人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

This is an event to save energy and to think about the world.
とある文で  This is an event to save energy and think about the world.
とすると 何か 違いが出てくるのでしょうか?
等位接続詞and でつなぐ時 前置詞類は、省略しない方がいいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>This is an event to save energy and to think about the world.



を、

>This is an event to save energy and think about the world.

と書き換えるのは無理があります。確かに無用な繰り返しを嫌うわけではあるんですけど、それは文の構造とのバランスです。細かいことを省くと、

This is [名詞1] and [名詞2].

ということですね。「これは[名詞1] であり、[名詞2]である。」です。

 すると、名詞1=to save energy、名詞2=to think about the worldとなるのが、収まりがいいのです。

 うまく言えませんが、不定詞のtoが[名詞1]で目的語を持っているため、andで結んでも、[名詞2]まで届かない感じです。

 例外はあります。

This is an event to save and think nothing but the energy of the world.
「このイベントは、何を差し置いても世界のエネルギーを考えるものである。」

のように、to [動詞1] and [動詞2]と、二つの動詞をandでつないで一つの動詞のように扱う場合です。

 このとき、動詞の使い方のルールが緩くなり、目的語とか前置詞の使い方などが元の動詞通りでないことがあります。to不定詞でなく、普通の動詞でもこういう使い方はあります。

 こういう場合ですと、to [動詞1] and to [動詞2]とはしないことが多いです。

 していけないわけではないですが、そうするなら各動詞は本来の使い方(目的語とか前置詞とか)を守る必要があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

またまた わかりやすい説明を 本当に感謝いたします。

今回は、fruchanさんの Practical English Usageがかなり 役立ったので、『ベストアンサー』を迷いましたが、 そこは、やはり 腹に落ちる説明を頂けるcozycube1さんに 付けさせていただきました。

しかし 
≫このとき、動詞の使い方のルールが緩くなり、目的語とか前置詞の使い方などが元の動詞通りでないことがあります。to不定詞でなく、普通の動詞でもこういう使い方はあります。
これが曲者なのですっ!  たくさんの例文を読んでいくほかないのでしょうね、きっと。 しかし 実際に 素早く話をまとめて しゃべる必要があるので、なんとか慣れる練習をしようと思います。 要は、相手に 誤解を生まない確実な方法を探れば きっと 自ずから 間違いが減るのかな?と最近思ってきました。     練習します。 

ぜひまたよろしくお願いいたします。

お礼日時:2012/08/18 12:30

文法解釈としては、省略の項目となります。


等位接続詞andで文章を繋ぐときに、同じ言葉の繰り返しは省略できるとしています。

a knife and (a) fork
in France, (in) Gremany or (in) Spain
We drove (across America), rode (across America), and flew (across America) and walked across America.
The food (is ready) and the drinks are ready.
Phil (washed the dishes) and Sally washed the dishes.
Priactical English Usageから抜粋した例題です。

ですから
This is an event to save energy and (this is an event to)think about the world.

の省略と考えれば、文法解釈として何ら問題はない。toを残しても良い。書き手の判断になる。但し下記のように文章を書き換えるのは良くない。

We have an event to save energy and to think about the world.

We have an event to save energy and think about the world.

なぜならば、上記文は
We have an event to save energy and (we) think about the world.
とweの省略とも取れるため構文が曖昧になる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

≫なぜならば、上記文は
We have an event to save energy and (we) think about the world.
とweの省略とも取れるため構文が曖昧になる。

なるほど、「エネルギー節約をして 世界について考えるイベント」が「エネルギー節約をしてから(イベントでは、それだけをメインにする)世界について考える。」という イベントの目的を減らしてしまうような文になるということなんですね。

Practical English Usage からの抜粋は、本当に参考になりました。
私もこれから それを調べるサイトを使ってみます。

お礼日時:2012/08/18 12:12

>>This is an event to save energy and think about the world.とすると 何か 違いが出てくるのでしょうか?



少なくとも口語ではこちらの方が普通だと思います。toが原形不定詞であるsaveとthinkの両者に同時にかかってます。英語としては何の問題もないと思いますけど。

この回答への補足

すいません、 御礼を 打ち込んだ後 ほかの方々のご意見を読んでみると かなり注意が必要なようですよ。
 もしかして 私と同じ つまづきに会わせてしまったかもしれませんっ。

 fruchan さんの Practical Usage と cozycube1さんの ご意見から 私ちょっと考え直してみます。

 私と同じ感じの方がいらっしゃって安心しました。 ありがとうございました。

補足日時:2012/08/18 12:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

文献に前置詞入りで 出ていたので、私が普段使っているのは、間違ってた?と不安になったのです。

よかった。安心しました。 しかし 注意も必要なようです。

お礼日時:2012/08/18 12:14

もし、to がないとすると、


「これは、エネルギーを節約するためのイベントであり、世界について考えろ。(直訳注意)」
という風に誤解を招きはしないでしょうか。

もともとの文は、
エネルギーを節約する

世界について考える
も、イベントにかかっていますので、
to を省略するのはまずそうな気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

そのように 読んでみると 確かに 違って文が見えてきました。

本来のandの使われ方を 見失ってるから 自分の思い込みで 省略してしまっているのですね、きっと。

素直に 原則に従って 考えてみる! これが 違和感を感じるのに大事なのですね。   時々 つまづいてしまいます。

お礼日時:2012/08/18 12:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwhen~ingについて

We can't be too careful when choosing our friends.
このwhen~ingの用法が今ひとつわかりません。分詞構文なのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時には」という意味ですので、

(c) We can't be too careful in choosing our friends.とも言えます。

「友だちを選ぶときには、どんなに注意しても注意しすぎるということはない」に相当する英文として、(a) (b) (c) の形を覚えて下さいね!

こんばんは!

(a) We can't be too careful when choosing our friends.

はおっしゃる通り分詞構文です。分詞構文は接続詞をつけないものが多いのですが、主節との関係をはっきりさせたい場合つけることもよくあります。

We can't be too careful, choosing our friends.ですとちょっと関係が見えにくいですね。

We can't be too careful when choosing our friends.だと

(b) We can't be too careful when we choose our friends.

の意味だとはっきりします。

なお、in ~ing も「~する時...続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

Q等位接続詞で結ばれた節の主語は省略できる

等位接続詞で結ばれた節の主語は省略できるのですよね。例えば、I made friends with some Korean students and talked with them in English.と言う文章ですが、talkedの前のIは省略されているのですよね。ならば、He hope to succeed,but he failed.という文章のheも省略できるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

この等位接続詞には「文法的に対等の関係にある、語と語、句と句、節と節などを結ぶ働き」があります。ちなみに、englishshshさんの文におけるandとbutは意味的には違いますが、同じ「等位接続詞」です。

"I made friends with some Korean students and talked with them in English."

この文では動詞madeとtalkedが文法的に対等のものなので、「and」で結び付けられています。結果的に主語が省略されている形になっていますが、考え方としては、「共通した主語を持つ対等の文法関係にあるものが結び付けられている」というほうがいいのではないかと思います。

同じ考え方で、

"He hoped(過去形にしてくださいね)to succeed, but he failed."

の文ではhopedとfailedがheという同じ主語を持ち、文法的に対等のものと考えられるので、

"He hoped to suceed but failed."

という文章も問題はないと思います。

こんばんは。

この等位接続詞には「文法的に対等の関係にある、語と語、句と句、節と節などを結ぶ働き」があります。ちなみに、englishshshさんの文におけるandとbutは意味的には違いますが、同じ「等位接続詞」です。

"I made friends with some Korean students and talked with them in English."

この文では動詞madeとtalkedが文法的に対等のものなので、「and」で結び付けられています。結果的に主語が省略されている形になっていますが、考え方としては、「共通した主語を持つ対等の文法関係にある...続きを読む

Qall the+名詞、all +名詞 の違い

「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか教えてください。「I like English best of all the subjects」という例文が辞書に載ってましたが、theはぜったい必要なのでしょうか?「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?

Aベストアンサー

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(特定の)もののすべて”の場合は“all (of) the 名詞”が原則のようですが、アメリカ英語では“限定された(特定の)もののすべて”の場合でもtheがなくても良いようです。

(1)
このことは、『ウィズダム英和辞典』のallの項の「語法」に“allとall the”というタイトルの下にある次の説明が示しています。

「all+複数名詞」は物[人]一般を指すのに対して、「all the 名詞」は特定の集合を指す。ただし、特に《米》では「all+名詞」で特定の集合を指す場合もある

この最後の指摘がkaze2004さんのご質問に関連していそうです。

(2)
現行の中学2年の検定教科書『New Horizon 2』(東京書籍)に「私の好きなこと・もの」という表現のところに、I like spring the best of all seasons. という表現があります(p.83)。わが国の教科書ですからこのall seasonsが春夏秋冬という四季(=「特定の集合」)であることは明らかでしょう。ですから…of all the seasonsと言うのが原則であるはずにもかかわらず …of all seasonsとなっているのです。私はこれも上の(1)に関係するものではないかと考えています。
 
日ごろ現実の英語に接していても「all the 名詞」となるべきところでtheがない形をよく見かけるように思います(ご紹介できる実例は今手元にありませんが)。

(3)
とすると、『プロシード和英辞典』にあった

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

の...all subjectsには2つの解釈がありえることになります。
1つ目は回答#1さんのおっしゃる,「ばくぜんとすべての教科」を表しているというもの。
もう1つは「学校で教えられているすべての教科」を表していながらtheを用いていないというもの。(すなわち、(1)で紹介した「「all+名詞」で特定の集合を指す場合」。)

もちろん、どちらの解釈が正しいのかはこれだけでは判断できませんが、後者の解釈も大いにありえることを私は強調しておきたいと思います。

(4)
実はallと非常に似た振舞い方をする語にbothがありますが、bothは特定のものを指す場合であっても「both the 名詞」の形で用いられるときはtheがよく省かれます。このことは例えば、『ルミナス英和辞典』(第2版、研究社)のbothの「語法(2)」に「定冠詞は省略されるほうが普通:Both (the) books (=Both of the books) are interesting. その本は両方ともおもしろい」と説明されています。件のallもこのbothと同じ道をたどろうとしているのかもしれません

私も日ごろ気になっている点ですので一言申し上げます。

●「「I like English best of all subjects」といえば、間違いなのでしょうか?」

⇒ 私は「間違い」ではないように思います。
例えば、初・中級用学習和英辞典の『プロシード和英辞典』(ベネッセ)の「一番」の項の例文に

“学科の中で何がいちばん好きですか”
What do you like best of all subjects?

というものが載っていました。


●「「all the +名詞」のtheは必ず必要なのか」

⇒ 他の方がおっしゃっているように“限定された(...続きを読む

Q「~ありき」の意味・使い方を教えてください

「結論ありき…」
「小説ありき…」

など、ありきという言葉はいったいどういう意味なのでしょうか?
馬鹿な質問ですみませんが、心優しい方教えてください!

Aベストアンサー

最近の会話の中では「それがあって初めて成立する」とか「それがあってこその○○」みたいな使い方をされますね。

「あなたのアプローチはまず結論ありきで、課程というものを軽んじているように思えます」みたいな。

いちばん有名なのは聖書の「はじめに言葉ありき」だと思いますが、これは#1の方がおっしゃっている本来の用法です。

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Q~だけ、~だけしか、~しか

それはあなただけにしかできないことです。

私だけ知っている
というような英文の作り方教えてください。
その他例文が思い浮かばなかったので何かいい例文とかあると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それはあなただけにしかできないことです。
That's something only you can do.
http://www.google.com/search?q=%22That%27s+something+only+you+can+do%22&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_en___US359
You're the only one who can do that.
http://www.google.com/search?hl=en&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_en___US359&hs=F24&q=%22You%27re+the+only+one+who+can+do+that%22&btnG=Search&aq=f&oq=&aqi=
No one can do that but you.
http://www.google.com/search?hl=en&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_en___US359&hs=g24&q=%22No+one+can+do+that+but+you%22&aq=f&oq=&aqi=
上記の that はすべて it に置き換え可能です。

私だけ知っている。
I'm the only one who knows.
http://www.google.com/search?hl=en&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_en___US359&hs=FOk&q=%22I%27m+the+only+one+who+knows%22&btnG=Search&aq=f&oq=&aqi=
No one knows but me.
http://www.google.com/search?hl=en&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_en___US359&hs=D44&q=%22No+one+knows+but+me%22&btnG=Search&aq=f&oq=&aqi=g2

それはあなただけにしかできないことです。
That's something only you can do.
http://www.google.com/search?q=%22That%27s+something+only+you+can+do%22&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_en___US359
You're the only one who can do that.
http://www.google.com/search?hl=en&client=firefox-a&rlz=1R1GGGL_en___US359&hs=F24&q=%22You%27re+the+only+one+who+can+do+that%22&btnG=Search&aq=f&oq=&aqi=
No one can do that but you.
http://www.google.com/search?hl=en&client=...続きを読む

QTOEFL ITPのスコアについて教えてください。

こんにちは。
大学でTOEFLのテストを受けました。
結果は443?点でした。
ですがこのスコアはどの程度のものなのでしょうか?
というのも、こんな成績で恥ずかしながら運良く入試がよく解けて大学の特待生として入学したので、傑出していなければ落とされてしまうのではと不安でたまりません。
偏差値60前後の大学なのですが、その新入生としてはやはり悪い数字でしょうか?
実際に、500点が留学の基準と言われていますよね?
それには少なくても満たないし…。
入試が終わってから一ヶ月サボったつけが回ってきたと後悔しています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ITPの場合は、満点が677点。でCBTやibtとの換算表においては、PBTとまったく同じ点数となります。
http://www.ncc-g.com/page33.html
443点ということは、cbtで127、ibt43と同じということですが、ibt43が高校卒業と同じぐらいのレベルですから、大学1年生としては妥当なスコアだと思います。これから努力すればスコアは上げられますよ。
http://eq-g.com/article/exam/exam-hikaku/


人気Q&Aランキング