あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

少年野球に限ったことではありませんが・・・

息子の友達が、「僕が外野なのは、肩が強いしよくボールを取るからだ」と言っていました。
うちの息子はセカンドです。
セカンドはどういう子が選ばれるのでしょうか?

野球に詳しくないので教えてください。
ちなみにうちの子は運動音痴で、野球はうまいほうではないので、なぜかが気になっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

少年野球のコーチをしています。



少年野球の特に低学年の場合は、まず試合になりません。
昔と違い、子供たちは草野球をしていないので、基本的なルールを知らないからです。ですから、コーチが「走れー」「投げろー」「戻れー」を叫び続けています。

ポジションも適当です。コロコロ変えます。いろいろやらせた方がいいからです。
ただし、ANo.6の方が言われるように、ピッチャー、キャッチャー、ファーストは「投げれる」「捕れる」上手い子を選びます。打球もピッチャーゴロが圧倒的に多いので、ピッチャーがヘタだとアウトになりません。次に、サード、ショートは右バッターが多い関係で打球がよく行くので「投げれる」子を選びます。

外野を守らせる子には、「お前は肩が強いし(足が速いし)よくボールを取るからだ。」と言うことはあります。実際、そうでなくても、そう言います。

そういう意味で、セカンドは残り物的なポジションではあります。
ただ、内野は外野に比べて緊張感がありますから、上手くなるのは早いかもしれませんよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

セカンドは残り物的なポジションではあります・・・
ちょっとショックですが事実かもしれません。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/13 22:26

少年野球でコーチをしています。


少年野球に限っての、ベーシックな考え方を書かせていただきます。(我がチームに限ったことかもしれませんが)

小学生の場合、低学年から中学年にかけては、まずバッテリー、次に一塁手を固め、その後はセンターライン(バッテリー他ショート・セカンド・センター)を固めていくという守備位置になってきます。
これは、低学年の場合まず試合になるようにしなければならない、という命題があるからです。チビちゃんたちの試合で『試合になる』ようにするのは、本当に骨の折れることなんです。
バッテリーはしっかりしていないとアウトが取れませんし、ファーストはちゃんと来たボールを取れる子でないと務まりません。その後は、あまり外野に打球が飛ぶことがないので、内野のピッチャー周辺に『ボールが取れる子』を置いていくという配置です。
これが5年生以上の高学年になってくると、かなり考え方も違ってきます。
外野は抜かれればホームランになってしまうことも多いので、外野にある程度のメンバーを敢えておくこともあります。
6年生の試合ってご覧になったことありますか?
タッチアップ・スクイズなどのプレーは言うに及ばず、ピックオフプレーやサインプレーなど、大人顔負けの試合内容になります。投手も内外角投げ分けていったり、スピードに変化をつけたり(変化球ではありません)、レベルの高い大会になっていくほど高度で驚く野球をやっています。
私も最初に参加したときは驚きました。(たかが小学校の野球、打って投げるくらいが関の山と思っておりましたので・・・)
このレベルになると、セカンドの重要性はどんどん増していきます。いわゆる『頭のいい』『状況判断の出来る』子がセカンドのポジションに着くと考えていいでしょう。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

専門的なご意見ありがとうございました。
4月から4年生です。
6年生にはみんなについていけるようになっててほしいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/12 22:54

 9人しかいないチームを前提にすると、セカンドは一番責任の軽いポジションです。

レクレーションのソフトボールで女の子に守ってもらうのは普通セカンドになります。理由は、通常右バッターが多いのでセカンド方向へ飛んでくることが少なく守備機会自体他のところに比べて少ない。また内野なので後ろへそらしても、外野手がカバーしてくれます。ライトでエラーされるとランナーが大勢いた場合、大量点になります。
 ただ、ハイレベルになりますとファースト以外、セカンド・ショート・サードは器用で俊敏な人しかできません。ヤンキースの松井選手も高校生のときはサードでしたが、器用さがプロレベルでなく、長島監督に、かたくなに外野を守らされて、最後までサードコンバートはしてもらえませんでした。
 まあ、セカンドは内野の連携のかなめのポジションなので、お子さんがうまくなればなるだけチームは強くなります。頑張るように励ましてあげてください。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

なるほど、です。内野の連携のかなめということで、責任も重いのですね。
頑張れるよう影ながら応援していこうと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 23:43

子供がソフトボールをしています。


ソフトボールと野球とは違うのかもしれませんが。

プロやハイレベルなチームでは肩力なども言うでしょうが、地域レベルのチームなら、やはり内野に上手な子を持ってきてますね。
セカンドは、守備カバーも多く小回りが効く子を主に使っているようですね。確かに1塁まで近いので肩の力は余り関係なさそうです。なので小学生では比較的体格の小さい子でまあまあ上手な子が多いかも。

小学生くらいの力だったら、外野よりも内野にボールがくる確率が高いのでどちらかといえば内野の方を強化するのでしょう。しかしボールを追いかける足の速さなどを持っていたら外野向きでもあると思います。

それと、子供に内野は上手な子で外野は…というと思いっきり表面に出しますから、それを避けるためにも外野を守っている子供には「肩が強いしよくボールを取るからだ。外野が逃したらホームランになってしまうからね」と言ったりします。(嘘ではないんですけど)内野の子以上に持ち上げたりしますよね…
    • good
    • 4
この回答へのお礼

体格は小さいので、当たっているのかなと思います。
本人も自信なさそうですが、与えられたポジションで力を発揮できるよう親子とも頑張っていきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 23:41

小学生のときソフトボールをしていました。


私は背が高かったのでファーストでしたが、セカンドって難しいなあ、と思ってました。
というのも、ファーストベースのカバーに入らなくてはいけないこともあるし、セカンドベースのカバーに入らなくてはいけないこともあるし、自分のところに球が飛んでこなくても、どう動くかの判断が必要だからです。そこを間違うと、とれるはずのダブルプレーがとれなかったりということがあります。
私の印象では、頭のいい子のポジションというイメージです。
実際にどういう理由かは、他のお子さんとのかねあいもいろいろあるでしょうから監督さんに聞かないとわからないと思いますが、おこさんが誇らしく思える理由を、話してあげられるといいですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
さっそく「頭がいい子が選ばれるらしいよ」といっておきました。
「そうやねん」と嬉しそうでした。
プラスに考えれるように言ってやろうと思います。

お礼日時:2007/04/10 23:38

少年野球チームに4年・2年生を入れている母親です。


長男はボールと捕るのはうまいですが、肩が弱いのでセカンドらしいです(1塁と2塁が最短距離のため)。肩が強ければショートでした。
ちなみに次男は左利きなのでファーストです。(ピッチャーとファースト・外野しかできないらしい)
主人に教わったのですが、野球って難しいですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

肩が弱いです(笑)
長い目で見ていきます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 23:36

少年野球の場合守備がうまい子が内野を守る場合が多いですよ



そこまで心配なさらなくても大丈夫と思いますよ!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。あまりにも運動音痴なもので・・・
でもあまり心配はしないようにしますね。
子供にも伝わりそうですので。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/04/10 23:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野球はセンスだ!

野球経験者なのですが野球はセンスだと思いますか?

自分も練習をかなりやったけどやっと人並みって感じです。

野球のうまい人ってセンスあるんだなーとか思ってしまうのですが
それって練習量の差なんでしょうか?

練習量の差をセンスの差と思ってしまっているのでしょうか?

私は練習の差が実力の差だと思いたい人間です。(センスと練習の差もあるんだろうけれども)

Aベストアンサー

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
と思います。(上位20%、の意味は選手が100人いて、守備・打撃を考慮して20人
選抜される中に入る、という程の意味です)

 しかし、「人並み」の意味が中学での話しか、高校でのことかで、全然変わってしま
います。中学で野球をやった子の内、自信のある子が高校で野球部に入るのが一般
的だからです。そもそも中学で野球部に入る子は小学生のころの草野球でそこそこで
きる子が多いです。(サッカー熱が高い地域では違うかもしれません)大学選手権で
上位を狙うような大学では、その中で補欠に入れればすごいことですね。

 ボール感、リズム感などの神経系統の能力は小学校4,5年生が一番伸びる時期だ
と言われています。上位1%になりたいならば、この時期に成長期の発達や障害を意
識した良い指導者の下で、良質(バランス、ハンドアイコディネーション:眼と手の協調
など)で適量のトレーニングをこなしたいですね。

 プロ・セミプロでなかったら、成人後でもバランスボードやハンドアイコディネー
ション等の科学的なトレーニングはすごいレベルアップになると思います。

 私は40代後半の男性です。少年野球の監督の体験や我が子たちの中学・高校での
運動部活の経験から得た、私なりの結論です。参考にしていただければと思います。

 ボール競技はセンスが必要だと思っています。中でも野球の高速(140Km/h!)
に飛んでくる小さい球に細い棒を当てて90度の中に打ち返す、打撃に特に必要です。

 上位20%程度までは誰でもたゆまぬ努力で達成できると思いますが、上位1%や
プロ選手になるのは努力+資質(ボールセンスと良い体格・負けん気の強さ)が必要
...続きを読む

Q軟式少年野球 低学年の練習方法。

幼稚園年長から小学2年生まで計12人の子供に、野球を教えています。 子供のレベルに差があり、指導方法・練習方法に困っています。

2年生でも大人顔負けのボールを投げる子もいれば、山なりで1メートルも投げれない子もいます。

他のコーチからは基本を教えてくれと言われていますが、まだまだきちっとものごとが出来る年齢ではありません。
経験者の方、どの様な練習方法をされていますか?

Aベストアンサー

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボールもいいのですがお互いとれない投げられないですからすぐにはできません。
大人がトスしてあげます。それを取る。取ったものはもう一人の大人に投げさせます。
次から次にいわゆる順番ノックみたいにさせます。
ものすごく近いところからさせます。

このとき投げ方だの取り方だの技術的なことは一切教えなくていいです。とにかくボールにさわらせ自己流で投げさせることです。

必ず1日の練習の中でこの時間を取って下さい。

基本などまだ全く必要ありません。
ボール感覚、つまり空間認知能力に乏しいのです。
どのくらいのスピードで自分に向かって来てるのか、どこに落下するのか、どのくらいの力で投げればそこまで行くのか、などなど全くといってほど認識できないのです。

ですから取り方などまだ先の話で、まずはボールのスピードに慣れることです。一番いい練習は「壁当て」です。
自分のボールが跳ね返ってくるわけですから、投げるキャッチするという機会は通常のキャッチボールの倍になります。空間認知、投げたり取ったりにはこれが一番!倍の速さで上手になっていきます。

子供の癖は、5年生になってもわりと早く直ります。一日で治ることもあります。

ですから自己流で投げたり取ったりでその程度の時は全くかまいません。
なんでもいいからボールにさわっているウチにうまくなっていきます。

おそらく今大人顔負けのボールを投げるという子も
お父さんが3っつ4っつ頃からボール遊びをさせたおかげでしょう。


基本を教えるのはそれからです。
片手でも、ボールの正面でなくてもとれるようになったら
基本を教えましょう。
そのころの基本とはおそらくキャッチングは体の真正面で取る、両手で取ることぐらいだとおもいます。


投げる方は難しいですが、上体を前につっこませない
ことなんですが、これをわからせるのは6年生になっても難しいです。

年少にもわかる基本とすれば、(右投げの場合)左手を目標に向けて出してからなげろ、程度です。

投げ方は、また質問して下さい。細かい技術はそのときにします。(一時代を築いた(エースとなったときもある)巨人軍の某ピッチャーの受け売りですが・・・)

それから、なにが大事かって、コーチ、監督が必ず手本を示すことです。いついかなる時でもいい加減な投げ方や取り方をしないことです。
キャッチボールの相手になってあげたとき近いからといって手首だけでぴょんと投げたり片手でチョイと取ったりしないこと、基本に忠実に取ったり投げたりしないと
子供は見て覚えることもたくさんありますので
まね、というより自然と同じことをしようとします。

どこのチームでも大人が基本に忠実ではありません。
やればできるのに子供相手だからとチョチョイとやってしまいます。これが一番上達を遅らせます。

もう一つ、うまくいったときには徹底的にほめましょう。
ミスしたときはけなしたりしかったりするのは絶対にやめて下さい。野球はおもしろい!と思わせるのが上達への近道です。

少年野球はお父さん連中のコーチの資質で左右されます。
お父さん方も本で勉強したり、高度な野球(高校野球や大学野球を見に行ったりしてください。(試合ばかりでなく練習も見にいってくださいね。早慶戦など10時から開門でそれぞれのチームが練習しますからそれをみにいってください。)
コーチが何人いるかわかりませんが、教えることを統一して下さい。あのコーチはこういった、このコーチはこうしろという、ではいけません。お父さん同士のミーティングで技術などについては十分統一を図ってください。

さらに注文ですが、筋トレとランニングなんぞ必要ないです。その時間があったらボールにさわらせてあげて下さ。
ランニングは体ほぐす時だけで十分です。

ボールをとれない子も、上記を実行してもらえれば2mしか投げられない子も来年の今頃は野球の形で試合ができるくらいにまでなります。

少年野球はついつい守備(取って投げる)練習に偏りがちです。実は野球は点を取るゲームです。打てなければ勝てません。3/5は打つ方の練習をして下さい。

打つ練習をしているチームはメチャ強いです。
今はまだ2年生が一番上のようですので素振りとティーバッティングくらいでいいと思います。時間も2/5でいいと思います。




上手な子供は分けて集めて練習させればいいです。

それから、全員をピッチャーの練習、サードの練習、外野の練習も忘れずに。特にピッチャーの練習をやることで
投げる基本がしっかりします。
セカンドしかやらない子はいつも横からチョイとファーストに投げる癖がついてしまいます。
大きなフォームから投げられるよう全員ピッチャーをさせて下さい。

少年野球監督歴20年の、大人には口やかましいジャイキチでした。

年齢が若いほどその差は大きいです。
しかし、長期間やっていくと(4・5年生にもなると)その差はぐーんと縮まってきます。
2年の時やたらに上手だった子を3mからトスしてもとれなかったこが追い抜いて5年ではレギュラーを取った子供が私の経験で何人もいました。まず安心して下さい。

では練習方法です。
全くの初心者あるいはボール感覚がわからない、投げられないという子はその子達だけ集めて、まずとにかくボールにさわらせる機会、投げる機会を徹底的に与えることです。もちろんキャッチボール...続きを読む

Qポジションの向き不向き

野球のポジションによって、向いてる性格と向いてない性格がありますか?
特に外野手に向いている性格というのがあれば教えてください。

Aベストアンサー

性格の関係はおおありです!外野手には意外と思うかも知れませんが、集中力がめちゃめちゃ必要です。その理由をお答えしましょう。それは外野手の一歩目のスタートに理由があります。外野手は一歩目のスタートを視覚で判断してはいません。では何で判断してるのか?それは聴覚です!じつは視覚では直線に飛んでくる打球を瞬時に判断するのは不可能なんです。でもなんで聴覚?とお思いになると思います。でも考えてみてください。バットをコンコンと叩いたとき、芯だけ音が違いますよね!さらに。ボールが飛ぶ=伸びるのは芯にあたったときですよね!もうおわかりでしょうか?ボールがバットのどこに当たったかを聴覚で判断する事で瞬時に一歩目が踏み出せるというわけなんです。野球の球場を思い出してください。結構声援とかうるさくないですか?だからこそ集中力が必要なんです。周りの声援の中から、日ごろ練習してるときに聞いた音を探り出し、瞬時に反応する。かなり難易度たかいんですって!!しいて言えば、集中力を持続する精神力も必要でしょう。というより野球人には必要不可欠ですが。。。横浜ベイスターズの田中一徳はPL出身ですが、伝説の横浜vsPL戦、延長の最終回に2点勝ち越されるまで観客が満員だったことにきづかなかったって言ってました。そんぐらいやばいんですよ。とりあえず、すばらしい外野手になりたかったら集中力ですね!集中力がついたら次は打球感を身につけましょう!がんばってくださいね♪

性格の関係はおおありです!外野手には意外と思うかも知れませんが、集中力がめちゃめちゃ必要です。その理由をお答えしましょう。それは外野手の一歩目のスタートに理由があります。外野手は一歩目のスタートを視覚で判断してはいません。では何で判断してるのか?それは聴覚です!じつは視覚では直線に飛んでくる打球を瞬時に判断するのは不可能なんです。でもなんで聴覚?とお思いになると思います。でも考えてみてください。バットをコンコンと叩いたとき、芯だけ音が違いますよね!さらに。ボールが飛ぶ=伸...続きを読む

Q母としての私は最低なのかな・・・。

私には中2♂小5♂4歳♀の子供が3人います。
今日は次男小5の事で皆さんの意見が聞きたく、書かせて頂きます・。

次男は小1の時から少年野球をしていますがその事で私は今悩んでいます。

私は夜勤もある仕事をしている事でシフトによりけりですが、たいがい土曜日か日曜日が夜勤明けという事が多く、野球に関しては非協力的な親です・・。小学校のグラウンドが使えない事もあり親が送迎*車だしは当たり前なんですが・・。

夜勤終了後→自宅駐車場にて子供と待ち合わせ→グラウンド→自宅に帰る・・という事もしばしばで練習をみてあげてほしい・・等いろいろ他のお母さんから引き止められた事もありました。
試合やお茶当番は出きるだけ行くのですが普段はほとんど行くことがないのです・・。
小さな娘もいるし、いくら主人が休みでも主人にゆっくりしてほしいとも思います。
他のお父さんだって頑張ってでてきてるのよ!!と言われるとそれは本当に感謝ですし頭の下がる思いです。

私は子供の為に時間を作れないなんて最低だね!!なんて言われるたびに自己嫌悪に陥り、野球辞めないかなぁ・・って思ってしまいます。

自分でも協力してあげたい気持ちとせっかく日曜が休みだったり夜勤明けだったりすると『ゆっくりしたり家の事したり自分の時間がほしい』と思ってしまいます。
やっぱり最低ですよね↓母親が働いていても土曜日*日曜日*祝日はどのお母さんも子供に時間を費やしている人が多いと思うので・・。

私はべったり子供とできず・・どうしても働いてる事を理由にして逃げてしまうんです・・。

どんな意見でもいいのでカツ入れてください・・。

私には中2♂小5♂4歳♀の子供が3人います。
今日は次男小5の事で皆さんの意見が聞きたく、書かせて頂きます・。

次男は小1の時から少年野球をしていますがその事で私は今悩んでいます。

私は夜勤もある仕事をしている事でシフトによりけりですが、たいがい土曜日か日曜日が夜勤明けという事が多く、野球に関しては非協力的な親です・・。小学校のグラウンドが使えない事もあり親が送迎*車だしは当たり前なんですが・・。

夜勤終了後→自宅駐車場にて子供と待ち合わせ→グラウンド→自宅に帰る・・とい...続きを読む

Aベストアンサー

最低ではありません!
私は働いてなくてブラブラしている専業主婦ですが、息子が4年生の時に入った少年野球のシステムに辟易としていました。お茶当番の親は練習前から練習後までベンチにいて麦茶がなくなれば補給し夏はポカリを用意して監督・コーチ・ボランティアで参加のお父さんにはコーヒーまで用意しなくてはならず下僕のように動きまわっていました。当番じゃない日も出来るだけ応援に来るように言われ続けものすごくストレスになっていたところに、チーム内で苛めが発覚し息子は関与していませんでしたが嫌気がさしたんだと思いますが自分から辞めると言い出しました。正直言って小躍りしたいくらい嬉しかったです。
今、そのチームは苛めで転校生まで出してしまい存続の危機に陥っています。(まるで相撲部屋のかわいがりみたいなことをやったみたいです)在籍していたころ散々親達の間で嫌な事を言われたり強要されていたので今はおとなげないですがザマーミロと思っています。
私の息子のチームは特別ですが、少年野球チームというのはどこも同じ気質があると思います。
お子さんが野球を続けるなら最低限の義務だけ果たしてればいいんじゃないですか?

最低ではありません!
私は働いてなくてブラブラしている専業主婦ですが、息子が4年生の時に入った少年野球のシステムに辟易としていました。お茶当番の親は練習前から練習後までベンチにいて麦茶がなくなれば補給し夏はポカリを用意して監督・コーチ・ボランティアで参加のお父さんにはコーヒーまで用意しなくてはならず下僕のように動きまわっていました。当番じゃない日も出来るだけ応援に来るように言われ続けものすごくストレスになっていたところに、チーム内で苛めが発覚し息子は関与していませんでした...続きを読む

Qピッチャーをやらせる基準 少年野球で

愚問ですが、教えてください。
コーチや監督から見て、ピッチャーをやらせようと思う基準にはどういうものがありますか?
左利き、でかい、精神面で強い、くらいしか、判りません。
中には、細い、背の低いピッチャーもいます。
何か素人にはわからない、目の付け所があるのですか?

Aベストアンサー

まず、早い球が投げられるかどうか、ですね。
コントロールは後でどうにでも出来ます。
左右投げも関係ありません。
精神面なんかは試合に出し続ければ簡単に鍛えられます。
要は本人にチームのエースなんだと自覚させれば良いだけです。

プロのスカウトが言ってました。
「高校時代140kmを一回でも投げたことがあれば間違いなくスカウトは見にくる」んだそうです。

少年野球ではコントロールを重視する傾向にあります。

理由は簡単。
コントロールが無いと四死球で塁を埋められ一本のヒット、あるいは四死球の連続で点を入れられる恐れがあるからです。

早い球を投げられるかどうかはある意味天性のものもあります。

背が低くても、ケツ回りがでかい選手は下半身が安定してるのでしっかりした球が投げられるかも知れません。

背が高くて腕が長ければ振り下ろした勢いで早い球が投げられるかも知れません。

まずはこの選手、とこだわらずに、チーム内の全選手をじっくり観察する事から始めるのがセオリーかと思います。

Q少年野球(小3)チームの守備位置、レギュラー決定方法

少年野球チームの新米指導者&保護者です。
2ケ月後に初の対外練習試合を控え、初めて 守備位置、レギュラーの選定をしようとしています。
3年生ばかり15名ですが、内4名は今年度になってからの途中入部です。また、別の3名は、サッカーとの掛け持ちのため、野球の練習を月半分は欠席しています。

守備位置を決めるにあたって、まず各人の希望をヒアリングしているところです。ピッチャーが最も人気が有り、何と9名が希望しています。4名に絞り込む予定です。

私の考えは、少なくともここ最近入部してきた者は、補欠スタート(実力はあっても)。
サッカーとの掛け持ちで、練習を欠席する奴も、補欠へ。(実力はあっても)

個人個人の適正、特徴を考慮し決める というのが、教科書的な回答だとも思うのですが、誰が判断するのですか? ちなみにお父さんは全員コーチです。
父兄以外の、中立的な指導者(監督、コーチ)は不在です。

皆さんの少年野球チームは、どのように最初の守備位置、レギュラーを決めましたか?
色んな方法があり、正解はないでしょうから、あくまで参考までに教えて下さい!という感じです。

ご父兄の不満、子供の不満は、ありませんでしたか?
今回の試合は、初めての試合で、守備位置も仮決めだから と言うのが無難なやり方?

子供、親にとっても、どこを守るのか?レギュラーか補欠か?は、最大の関心事でしょうから、色々と考えて悩んでいますし、あせっています。

少年野球チームの新米指導者&保護者です。
2ケ月後に初の対外練習試合を控え、初めて 守備位置、レギュラーの選定をしようとしています。
3年生ばかり15名ですが、内4名は今年度になってからの途中入部です。また、別の3名は、サッカーとの掛け持ちのため、野球の練習を月半分は欠席しています。

守備位置を決めるにあたって、まず各人の希望をヒアリングしているところです。ピッチャーが最も人気が有り、何と9名が希望しています。4名に絞り込む予定です。

私の考えは、少なくともここ最近入...続きを読む

Aベストアンサー

 遊びのチームなんでしょうか?それともきちんと公式試合などに参加するチームなのでしょうか?
 そういう部分でもチームは違います。
 みんな仲良しでお休みに遊びの延長・・・といったチームなら、みんながやりたい守備を交代でやるとか他の方がいうようにじゃんけん。
 でも、公式戦などに本気で勝つ試合を求めるのであれば、きちんと実力や体力などをテストして適性を見るべき。小学生でもすでに運動神経はある程度判ります。センスは生まれつきですからね~。
 中立な立場の人間がいないのなら、適正範囲をきちんと決める。
例えば、極端な話ですが、遠投をさせて距離を測る。
(ピッチャーなら外野から内野へはノーバウンドで届く事が条件)
球の速さを測定する。
壁などに升目をつくりストライクゾーンに赤いテープなどで印を入れて
そこに10球中何球投げられたか?
打者を立たせての勝負。後は性格判断をする。
 その中で成績の良かった上位をピッチャーとするなどすれば、実力主義なので親も納得しませんか?
 遠投力の高い人は、外野にも回せますし。
 足が速く、動きが俊敏であれば、内野(セカンド~ショート)など。
そういう基準を設ければ、親も自分の子供の実力で判断基準がある訳ですから、納得すると思われます。
 ただ、かけもちの子や最近入部した子の扱いはちょっと大変かも。
何故野球とサッカーをかけもちしているのか???ですが、今後公式の試合をするようなチームなのでしたら、やっぱり二兎追うものは・・・って感じなので、外さざるをえないでしょうね。
 うちは、周りがみんな本気で野球をやっているので、そういう子はハナから入部させないみたいですけどねえ。
 
  

 遊びのチームなんでしょうか?それともきちんと公式試合などに参加するチームなのでしょうか?
 そういう部分でもチームは違います。
 みんな仲良しでお休みに遊びの延長・・・といったチームなら、みんながやりたい守備を交代でやるとか他の方がいうようにじゃんけん。
 でも、公式戦などに本気で勝つ試合を求めるのであれば、きちんと実力や体力などをテストして適性を見るべき。小学生でもすでに運動神経はある程度判ります。センスは生まれつきですからね~。
 中立な立場の人間がいないのなら、適...続きを読む

Qセカンドとショートの役割について

野球素人(観戦)です。汗
今更ながら甲子園を楽しみたいと思い、始まる前にといろいろマンガなどを読んでいるのですが、ほぼ主役が投手・バッテリーなのでその他のポジションの役割がいまいちよくつかめません。

そこで父に聞いたところ「ショートとセカンドは上手いやつ」といっていたのですが、そうなのですか?
だとしたらなぜ上手な人なのですか?

も、ものすごく素人丸出しな質問ですみません・・・っ!!汗

よろしければ他のポジションの役割も教えていただけたら嬉しいです。^^;

Aベストアンサー

一般的にキャッチャー、ショート、セカンド、センターの4つはセンターラインといって守備が最もしっかりしていなければなりません。ではなぜ守備が良くないといけないのか、

ショート
 打球反応が良くないといけない、どのような打球にも追いつけるような走力と広範囲の守備力が必要、深い位置で捕球してもファーストでランナーを刺せるような肩力が必要、内野ならばサード、セカンド、外野との連携がうまくないといけない、時として二塁、三塁へのベースカバーも必要

セカンド
 ショートとほぼ同じ能力が求められる。違うとすれば、一塁が近いのでショートほどの肩力は求められない、ショート、ファースト、外野との連携、一塁、二塁のベースカバーが必要

キャッチャー
 投手への指示、内・外野への守備位置の指示、打たれたときどこへ送球させるかの的確な指示、捕球ミスがあったときのためにファーストのカバー、ランナーがつっこんできたときホームベースを守れる強靭な肉体、盗塁をさせない肩力などなど(9つのポジションでは仕事量が最も多い)

センター
 どんな打球にも追いつける走力と広範囲の守備力、走者を進塁させない肩力

です。一昔前までは守備の量が多いので打撃のほうはあまり期待されませんでしたが、近年は打てる選手が必要なので、それなりの打撃力も必要となってきているので、一番うまい選手がなるべきです。アメリカのメジャーでは新しく入ってきた選手はまずショートで適正が確かめられそれから各ポジションに割り振られていきます。

余談ですが残る4つのポジションもそれなりの守備力が要求されます。

ファースト
 守備としては軽視されがちだが、どんな送球も取る捕球能力が大切である。しかしどのチームも打力が良い選手が守ることが多い。

サード
 守備範囲が狭いので走力はそこまで必要ではないが、最も深い位置で捕球することになるので、それでもランナーを刺すことができる肩力が必要。

ライト
 センターほどの走力と守備範囲は要求されないが、三塁から最も離れているので、ランナーを進塁させないためにセンター以上の肩力が必要。

レフト
 チームの強打者が守り、肩も守備も求められないが、近年では打球を捕球するための走力が求めらるようになってきている。それでも守備としての重要度は低い。

一般的にキャッチャー、ショート、セカンド、センターの4つはセンターラインといって守備が最もしっかりしていなければなりません。ではなぜ守備が良くないといけないのか、

ショート
 打球反応が良くないといけない、どのような打球にも追いつけるような走力と広範囲の守備力が必要、深い位置で捕球してもファーストでランナーを刺せるような肩力が必要、内野ならばサード、セカンド、外野との連携がうまくないといけない、時として二塁、三塁へのベースカバーも必要

セカンド
 ショートとほぼ同じ能力...続きを読む

Q少年野球の大人に不満、どうしたら?

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、野球をするにはあきらかに劣っている事が多いです。
しかし、野球をやりたい!という気持ちは強いので、私も主人のなんとかしてあげたいと、自主練の手伝いをしています。
朝は学校は行く前にランニングと反復、夕方はダッシュとバッティング
(主人が早く帰ってきた時は、部屋の中でシャトル打ちをしています。)
お風呂から出てきたら、柔軟と懸垂。
時間があるときは外で壁当てしたり、シャドーをしたりします。
努力していてもなかなか上達しないのでやきもきしたりもしますが、
それでも続ける事が大事だと言い聞かせ、その言葉に答えてくれます。

先日試合の時に、たまたま場所の関係でベンチの真後ろに立って応援をしていました。
そこでの大人の言葉、態度に驚愕しました。

息子はサードをさせていただいているのですが、ファールボールが飛ぶたびに、「遅い」「格好が悪い」
確かに反応が鈍いので言われても仕方がないのかもしれません。
しかし、アウトにした時でも「(送球の)球が遅い」「投げ方が悪い」
と褒める言葉は一つもありません。
以前ダイビングキャッチしてアウトにしたときなどは、
「あんなの飛びついてとらないと取れないのか!」
「普通に取れる球をナイスプレーに見せているだけ」と、
やはり褒めるどころか、けなしていました。
一番驚いたのは、セカンドに投げてアウトにしようとした所、
セカンドの子がボールをグラブから落としてしまい、セーフになった時
その子の親がベンチ内にいたせいか、それまでいいたい放題言っていたのに急に黙って、尚且つ息子に「もっと思いっきり投げろ」と言ったのです。
送球は悪くなかったのに!です。

それ以外にも言い出したらきりがありません。
明らかに大人の集団いじめにあっているとしか思えません。
退団した1学年上のお父さんが飲み会の時に主人に、
「OO君(息子)はまじめだから、大人のねたみとかで色々言われて
かわいそうだな」と言ったそうです。
その時、親だからそう感じていたわけじゃないんだ。
周りにも同じように感じてくれる人がいるんだ。
と、すこしだけ気持ちが軽くなりました。

今まで、あえて文句も言わず色々団の為に尽くす事で息子を守ろうと
してきましたが、もう限界です。
私や主人はこれからどのように接したらよいのでしょうか?
いいアドバイスがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

子供が地区の野球少年団に入団しているのですが、監督もコーチも5・6年生の親が毎年変わりながらするのが伝統になっているチームです。
(その他全てにおいて親がかかわっています)
だから、教えてくださる監督やコーチには感謝しています。
主人もコーチこそはしていないものの、仕事がない限り毎回出席してバッティングピッチャーをしたり、審判をしたり、時にはグランドの芝刈りをしたり・・・と、できる範囲内でお手伝いをしています。
 
息子は体も小さく、足も遅く、肩も弱く、反応も鈍く・・と、...続きを読む

Aベストアンサー

先ず、子どもさんが野球が好きなことが何よりです。
子どもさんと話し合ってみましょう。それから監督、コーチにはっきり言われると良いでしょう。
監督、コーチの中には子どもたちの為でなく、チームは自分のものと考える人も居ますから。
私の子どもが小学時代野球をやっていて、質問者さんとほぼ同じ経験をしました。その時監督、コーチに私の意見を話しました。
以来がらりと態度が変わりました。
良い方向に行けますように。

Q子供の頃下手だったプロ野球選手

子供の頃野球が下手だったけれど、何かがきっかけで急に上手くなり、プロ野球選手として活躍している選手をご存じの方、その選手の名前、下手だったときのエピソード、上手くなったきっかけについて教えていただけませんか。現役でなくても構いません。

私は12年間野球をしていましたが、野球が上手くなるには生まれ持った才能が大事なのだと思い知りました。
プロ野球選手の少年野球時代のエピソードを聞いていても、たいていは運動神経が良かったようで、9番ライト、フライもゴロも捕れずバットにボールが当たらなかった。という話は聞いたことがありません。

しかし、何年か前、プロ野球選手の中には、少年野球時代下手だった選手もいるらしいという話を聞きました。本当ならとても面白いですし、私の野球感が大きく変わる話です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

趣旨とはちょっと違うかもしれませんが・・・・・・
高校時代1本もホームランを打っていない選手が、
プロに入ってから強打者として活躍した例があります。

1.門田博光(南海~オリックス~ダイエー)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%96%80%E7%94%B0%E5%8D%9A%E5%85%89
http://dic.nicovideo.jp/a/%E9%96%80%E7%94%B0%E5%8D%9A%E5%85%89

2.小笠原道大(日ハム~巨人)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E7%AC%A0%E5%8E%9F%E9%81%93%E5%A4%A7

Q少年野球の息子を持つ親 親子とも心が弱いのかな

以前にもこちらで質問をさせて頂き回答を頂いた者です

●前回の質問
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5287245.html

みなさんにアドバイスいただき現状を静観していたのですが
やっぱり“これがスポーツやる者の発言なの?”と思う事が多すぎてへこんでます。

毎回練習や試合の後に“今日はどうだった~?”と聞くのですが最近息子から出てくる言葉は“はぁ~。。。”とため息から始まります。

前回、監督の息子(うちの息子よりも年下)が・・・と書きましたが、今秋からその子達の学年とうちの息子の学年が合同チームになったのです。
監督息子だけでなく他の下級生にまでイヤミを言われるようになったというのです。
恐らく監督息子のうちの息子に対しての発言や態度を真似て“こいつには偉そうにしていいんだ”という空気になっているものかと思います。

息子が誘発しているのか・・・とも考えられるかもしれませんが、私も練習・試合は頻繁に顔出しして見ていますが、今までどおりの息子で特に原因を作っているとも思えません。
下級生が合流するまでチーム内でこのような事があった事はありません。

言われている事は
デッドボールだった時、【デッドボールでよかったな。お前打てないもんな】
合同チームになり、監督が下級生に背番号を配っていた。その際監督が“おい△△(息子)、お前○○番(最下番号)にするか?”と言ったそうです。(私としてはこの様な発言もどうかと思う)息子は“イヤです”とはっきり言いましたがその後解散した際、息子と監督息子が横に並んだ際に“お前ベンチやから○○番でいいやんか”と笑って言ったそうです。

上記のような事がまだまだあります。

息子も精神的にしんどくなってきています。
でも自分のチームメイト(下級生合流前)が好きだからこのチームは辞めたくないし野球も続けたい。でも監督に相談する勇気もない・・・。
と言っています。

親としては“イヤミを言う奴は放っておけ!自分は自分のペースで頑張ればいい!○○(息子)が頑張ってるのはよ~く知ってるよ!”と言っています。


私自身このようなスポーツ経験が無いに等しい人間なので、このような事は当たり前なのか?と悩んでいます。
息子は将来プロ野球選手になりたい!と言っています。現在は補欠です。ですが私はスポーツは楽しんでする事に意義があると思っています。それが将来芽を出したらそれはそれで良い結果だと思います。

合同チームになった今、気持ちがしんどいと言っています。
陰から私が監督に相談などする事(息子にはわからない所で)はタブーでしょうか?親ばかでしょうか?

それともやはり“耐えろ!”と言う方がいいのでしょうか。

色んなアドバイスを頂けると嬉しいです。

以前にもこちらで質問をさせて頂き回答を頂いた者です

●前回の質問
 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5287245.html

みなさんにアドバイスいただき現状を静観していたのですが
やっぱり“これがスポーツやる者の発言なの?”と思う事が多すぎてへこんでます。

毎回練習や試合の後に“今日はどうだった~?”と聞くのですが最近息子から出てくる言葉は“はぁ~。。。”とため息から始まります。

前回、監督の息子(うちの息子よりも年下)が・・・と書きましたが、今秋からその子達の学年とうちの息子の学年が...続きを読む

Aベストアンサー

息子さん良い経験をされていますね。是非このまま続けて行っていただきたいと思います。

野球でも人間関係でも、辛い思いをすればするほど、お子さんの血となり肉となります。
「若い時の苦労は買ってでもしろ!」との言葉もあります。
息子さんがつらい気持ちも重々承知していますが、人間から辛さを取れば、何の成長もありませんよ。

お父さんは下手に動かない方が良いでしょう。
監督と息子の関係からすれば、お父さんが動いた事が監督の息子に筒抜けになり、更に状況を悪化する可能性が大です。
また、お子さんに「我慢しろ!」とは言わない方が良いですね。
5年生との事ですので、親があれこれと指示をするよりも、そろそろ自分で色々と考えさせてみてください。
そして息子さんの考えを聞いて、耐えていたり工夫したりしているところを見出して、褒めてあげましょう。
親が主体の状態から少しずつお子さん主体の状態に移行して行けば、親に言われてしているのではなくて、「自分の意志でしているんだ!」との気持ち的に大きなバックボーンが形成されます。
いわゆる自主性です。

我が子が辛い目に合っている姿を目にすれば、心が揺らぐ事は良く判りますが、常に手を差し伸べていては何時までたっても自立できません。

中学生になれば記載されているような人間関係は日常茶判事です。
今からそれに備えて練習していると思いましょう。

強い子になって欲しいでしょ?
それなら親は奥歯を噛みしめて、黙って後方支援に徹する事です。
「あーしろ、こーしろ!」ではなくて、出来た事を褒めてあげてください。
大切な事は、お子さんの倍は必要になる親の忍耐です。

息子さん良い経験をされていますね。是非このまま続けて行っていただきたいと思います。

野球でも人間関係でも、辛い思いをすればするほど、お子さんの血となり肉となります。
「若い時の苦労は買ってでもしろ!」との言葉もあります。
息子さんがつらい気持ちも重々承知していますが、人間から辛さを取れば、何の成長もありませんよ。

お父さんは下手に動かない方が良いでしょう。
監督と息子の関係からすれば、お父さんが動いた事が監督の息子に筒抜けになり、更に状況を悪化する可能性が大です。
ま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング