湿気を含んでいる空気になります。このような空気は太陽で暖められた海水から発生する...続きを読む

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q『おざなり』 vs 『なおざり』

タイトルに挙げた2つの単語について質問があります。
gooの国語辞典で意味を調べてはみたものの、
意味も何となく似ていますし、
漢字も見てみましたが、
「なるほど!」としっくり理解が出来ませんでした。
(※おざなり=お座形/成、 なおざり=等閑)

どなたかこの2つの単語の違いと使用例などを
教えて頂けませんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

仕事をなおざりにしてデートに行った。
-- 仕事を途中でやめてデートに出かけてしまった。

仕事をおざなりにしてデートに行った。
-- 仕事を適当に済ましてデートに出かけてしまった。

の差でしょうか。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Q『スミマセン』と『スイマセン』

通常、謝るときに使う言葉なのですが、『スミマセン』と『スイマセン』、正しくはどちらなのでしょうか?ちなみに私は『スミマセン』派なのですが・・。どちらも正解なのでしょうか?教えて下さいませ。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 MAINAさん、こんばんは。
 正しくは「スミマセン」だと思います。もともとは「済まない(それだけでは、感謝やお詫びの気持ちが表わしきれない)」という言葉から出ているものですから、[SUManai]が[SUMimasen]となるのが自然だと思います。
 「スミマセン」が「スイマセン」となるのは、言語は発音しやすい方向に流れていく傾向がありますので、[suMImasen]の[MI]の[M]の部分が脱落して、より発音しやすい音に変化したものだろうと思います。実際に、発音してみればわかると思いますが、「スミマセン」よりは「スイマセン」の方が発音しやすいはずです。口語的表現といったところでしょうか。
 因みに、同じような質問が以前にもありました。参考URLはその時のものです。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=13377

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報