はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

V-twin magnaに乗っているのですが、ちょっと前から時々、走行中に息継ぎをし出します。
アイドリングは安定しているのですが、少し回すと息継ぎしだして全然回りません。
症状は時々出まして、普段の街乗り程度では大丈夫なのですが、少し距離を走るとこの症状が出る時があります。(2~30キロ)
一度この症状が出てしまうと、しばらく寝かさないと回復しません。
(一晩寝かせても回復しない時もあります)
プラグがかぶっている程度の話ではない様な感じです。
もう古いバイクなので、色々なところでガタが出てきていると思うのですが、どなたかこの様な症状になった方いらっしゃいませんでしょうか?

どうしたらいいか、アドバイスいただけたら幸いです。

ちなみにバイクはV-twin magna、5万キロ走行、平成5年車です。
ちょっと自分の周りに相談してみたら、プラグコードの劣化とかエンジンの磨耗による劣化とかいう話が出たのですが・・・。
でも、時々出るって言うのはどういうことなのでしょうか?
プラグコードやエンジンの劣化なら、常にそうなるものじゃないのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まずは、自分で出来る範囲で確認してください。

それでもダメならバイク屋さんに持っていくのが良いでしょうね。
1.プラグ交換
2.エアークリーナー清掃
3.インシュレーターゴムの劣化確認(シリンダーとキャブレターをつないでいるゴム)
4.キャブレター清掃
等など、他にも色々要因はあると思われます。もし、ご自分でやったことが無ければ恥ずかしがらずにバイク屋さんの持っていった方が無難です。プラグ交換だけでもネジ山つぶしてしまう方もいるくらいですから・・・・
車検が無いバイクなので乗りっぱなしOKだと思いますが、ここらでちゃんと見てもらったほうが良いのではないのでしょうか?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

プラグ、エアクリーナーの交換は行っています。
キャブの清掃もばらしては行っていませんが、キャブクリーナーの吹きつけ程度なら・・・。

症状が時々出るというのが曲者ですね。
バイク屋にもちょっと相談したのですが、いつその症状が出るか分からないもので、なんとも言えないと言われました。(確かにその通りだと)

もう少し様子をみながら自分に出来る事を探してみます。

お礼日時:2007/05/24 20:28

症状から想像すると燃料が来ていないのではないでしょうか?


燃料ホースが錆で詰まったり、ガソリンタンクの空気抜きが詰まってたりするのが主な原因です。
その辺をチェックしてみてはいかがですか?
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ガソリンタンクの空気抜きとはなんでしょうか??

タンクは結構、錆が浮いているようで、詰まっている可能性も考えられます。
燃料ホースだったら自分で直ぐに確認できますね。

今度明るいうちにやってみたいと思います。

お礼日時:2007/05/24 20:23

私はSTEEDに乗っていてその様な症状になった事があります。


原因はバッテリー端子が緩んでいただけでした。一度チェックしてみてください。

コードとプラグは消耗品なので距離からして、替えられたらいいと思います。イグナイターも怪しいし・・
燃料フィルターがあるものなら交換したほうが良いし、タンク内の錆もチェックした方が良いですね。キャブも再調整する。
廻りを調べて分からないときは、エンジンの圧縮みてみるとか。
距離が距離だけに全てあやしいです。しかし丈夫なバイクですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

プラグは変えてあるんですが、コードも10年も経つとダメみたいですね。

コードくらいだったら自分で変えられるかな??
ちょっと検討したいと思います。

エンジンの圧縮は自分じゃ無理でしょうし・・・。

お礼日時:2007/05/24 20:20

プラグコードの劣化は見落としやすい原因として経験的にわかります。



湿度や温度に影響されやすいようです。

時々出る症状とは別な意味では常時出現寸前という意味があります。

走行距離からして一度エンジン本体も基本的な点検(特にコンプレッション)も必要かもしれません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほど、確かに湿度が高めの時の方が出ているのかもしれません。

ですが、やはりコレといって確証がないのですよね・・・

お礼日時:2007/05/24 20:18

 マフラーにカーボンが溜まってきた場合に、息継ぎする場合があります、一度芯を抜いて確認ください。

    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

マフラーは中古購入時から直管です。
原因はマフラーではないようです。
(もしかしたらこのマフラーが悪いのかもしれませんが・・・(--;)

お礼日時:2007/05/24 20:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q急にアクセルをあけると息切れの状態に

1998 NC-26 STEED 400に乗っております。
走っている最中、または発信時に急にアクセルを全開にあけると、人間のように息切れのような症状が表れ、とても調子が悪くなります。

その状態が発生した後に、停止し、また発信しようとすると「ポコ、ポコ」というまったく力のない感じで、とまりそうになります。

エンジンを停止し少し時間をあけてから発進すると、ある程度元に戻ります。

この現象はなんでしょうか?
エアークリーナーからキチンを空気が供給されていないのでしょうか?

とまりそうで怖くて遠出できないので、困っております。

お分かりになります方、どうかご教示ください。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

改造をしていないのなら・・・

薄すぎても、濃すぎても息継ぎしますよね。

濃い時は「ボボボボボッ」と重苦しい感じ。
薄い時は「もわぁ~」って息が詰まった感じ。

前者は、エアクリーナーの汚れ、サイレンサーの詰まり。
後者は、キャブのジェット類の詰まりや、インシュレーター部のゴムの破れなどが考えられます。

もちろん点火系の調子が悪くてもだめですね。
プラグを外して焼け具合も確認してみましょう。
碍子が真っ黒ならば濃い。
白かったり、電極が溶けていたら薄いです。

改造しているのなら、ショップでちゃんとセッティングしてもらいましょう。

Q【キャブ調整】アクセルを開けすぎると失速する症状

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて最近、排気側のリストラクターを外しました。
チャンバーのフランジ部分に付けられていたインナーパイプです。
排気側の径が5mm程広くなったので、MJを140番から145番に上げてみたのですが…
低回転域、中回転域では調子がいいものの、高回転域まで来たところでフルスロットルにすると、逆に回転が下がり失速します。
この症状は、排気側のリストラクターを外す以前はありませんでした。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1447690799

◆質問
フルスロットルで回転が下がる症状は、濃い状態でしょうか?薄い状態でしょうか??
フルスロットルにせず、アクセル開度8分目くらいのままにしておけば、レッドゾーンまで回りきります。

その後、MJを155番まで上げてみたところ、「ヴァヴァヴァ、ヴァヴァ、ヴァヴァヴァ…」と排気音が途切れ途切れになり、レッドゾーンの半分の回転数で頭打ちになってしまいました。
じゃぁ、とMJを142番にしてみたところ、アクセル開度8分目程にしておけばレッドまで回るものの、フルスロットルにすると失速する症状は相変わらずです。

これは濃いのか、薄いのか、はたまた、排気側の径が太くなるとフルスロットルがシビアになるのか・・・
原因はなんでしょうか?

いつもお世話になってます。

キャブ調整についてご相談させてください。

◆車種
'89 イタリアホンダ NSR125F
(水冷・2サイクル・125cc・単気筒)

◆変更点
エアクリーナーボックスのリストラクター排除
キャブレーターを京浜 PWK28φに変更
(MJ140、SJ48、ニードルクリップ2段目)

◆経緯
イタリア本国仕様に対して、日本仕様は馬力規制のために吸排気系にリストラクターが設けられています。
吸気側のリストラクターを廃し、PWK28φを入れ、ある程度セッティングを出していました。
これに加えて...続きを読む

Aベストアンサー

NO2です。
折角なのでもう少しお節介を書きます。

まず、エアクリーナーボックスのリストリクターを外した=空気量が増えるというのは間違いです。単にエンジンが必要とする空気量が確保できるだけです。空気量が足りなくなる症状は、全開最高速付近でのみ顕著に現れます。逆に言うと、それ以外の速度・回転域ではほとんど影響しません。従って、もともと足りていた(もしくは全開・最高速付近の走行をしない)のなら、その行為が直接セッティング(及び性能)に影響するわけではありません。

とりあえず、MJ142で走るようになったのなら、テスト的にもう少し薄くしてみましょう。薄くする時は慎重さが必要ですが、最高速付近での連続走行でもしないかぎりそんなに簡単には焼きつきません。

今回の件も自分バイクのベースセッティングがどれくらい濃い目かがわかっていれば起こらなかったと思います。一番怖いのは、薄くしすぎて焼きつくことではなく、バイクのベースセッティングを把握せずに、間違った知識で適当なセッティングでエンジンを壊すことです。

Qバイクです。エンジンの息つき?について

よろしくお願いいたします。

息つき?でいいのでしょうか。

回転をあげていって、5,000~6,000回転で、一瞬ムフッという感じでパワーダウンします。

この現象はなぜおこるのでしょうか?ハイオクをいれたら改善したような気がします。(完全にではない。気のせい?)

この現象が起こらないようにする方法はありますか?

ちなみに、11万キロ走行。古いです。ホンダVT spada 250。
新しいころはこの現象はなかったと思うのですが。(気のせい?)

長く乗っていますがメカは素人です。わかりやすい回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

これだけ走行いっててかつ古いバイクですから何があっても仕方ないでしょうね。いままでengやキャブなどのO/Hされてますか?

ハイオク云々は気のせいでしょう?!一通りの点検はされたのでしょうか?キャブやエアクリ・フィルター、プラグなど・・・
一番に疑わしいのはキャブですね、ジェット類のつまりを含めてもしやっていないならO/H(分解・清浄・調整)をすすめます。プラグは自分でチェックできると思いますが、結構劣化が疑われるのがイグニッションコイルです。この距離だといずれにしても一度交換したらどうでしょうかね。

まあ、なかなか分からなければ、ショップでメカに乗ってもらってその息継ぎの状況を確認してもらったらと思います。

Q続・低回転の吹けが悪いです

いつもお世話になります。

前回の質問(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8702416.html)で、
低回転・発進時の吹け上がりが悪い症状についていくつかアドバイスをいただきました。

それをもとに以来いろいろと試しており、新たに気付いたこともあったのですが、まだ完全解決に至っていません。

●行った作業内容としては、
・キャブの通路貫通を再確認。キャブの型は違うものの、このサイト(http://www.geocities.jp/motohiko05/zzr_CVK32_cleaning/zzr_cvk32-cleaning_part3/zzr_cvk32-cleaning_part3.html)を参考にしながら主にスロー系の通路(Saj~PJ~PS~Ip~Tp)の貫通を確認。エアーカットバルブも異常なし。
・バキュームピストン&シリンダーを改めて清掃。少し汚れがとれました。表面はなめらかだったので磨いたりはせず。
・前後キャブともパイロットスクリューのOリングとワッシャーが装着されていなかったので、パイロットスクリューごと新品装着。
・ジェット類も改めて清掃。虫めがねで詰りがないことを確認。番手も標準であることを確認。

●前回の質問と一部重複しますが、現状の症状としては、
・アイドリング(1.5千回転)からのアクセル開け始めで、2千回転で引っ掛かり、スムーズに吹けない。
・そのため、普通に1速で発進しようとしても高いギアで発進しているかのような状態に一瞬なる。(その場合はクラッチを切りアクセルを大きめに開けて引っ掛かりを「解除」する必要あり)
・始動後しばらくは調子がいいが、エンジンが温まってくると発症する。
・走行中、アクセルオフからシフトダウン時にブリッピングをしようとしても吹けず、回転が合わせられない

●そして、新たな発見としては、パイロットスクリューを締めこむと症状が和らぐことがわかりました。標準では2+1/4回転戻しですが、3/4回転戻しまで締めこんだところ8割ぐらいの確率で引っ掛かりなく吹けるようになりました。また、ブリッピングもできるようになりました。
しかし、アイドリングが不安定になり(1500回転±100回転で変動)、アイドリングのみでの水温の上昇ペースが早くなった気がし、また冷間時の始動性が悪くなりアイドリング調整ネジを締めなければ始動できなくなってしまいました。

●ここで私の考えを述べてみます。
始動後しばらくは調子がいいがエンジンが温まってくると発症するという点や、
パイロットスクリューを締めこむと調子が良くなるという点から、
やはりスロー系の燃調が濃すぎるのが原因なのではと思います。ですがスロー系のエアー経路確保は確認しており、エアクリエレメントも新品交換済みだし、油面もH寸法ではあるが規定値内でありオーバーフローの類もない。
とすると、残るはパイロットジェットの不良が原因なのでは?と思っています。番手は標準だし、虫めがねで目視チェックしても異常は見つかりませんでしたが、中古車なので針金等で穴が広げられていたり、腐食で穴が広がっている可能性もゼロではない?ということで、新品ジェットに交換してみようか…?という状態です。

いつもながらできるだけ詳しく説明するために長文になってしまいましたが、
問題解決に向けてのアドバイスや、私の考えに対する意見、その他もろもろのご指摘等をいただければ幸いです。

どうかよろしくお願いします。

いつもお世話になります。

前回の質問(http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8702416.html)で、
低回転・発進時の吹け上がりが悪い症状についていくつかアドバイスをいただきました。

それをもとに以来いろいろと試しており、新たに気付いたこともあったのですが、まだ完全解決に至っていません。

●行った作業内容としては、
・キャブの通路貫通を再確認。キャブの型は違うものの、このサイト(http://www.geocities.jp/motohiko05/zzr_CVK32_cleaning/zzr_cvk32-cleaning_part3/zzr_cvk32-cleaning_part3.html)を参...続きを読む

Aベストアンサー

>パイロットスクリューを締めこむと
エアの通路をせまくする、混合気は濃くなる、つながりはよいがアイドリング不安定?。
つまり、スロー系使用時は現時点より濃い目の混合気でないとアクセル開に追いつかない。
中速域の混合気を濃くする、燃料の量を増やす、=ニードルジェットの位置を一段上げる。
参考 パイロットエアスクリュウは最も回転が上がる位置にセットし、アイドルストップスクリュウで回転数を調整(スロットの開け具合を調整)。
その上で息つきがあり、パイロット閉め込みで息つきがなくなるなら、中速域、スロットル開時の燃料不足、ただ、パイロットジェットの穴が大きすぎると、それなりにエアを供給すれば出力が上がり回転が上がるためアイドルストップで回転を下げる。
こんな状況だとスロットル開で混合気薄過ぎもあります、スロットルがより絞りこまれた状態、アクセル開で負圧の変化が大き過ぎ、十分に燃料を吸い出すことができない。
パイロットジェットの穴のより小さいものに交換して調整の必要もあり得ます・。

Qバイク アクセル回すとエンジン止まる 単発

タイトルの通り、tw200のエンジン始動はセル&キック一発で問題なくつきます。アイドリングも安定しています。
が、アクセルを少しでも入れようものならエンジンが止まってしまいます。

もともと発進時の低速(アクセルをほんの少し空けたくらい)でかぶっていたのかひっかかっていたのかは分かりませんが、少しだけ違和感がありました。
それで今日乗っていました所、3速か4速で少しひっぱった時から急にそんな感じになり、アイドリングだけで家まで帰ってくることになりました・・・

譲ってもらったばかりのバイクなので(譲ってくれた方は冬前位からノンメンテナンスなはず)、原因としてはキャブの詰まりorエアースクリューかプラグあたりが怪しいかと思うんですが、バイクメンテナンスはあまり詳しくないものなのでアドバイス頂きたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

状態から見てメインジェットのつまりまたはジェットニードルの脱落が最も怪しいでしょう。キャブのエアクリーナー側から内部を覗いて見て、スロットルを開いたときにスロットルバルブの下側にあるジェットニードルが、スロットルバルブと連動して動いているか確認してください。もしスロットルバルブを開いてもニードルが動かないもしくはニードルが見えないようであれば、ニードルが脱落しています。ニードルはスロットルバルブにEリングなどのクリップでとめられているので、キャブをばらして正規の位置に組み付ければ直ります。ジェットニードル自体に異常が無ければメインジェットのつまりの可能性が高いので、キャブをばらして、キャブクリーナーなどを使いジェット回りを洗浄してから組み付け調整を行えばだいじょうぶでしょう。

参考URLに車種は異なりますがジェットニードル回りの写真が出ていますのでみてください。

参考URL:http://blogs.yahoo.co.jp/gt750b5/7359987.html

Q失火?息つき?

ここ数ヶ月くらいエイプのキャブセッティング(PC18)をしているのですが
全開時になかなか気持ちよく回りません。
MJ90~92番くらいだと、全開にすると車体がガックンガックンとなります。
プラグはきつね色でしたが、「息つきするほど薄いのか」と判断し焼きつきを恐れたので、
症状が出ている域で付いた色ではないです。

それで息つき(薄い)と判断しMJ95に上げてみると今度は全域でかぶったようで、
JNクリップを一番薄めにして、全開にしても吹けませんでした。
もちろんプラグは真っ黒でした。

そうなるとMJ90~92番で私が息つきと判断した症状はまだ濃いということなのでしょうか?
(プラグの色が確認できてないので微妙ですが・・・)

息つきは燃調が薄いときの症状だというのは分かるのですが
失火というのは薄いときと濃いときではどちらに起こる症状なのでしょうか?

検索してみてもサイトによって濃いときの症状だったり薄いときの症状だったりとばらばらなので・・・・。

ちなみにMJ90~92でJNクリップを上から2~3段目の状態だと
スロットルを全開にしなければ結構ストレスなく走れました。

ここ数ヶ月くらいエイプのキャブセッティング(PC18)をしているのですが
全開時になかなか気持ちよく回りません。
MJ90~92番くらいだと、全開にすると車体がガックンガックンとなります。
プラグはきつね色でしたが、「息つきするほど薄いのか」と判断し焼きつきを恐れたので、
症状が出ている域で付いた色ではないです。

それで息つき(薄い)と判断しMJ95に上げてみると今度は全域でかぶったようで、
JNクリップを一番薄めにして、全開にしても吹けませんでした。
もちろんプラグは真っ黒でした。

そ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

APE系のエンジンはスプロケットによるリミッターではなく、
エンジン回転数そのものが上がらなくなる機械式リミッターでは?
(カム等の変更を要すると思いますが…)

それを前提に全開時に息継ぎするようであれば、
機械式リミッターが作動していると考えるのが筋ですね…
その辺りも含めてチューニングを見直してみるべきでは無いでしょうか。

Qキャブ調整 ボコつくってどんな症状ですか?

Vガンマを乗りはじめたバイク初心者の者です。
最近、社外チャンバーを手に入れ装着しました。
キャブのセッティングが必要だと思い、メインジェットを上げてみました。
試乗したところ、8000rpm辺りから、微妙に回転数が不安定に上下してから(8000~8500辺りを多分1~2秒間くらい行ったり来たり上下する)その後、バーンと回転が上昇していくという症状がでました。
この現象が、俗に言うボコつくという現象なのですか?
これがボコつくということでしたら、現在、キャブ調整は濃いということでしょうか?
お詳しい方、アドバイスなどご教授おねがいします。

Aベストアンサー

フィーリング表現ですから難しいですね。
「濃い状態」でもっと分かりやすい表現は「船漕いだ感じ」かな。
スロットルを戻すと加速し直すような感じだと濃いです。
ボボボボ~(で加速せず)からいきなりブワーン(で加速)みたいな。

燃調はスロットルの開度で判断してみると分かりやすいです。
スロットルに1/4、半開(1/2)、3/4、に印付けたらより分かりやすい。
それから針(ニードル)位置なのか、太さなのか、MJなのか
おおむね想像できると思います。

排気を替えたら吸気系(エアの絶対量)も検討する必要があると思います。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Q原付の調子が悪い・・・アクセルの息付き

よろしくお願いします。

キャビーナ50に乗っています。
本日、突然に走行中に『ウォ~ン』という音と共に
愛車キャビが止まってしまいました。

その時は”アクセル全開”で
坂道から平坦な道に差し掛かった所でした。
時速は15キロ位でした。

エンストして停止してしまったのですが
スグにセルを回すと何事もなかったように
一発でエンジン始動。
そして、走り出してアクセルを徐々に開けていき
やっと端まで(全開)回しきると
また同じように『うぉ~ん』と
ガス欠で止まるかのような感じで停止→エンスト

その後も同じシチュエーション(アクセル全開)
になると『うぉ~ん』という頼りない音がして
エンジンが止まってしまいます。

全開よりも数ミリ程度
アクセルを開ける位置を抑えると
上記のような症状はなく普通に走ります。

しかし、全開にできないので
最高速は10キロも下回った状態で
走らねばなりません。

不自由で仕方ないのですが
朝早く家を出て、帰る頃はいつも11時。
バイク屋さんにも持っていく時間がありません。

”こんなの簡単だよ”
みたいな、見落としている点などあれば
教えて下さい。

また同じ症状を体験した方
どうか脱出方法を教えて下さい。

『バイク屋に持って行け!』などの
見も蓋もない回答にはお返事できませんが
どんな些細な事でもよいので
教えて頂いた方にはこちらも即レスを
心がけます。
どうぞよろしくお願いします。

よろしくお願いします。

キャビーナ50に乗っています。
本日、突然に走行中に『ウォ~ン』という音と共に
愛車キャビが止まってしまいました。

その時は”アクセル全開”で
坂道から平坦な道に差し掛かった所でした。
時速は15キロ位でした。

エンストして停止してしまったのですが
スグにセルを回すと何事もなかったように
一発でエンジン始動。
そして、走り出してアクセルを徐々に開けていき
やっと端まで(全開)回しきると
また同じように『うぉ~ん』と
ガス欠で止まるかのような感じで停...続きを読む

Aベストアンサー

エンジンが焼きつきを起こし始めているなんてケースで同様の症状を経験したことがあります。
焼きつきも複雑なようで、一気に逝ってしまうことだってありますが、おっしゃるように全開で「うぉ~ん」と言って止まる、でも、その後何とか走る…そんなこともありました。
でも、この場合、だましだましは利きません、いつか本当に止まってしまってどうにも動かなくなってしまいます。動いているうちにバイク屋で見てもらうのが、やはり賢明ではないでしょうか。

参考までに…

○ジョーカー90
本当なんの知識もなく、納車したその日に全開走行も含む100kmほどの“ツーリング”をしてしまいました。その後、走行距離1万kmを越えたあたりで友人に譲ったのですが、直後にアクセルを捻っても(90のくせに)「ヴィ~」とすっげー音がするだけで20~30km/hしか出なくなってしまいました。止まってしまったわけではありませんが、焼きつき…。2~3万円くらいだったかな。

○キャビーナ90
フルスロットルで巡行していたら、「ウィ~ン」と音が発生→エンジン停止。しかしその場はセルを回せば再び走り出しました。しかし、しばらく後(翌日だったかな)、今度は別にフルスロットルでもないけど同様にエンジン停止→今度はうんともすんとも言わず。やはり焼きつきで、修理はこれまたやはり2~3万くらいだったかな。

○アクシス90
川崎から延々1号線を下り、愛知県に入ったあたりで、やはり「うぃ~ん」。やがてエンジンは停止。この日はそれ以上バイクに負担をかけることを諦め、後日クルマで回収に。もし焼きつきなら諦めるつもりでバイク屋にて見てもらったら、ばらして組みなおしたら直ってしまい、その後も順調に走る。この時の修理は1~2万円くらいかな。なお、この時はショップによってはもうだめだよ~なんてこと言われてしまいましたが、別のショップでは上記のとおり、すっかり直ってしまいました。

エンジンが焼きつきを起こし始めているなんてケースで同様の症状を経験したことがあります。
焼きつきも複雑なようで、一気に逝ってしまうことだってありますが、おっしゃるように全開で「うぉ~ん」と言って止まる、でも、その後何とか走る…そんなこともありました。
でも、この場合、だましだましは利きません、いつか本当に止まってしまってどうにも動かなくなってしまいます。動いているうちにバイク屋で見てもらうのが、やはり賢明ではないでしょうか。

参考までに…

○ジョーカー90
本当なんの知識も...続きを読む

Q回転数の下がるスピードが遅いです。

走行などには問題はありませんが空ぶかしなどした時に、回転数の針がさがるスピードがものすごく遅いです。エンジンが冷えてるときにはすぐ下がります。温まると遅くなります。5000回転ぐらいから下がるのが遅くなり1000回転まで針が下がるのに3秒ぐらいかかります。
キャブに問題があるのでしょうか?  バイクはZ400GPです。

Aベストアンサー

回転落ちが遅いのは、経験上、燃料が薄い時に起こるように思います。
燃料が薄くなる原因としては、NO.2の方がおっしゃるとおり、インシュレータの亀裂による2次エアーの吸い込みも考えられますし、スロージェット(パイロットジェット)に汚れが付着しているという事も考えられます。
しばらくバイクに乗らなかった場合などには、キャブレター内のガソリンが劣化することによりワニスが生じてしまう事がありますが、それがジェット類に付着すると詰まりの原因になります。
まずは、インシュレーターの亀裂等劣化の有無の確認、それからキャブレターの洗浄を行う事をお勧めします。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング