今年1月にマンションを購入したのですが、その際私の親から550万円妻の親から200万円援助してもらいました。この場合だと贈与税はかからないと思っていたのですが、よく考えてみたらマンションは私だけの名義になっています。この場合贈与税はかかっちゃうんですか?誰か詳しい方お助け下さい!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

200万円に対する贈与税は22万5千円になります。

登記にかかる費用と、検討されたほうがよいと思います。
 それ以外に200万を奥様のご両親からの借入にする方法が有りますが、これだと他人からの借入と同様、約定を決めそれに従い返済するようしなければなりません。(過去の質問にもいくつか出ています。)しかし、双方が貸借として認識し契約するならば、これから4年間で200万のうち90万を返済し、かりに5年目に110万を債務免除して貰えれば贈与税がかかることはないわけです。もちろんこのことを最初から想定して契約してははいけませんけどね・・・。贈与税を払ってすっきりしたほうがよいのではありませんか?

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=208612
    • good
    • 0

住宅資金の贈与の場合、特例があり550万円までは非課税となります。


ただし、これは自分の両親か祖父母からの贈与に限られます。
今回は、ご両親からの550万円で限度額一杯でス。
更に200万円は限度額が有っても、奥様のご両親からですから非課税の特例の対象にはなりません。

この場合、200万円は奥様が贈与を受けたことにすれば良いのです。
そして、マンションの名義を200万円分は、奥様の名義で登記する必要があります。

登記が済んでいたら、錯誤の登記ということで登記の訂正が出来ます。

なお、住宅資金の贈与の特例を受けるには、翌年の2月1日から3月15日までに、贈与税の申告書を提出する必要があります。
贈与税の申告の方法については、過去に回答したものがありますから、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=205616
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のアドバイスありがとうございます、司法書士の先生に早速連絡してみます。
有りがとうございました

お礼日時:2002/02/03 18:45

奥様の親からの援助は奥様が贈与を受け、マンションの所有権を持分登記(200万円分)されたらどうですか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2002/02/03 18:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの場合、贈与税550万円非課税が適用されますか

「住宅取得資金の贈与の特例」について質問です。
昨年12月に頭金(=自己資金)1000万、ローン3000万、
入居予定H18年2月の予定で中古物件を契約をしました。
直後、親から500万援助が決定したので、
頭金を1500万に変更し2500万ローンを申し込みました。
そしてH18年になりローンが決定しました。
ところが親から私への贈与(=振込)は今から!です。


<質問1>
制度上「H17年12月31日までに贈与されている」ですが、
この場合、無事適用されますか?NGですか?
(またはそこまで調べられないのが実際?)

<質問2>
親援助の決定(=内定)はH17年中であり、
その条件でのローン申込み資料も残ってます。
つまり”贈与は昨年決定されていた”のだから
振込時期の遅れは関係ない、と言いたいのですが
税務署に通用する主張でしょうか?

Aベストアンサー

まず、口答による贈与は、実際に履行された日とされていますので、贈与契約書を昨年の日付で作り、書面による贈与契約とされるとよいでしょう。また、お尋ねの書類の証拠にするのに説明が面倒ならば、振込によらず、現金でもらってきて、通帳に入金し、そこから業者に振り込むのもよいでしょう。

(財産取得の時期の原則)
相基通1 の3・1の4共-8 相続若しくは遺贈又は贈与による財産取得の時期は、次に掲げる場合の区分に応じ、それぞれ次によるものとする。(昭38直審(資)4、昭57直資2-177、平15課資2-1、平17課資2-4改正) (1) [省略しました]
(2)  贈与の場合 書面によるものについてはその契約の効力の発生した時、書面によらないものについてはその履行の時

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/sisan/souzoku/souzoku1/01.htm#1_1_2_7

Q新築時、親からの援助にかかる贈与税

新築購入を考えています。
自己資金の他に私と主人双方の親が300万ほど(額はまだ未定ですが)
援助してくれそうなのですが年間の贈与税の控除額は110万円と聞きました。
そこでよくわからないのですが、110万というのは私妻110万、夫110万
ずつを貰っても非課税ということでしょうか?
そうなると、今年私と夫で110万ずつ貰って、来年も110万ずつ貰うと
440万までは貰っても申告しなくて良いということですか?税のかからない範囲で援助を受けたいと考えています。

又、私は現在パートで夫の扶養内で働いているので所得税、保険料を
払ってないのですが、贈与を受けると年間の収入額に入れなければ
いけない(扶養からはずれなければならない?)のでしょうか。

税金についてまったく素人なのでお恥ずかしいのですが、分かりやすく説明してくださると助かります。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>そこでよくわからないのですが、110万というのは私妻110万、夫110万…

もらった人 1人につき 110万円です。
夫婦が別々にもらえば、220万円という解釈でけっこうです。

>今年私と夫で110万ずつ貰って、来年も110万ずつ貰うと…

今年と来年それぞれ支払いが異なるなら、それでよいでしょうね。

今年もらった110万ずつをそのままプールしておいて、来年分と一緒にまとめて支払いに充てると、ただの課税逃れと取られ、220万円ずつ一度に贈与されたものとみなされるおそれがあります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4402_qa.htm#q1

>贈与を受けると年間の収入額に入れなければいけない…

日本の税制は、一つのお金の動きに対し、二つ以上の直接税が課せられることはないようになっています。
贈与税や相続税の対象になるお金は、所得税の対象にはならず、「配偶者控除」などに影響しません。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>そこでよくわからないのですが、110万というのは私妻110万、夫110万…

もらった人 1人につき 110万円です。
夫婦が別々にもらえば、220万円という解釈でけっこうです。

>今年私と夫で110万ずつ貰って、来年も110万ずつ貰うと…

今年と来年それぞれ支払いが異なるなら、それでよいでしょうね。

今年もらった110万ずつをそのままプールしておいて、来年分と一緒にまとめて支払いに充てると、ただの課税逃れと取られ、220万円ずつ一度に贈与されたものとみなされるおそれがあります。
http://www.nta....続きを読む

Q大叔母から時価2500万のマンションを1000万で購入した場合贈与税はかかりますか? 安く済む方法

大叔母から時価2500万のマンションを1000万で購入した場合贈与税はかかりますか?

安く済む方法教えてください。

Aベストアンサー

可能性としてひとつ。

①大叔母と養子縁組をする。
②マンションを譲り受ける。
③差額を相続時精算課税で贈与申告する。

※相続時精算課税の条件はいろいろあります。

大叔母に法定相続人(夫、子、兄弟等)が
何人いるかというのもありますが、
相続発生時に相続税としてを払った方が、
贈与税よりは、安い可能性はあると思います。

大叔母がどれぐらいの財産をもっていて
法定相続人が何人いるかで変わることも
ありますけど。

いかがでしょうか?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4103.htm
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4503.htm

Q親からの贈与税がかからない範囲での贈与

住宅のローンの借り換えをしようと、両親に相談したところ、毎年贈与税のかからない範囲で
名義を私に移しているのでそれで少し返せば?と有り難い言葉をもらいました。
しかし親が「贈与税がかからなくても申告してないといけない」とか言う話を
聞いたとかで少し不安になっています。
何か都合の悪い事があるのでしょうか?
それとマンションの所有は私の持分4分の1となっていますがローンの名義は全て夫です。
ローンの一部返済で何か問題になるでしょうか?
さっぱりわかっていないので、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

毎年、少額の贈与を繰り返すのを「連年贈与」と呼んでいます。
毎年一定額の贈与を行う連年贈与には計画性があるということで、毎年の金額を合算した額として課税されるおそれがあります。つまり贈与額を分割しただけに過ぎないと解釈されるのです。 そこで、連年贈与とみなされないようにする工夫が必要になってくるのです。

税金は実質課税ですから、実態が本当に子供や孫に渡っていれば税金がかかることはないはずです。それを客観的に証明するためのポイントは、以下のとおりです。
(1) 子供、孫名義の口座をつくり、自分の口座から移し、証拠が残るようにする。
(2) 確かに渡した証拠として、毎年贈与税の申告をして最低限の税金を納めておく。
(3) 名義だけでなく実態もかわっていなければならないので、子供や孫名義の口座を贈与者が後で勝手に処分できるような状態にせず、あくまで完全に渡ったものとして管理する。

この(2)は、贈与契約書を毎年作成することでかえられるのですが、証明力を強化するには、公証人役場で確定日付を取っておくことがなされています。

なお、贈与税が0円で確定申告しても、そのことだけで税務署が贈与があったと認めてくれるのではありません。上記のような実質的な処理がなされていない限り、認めてくれないことがあります。

でも、そういう預金を作っている親は多く、金額さえ目立たなければ、そうそう税務署が調べに来ると言うこともないでしょう。しかし、まとまった金額だと、資料せんが出てくることもあります。そうなると、証拠力によりますから、一か八かと言うことになるでしょう。

毎年、少額の贈与を繰り返すのを「連年贈与」と呼んでいます。
毎年一定額の贈与を行う連年贈与には計画性があるということで、毎年の金額を合算した額として課税されるおそれがあります。つまり贈与額を分割しただけに過ぎないと解釈されるのです。 そこで、連年贈与とみなされないようにする工夫が必要になってくるのです。

税金は実質課税ですから、実態が本当に子供や孫に渡っていれば税金がかかることはないはずです。それを客観的に証明するためのポイントは、以下のとおりです。
(1) 子供、孫名義の口...続きを読む

Q親への土地贈与の場合の贈与税でお聞きします。

親への土地贈与の場合の贈与税でお聞きします。

この度両親が実家の土地を売却してマンションへ引っ越すことになりました。
この土地ですが、親名義が80%、兄名義10%、私名義10%になっています。
土地を売った場合、そのまま兄と私は両親へ贈与することになるのですが、
売ってから贈与すると税金が高くなるのでしょうか。
もしかして所得税を払ってからさらに贈与税とか?

土地の名義変更をしてから売却した方が節税できますか?
名義変更の時に贈与税がかかると思いますが、固定資産の計算でかかることになるのでしょうか。
変更時に手数料もかかりますよね。

初めてのことで私も両親もわからないことだらけです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>両親へ贈与することになるのですが…

両親へって、税法に「夫婦は一心同体」などという言葉はありませんから、父と母は別々に考えないとだめですよ。
父と母それぞれ 1人ずつについて、もらった額が 110万円を越えれば贈与税の申告と納付が必要になります。
あげるほうは何人いようが、関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

>売ってから贈与すると税金が高くなるのでしょうか…

売ってからなら、現金の額が贈与税の対象。
土地のまま売るなら、土地の「路線価」(または固定資産税評価額) が贈与税の対象。
一般に、売買価格は路線価や固定資産税評価額よりは高いのが常ですから、売ってから贈与すると税金が高くなるとは言えます。

>名義変更の時に贈与税がかかると思いますが、固定資産の計算でかかることになるの…

基本は「路線価」。
路線価の定められていないところでは「固定資産税評価額」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

>もしかして所得税を払ってからさらに贈与税とか…

あなたと兄が最初にその土地を手にしたときの値段より近く売れれば、基本的に所得税は発生します。
バブル崩壊などで買値より安くしか売れなければ、所得税の心配はありません。

高く売れたとしても、所有期間やその他の条件の下にいくつかの控除がありますから、直ちに所得税がかかるわけでもありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1440.htm

>変更時に手数料もかかりますよね…

もちろん登記変更には費用がかかります。
その費用と税金とを合わせて考えないといけませんね。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>両親へ贈与することになるのですが…

両親へって、税法に「夫婦は一心同体」などという言葉はありませんから、父と母は別々に考えないとだめですよ。
父と母それぞれ 1人ずつについて、もらった額が 110万円を越えれば贈与税の申告と納付が必要になります。
あげるほうは何人いようが、関係ありません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

>売ってから贈与すると税金が高くなるのでしょうか…

売ってからなら、現金の額が贈与税の対象。
土地のまま売るなら、土地の「路線価」(または固...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報