人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

many,a lot of,some,any
「たくさんの…」とかそんな意味なのはわかったんですが,否定文,疑問文,とかの使い分けがいまいち…。どなたか,わかりやすく教えて下さい!!

A 回答 (2件)

 manyとa lot of (lots of)は、「たくさんの」という意味で、some, anyは「いくらか」という意味です。


manyは抽象名詞(waterやcoffee, rain等数えられない名詞)には使いません。使うならばmuchです。例えば、We have much rain.。
someは肯定文に使います。manyも普通肯定文に使います。anyは疑問文や否定文に用います。否定文に用いる場合は「いかなる」と訳されます。
 There aren't any boys.いかなる少年もいない=There are no boys.
 Mt.Fuji is the higher than any other mountain. 富士山はいかなる山より高いです。
any はこういった具合に使います。

●まとまっていない文章になってしまったのでまとめます。someは肯定文、anyはその他.
muchは抽象名詞、manyはそれ以外、a lot of (lots of)は両方に使えます。
    • good
    • 53
この回答へのお礼

ありがとうございます。
例文もわかりやすかったです。
覚えました!!ありがとうございました!!!

お礼日時:2005/02/01 18:29

質問者様は中学生でしたら、



数えられるもの、数えられないもの両方について「いくらかの」という意味で、
肯定文の時はsome
否定文・疑問文の時はany


manyは数えられるものについて「たくさんの」
a lot of は数えられるもの、数えられないも両方について「たくさんの」
肯定文、疑問文、否定文問わず使える。

という認識でいいのではないでしょうか?

実用英語ではケースバーケースで変わってきます。
    • good
    • 21
この回答へのお礼

ありがとうございます。
中学生です。とてもわかりやすくて,助かりました!!
ありがとうございました!!!

お礼日時:2005/02/01 18:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qsomeとmanyを教えて下さい。

someとmanyを教えて下さい。

someはだいたい何個くらい(どれくらいの量)を指しますか?
「何故あなたはいくつかの(5,6個の)リンゴをもっているのですか」という英文を作りたいのですが、someなのかanyなのかmanyなのか分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「何故あなたはいくつかのリンゴを持っているのですか。」
“Why do you have some apples?”

でも面白いものでこの文は日本語と英語、両方共に耳慣れない言い方ですね。

普通は次のようになりませんか?
「何故あなたはそんなに沢山リンゴを持っているのですか。」
“Why do you have so many apples?”

「何故あなたはリンゴを持っているのですか。」
“Why do you have an apple?”
“Why do you have those apples?”
_________________

“some” と “many” の違い、そしてついでに他の言い方をご説明します。

日本語と同様に「いくつか = some」と「沢山 = many」の数の定義はありません。人によって感じ方が違うし、対象となる物によっても違います。よって次に挙げる数字の例はあくまでリンゴを対象とした大雑把な目安です。

An apple: ひとつのリンゴ(1)
A couple of apples: 2つくらいのリンゴ(2~3)
A few apples: いくつかのリンゴ(3~4)
Some apples: いくつかのリンゴ(a few と同じか、少し多め)(3~5)
Several apples: いくつかのリンゴ(some よりも多い)(5~8)
A number of apples: いくつかのリンゴ(several と同じか、更に多い)(8~12)
Many apples: 沢山のリンゴ(10~15)
Quite a few apples: 沢山のリンゴ(many と同じか、多め)(12~20)
A lot of apples: 沢山のリンゴ(quite a few よりも多い)(15~100)
A large number of apples: 大きな数のリンゴ
A huge number of apples: 巨大な数のリンゴ

余談ですが、”several” と “seven (7)” は綴りが似ていますね。”several” とは7つ前後と覚えると良いでしょう。

あと、次のような言い方も出来ます。
A bushel of apples: 1籠のリンゴ
A truckload of apples: トラック1台分のリンゴ
A mountain of apples: リンゴの山
_________________

“any” と言うのは「1つ(も、でも)」の事ですが、“a (an)” と “any” はニュアンスが違います。
“Do you have an apple?”
“Do you have any apple?”
どちらも「リンゴありますか?」ですが、ニュアンスが違います。上の文は単に、「リンゴ1つありますか」と聞いています。下の文は「ひとつでもいいからリンゴありますか」です。”any” の文ではしばしば “left”(残る)を文の最後に付けます。
“Do you have any apple left?”
「リンゴひとつでも残っていますか。」

あと、”any” は肯定文では使われません。肯定文に使ったら日本語でも変ですよね。
“I have any apple.”
「リンゴをひとつでも持っています。」
_________________

数が持つイメージはその国に行って、人と話をしながら身に付けるしかないですね。でも、取り敢えずは上記の例を参考にして頂ければと思います。

「何故あなたはいくつかのリンゴを持っているのですか。」
“Why do you have some apples?”

でも面白いものでこの文は日本語と英語、両方共に耳慣れない言い方ですね。

普通は次のようになりませんか?
「何故あなたはそんなに沢山リンゴを持っているのですか。」
“Why do you have so many apples?”

「何故あなたはリンゴを持っているのですか。」
“Why do you have an apple?”
“Why do you have those apples?”
_________________

“some” と “many” の違い、そしてついでに他の言い方をご...続きを読む

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

QDoとDoesの使い方の違い

もうすぐテストで英語を勉強をしていたんですが、ふと突然忘れていた事に気づきまして、気になってしょうがありません。
ぜひ、教えて下さい。

疑問文のDoとDoesの使い方の違いが分かりません。
多分、どっちかがIとYOUが主語のときで、
もう一つが逆だったと思います。

どうかお願いいたします。

Aベストアンサー

Do も Does も日本語で言うと「か」という意味になります。日本語では疑問文の「か」は一番最後につけますが、英語では、
You have a pen.
というふつう文のその前につけて、
Do you have a pen?
とします。
Do も Does も「か」という意味ですが、その後に何が来るかでどっちかを選びます。
Do you ...
Does he ...
のように使います。
>多分、どっちかがIとYOUが主語のときで、
Do の時は、主語が I か You か複数
Does の時は、主語が、I You 以外の単数ということになります。

http://morimine.sakura.ne.jp/c/x_wiki/wiki.cgi?page=%BB%B0%BF%CD%BE%CE%C3%B1%BF%F4%B8%BD%BA%DF

QThen と at that time の違いについて

 中学校英語にでてくる Then=そのとき、at that time=そのとき 
この2つの意味は同じようなのですが、違いは何かあるのでしょうか。
是非、教えてください。

Aベストアンサー

文法的にはthenは副詞、at that timeは副詞句です。その時という意味では同じ使われ方をします。しかし、thenが指し示す時間(期間)はat that timeより長く感じます(あの時とあの頃のような感じ)。at that timeはその時という意味以外に使われませんが、thenは副詞としてもっと幅ひろい意味で使われます。その時、その後、それから、さらに、従ってなど。意味と用法は辞書に出ていますよ。

Q「映画をみる」を英語に訳すと。

今まで「see a movie」と訳してきましたが、今日の参考書に「watch a movie」と書いてありました。

どちらが正しいんですか?
また、両方正解なら、どういったニュアンスの違いがありますか?

高1です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am watching the movie. 観ている

I will see the movie. 見る経験を持つ予定
I will watch the movie. 観るつもり

I'm gonna see a movie tongiht. 見る経験を持つつもり
I'm gonna watch a movie tonight. 観るつもり

上のI'm seeing the movieですが、今進行しているという言い方では使わないですが、未来形としての現在の予定、と言う意味では問題なく使います。 I'm seeing the movie next week with Jackie.と言う感じですね。

確かにwatch a movieと言うとビデオやテレビで見るというフィーリングがありますが、見たという経験を言いたいのであれば、I saw the movie on TVと言う表現は全く問題ないわけです。 テレビで見た経験があるよ、すなわち、テレビで見たよ、と言うことになり、テレビで見たよ、はI watched the movie on TVは、テレビで見た行為をした(これも日本語では、テレビで見たよ、となりますね)、と言うフィーリングになるわけです。

I saw him. 彼を(そのときの)みた経験がある、すなわち、彼を見かけた、と言うことになり、I watched him.と言うと彼を見る行為をした、すなわち、彼を観察した、と言うことになるわけです。

ちょっと断言しすぎたところはあると思いますが、このmovieについてはこのようなフィーリングを元に使っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカに36年住んでいる者です。 私なりに書かせてくださいね。

学校で教わる英語を基にすると難しいかもしれませんね。

こう考えてもいいと思いますよ。

see a movie
watch a movie

は両方とも問題なく使えます。 I saw the movie on TV, I'm watching the movie on TV right now.などですね。

seeは見ると言う経験をする
watchは観ると言う行為をする。

I saw the movie 見た経験・事がある
I watched the movie. 観た

I am seeing the movie now. 使わない (下を参照)
I am ...続きを読む

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む

Qどうしても使い方がわからない・・・such as とlike

こちらのサイトでも調べてのですが、どうしてもわかりませんでした。 ~のような というときのsuch asと likeの使い分けです。例を用いてなるべく簡単にわかりやすく説明してくださる方いらっしゃいませんか?すみませんが教えてください。

Aベストアンサー

such as ~ のほうは「例えば ~ などのようなもの」という例を挙げるもので、

like ~ のほうは「~ に似ているもの」という類似性を示すもの、

という印象の違いがあると思います。

日本語で「~のようなもの」という言葉には、例を挙げている場合と、形や様子が似ているものを挙げている場合があいまいに混じっているので、和英のときに一緒にまとめられてしまうのですね。

QHow about you の意味と使い方がわかりません

How about you の意味と使い方がわかりません。
あなたはどう思っていますか?のような使い方だとは思うのですが、外人が話しているのを聞くとどうしてもいろんな使い方をしているような感じがして質問しました。使い方や話のどういう流れで使えばいいのか教えていただけませんか?よろしくお願いします

Aベストアンサー

あなたはどうなの?的な表現ですね。

例えば、

A:How's it going? (調子どう?)
B:Nothing much. (たいしたことないよ。)
How about you? (君はどんな感じ?)
A: Well, I'm alright. You know what? I've decided to move to NY next month. (まあまあかな。そういえば来月にNYに引っ越すことに決めたんだ)

------------------

A: Are you hungry? (おなかすいた?)
B: Yeah, a little bit, how about you? (うん、ちょっとだけ、君は?)


のような感じでしょうか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング