プロが教えるわが家の防犯対策術!

社会人となった今年私の人生の第二幕がはじまりました
英訳→ It has started my second life as I have become a full member of society this year

昭和の時代は沢山の人が居間が家の中心と考えたものだろう
英訳→Many people would have seen a living room as a center of house on the Showa era.

ちょっとしっくりこない英訳になってしまいましたどなたかご教授御願い致します

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

五番です。



社会人となった今年私の人生の第二幕がはじまりました。


違う考えで作ってみました。おもむろに、公開させて頂きます。

After days of school, I am going to play my role at
new stage of life from this year.

学生生活を終え、今年から私も人生の新しい舞台での役を演じようとしています。

一寸気障過ぎる気配があるんだが。
    • good
    • 1

参加させてください。



(1)

そのまま素直(?)に英訳すると、

I have become a full-fledged member of society and just started the second chapter of my life.

が、これでは、学校でて働き始めるときが「人生の第二幕」という概念は向こうにはないでしょうし、日本語の「就職した」という意味合いが出てこないでしょう、また、子供も誰もmembers of societyでしょうから、

Having graduated from university and landed a job, I have just begun/started a new chapter of my life.

あたりが英語国の人間には内容は正確に伝わるかもしれませんね。どうしても「第二幕」といいたいのなら、 ... just started, so to speak, "the second chapter" of ... といったいいかたもできるでしょうね。

(2)

「家の中心」とは物理的なものでなく、家庭生活の、という意味ですね(以降は、それを前提ゆえ、物理的な中心でしたら当てはまりません)まず、素直に訳すと、

It seems many people in the Showa era thought the living room was the center of family life.

It would be safe to say that many people ... in the Showa era.

など。

追記ですが、house は建物そのもの、home は「家」「家庭」「住まい」といった感じで、よく、house に「人のこころ、思い」などが反映されhomeになると業界(米国の)ではいいます(いろんな家具を選んで配置したり・・・などもhomeにすることの例です)。

米国の住宅ですが、living room といわないところも多いですね。family room とか(living room があって family room もあるところもあり)great room (!) なんていうこともけっこうありますね。(house/home plans で検索してみてください)。現場で、違いを聞くと、あまり定義みたいなものはないようです。また、物理的等の違いもあまりわからないというか、ないようです。
    • good
    • 0

社会人となった今年私の人生の第二幕がはじまりました


英訳→ It has started my second life as I have become a full member of society this year


Now that I joined society as working person this year, I feel
like 2nd stage of my life has just started.

[a full member]は良い表現ですね。上記は同じ意味です。


昭和の時代は沢山の人が居間が家の中心と考えたものだろう
Many people would have seen a living room as a center of house on the Showa era.

During last Showa times many thought their living room
was a core place of their house.

質問者の文章も簡潔で良いと思いますが、[have seen]が意味が通りませんね。私の[their][was][a][their house]を複数にした方がよいのかな、よく分かりませんです、簡単な文章程難しい。
    • good
    • 0

こんにちは!



社会人となった今年私の人生の第二幕がはじまりました

 これは、ちょっとユーモアをこめたいんだと思います。急に第二幕が出てくるとまごつきますので

 If life can be compared to a play (=劇),presumably this year marks the beginning of Act II (第2幕)of my life, which has ushered out my college life, and ushered in a new career.


昭和の時代は沢山の人が居間が家の中心と考えたものだろう

「だろう」は、seemくらいが無難です。

 It seems like(これが「~だろう」という口語表現で、後ろに文が来れます)a lot of Japanese in the Showa Era thought of "Ima," or (=言い換えのor;英語で言うとの意味)living-room, as the center of their house.

 think of A as B AをBと見なす を使ってみました。もちろん他にもいろんな言い方があります。

 
    • good
    • 0

人生の第二章ということで chapter を使うのではなかったでしょうか? 下のようなサイトもありますし。


http://www.bellaonline.com/articles/art18659.asp
ジェンキンスさんが日本へ来られたとき、「人生の last chapter を日本で過ごすことになり幸せだ」おっしゃっていました。
the second life なら、第二の人生という意味で、英語的には、定年後とか、死後の世界という意味に使われると思います。人生は一度だけと言う考えではないでしょうか。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=%91% …
    • good
    • 0

○「second life」は「第二の人生」ですよね。

また、「社会人」という表現は日本語ではごく一般的に使いますが、英語圏ではあまり使いません。「キャリアを始める」というような表現をします。それから、ご質問文のように「It has started~」としてしまうと「It」という「何か」が「私の人生の第二幕を始めた」という意味になってしまいますので、「私の人生の第二幕がはじまりましたas I have~」というふうにするといいでしょう。

○2つめの文章は「as a center of house」を「as the center of the house」に替えて、「on」を「in」に替えれば完璧です。欲を言えば、やはり「昭和の時代には」を英文の冒頭に持ってきたほうが意味が明確になりますね。でないと「昭和の時代の家の中心と考えた」と解釈しかねません。
    • good
    • 0

The second stage of my life has stared as~~.



During the Shouwa era, many people would consider their living rooms as the heart of the house.

heart=物事の中心、核、本質
  
....としましたが、どうでしょうか・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『あなたがいつも幸せの中にいますように』・・・英訳してください。。m(__)m

こんにちは。
どなたか、きれいな英訳してください。
お願いします。

オールウェイズとハッピーの単語を使って、
なるべくなだらかな一文で、呪文?みたいな
綺麗な英語でお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言うような表現で、

May happiness lead your life always.

May your life be always fulfilled with Happiness.

最後のように、Happinessと大文字で書く事も、幸せ!と言うフィーリングを強調する為にもいい事だと思います.

そして、monti55さんとここの皆さんへ、私から、

I wish you be always filled with Happiness!

アメリカに35年ほど住んでいる者です。

まだ締め切っていないようですので、私なりに書かせてくださいね。

囲まれている、包まれている、と言う外側からの表現もいいですね. その表現の代わりに、あなたがしあわせに溢れている、と言う中側からの表現をしてみました.

Wish you be always filled with happiness.

Wish happiness be always in you.

Wish happiness be always with you.

May God always fill your heart with happiness

また、幸せと言う物があなたを引っ張っていく、と言う...続きを読む

Qつ、ついにこの日が・・・震えるぜハート!!

お願いします
ついにこの日がやってきた(待ちに待った日)を英語にすると
This day finally came
になりますでしょうか?何か足りないような気がして・・・
よろしくお願いします

Aベストアンサー

おっと、初デートでしょうか? それはきっと「待ちに待った」だけでは言い表せないことでしょう!

「ついに」という意味合いをもっと出すために現在完了形にして、
The day has finally come.
、、、が良いと思いますよ。

ちなみに欧米ではこういう場合、「決戦(がある日ほど大事な日)」という意味で「D-Day」と言います。これはもともと、旧ナチスドイツ軍の敗戦を決定的にしたと言われる、連合軍による「1944年6月6日 ノルマンディ上陸作戦」を指しています。「Day of Days(数ある日々の中で、歴史上最も重要な意味があるその日)」の略だと聞いたことがあります。

それ以来日常においても、この「D-Day」はとかく「重要な日」を指すようになったようで、結婚式の日でも試験の日でも、何か人生の中で特別に大きな意味があるような日の到来を

The D-Day is here.
、、、と表します。ご参考まで。


人気Q&Aランキング