定格電圧V【v】、定格電流I【A】の三相誘導電動機を定格状態で時間T【h】の間連続
運転したところ、消費電力量がw【KW/h】であった。この電動機の力率【%】を現す式は

回答選択にW/3VIT×10^5 と W / √3VIT×10^5があります
答は、W / √3VIT×10^5です。

参考書をみるとP=√3×線間電圧VL×線電流IL×力率COSΘと
3×相電圧V×相電流I×利率COSΘがあります。

この問題の場合、どちらの式をつかえばいいのでしょうか?
どこで判断すればよいのでしょうか?

宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

一般に、機器の定格電圧は線間電圧VLで表すことになっています。


ですから
P=√3×線間電圧VL×線電流IL×力率COSΘ
を使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お忙しいところ、数ある中からこの質問にご回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2017/04/18 03:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【電気】3相3線(3Φ3W)200Vの電線の使用電圧は200Vで分かるのですがこれの対地電圧は何ボル

【電気】3相3線(3Φ3W)200Vの電線の使用電圧は200Vで分かるのですがこれの対地電圧は何ボルトか分からないので教えてください。

3相3線って全てを打ち消すので戻り電線がないので対地電圧は0Vってことですか?

1Φ3Wだと使用電圧200Vでも対地電圧は打ち消し合って100Vになるのはわかるんですけど3相3線200Vの対地電圧が幾らになるのか分からないので教えてください。

Aベストアンサー

対地電圧は、Y結線に於いて、中性線が接地されている場合に、各線と対地の間に生じます。
その電圧は、Y結線における相電圧になります。

1Φ3Wの場合、その中性線が接地されるので、線間200Vの半分が対地電圧になります。

Q【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損失するんですか?】 電圧降下は単相2線なので2Ir

【単相2線式の電力損失はなぜI^2、2乗の電流を損失するんですか?】

電圧降下は単相2線なので2Irは分かります。

電力損失はなぜ2I^2rのように電流だけ2乗の損失が産まれるのか理由を教えてください。

Aベストアンサー

> 単相2線式の電力損失はなぜI^2 →rI^2
この損失は、電流の経路をすべて含みます。rは往復すればそれも含んでください。

> 電圧降下は単相2線なので2Irは分かります。
この場合は、電流経路が2rと言っています。rが電流経路全てであれば、電圧降下はIrです。

要は、
片線だけを見て往復だから2倍にする(後者)、
往復の全線を見ている(前者)、
と言う違いだけで、同じことを言っています。

Q【電気・線電流】なぜスター結線の線電流は|√3になってデルタ結線だと√3になるんですか? 線電圧は分

【電気・線電流】なぜスター結線の線電流は|√3になってデルタ結線だと√3になるんですか?

線電圧は分かりますが線電流がなぜスター結線が|√3になるのかデルタ結線が√3になるのかさっぱり分かりません。

Aベストアンサー

スター結線(Y結線)では、線電流=相電流、線電圧=相電圧*√3
Δ結線では、線電流=相電流*√3、線電圧=相電圧
です。
ご確認ください。

各相には、120度のずれがあります。
相を合成する場合には、位相120度を考慮してその差分計算をすること、
これらの理解が必要です。
120度のベクトル合成では、同じ値になってしまいます。

Q【電気】電気の全消費電力量の計算で、3相3線デルタ結線の電力量を計算する計算式に 「P=√3IVco

【電気】電気の全消費電力量の計算で、3相3線デルタ結線の電力量を計算する計算式に

「P=√3IVcosθ」または「P=3I^2R」で求めよって書いてるんですが、、、

IVとI^2Rは等価交換出来るとして、、

cosθも後ろの式は力率計算を無視しているので省略してるのだろうと分かりますが、、、

上は√3で下が3になる意味が分かりません。

なぜIV計算だと√3で全消費電力を求めて、

I^2Rになると3で計算するんですか?

Aベストアンサー

「P=3I^2R」
電力消費はRで生じ、その値が「(I^2)*R」となりますが、
それは1相当たりの計算なので、3相なので3倍しています。
力率の無視ではなく、消費電力発生部分で計算しています。

「P=√3IVcosθ」
この場合、Vは線間電圧、Iは線電流で、
負荷がデルタ結線であれば、相電流は線電流×1/(√3)になります。
上式は、相電流=線電流×1/(√3)を用いて1相当たりの皮相電力を求めて、
それを3倍して、cosθ(共通項)を乗じています。

これらは3相交流の基礎です。覚えましよう。

Q【電気】回路計が交流電流を測定出来ないのはなぜですか? 回路計は直流電圧、交流電圧、直流電流しか測定

【電気】回路計が交流電流を測定出来ないのはなぜですか?


回路計は直流電圧、交流電圧、直流電流しか測定出来ないと聞きました。

なぜ回路計は交流電流が計測出来ないのでしょう?


あとクランプメーターは直流電流、交流電流が測定出来るので交流電流はクランプメーターで測定するのでしょうか?

Aベストアンサー

> なぜ回路計は交流電流が計測出来ないのでしょう?
交流電流も、整流器をつければ可能です。そんな回路が無い計器なのでしょう。
この整流器は負荷電圧に影響を与えるので、正確さを犠牲にして測定するか否か、です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報