初歩的な質問で申し訳ありません。
a:bの英訳が良く分からなくて困っています。
私の調べた限りだと、「a:b=c:d」の英訳は
「a is to b as c is to d」となるそうですが、
それでは、a:bをa is to b と言ってよいかどうか
良く分かりません。お教え頂けたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 「a:b」は「a to b」です。


 例えば、「1:1の割合で」は「in the proportion of one to one」と言いますし、「得点は2対3だった」は「The score is two to three」と言います。

 気になったのは、
>「a:b=c:d」の英訳は「a is to b as c is to d」となるそうですが、
 の部分です。私が知らないだけかもしれませんが、ちょっと聞いたことがありません。
 よく使っているのは、
 「a to b is c to d.」とか、「a to b equals c to d.」です。「equal」を形容詞として使って 「a to b is equal to c to d.」とするときもあります。

この回答への補足

「a:b=c:d」の英訳については下記URLを参考にしました。
http://www.yfu.or.jp/YFU/mathword.htm

補足日時:2001/11/16 10:24
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をして頂き、ありがとうございました。
大変参考になりました。
確かに「a:b=c:d」の英訳が「a to b is c to d.」や
「a to b equals c to d.」ならば納得がいきます。

お礼日時:2001/11/16 11:43

 補足の欄に書き込んでいただいたURLのページ、見てみました。



 う~ん、やはり聞いたことないですねえ・・・。こういう言い方もあるのか・・・。

 まあ、でも、「a:b」は、starflora さんも言われているように「a to b」(「a対b」)で通用しますのでご安心下さい。
 あ、それから、No.3 の私の回答での文例、時制が一致していないですね。スミマセンでした。
    • good
    • 0

 


  「a:b」というのは、日本語で、「a対b」と言います。同様英語でも、「a to b」です。a:bとは、bに対するaという意味です。
 
  a is to b as c is to d は、「cがdに対する(ありよう)と同様なのが、aがbに対する(ありよう)である」というような意味です。あるいは、「cがdに対してあると同様に、aがbに対してある」ということで、この場合、be動詞は、「対してある」の「ある」に当たるはずです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切にa:bの意味まで回答して頂き、ありがとうございました。ただ、私はa:bの意味が知りたかったのではなく、「a:bの英訳」が知りたかっただけなのですが...。質問の言葉が足りなかったために誤解を招いてしまい申し訳ありませんでした。

お礼日時:2001/11/16 12:01

:は普通、コロン(colon)っていいます。


エー コロン ビー イコール シー コロン ディー
でいいんじゃないですか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA is to B what is C to D という構文

A is to B what is C to D という構文で、どうしてA is のあとの補語(what is C to D)が1度省略されてBの後に来れるのですか?

Aベストアンサー

>M の部分が節となると、こういう語順の入れ替えが行われます。
ちょっと間違えました。

おっしゃるように、補語や目的語となる節は後ろに回る、ということで、
M が節となるわけではないです。
M の方が、O や C より短い場合、短い M が先に来る、ということが言いたかったのです。

QA is to B what C is to Dの構文で質問です

A is to B what C is to Dという構文は、A to B is what C to D is.という語順じゃいけないのはなぜですか?どうしてわざわざbeの後にto B、to Dがこなくてはならないのか分かりません。

Aベストアンサー

こんばんは。
『to B』『to D』の位置がそこにあるためには
文章の意味を考える必要があります。

『A is to B』『C is to D』どちらも述語が抜けてます。
訳して『AはBにとって』『CはDにとって』。
どちらも『どないやねん!』という感じですが、
その『どないやねん!』が『what』なのです。

強引に直訳すると
『AはBにとってCがDにとってそうであるようなもんだ。』
要するに、
『AとBの関係はCとDの関係に等しい』
ということなのです。

ここで『what』は関係代名詞なので、
共通の名詞に置き換えられますから、
この文章を2つの文章に分けて見ましょう。
適当な名詞『thing』に変えて二文に分けてみます。

・A is a thing to B.
・C is a thing to D.

これを関係代名詞を使って書き直すと
・A is a thing to B which C is to D.
『a thing which』は『what』と置き換えられるので
・A is to B what C is to D.

ここで『to B』の位置を変えるとすれば、
・To B, A is what C is to D.
ぐらいですね。
他の位置だと、本来の意味から異なってしまいます。

ちなみに、穴あき問題で
A boy is () a girl what a man is to woman.
と来れば、
・『what』は本来『is』の後に来る述語の可能性あり。
・『boy』と『girl』・『man』と『woman』
 …関係が似ている。
・本来『A boy is』の後に『what』が来るはずなら、
 後の節(従文)にあって前の節(主文)に無いのは…
と考えて『to』を導き出す事が可能です。

こんばんは。
『to B』『to D』の位置がそこにあるためには
文章の意味を考える必要があります。

『A is to B』『C is to D』どちらも述語が抜けてます。
訳して『AはBにとって』『CはDにとって』。
どちらも『どないやねん!』という感じですが、
その『どないやねん!』が『what』なのです。

強引に直訳すると
『AはBにとってCがDにとってそうであるようなもんだ。』
要するに、
『AとBの関係はCとDの関係に等しい』
ということなのです。

ここで『what』は関係代名詞なので、
共通の名詞に...続きを読む

Qmake A of B make A into B A is made from B

熟語を勉強しているのですが問題集の解説で
3つの違いが分かりません。


英語が得意な方、分かりやすいアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

make A of B
A is made from B
いずれの場合もBは材料ですが、Bの質が変化しない時はof、変化する時はfromです。
質問文で
・Wine is made from grapes
となっているのは、材料がぶどうがワインという製品に変化するからです。一方
・The desk is made of wood
の場合は材料である木材を使って机を作っても木材は木材のままで製品になるからofです。

make A into B
AをBという他の違った何かに作りかえるという意味なので、A is made from B と言い換えることが可能な場合があります。上記の例で言うと、ブドウはワインという製品に作り変えられるものでもあるので、make grapes into wine ということもできます。
ただ、make A into Bの場合はBが材料である必要はなく、例えば
・The comic book made into a movie.
という風に、内容は同じでも違った形のものに作り変えるという場合にも使えます。

QA is no more B than C is D

My flat was in an old-fashioned building, not many stories high,and I was on more human terms with the staff than is possible in one of modern Babels.

上記の文なのですが、後半は、A is no more B than C is D の、いわゆる「鯨が魚でないのは馬が魚でないのと同じ」という構文(^^)でしょうか?このstaff は何でしょう。何になじめないと言ってるのでしょうか?ご教示くださいませんでしょうか。いつもありがとうございます。

Aベストアンサー

Babelsがあまりよくわかりませんが。。。(>_<)
アパートを表しているのであれば、、、

「私は、今近代のアパートで可能なよりも、(昔住んでいた古ぼけたアパートでの方が)より住民と人間的な間柄を持っていた。」

って気がします。自信ないですが。

than is possible のthanの次にitが省略されていて
そのitが受ける内容は、
I am on human terms with the staff
じゃないですかね。
「私が近代のアパートで彼等と人間的な間柄を持つことが可能であるよりも」
って感じで。

than以下がisと現在形であることから見て、I「私」は今は新しいアパートに住んでいて、昔の古いアパート暮らしのことを思い返してるような雰囲気がします。
「あ~昔の方が近所付き合いがあってよかったなぁ」
な~んて。

Q… is more of a hazard to women than it is to men.

Recent studies have shown that drinking is more of a hazard to women than it is to men.
最近の研究によると飲酒は男性より女性に危険があることが明らかになっている。

という例文を読みました。

that までは特に気にしないとして、
①Drinking is more of a hazard to women than it is to men.
についてですが、

・比較級を外して、②Drinking is a hazard to women. で意味は通りますか?自然ですか?
・②を言い換えて、③Drinking is hazardous to women. で意味は通りますか?自然ですか?
・③を比較級にして、④Drinking is more hazardous to women than it is to men.
 で意味は通りますか?自然ですか?
・①と④は同じ意味と言えますか?どちらが自然ですか?
 ④のように、more + 形容詞を使うのはよく見かける気がするのですが、
 そうではなく、①で、more of a + 名詞 としているのは、何らか意図や効果が
 あるのでしょうか?
 
宜しくお願いします。

Recent studies have shown that drinking is more of a hazard to women than it is to men.
最近の研究によると飲酒は男性より女性に危険があることが明らかになっている。

という例文を読みました。

that までは特に気にしないとして、
①Drinking is more of a hazard to women than it is to men.
についてですが、

・比較級を外して、②Drinking is a hazard to women. で意味は通りますか?自然ですか?
・②を言い換えて、③Drinking is hazardous to women. で意味は通りますか?自然ですか?
...続きを読む

Aベストアンサー

②③④すべて意味も通るし自然です。(男性には有害ではないのか、という細かい突っ込みを無視すれば)

比較表現で、使われるのが形容詞か名詞かというのは特に気にすることはないです。
②「Drinking is a hazard to women.」(名詞) と③「Drinking is hazardous to women. 」(形容詞) の間に意味上の違いがないのと同じように、それらの比較表現である①と④にも違いはないです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報