人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

いつもお世話にになっております。
弊社は月末に給与を未払い金で計上し、翌月8日の支払い時に雇用保険料などの預り金を計上する形をとっております。
月末:給与/未払金
翌月8日:未払金/預金
        /預り金
雇用保険は期末(弊社は3月決算)に期中に立替金としてあげている概算支払保険料を預り金と法定福利費で振り替えております。
期末:預り金/立替金
   法定福利費/
   (預り金が立替金より多い場合は法定福利費が貸し方に来ます)
今回疑問に思ったのはこの預り金部分なんですが、翌月の8日に先月分を計上することになってますので、期末において3月分である雇用保険料の預り部分が翌期に計上されていく形になっていることです。(毎期一ヶ月ずれている?)これは問題ないのでしょうか?前任者からそうなっているのですが、、、。期末も同じような預り金計上の仕方でいいのでしょうか?(ちなみに弊社の親会社のほうは給与の仕訳は同じやり方で6月決算であり、雇用保険預り金は前期4月~今期3月分を期末に振り替えているようです。次の4,5月分は翌期へ預り金のまま繰越という処理です。)
となると、弊社の3月末の給与の仕訳はなにか通常とは違う処理をする必要があったのかと不安になってきました。
このまま継続的に同じ処理をしていくということで税務的に問題ないのでしょうか?この雇用保険料の仕訳がいまいちよくわかっておりません。
どなたかどうかご教授お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>このまま継続的に同じ処理をしていくということで税務的に問題ないのでしょうか?



会計上も税務上も問題があります。

決算月のみ、次のような仕訳を起すようにお勧めします。

3/31
〔借方〕預り金оооо/〔貸方〕立替金####
〔借方〕未収金***/
〔借方〕法定福利費ΔΔΔΔ/

***は4/8に給与から天引する3月分の雇用保険料です。当然、法定福利費がその分だけ少なくなります。

4/8
〔借方〕未払金◎◎◎◎/〔貸方〕預金OOOO
〔借方〕……{空欄}……/〔貸方〕未収金***
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
問題ありというご意見ですね。ここでもすでにこのままでも許容されるという見解の方もいらっしゃいまして、迷いどころです。

お礼日時:2008/03/16 00:16

厳密な原価計算・期間対応をする必要がなければ、


毎期同じ処理を継続することで許容されると思います。

雇用保険は、毎月後払いの健保厚生の社会保険と違い、
1年の見込み賃金に対する5月前払いなんですね。
金額が大きいと年3回分割払いできるようですが。

(4月分あたりは預かり金になるでしょうが)厳密に言うと預り金処理しません。
しかし解説始めると混乱の元なので省略します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
同じ処理であれば確かに煩わしさや、間違いやすさはないと思います。
結局、前期の3月分預り金が今期にのって、今期の3月分が来期にのるということで、両者の預り金に大きな差異が無いのなら、そのままで問題ないようにも思えますし、、、。
問題ありというご意見もいただいておりますので、もう少し、いろんな方のご意見をいただきたいと思っております。

お礼日時:2008/03/16 00:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q雇用保険料の預かり金について

(1)労働・雇用保険料を支払うときは、下記のように処理してます。
  法定福利費 ***/現金 ***
(2)給料日には、下記のようにしています。
  給料 ***/普通預金        ***
       預かり金(雇用保険料) ***
(3)そして、前月に預かった保険料を下記のようにすぐ処理しています。
  預かり金 ***/法定福利費 ***
先日、雇用保険料は、4月から3月までの保険料を預かって、5月に労働保険料を支払う時に初めてその預かり金を納付するということが判明しました。入社して以来ずっとこの方法だったので最初の出足が間違っていたようです。
3月が決算期なのでこの際、正しい処理に戻すか、このまま今まで通りのやり方にするか迷っています。なぜなら、預かり金勘定の元帳には残額がなく、これを誤謬処理したとして預かり金を元に戻すと法定福利費の本人負担額を会社が負担したようになり、その分今年度の決算額が増加します。以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

現在の処理方法は間違いではありません。

雇用保険料は、預かった後に納付するものではありません。
雇用保険料は、昨年の労働保険申告によって、1年分の概算額が前納されています。そのとき、個人負担額を含めて法定福利費に計上されているので、月々の法定福利費貸方はその戻入にすぎません。現在の処理方法で問題ありません。

なお、年度決算で労働保険料の年間確定額を算出し、納付済みの概算額との差額を調整すればさらに完璧です。

Q決算時に雇用保険料の立替金が残ってもよいのでしょうか?

決算をおこなっているのですが、不明点があり行き詰ってしまいましたので、
ご質問させていただきます。

弊社は4月決算の会社です。
平成20年5月に初めて従業員を雇い、雇用保険の適用事業所となりました。
その際に雇用保険料を概算で支払い、以下のように仕訳をしました。

法定福利費 17,820円 / 現金 29,700円

立替金   11,880円


(1)毎月の従業員の給与支払時には以下のように仕訳をしました。

5月 給与  687円 / 立替金  687円
6月 給与 1,080円 / 立替金 1,080円

   ↓以下、平成21年3月まで6月と同じ仕訳


(2)なお、今年の4月は以下のように仕訳をしました。

4月 給与  720円 / 預り金  720円


それで質問ですが・・・

(1)5月分を日割計算したため、687円となっております。
そうすると決算時に、立替金が393円残ってしまいます。
これは決算で何かに振り替えた方がよいのでしょうか?


(2)4月の仕訳は「預り金」で仕訳してよいのでしょうか?

決算をおこなっているのですが、不明点があり行き詰ってしまいましたので、
ご質問させていただきます。

弊社は4月決算の会社です。
平成20年5月に初めて従業員を雇い、雇用保険の適用事業所となりました。
その際に雇用保険料を概算で支払い、以下のように仕訳をしました。

法定福利費 17,820円 / 現金 29,700円

立替金   11,880円


(1)毎月の従業員の給与支払時には以下のように仕訳をしました。

5月 給与  687円 / 立替金  687円
6月 給与 1,080円 / 立替金 1,080円...続きを読む

Aベストアンサー

1.そのままで構いません。
2.OKです。

Q労働保険(雇用保険)の仕訳

 労働保険を概算で支払ったとき、全額を法定福利費(借方)で仕訳し、以降、雇用保険料を毎月給与から天引きの都度、法定福利費の貸方に計上する、というやり方は許されるでしょうか。立替金勘定を使う方法は、なにやらややこしいので・・・。

Aベストアンサー

会計的にはお考えの方法も可能です。

自己負担分相当額を経費のままにしておくと、税務調査で否認されます。私の事務所では会計的には費用処理のままにしておいて、税務申告書上の調整とする場合もあります。(利益の出ている会社はこちらで処理することが多い)。
どちらにせよ未経過の自己負担額を全く計算しないで済ますことはできません。

Q雇用保険 従業員預かり分を法定福利費していない??

最近自分で経理ソフトで会計処理しはじめたのですが、雇用保険は従業員負担額なので預かった分は法定福利費に返上するという事を知りました。そこで、前年度分の決算を見たのですが、雇用保険の預かり分が法定福利費にされておりませんでした。今年で11期目なのですが、10.9.8期ともされておりませんでした。なので、預り金が増える一方な感じです。決算処理は税理士の方にお願いしているので間違いはないと思うのですが、このままの処理方法でいいのでしょうか??預り金が増えるのもちょっと…と思いまして…
どなたか分かる方教えてくださいませ。
あと、労働保険の支払いは年に一回です。

Aベストアンサー

基本的には、上記の回答どおり、法廷福利費と相殺するのが正しい処理です。厳密には、保険料は概算払いで、翌年度に清算ということになっているので、支払い時には仮払金処理し、給与の支払い総額に雇用保険料と労災保険料の保険料率をかけた金額を法定福利費に振り替え、従業員から預かった金額を控除する。過不足が出た場合は未収入金もしくは未払金として計上するのが正しいとは思いますが、ここまですると処理が煩雑になりますので、する必要もないのかなとは思いますが・・・
税理士さんにお願いしているということなので、ひょっとしたら利益が出すぎているためにしていないとかあるのかもしれません。過去の分を一度に振替えると税務署ににらまれるかもしれませんので、一度、その事実を税理士さんに質問してみるのがいいと思います。

Q社会保険、労働保険の仕訳

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が違うのか??
ネットで調べた結果、
・社会保険料
預り金 ×××   /普通預金 ×××
法定福利費 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金

なのかなぁ~?と思っています。
先輩は出社していないし、正しい仕訳かどうか不安なのでこちらに質問させていただきました。
正しい仕訳おしえてくださいm(__)m

ちなみに、給与の支払い処理では
未払金 ××× /預り金 ×××
で処理しています。

よろしくお願いしますm(__)m

こんにちは。
労働保険料と社会保険料を支払ったときの仕訳はどのようになるのでしょうか??

新入社員で経理を担当しているため、前期の仕訳を見たり、先輩に聞いて処理をしています。

●前期
・社会保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

・労働保険料
法定福利費 ××× /普通預金 ×××

●今期(これは先輩に聞いて仕訳をしました)
・社会保険料
預り金 ××× /普通預金 ×××
保険料 ××× /

・労働保険料
法定福利費 ×××/普通預金


となっていました。どうして前期と今期が...続きを読む

Aベストアンサー

正しい仕訳は

・社会保険料
   預り金 ×××   /普通預金 ×××
   法定福利費 ××× 
  
・労働保険料
   法定福利費 ×××/普通預金

企業によっては 法定福利費を明確にするためにさらに補助科目を
使う場合もあります。その場合は
 法定福利費(社会保険料)
 法定福利費(労働保険料)
 とする場合もあります。

Q社会保険料の決算仕訳

経理初心者です。

決算処理について質問させてください。

社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に

給与   \1,500,000
通勤費  \100,000
               / 預り金(健康保険)    \50,000
               / 預り金(厚生年金)    \150,000
               / 法定福利費(雇用保険) \10,000
               / 預り金(源泉税)      \50,000
               / 預り金(住民税)      \40,000
               / 当座預金         \1,300,000

と仕訳して、末日に

預り金(健康保険)   \50,000
法定福利費       \50,000
預り金(厚生年金)   \150,000
法定福利費       \150,000
法定福利費(児童手当) \5,000
                     / 当座預金  \405,000

と仕訳しています。

決算を向かうに当たって未払処理をしたいのですが、どう仕訳したら良いのか教えていただきたいです。

法定福利費 / 未払金

で良いのでしょうか?
また、上記の決算仕訳をしたときに、次期はどのように仕訳したら良いのかも教えてください。



宜しくお願いします。

経理初心者です。

決算処理について質問させてください。

社会保険料の仕訳なんですが、弊社は毎月25日に

給与   \1,500,000
通勤費  \100,000
               / 預り金(健康保険)    \50,000
               / 預り金(厚生年金)    \150,000
               / 法定福利費(雇用保険) \10,000
               / 預り金(源泉税)      \50,000
               / 預り金(住民税)      \40,0...続きを読む

Aベストアンサー

社会保険料は「翌月徴収」で、決算月もお示しの数字と同額という前提です。

1.決算時の未払金計上の仕訳
法定福利費(健康保険) \50,000
法定福利費(厚生年金) \150,000
法定福利費(児童手当)  \5,000
                    / 未払金  \205,000
2.翌期初月納付時の仕訳
預り金(健康保険)  \50,000
未払金         \50,000
預り金(厚生年金)  \150,000
未払金         \150,000
未払金(児童手当)   \5,000
                    / 当座預金  \405,000

以上のとおりです。

Q確定労働保険料の仕訳を教えてください

労働保険料を昨年5月・9月・12月に支払いました。このときは概算なので仮払いにしました。今年6月に昨年の確定保険料通知が届きました。このときの仕訳は確定保険料の金額を法定福利費にして仮払金を振り返れば良いのでしょうか?概算と確定には差額がありますが、この金額は翌年の概算金額に加算または減額されるので関係ないのでしょうか? 

Aベストアンサー

説明文よりは、ご質問文に沿った形で(私の知っている)労働保険関係の仕訳を書いたほうがご理解しやすいと思います。
実際と比較してみてください。

X1年度[事業初年度]
 ・概算保険料100千円<分割なし。労災35千円。雇用65千円>を納付
  仮払金(または前払費用)100 / 現預金 100
X2年度
 ・確定保険料は114千円<労災40千円。雇用74千円>であった。
  なお、労働者から預っていた雇用保険料は30千円である。
   法定福利費 84 / 仮払金 100
   預かり金  30 / 未払金  14
 ・概算保険料を確定保険料と同額で計上
   仮払金 114 / 未払金 114
   [この時点で未払金は128になっている]
 ・概算保険料第1期分(=114÷3+14)を納付
   未払金 52 /現預金 52
 ・概算保険料第2期分を納付
   未払金 38/ 現預金 38
 ・概算保険料第3期分を納付
   未払金 38/ 現預金 38
X3年度
 ・確定保険料は102千円<労災38千円。雇用64千円>であった。
  なお、労働者から預っていた雇用保険料は26千円である。
   法定福利費 88 / 仮払金 114
   預かり金  26 / 
 ・概算保険料を確定保険料と同額で計上
   仮払金 102 / 未払金  90
         / 法定福利費 12
 ・概算保険料第1期分(=102÷3-12)を納付
   未払金 22 /現預金 22
 
  

説明文よりは、ご質問文に沿った形で(私の知っている)労働保険関係の仕訳を書いたほうがご理解しやすいと思います。
実際と比較してみてください。

X1年度[事業初年度]
 ・概算保険料100千円<分割なし。労災35千円。雇用65千円>を納付
  仮払金(または前払費用)100 / 現預金 100
X2年度
 ・確定保険料は114千円<労災40千円。雇用74千円>であった。
  なお、労働者から預っていた雇用保険料は30千円である。
   法定福利費 84 / 仮払金 100
   預かり金  30 / 未払...続きを読む

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q労災保険料の仕訳について教えてください。

個人の事業主で、青色申告をしています。
労災保険料を支払った場合の勘定科目は、福利厚生費と法定福利費のどちらにすれば良いのでしょうか?個人と法人では違いがありますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人事業主なら「福利厚生費」です。
税務署から配られる決算書用紙にも、福利厚生費しかありませんね。

「法定福利費」とは、厚生年金等の事業主負担分などを言います。

参考URL:http://www.a-firm.ne.jp/nyu-mon/account4.htm

Q労働保険料の仕訳、決算。

ご指導お願いいたします。

8/31決算 7/1労災保険加入
7/1~翌3/31の概算保険料を8/31に収めました。
その際の仕訳を
立替金(従業員負担分)50000  / 現金200000
法定福利費        150000 /
とし、給料支払い時に従業員負担分を立替金で処理しています。

そして給与は末締め、翌月末払いです。
7月給料(8月末支払い)で
給与/立替金と処理しました。
8月給与(9月末払い)は全額未払にしています。

7月給与分、8月給与の会社負担の雇用保険と労災保険料40000円は当期の費用に計上したらいいのでしょうか?

また立替金決算時の残高はどうしたらいいのでしょうか?
法定福利費の残り110000円は前払費用に振り替えるというのでいいでしょうか?

そもそもこのやり方自体間違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。

労働保険の確定申告により概算額が余る場合は、その概算保険料を当期の費用に計上しておれば結果的に来期の収益となります。しかし、前払費用に計上しておけばその前払費用の戻りとなるだけで、来期の損益には影響しないことになります。

労働保険料を申告時又は納付時の事業年度の損金とする取扱いは継続適用が前提ではありません。今年前払費用に計上し、来期は全額費用計上でも税務上は問題ありません。

「中小企業なら前払費用に振り替えるのは無意味」とは、有価証券報告書提出会社の場合は監査法人等の監査があるので会計基準を順守することが最優先であるのに対して、それ以外の会社では一般に税務上の節税が最優先するという意味です。「無意味」という表現はやや大袈裟でしたか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング