土地の借地権というものに関しては特に法律上の規定はないのでしょうか?
おわかりになる方、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ニワトリ並みの記憶力がバレてしまいましたが、誤回答を導く原因の一端は、やはり質問の仕方にもある、と指摘せざるを得ません(^^; 



>知人の土地に対して○○がどれくらい借地権を行使できるのか(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=185849

先の質問では申し上げませんでしたが、相続発生前に資産管理会社(?)を設立して、個人と法人間で土地の賃貸借契約。次いで法人と第三者と同地の転貸借契約をする等というのは、知人のご兄弟である社長の、同族会社を利用した相続税対策でしょう。

そのような文脈で、先の事案に係る一連の契約を解釈し、判断する必要があります。同族会社と個人間では、税務対策上、借地権を発生させるか否かは「権利金の授受」や「相当地代」等の扱い次第で操作できるからです。

一方、故意に訴訟提起をさせ、訴訟の場で借地権がある等として和解に持ち込めば、税務上の見倣し(課税)規定を回避することが可能です。それが司法制度を利用した節税だとすれば、かなり高度なテクニックです。相手陣営には優秀な税務の専門家の存在が予想されます。

以上のうがった読みは、法律の専門家でも、税務の専門家でもない回答者のヨタ話です。必ず本物の専門家に全ての関係書類を提示した上で、上述の点も含めて確認なさることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れまして申し訳ありませんでした。
度々ご回答をいただいて、大変感謝しております。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/25 04:52

どのような目的で土地を借りるのか、ということで少し答えが変わるかもしれません。

駐車場用地として借りるのか、農地として借りるのか、建物を建てる目的で借りるのか、鉱石を取る為に借りるのか。

どのような目的でご質問なさっておられるのか、もう少し詳しく補足説明なさると、正確な回答が得られると思います。因みに、借地することと借地権を獲得することとは異なります。

この回答への補足

先日、下記URLで回答を頂きましたkhoneyです。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=185849

oo1さんの回答、とても参考になり、知人も喜んでおりました。
回答を拝見して、借地権はどのような場合にどの位発生するのか知りたくなり
再度質問させていただきました。

知人の土地に対して○○がどれくらい借地権を行使できるのかが
知りたかったんです。

もしまた何かわかることがございましたら、
お教えいただければ幸いです。

補足日時:2001/12/19 08:05
    • good
    • 0

 まず、民法第601条以下に規定されている賃借権が不動産賃借の根幹となる条文です。

これに対する特別法の位置を締める法律が借地借家法です。第2章(第3条~第25条)が借地権に関する規定となっています。

参考URL:http://www.houko.com/00/01/H03/090.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

参考にさせて頂こうと思います。

お礼日時:2001/12/19 08:05

昔は、借地法(大正10年4月8日・法律第49号)に規定されていましたが、平成3年に廃止されて、代わりに「借地借家法」が(平成3年10月4日・法律第90号)制定され、これに規定されています。



参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.lec-jp.com/law/houritsu/s_17.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

参考にさせて頂こうと思います。

お礼日時:2001/12/19 08:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q固定資産税の滞納行き着く際は? 所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税 年税額=360万円 家賃収

固定資産税の滞納行き着く際は?
所有不動産(賃貸物件)に対する固定資産税
年税額=360万円
家賃収入全額銀行返済
固定資産税支払不能の状態になるのは必定。
滞納し始めるとどうなりますか?
銀行の返済分の一部を固定資産税へと思いますが
法的には優先順位あるのでしょうか?

Aベストアンサー

固定資産税は、市町村の財源で重要になるため、支払いが滞ると不動産の差押えられ、強制競売されます。
そして、競売代金から優先的に回収されます。
その時の分配方法は、「滞納処分と強制執行等との手続の調整に関する法律」に基づいて行われます。

固定資産税の支払いが無理なら、銀行と相談の上、任意売却に切り替えて
少しでも高く買い取ってもらうようにしてください。

なお、銀行と相談しないと、今度は、銀行が抵当権に基づく強制執行がまっていますので・・・。

Q土地売買上の借地権の継承に関するもの

私の住居建物の土地は借地です。5年前に地権者は
土地を道路用地として市に売却しました。この土地に対する借地契約書はありませんが地代は毎年納めていました。
市は立ち退きを要求していますが借地権に対する
損失補償はないと言ってます(借地権そのものが無いと言っている)。売買当時市は借地契約書が無かったので借地権の認識が無いまま買収したと言っています。しかし、その土地には私の建物が今もある訳です。 この場合、私は借地権を市に主張出来るのでしょうか。また、地主に損害補償とか出来るのでしょうか。

Aベストアンサー

対抗要件としての原則は、建物の登記がある。
例外として、登記がない場合であっても、買受人が権利の濫用・背信的悪意者に当たる場合には対抗できます。これについては、決まった要件はありません。
1.買受人が、借地権のないことを知っていた。
2.通常価格よりも安価な価格で買い受けた。など。

とりあえず、市役所には、現地調査した時点でわかっていたことは予想されますので、市に一度申出をしてみるのも一考かと思われます。

どちらにしても、市か地主に対して建物の所有者様は補償金を請求することは可能です。

Q不動産取得税、固定資産税について質問です。

不動産取得税、固定資産税について質問です。

今度2000万円くらいで一戸建て(木造2階40坪くらい)を
建てようと考えてます。
このとき、建てたら不動産取得税(都道府県税)、その翌年
から固定資産税がきますが、

1.不動産取得税は上記の例でどれくらいになるのか?
2.固定資産税のもととなる評価額は上記の例でどれくらいに
  なるのか?

ざっとでいいので誰か教えてください!

Aベストアンサー

ざっとでよければ、

1. 新築特例が適用されれば恐らく0円。
2. 1,000万円前後~弱。

ではないでしょうか。

Q借地権の第三者への対抗要件についての質問です。 昭和39年に、旧借地法に基づく借地権を父から相続し

借地権の第三者への対抗要件についての質問です。

昭和39年に、旧借地法に基づく借地権を父から相続しました。
同時に、同地上の家も相続しました。

現在まで、借地は原契約(契約者は父)のまま更新し続けています。
家に関しては、相続人(私)名義で所有権保存登記を済ませてあります。

ここで質問なのですが、この状態だと、第三者に対して借地権を主張できないのでしょうか?

また、借地権の名義変更には貸主の承諾は必要でしょうか。
更に、名義変更料は支払わなくてはいけないのでしょうか。

詳しい方、どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お礼欄記載のとおりです。
そのままで第三者に対しても対抗力は有しています。
地主(土地賃貸人)の承諾も必要ないですし、名義変更料の支払い義務もないです。
地主(土地賃貸人)には再契約請求権はないです。
ないですが、地代の支払義務者が変わったわけですから、通知しておかないと地主としてはわからないです。
相続を原因として、借地権者の変更があったことを、建物登記簿謄本を添付して通知しておいて下さい。

Q不動産所得の租税公課の固定資産税の計算が複雑

青色申告ですが。

不動産収入申告で租税公課の「固定資産税」の計算ですが、固定資産税の年間の支払は4回で1回目は前年度の第4期分になりますよね。

1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で終わりです。

払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが、不動産所得用分を割り出さなければなりません。

このように、前年度分と今年度分の合計から、今年度申告する不動産所得分の固定資産税を割り出すには、大変細かい計算になってややこしいのですが、

きちんと計算しなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

>1回目が前年度の第4期分、あと今年度の1期分、2期分、3期分で…

それは、
「前年度 4期 + 当年度 1期~3期」
を今年の申告対象にしても、
「当年度 1期~4期」
としても、どちらでもかまいません。

特に、複式簿記で記帳しているなら、当年度 4期分が年末にはまだ払っていなくても、「未払金」として租税公課に計上してしまってかまいません。

ただし、毎年同じように繰り返すことが必要で、今年は都合 3期分、来年は計 5期分なんてのはだめです。

『手引き』の 3ページです。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/36.pdf

>払った固定資産税が全部不動産所得用なら問題ないのですが…

非事業用部分はきちんと抜き出さないといけません。

Q借地上の建物の売買、借地権?

建物(住居)を所有しています(相続物件)
その建物をAさんに賃貸しています。

土地は他人名義です(Bさん)
古い契約なので契約書等は存在していませんが
地代はBさんに(年払い)払っていました。

Bさんが自己破産?により件の土地が競売にかかりました。
競売で落札されて第三者のものになった場合借地権はどうなりますか?

さて実は落札者はAさんだったのですが
Aさんがこの際建物も購入したいと申し出がありました。

上記の条件では、売買の対象になるのは、建物だけでしょうか
それとも借地権だけでしょうか(借地権の相場はどう計算するのでしょうか?)
若しくは両方でしょうか?

宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

Aさんと云う方は、建物を、no3335さんから借りているわけですよね。
それで、no3335さんは、他の土地所有権者(Bさん)から借りていたわけですよね。
今回、その土地は競売で、BさんからAさんの所有になったわけですよね。
そこでご質問は、no3335さんが所有していた建物をAさんに売却するに到ったどうしたらいいかのようです。
それならば、Aさん所有の土地は、底地権で、通常では、土地の所有権の3割程度で買っていると思われます。
残りの7割はno3335さんの借地権です。
そのようにAさんは、極端に安く買ったと思われます。(ここの例では3割)
ですから、Aさんに売却するなら、土地の7割分(借地権)と建物の本体の価格を合算した価格となります。

Q不動産の相続と固定資産税

被相続人の不動産の相続人が決まるまでは、固定資産税は誰か代表者が支払うことになると思いますが、遺産分割協議後、固定資産税を支払っていた人と違う相続人がその不動産を相続することになった場合、これまで代表者が支払ってきた固定資産税は、新たな不動産の相続人に請求できるのでしょうか?
もしできるなら遺産分割協議書にその旨を記載したほうがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

市町村では、誰が相続人となったかわからない場合は、法定相続人の1人を代表と決めつけて全額納税通知します。
その者が全額支払っていて、後で、他の者に決まったとしても、遡って所有権がなかったとは云えないので、それまで支払った金額は法定相続として、その持分比率で分け合って支払うことになります。
仮に、遡って効力を持たせるならば、協議書で明らかにすべきで、立て替えて支払った分は、新しく決まった者から貰います。
以上で「これまで代表者が支払ってきた固定資産税は、新たな不動産の相続人に請求できるのでしょうか?」は、それは協議で決めます。
決まらないならば、決まるまでの間は法定相続とします。

Q抵当権設定後の借地権が付着した土地(底地)が公売された場合の対抗力

下記の土地(底地)が公売された場合、落札者は建物所有者に明け渡し収去を求めることができるか教えてください。

A所有の建物
保存登記後平成10年の抵当権設定登記あり

B所有の土地(Aの建物の底地)
平成10年の抵当権設定登記あり(A建物保存登記後)
上記抵当権設定登記後、平成25年の国税の差押登記あり
上記国税差押前にA建物所有者を借地権者とした土地賃借権の契約(平成22年から)あり
公売情報には上記賃貸借契約の内容の記載あり

この場合、国税の差押が実行(公売)されたときに、落札者は建物所有者に対して
明け渡し収去を求めることができるのか、借地契約前から対抗要件を具備している(抵当権
設定前に建物登記があるため)から求めることができなく上記借地権を引き継ぐことになるのか、教えてください。

また、将来的に建物の抵当権が実行され競売になった場合、競落人は借地権者として対抗できるのか
どうかも教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#1です。
>平成22年に初めて賃貸借契約を結んだようです。それ以前は使用貸借のような気がします。
この場合はいかがでしょうか?
●建物の登記は借地権の第三者対抗要件です。
新たな地主が実際の借地権がH22年からであると知ったのであれば、それを証明すれば抵当権設定前の借地権を否認できます。
借地権者が正直にH22からのものと認めたならば、自ら借地権の主張を否認したことになります。

Q売り出し中の不動産に固定資産税はかかりますか

相続で不動産を譲り受けました。
余分な不動産は売却したいと思っていますが、直ぐには売れるとは思いません。
売り出し中の不動産も固定資産税は支払わなくてはならないのでしょうか。
また固定資産税を払わなくても済む方法はありますでしょうか

Aベストアンサー

余分な不動産を早く売り払って、買主と固定資産税を保有期間に応じた按分割りにすることですね。

Q借地人名義の建物と借地名義が違う借地権の対抗力

借地名義人と建物の登記名義人とが違う場合には、地主が売買などで
交代した場合に借地権を対抗できず、建物を収去を免れないのですが、
この場合新しい地主は借地人からの地代の受領を一度でもしてしまった
ら借地権を認めたことになり、後から借地権を否定することは難しい
のでしょうか?。

Aベストアンサー

黙示的でも、借地権があることを前提に受領していますので、
借地権を否定するのは無理と思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報