プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

固定資産取得の際の仮設工事の仕訳はどうしたらよいのでしょうか?

A 回答 (2件)

単純に仮設工事を費用計上するのはまずいです。



仮設工事は通常共通費となりますので、工事の内容によって按分することになります。
例えばですが明細として

仮設工事 1,000,000
建物   1,000,000
修繕   1,000,000
合計   3,000,000

という工事であって、仮設工事が建物・修繕に共通する仮設工事であれば、按分して500,000は建物取得価額に、500,000は修繕費に計上すべきです。

これは他の共通経費についても言えます。
    • good
    • 0

金額が不明ですが、


雑費で良いと思います。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング