英語でのサイトを開くといろいろと略語でかいてますが
それが日本でいうと何にあたるかがはっきりわかりません。
以下の略語が何の略で日本語で何にあたるかを教えて下さい。
AB
R
RBI
BB
SO
LOB
TB
CS
OBP
SLG
A
E
INN
DP
PO
などなど、これ以外にもありましたらお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

↓ここをみれば解決できると思います。



参考URL:http://www.internetacademy.co.jp/~s1203577/mlb_w …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/10 22:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

略語 英語」に関するQ&A: RIP と LOL

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「ビジネス」の略語を教えてください

「ビジネス」の略語を教えてください。
BUZか BUSか悩んでいます。
どちらも見たことあるような気がします。

Aベストアンサー

busの語源はomnibusですから、このような短縮形が形成される余地はないと思います。

Biz というのは Show Biz などに使われる用法です。
知己のあいだで、会話・メール・メモなどにはむしろ、
Business と言ったり・書いたりするよりも一目瞭然、
音の響きも現代的に聞こえます。

でも、It's none of your biz.というのを私は、聴いたことが有りません。
やはり、it's na nov your bIzn(a)s! と言いたい。

Qロサンジェルス→略して「ロス」 サンフランシスコ→略して「シスコ」

このカテゴリで質問するのが適当かどうか分かりませんが、
よろしくお願いします。

アメリカ人は、ロサンジェルスのことを略して「ロス」、サンフランシスコのことを略して「シスコ」とは言わないと思います。
しかしながら、日本人の間では定着している略称です。

アメリカ映画(確か「ダイハード」?)の日本語吹き替えでも、
元の台詞が「LA」のところが、日本語で「ロス」になってました。

おそらく和製英語の一種なんでしょうが、

・誰が、これらの言い方を流行らせたか?

・他にも、英語の地名で同様の例はあるか?

ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

カリフォルニアには1880年代から何万もの日本人が移民として太平洋を渡っています。証拠を求められると困りますが、ロスなどの略し方は、これらの移民が地名がスペイン語のLos Angelesであることなど知る由もなくロスと省略したのでしょう。 その移民の呼び方が後に日本人に真似されたものと考えられます。 日本にいる日本人がある国の地名を勝手に省略しても簡単には定着しません。

アメリカ南西部(テキサス、ニューメキシコ、 アリゾナ、 カリフォルニア及びその周辺は19世紀半ばまでメキシコ領だったので多くのスペイン語が地名として残っています。またスペイン語も話すバイリンガルが4千万人ぐらいいますので米国人が地名の定冠詞だけで呼ぶ事は考えられません。

スペイン語の地名例
サンタ・フェ、コロラド(川、州)、サン・ディエゴ、 ラス・ベガス、
リオ・グランデ(川)、ネバダ(州)

Q英文メールで略語を使うのはインフォーマル?

ビジネスメールの場合、
英文メールで略語を使うのは、避けた方がいいのでしょうか?

よりフォーマルに仕上げるには、略さず記した方が丁寧ですか?

Aベストアンサー

ビジネスメールでも普通に頻繁に使用するものならば、略語で問題ないですね。MrとかCorpとかASAPとか。よりフォーマルと言うことでしたら、確かに略さない方が丁寧ではあります。ただ、アメリカのビジネスマンは、かなりフランクなメールを送ってくる人が多いですよ。

Qso do i とso am i の違い

この違いを教えてください。

たまにどっちを使えばいいかわからなくなる時があります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ともに,「私もです」ですが,
何が「私も」によります。

A: I'm happy.
に対して,「私もうれしい」は
B: So am I.

A: I like dogs.
に対して,「私も好きです」は
B: So do I.

元になる表現で be 動詞を使っているのか一般動詞なのか。

A: I can swim.
に対してなら
B: So can I.

If you go, so will I.
「もしあなたが行くなら,私も行きます」

これは応用バージョンですが,
I will go, too というのを
will という一語で表しています。
(これは難しければ無視していいです)

Q名詞略語に'dを付けて、形容詞の働きをさせることは出来ますか?

ビジネス英語で、名詞略語にアポストロフィd('d)を付け、別の名詞の前に置くことにより、名詞略語に形容詞の働きをさせることは出来ますか?
たとえばある作業単位として"ABC"という略語があったとします。
その際、「作業単位ABCが適用された製品」を簡略的に表現したいのですが、"ABC'd products"という表現で意味は通じますか?
もし通じないようでしたら、代わりの簡略表現が知りたいです。
社内向け文章ですので、表現は多少カジュアルでも構いません。

Aベストアンサー

名詞略語を形容詞のように使う場合(というよりは名詞略語を動詞と使い)ed をつけた過去分詞を形容詞のように使うのが普通です。従って英語として 'd は変で ed を付けるべきです。貴方の例文は
『作業単位ABCが適用された製品』 → ABCed products

実例として、アメリカの警察官が使う TASER gunと言うのがあります。ピストルの様な発射機から電極が発射され高圧電流を流して犯罪人を捉えます。TASERはその装置の頭文字からとった商品名です。それを動詞に使い He was tasered. のように言います。またmicrowaveはもともと名詞ですが、これも microwaved food (電子レンジで調理された食べ物)となります。

Qeven so の soは何を意味するか

It is hard to see how Asia could introduce a free labor market without economic migrants from poorer nations flooding into Japan to look for work. Even so, this is a problem that Europe has managed to deal with.

この英文のeven soは「たとえそうだとして」という意味ですが、soが解答では「(アジアが自由労働市場を導入することにより、)貧しい国から、経済移民が仕事を求めて日本に大量に流入すること」となっています。私は、「流入することなしに自由労働市場が導入できたとしても」という意味だと思ったのですが、どなたか解説していただけないでしょうか。

お願いいたします。

Aベストアンサー

Even so = It is hard to see ...

解答の例はいらぬ思考回路を作ってしまうので適切ではないです(わざわざ、「~なしで~することは難しい」というのを肯定的な内容で言い換える必要なし)
また、「(アジアが自由労働市場を導入することにより、)貧しい国から、経済移民が仕事を求めて日本に大量に流入すること」というのも意味としてズレがあります(順番逆)
"日本への経済移民抜きにして考えては、アジアがどのように自由労働市場を導入できるかを見る(予見、判断)のは難しい"という意味です

it is hard ...というのは肯定文であり、そのままsoで受けることができます
つまり、「~することは難しい」とそのまま理解すべきです

そして、前の文とあとの文でcontrast(対比)されていることに気が付けば、おのずと訳は出てくるはずです
つまり、「ヨーロッパでも(同じく)問題にはなっているけれども、これまでなんとか対処してきているもの」
だからevenを使ってます
"アジアでは見通しが難しい状況だけれども、ヨーロッパでは(同様の問題について)これまで何とかうまくやっている"、と意味で

Even so = It is hard to see ...

解答の例はいらぬ思考回路を作ってしまうので適切ではないです(わざわざ、「~なしで~することは難しい」というのを肯定的な内容で言い換える必要なし)
また、「(アジアが自由労働市場を導入することにより、)貧しい国から、経済移民が仕事を求めて日本に大量に流入すること」というのも意味としてズレがあります(順番逆)
"日本への経済移民抜きにして考えては、アジアがどのように自由労働市場を導入できるかを見る(予見、判断)のは難しい"という意味です

it is hard ...と...続きを読む

Q商用略語について質問です

ビジネス英語で、商用略語の問題があります。
その中で、「enc.」がどうしても分かりません。

enc.は何の略で、日本語の意味は何になるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

詳しくないのにすみません。

文章でどう使われてるかによっても違うでしょうが、

「同封物」
http://ejje.weblio.jp/content/.enc
でしょうね。

enclosed (enclose の過去分詞形)
http://ejje.weblio.jp/content/enclose


こういう略語辞典もあります
http://www.thefreedictionary.com/ENC.

Q以下の it's は it is の略? it has の略?

I've set and met my career goals
and I'm having tremendous professional success.
But it's cost me my personal and family life.

私は職業上の目標を設定し達成した。
そして、非常に大きな職業上の成功を手にしている。
しかし、それは、私に私生活と家庭生活を失わせてしまった。
しかし、それは、私に私生活と家庭生活の犠牲を払わせてしまった。

But it's cost の it's は、
it is の略でなく、 it has の略ですよね?
また
it's cost me my personal and family life.
の部分の他の直訳がありましたらお願いします。

Aベストアンサー

>But it's cost の it's は、
it is の略でなく、 it has の略ですよね?
 その通りです。it has cost ~で現在完了になっています。

>it's cost me my personal and family life.
の部分の他の直訳
 cost は S cost O1(人)O2(金額・費用)で,「Sは,人にとって金額がかかる」という意味ですが,O2にはお金の他,「時間・労力・代償・損失・犠牲」などが来ます(時には健康や生命まで)。
 「そのことは,私に,私生活と家庭生活という犠牲を支払わせた」というのが直訳です。
 
 主語である物を買うためにお金が必要なように,今回は成功を手に入れるために,「私生活と家庭生活を失う」ことになったのです。

Qビジネスメールについての質問:CCも送ってください

アメリカ人へのビジネスメールにで 「以下の私の他のアドレスへもCCを送ってください」と。付け加えたいのですが、 Could you please CC me to the below E-mail address which is my another one.

もっと、ネイティブに近く、ビジネスライクな表現があったら教えていただけますか?

また、アメリカでは略語ではなく、正式名称のCarbon Copyと記載するほうが一般的なのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 Could you などの前段は事由に組み合わせていただくとして、「CCを送ってください」はお考えのようにCc me a copy.(文中であればcc me a copy.で一応目的は達成できます。二つ目のcがcopyの略ですからcopy copyと並ぶことになってちょっと変な感じですが、実際にネイティブライターが使っています。carbon copyがそのまま動詞としても使われているようですが、私は個人的にその事例にあたったことはありません。ccは略語ですから、端正に書く必要がある場合はcopyを使った方がいいでしょう。
例:「私にCCを送ってください。」 Copy me in.

 「下記のメールアドレス」はe-mail address belowの語順で。「私の他のアドレス」は、「もうひとつの」という意味ではanother e-mail address of mineです。my secondary e-mail addressでもいいと思います。

 しかし、お尋ねの文意は「私にメールを送るときに私のもう一つ別のアドレスにもCCを送ってください。」ということのようにお見受けします。それであれば、
When you e-mail me, please copy to xxx@xxx.com, which is another e-mail (address) of mine.
または、継続性を持たせて
Please copy any e-mail you send me to xxx@xxx.com, which is my secondary e-mail address.
などはどうでしょうか。

 文中でe-mailが繰り返されるようであれば、message, replyなど、他の語への書き換えを使ってみてください。

 Could you などの前段は事由に組み合わせていただくとして、「CCを送ってください」はお考えのようにCc me a copy.(文中であればcc me a copy.で一応目的は達成できます。二つ目のcがcopyの略ですからcopy copyと並ぶことになってちょっと変な感じですが、実際にネイティブライターが使っています。carbon copyがそのまま動詞としても使われているようですが、私は個人的にその事例にあたったことはありません。ccは略語ですから、端正に書く必要がある場合はcopyを使った方がいいでしょう。
例:「私にCCを送...続きを読む

Qso that S can[may/will] V~ の構文で、so は省略できますか?

that を省略できることは知っています。
逆に so を省略することはできるでしょうか?

Aベストアンサー

学校の基本教育で習う英文法や語彙は、少々古臭いですが、英国の正統派で、これをきちんと守られている限り、少々英語の発音がおかしくても、文法ミスがあっても、もともと上流階級の英語なので、とても丁寧な人に思われます。 そういう意味では、英語で話す機会があると得をします。

反面、かなり自由流暢に話しているように見えても、米国など現地で覚えた英語で、なかには黒人しか使わない英語を平気で使う人もいて、わたしの妻(英国人)からは、かなりあとで酷評されました。

※西洋人を見つけると、英語の話せる人は、友達になろうと話しかけてくるものですが、そういう汚い英語を話す人は、面と向かっては言わないですが、その場限りで、妻の場合は電話番号等を交換していても連絡することさえしませんでした。

なお、現代英語は、May I ~ というような言い方は、女王陛下の前に出たときにぐらいしか使えません。 そのくらい古い英語ですが、かなり丁寧な言い方なので、使わても相手に悪い印象は与えません。(外見が東洋人だと、事前の情報から日本人とわかるので、やっぱり日本人は礼儀正しいと思われるみたいです)

余談ですが、女王陛下を呼びかけるときはMa'amと言います。発音はマームに似ていて、フランス語のmadamから来た言葉です。

May I have tea with lemon, Ma'am.

(陛下、[紅茶に]レモンを頂いてもよろしゅうございますか)

soに関しては、下側に回答されている方とのご意見どおりです。

うえに余談でかいた、May I haveは、現実は、Can I haveが普通の言い方で、この言い方は買い物の時にも使えるので覚えておくと便利です。 家庭で、家族にものをとってもらう場合にも使えます。

学校の基本教育で習う英文法や語彙は、少々古臭いですが、英国の正統派で、これをきちんと守られている限り、少々英語の発音がおかしくても、文法ミスがあっても、もともと上流階級の英語なので、とても丁寧な人に思われます。 そういう意味では、英語で話す機会があると得をします。

反面、かなり自由流暢に話しているように見えても、米国など現地で覚えた英語で、なかには黒人しか使わない英語を平気で使う人もいて、わたしの妻(英国人)からは、かなりあとで酷評されました。

※西洋人を見つけると、英語の話...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報