クロロスルホン酸を用いて行う、アセトアニリドのクロロスルホン化
について質問します。
さまざまな文献を引いて考察した結果、このクロロスルホン化は、
(1)…クロロスルホン酸が、三酸化硫黄と塩化水素に分解する
(2)…三酸化硫黄の硫黄原子が求電子的にアセトアニリドのパラ位と反応、
  その後プロトンが反応し、スルホン化する
(3)…このAr-SO3Hと、クロロスルホン酸が反応し、
  Ar-SO2-O-SO3Hが中間体として生成する
(4)…Cl-イオンがArに直接つながっているSに求核反応を起こし、
  最終的にAr-SO2Clが生成する
という反応であるという結果に至りました。ちなみにこの機構は、アメリカの
とあるページでも紹介していました。
 しかしこの実験のプレゼンテーションを行ったところ、(1)の部分から既に
違うという厳しい御指摘をいただきました。どうも三酸化硫黄なるものは
生成しないということです。また、この機構なら最初からクロロスルホン酸を
使わず、硫酸でスルホン化してからクロロスルホン酸を加えればいい、とも
言われました。いったいこの機構はどこが間違っているのでしょうか?
 少々長くなってしまいましたが、宜しくお願い致します。

A 回答 (1件)

 すみませんが,その反応機構が紹介されている「アメリカのとあるページ」とあなたが参照した中の主要な文献を補足下さい。



 反応機構は必ずしも絶対的なものがあるわけではなく,デ-タの追加によって新たな機構に訂正される事もあります。

 したがって,あなたの書かれた機構がどうかを判断するには,その辺りの情報が必要となります。

この回答への補足

文献名は後日確認します。
http://ice.chem.umbc.edu/Chem352l/sulfonamide.html
を参照願います。
どうぞよろしくお願い致します。

補足日時:2001/05/19 23:38
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクロロ=ルシルフルの好きな人

私はクロロさんのことが誰よりも好きな女ですw
数年前に好きになってから今まで他の人なんて好きになれませんw
それで質問なんですけど、クロロさんが好みの女性のタイプってどんなんだと思いますか?クロロの好きな人になりたいです。もちろん現実に合うこととかできないけど、似たような人に好きになってほしいんですよw
このほか、クロロさんのことが私も好き~って人も歓迎します。
私が好きな理由は、まずかっこよすぎなことと、本が大好きなとこと、クールなことと、もうほんとうにいろいろなんですよwぜひお願いします。

Aベストアンサー

私も大好きです!!髪下ろしたときが本当かっこいいですよね(笑)
クロロの好きなタイプ・・・う~ん・・・
クロロは今まで闇の中で生きてきたので、
逆にまぶしい子に惹かれるんじゃないかなって思います☆
イメージとしてはナイチンゲール的な・・?
最初はばかじゃないのって思いつつも徐々に気になり始めるんじゃないかな。妄想だけど(笑)
例えば、自分が大怪我したときに必死に看病してくれて、
反応を示さなくても「今日もいい天気よ」ってあきらめずに話しかけてくれる子とか☆かわいいことが大前提だけど笑。
なんか妄想ばっかですみません・・・
長くなっちゃうのでこの辺で♪

Qどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるのでしょうか?

化学反応は、おおまかに分けて酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである。という話を聴いた事があります。

確かに、化学の教科書で化学反応のページに載っているのは酸・塩基反応と酸化還元反応です。

世の中には、数え切れないほどの化学反応があると思うのですが、どんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する、というのはいまいち信じられません。

化学反応の種類というのはそんなに単純に分けられるものなのでしょうか?
たとえどんな化学反応が起ころうとも、どんな化学反応式に出くわしたとしても、「酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかである」というような態度で化学を勉強しても問題ないのでしょうか?

また、有機化学の分野では付加反応とか縮合反応など、いろいろな名前の反応が出てきますが、これもより一般的に考えれば酸・塩基反応か酸化還元反応のどちらかに属する化学反応なのでしょうか?

Aベストアンサー

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めているのはそれが電子状態がもっとも安定だからなわけで、歪んでいるというのはその結合内に電子密度の差が出来ている状態です。これを解消するために反応が進行するわけですからやっぱりおおまかには酸、塩基反応と言っていいでしょう。またラジカルの反応は一電子酸化、還元になります。長ったらしく書いてしまいましたが電子状態に差がなければ少なくとも有機反応は進行しませんので、そのようなことを理解した上ならどんな化学反応でも酸・塩基反応か酸化還元反応に分けられるといっていいと思います。
最後に勉強の姿勢ですが、このような考え方は有機合成反応の反応経路を勉強するのには非常に役に立ちます。立体などの知識は必要ですが、基本的には反応式を見てそこにある分子のもっとも電子密度の高いところと低いところを反応させていく、それだけで教科書レベルの反応は全て説明可能なはずです。

有機化学が専門なので有機の話をさせていただきますが、おおまかにというので思いきりおおまかに言えば酸、塩基反応というのは電子密度が高いところから低いところに電子が流れる反応のことです。こう考えるとDiels-Alder反応もジエンのHOMOからジエノフィルのLUMO(あるいはその逆)に電子が流れる反応なのでおおまかには酸、塩基反応といえます。考えなければならないとしたら3,3-シグマトロピーなど電子密度というよりは構造上の歪みが駆動力となって起こるような反応ですが、例えばsp2の結合角は120°と決めて...続きを読む

Qクロロ酢酸をNaOHで中和する時の温度

クロロ酢酸の水溶液を中和する際に、うまくいきませんでした。
ともだちにたずねたら温度じゃないの?と一言いわれました。
中和するのに温度は何故かかわってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

冷時であればクロロ酢酸のカルボキシル基のプロトンがナトリウムイオンなどに置き換わるだけですが、高温になるとClの結合した炭素に対して水酸化物イオンの求核攻撃も起きる可能性があります。
(酢酸の場合と違って、Cl^-は脱離基として有利なため、SN2反応を起こせます)

  Cl
  |
  CH2CO2Na

  ↑
  OH^-

     ↓

 HOCH2CO2H + Cl^-


友人の方も、そう考えて「温度」と言われたのではないかと思います。

Q「直接衝突」機構と「錯体生成」機構による生成物の違い

気体の反応の代表的な機構に
「直接衝突」機構と「錯体生成」機構がありますが
その違いによって生成物の状態が変わってくるらしいのですが
どう変わってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

>私の考えだと「直接衝突」機構と「錯体生成」機構における生成物の状態の違いは
回転しているか、振動しているかだと思うのですが。

なかなか面白い考え方だと思います。特に量子化学以前の世界で、例えばブロモ-クロロ-イオド-メタンにフッ化物イオンをぶつけてみたとしましょう。
フッ化物イオンのぶつかった反対側のハロゲン原子がハロゲン化物イオンイオンとしてとび出していき、ワルデンハンテンが起きますね。(フッ化物イオンの「相対的運動」エネルギーが充分ならばとした場合ですが)
この場合Jaica様が仰るように回転している基質のどの位置によるかだけで生成物が決まります。
しかし、量子論的な考え方では相互作用は「光の速さ」で生じます、特にいま考えたSN2反応やSNR(ラジカル置換)の場合電子のやりとりが起こる前に電荷のやりとりが起き、フロンティア電子がSN2の場合なら基質のLUMOに入った場合の寄与が起き初めます。
既にフッ化物イオンが「無限遠」にあるときからその効果は起き始めています。
さて熱力学的機構の方については既に#1で述べてしまったので、「直接衝突」でしか起き様の無い反応について補っておきましょう。
上記のブロモ-クロロ-イオド-メタンにフッ化物イオンをぶつけてみたときにもどります。
このときフッ化物イオンが水素を引き抜いていって仕舞ったらどうなるでしょう、あとにはブロモ-クロロ-イオド-メチル化物イオンが残って仕舞います。
このような反応は少ないですが必ず起きる反応で、熱力学的にも速度論的にも後戻りしがたいので、かなり大きな寄与があると思います。
いずれにせよ、「回転」(マイクロ波領域)や「振動」(赤外線領域)の分子運動は遅いので、充分速い速度で生成物が突び去ってしまった時には、それを取り戻すことは出来ません。
以上Jaica様のご質問には完全には答えられていませんが、それは分子の相対的速度による位置エネルギーと回転、振動のエネルギーとの大きさの比較を厳密に定義していないからです。
どの様な媒体の中でどの様な反応を実際に行うかを知れば、結論は「幾ら」:「幾ら」で求まります。
m(_ _)m

>私の考えだと「直接衝突」機構と「錯体生成」機構における生成物の状態の違いは
回転しているか、振動しているかだと思うのですが。

なかなか面白い考え方だと思います。特に量子化学以前の世界で、例えばブロモ-クロロ-イオド-メタンにフッ化物イオンをぶつけてみたとしましょう。
フッ化物イオンのぶつかった反対側のハロゲン原子がハロゲン化物イオンイオンとしてとび出していき、ワルデンハンテンが起きますね。(フッ化物イオンの「相対的運動」エネルギーが充分ならばとした場合ですが)
この場合Jaic...続きを読む

Qクロロの能力について

お聞きしたいのですが
ハンターハンターでクモの団長
クロロの能力ですが盗賊の極意の盗みのルールの
1つに盗んだ能力は盗まれた相手が死ぬと本から削除されて
使用不可になるとありましたが
ゼノ&シルバと戦った時に使った
不思議で便利な大風呂敷は能力者のふくろうは
すでにあの時点で死んでいたのでは?
実際フェイタンの前で頭袋に包まれて血を流し
動きませんでしたが・・・
それとシルバはなぜあの時クロロが能力を盗むと
分かったのでしょう?

Aベストアンサー

 死んでいたかどうかは、明確ではなかったですよね。 絵の中から読みとるしかないですが、半死状態で気絶していただけだったのかもしれません。

 技を盗む云々は、以前対戦したときに知ったようです。初対面ではなかったようです。

Q酸塩基反応と酸化還元反応

受験勉強です。酸塩基反応ではH+を出すほうが酸で受け取るほうが塩基、酸化還元反応では酸化数の増減で決まるというのはわかります。H2SはSの酸化数が下限なので還元反応できないというのも分かりますが酸塩基反応では酸として働くと言うのがわかりません。酸塩基反応と酸化還元反応の違いも分かりづらいです。

Aベストアンサー

「酸」と「酸化」が何となく似ているために、「酸を加えることが酸化???」といった誤解を招くことがあるようですね。

No.1のご回答にもありますように、全く別物ですので、分けて考えて下さい。「酸塩基反応」と「酸化還元反応」を並べること自体が誤解の元です。

酸化数が変化しない限りは酸化還元反応ではありません。このことを的確に理解するためには、酸化数の決め方を理解する必要があります。
例外はありますが、「化合物」中のHの酸化数は+1、Oの酸化数は-2というのが基本で、それに基づいて他の原子の酸化数が決められます。
したがって、H2SにおけるSの酸化数は-2です。
これが、NaOHと反応して、Na2Sとなった場合にも、Naの酸化数は+1(アルカリ金属だから)ですので、Sの酸化数は-2のままであり、この反応は酸化還元反応ではないことがわかります。
その一方で、H+がH2Sから、NaOH由来のOH-の方に移動していることになりますので、酸塩基反応ということになります。

Qアナスタシアってディズニー映画?

アナスタシアってディズニー映画ですか?
曲や映像はディズニーっぽいんだけどノリがちょっと違いますよね。
それにディズニー映画ならビデオの最初の方とかケースとかにでかでかと(C)ディズニーってあるはずなのにそれもないので怪しいなぁと。
でもレンタルショップに行くとディズニーのシリーズに並べてあるんですよねぇ…。ありゃ一体なんなんでしょうか。



他にディズニーの映画でオススメのものがあったらアニメ実写問わず教えてくださいませ。ディズニーっぽいケド違うってのもオッケーです☆彡

Aベストアンサー

#1さんが回答されている通り、20世紀FOXアニメスタジオが製作したものです。

> レンタルショップでディズニーの棚に並べてあるとしたら、
店員さんが勘違いするのも無理ないかも。
元々、アナスタシアはディズニーでアニメ製作に携わってきた方々(たしか二人)が独立して新会社を興して(20世紀FOXはその会社に資金援助して、傘下におさめた)、製作したものなんです。
余談ですが、アナスタシアが映画館で上映されていた頃、ディズニー映画として、ムーランが上映されていました。(私のお奨めディズニー映画です)
ついでですが、ディズニーはアトランティスにおいて盗作疑惑があり、提携してきたピクサーも今度の映画(タイトルは忘れていまいましたが、たしか、車を擬人化したもの)で提携を解消するという話です。

以上、私の記憶している内容ですので、間違っていたら、ごめんなさい。

Q反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)について

先ほどもご質問させていただいたのですが、また質問させていただきます;熱化学方程式で、「反応熱=(生成物の生成熱の総和)-(反応熱の生成熱の総和)」という関係式があるのですが、このとき、「単体の生成熱を0として考える」とあります。その理由が、よくわかりません。

なぜそうなるのか、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

単体の生成熱を考えてもいいですが,それは何から作るときの熱と考えればいいですか?
ということで,最初の基準点は何か決めないといけないわけで,手っ取り早く単体から始めるように決めた,というだけのことです.

Qディズニーアプリを使うには…

ディズニー公式のディズニーカレンダー、ディズニーメールなどのスマートフォンアプリを使いたいのですが、ドコモやソフトバンクなどのディズニー携帯を契約してないと使えませんか?
いまは普通のAndroidのF-06Eを使用してます。
もしディズニー携帯を契約してなくてもアプリが使えるとしたら、SIMカードを抜いた状態でも使用できますでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ディズニー端末でないと(かつ、ディズニー公式スマートフォンメンバーのご登録が必要)利用できません。

というか、利用、インストール以前に、ダウンロード出来ません。

Qクロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応につ

クロロギ酸エステルとアルコールの反応で炭酸ジエステルが生成する反応についてお伺いします。
この反応は塩化水素が取れる反応のように思うのですが、塩基を加えてやった方が反応は進むのでしょうか。常温で両液を混合しただけでも反応は進むのでしょうか。

Aベストアンサー

>常温で両液を混合しただけでも反応は進む
もちろんある程度進みます。
塩基を入れれば反応は終点まで進みます。
乾燥空気をバブルして生ずる塩化水素を除いてやれば塩基無しでも結構進むと思います。
その場合もちろん強力な還流コンデンサーが必要ですし、空気を流しすぎないようにすることも、出てくる塩化水素をどう処理するかはドラフトの性能次第です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報