今、高校2年の女子です。
この前、高校でオームの法則の実験をやったのですが、理論値と実験値の値に誤差が生じました。
なぜ、誤差が起きるのかを詳しく教えてください。
(先生に聞いたらメータの内部抵抗が関係しているということを言われました。このことについても詳しく教えてください。)
あと、詳しく書いてあるサイトがあったら教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

電流計部分を直結(実務でも短絡スイッチでバイパスする事も多い)、電圧計は取り外す(実務でもスイッチで切り離す事も多い)等、影響の差を調べると効果的です。


計器も複数用意し計器接続前後の値等も調べてみてください。
    • good
    • 3

まず全ての現象で、測定値と理論値が完全に一致する事はありえません。

その実験でどの程度の誤差が出たかわかりませんが、ある程度傾向を捕らえて数%以内の誤差であれば普通だと思います。

内部抵抗の件は、例えば回路に抵抗が1個あり、電圧計を並列繋ぎして電圧を求める場合を考えてください。電圧計内部の回路にも当然電気抵抗があり、その場合既存の抵抗と並列してもう1個抵抗があることになります。また、素子を結ぶワイヤー自体も抵抗を持ちますが、普通それは無視されます。

#1の方が回答されていますが、理論値というのは全ての寸法が理想的であり、計算に不便な部分を無視して得られた値です。従って、完全に理論値と現実が合うことは、測定誤差0でもありえません。
    • good
    • 1

全ての部品の電圧値、電流値、抵抗値が正確でない為、初期段階で誤差が発生する、計測の際に電流計、電圧計も抵抗を持つので、ここでも誤差

が加わる、測定誤差が加わるので理論値と実験地に誤差が生じるのは当然となります
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の偏差値を上げるには

こんにちは。高1女子です。
私の学校では、1年から河合模試を受けます。
国語は得意なので、第1回目の偏差値は73、2回目は76、と、それなりに良い成績を取れています。
しかし、英語は55程度しかありません。英語のせいで、国英の偏差値がとても低くなっていて悔しいです。
文系志望なので、英語の偏差値を上げたいです。
どうしたら英語の偏差値を上げることができるのでしょうか?
普段からの勉強法や、模試の対策など、教えていただけると嬉しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ズバリ答えます。

単語を覚えるよりも長文問題や文法を徹底的にこなす事が得策だと思います。あとは国立か私立志願かわかりませんが、英文解釈と英語構文を徹底的にする事がお勧めです。

単語を覚えたとしても無数にあるので、大学の受験問題を作るサイドで言えば

それよりも文法と構文が大切なんです!!英語の勉強で言えば骨格にあたるものなんです!骨格を太くすることで次は語法や語彙等を徹底的に覚える。これが英語の近道です。骨を太くする事が英語です。国語の場合は古典は暗記で済みますが、英語は暗記が出来ないのです!!

覚えた単語が試験に出る確率は低いのです。逆に文法問題や英文解釈問題、英作文問題が出やすいのです。

対策ですが、早い段階で予備校(できれば河合塾か駿台)、通信教育で言えばZ会、進研ゼミをするのがお勧め。英語で言えばZ会・河合出版・駿台文庫で文法問題や長文問題の本をじっくり解く事をお勧めします!!!

あと模試の偏差値もそうですが、どこが間違えたのかをじっくり見てくださいね。

Q電気回路 オームの法則 誤差

R=E/Iで計算した値の測定誤差を小さくするにはRに対してRa,Rvを
どのような関係にすればよいかという問題で
内部抵抗Raの電流計と内部抵抗Rvの電圧計と抵抗Rの抵抗器で

図1は電流計、抵抗器の直列と電圧計の並列で
R=E/I-Raで求められるから誤差を小さくするにはR>>Raにすれば
R≒E/IとなるのでR>>Raにする

図2は電流計と電圧計、抵抗の並列の直列で
R=E/I-(E/Rv)でもとめられるからR<<Rvとすれば
R≒E/IとなるのでR<<Rvにする

としましたがあっていますか?

あと誤差1%以内にするとき
図1はR>Ra/100

図2は0.99<{E/(I-E/Rv)}/R<1.01としてから
求めようと思ったんですがよくわかりません
教えてください

Aベストアンサー

「誤差1%以内にするとき
図1はR≧Ra/100」 → R≧ Ra×100
図2ではE/I=(R×Rv)/(R+ Rv)から測定抵抗値の誤差はE/I-R=-R×R/(R+ Rv)
従って誤差1%以内→R/(R+ Rv)≦0.01→99R≦Rv
それから「図2は電流計と電圧計、抵抗の並列の直列でR=E/I-(E/Rv)でもとめられるから・・」は記述誤りのような、正しくは、「R=E/(I-E/Rv)」

Q「白黒二値」、英語は?

画像を白黒二値化しました。英語で説明をしなければならないのですが、画像の「白黒二値」、「白黒二値化」などの英語の表現法をお教えください。名詞形、動詞形などお教え頂けましたら助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あっているのかどうかわからんが。
http://en.wikipedia.org/wiki/Grayscale
経由で以下の情報にたどり着いた。
http://en.wikipedia.org/wiki/Binary_image

Qオームの法則の実験で。。。

抵抗値を求める実験で電流を大きくすると、その実験値とオームの法則の値とがずれていくのはなぜですか???

Aベストアンサー

どのような構成で実験して、どちらの方向にずれたかが
わからないと答えにくいのですが…

一つの可能性として、抵抗体の発熱があります。
通常、温度が上がると、抵抗値が変化します。
強電流をかけると抵抗体自身から発熱し、値が変わってきます。

たとえば、私の手元に36Wの白熱電球があります。
100V、36Wから計算してみると抵抗値は280Ω程度になりますが、
弱電流で測ってみると25Ω程度にしかなりません。
電流が通り、発熱してから、280Ωになるのです。

カーボン抵抗(一般によく使われている抵抗)だと、
1℃あたり数百ppm(百万分の一)の抵抗変化が起こり得ます。
300ppm/℃だとすると、30℃違えば1%程度違ってきます。

Q英語で偏差値80を目指すには・・・

現在高2です。英語の偏差値(進研模試)で70前後なのですが、偏差値80あたりをとるにはどのような勉強をすればよいのでしょうか。国立の二次試験(後期)は英語だけなので、いまの偏差値だとぎりぎりです。

Aベストアンサー

偏差値70-80レベルになると大部分の問題は答えられるレベルであとほんの少しわからないものがある状態だと思います。

したがって,自分の苦手な問題は何か良く解析してその部分を徹底的に勉強するしかないと思います。

Qオームの法則 誤差発生

電圧を電流で割って計算したオームとグラフの比例定数Kの逆数(1÷K)で誤差が発生しました。5Ω以上
この誤差の原因にはどのようなことがあるのでしょうか?
ご回答お願いします。

Aベストアンサー

電流計と電池の内部抵抗は直列つなぎなので、どちらも、単純な抵抗体であると近似すれば、比例関係は崩れません。
ただし、電流計のレンジを変えると、大概、高いレンジにするほど内部抵抗が低くなります。
しかしながら、いずれにしても、抵抗体の両側に電圧計を入れれば、基本的に、関係ありません。

つまり、
単純考えでは、残る要因は、ただ一つ、
電圧計です。


電圧計は、並列つなぎなので、内部抵抗が小さいほど、分かれ道において、電圧計の内部のほうに多く電流が流れてしまい、実際に抵抗体に流れる電流が、電流計に示される電流値よりも少なくなってしまいます。

そこで、
電圧計に直列で、新たに、2つ目の電流計(電流計Bと呼ぶことにします)を仕掛ける手があります。

(先程の電流計は、電流計Aと呼ぶことにします)

そうすれば、

電流計Aの電流値 - 電流計Bの電流値 = 真に近い電流値

とすることが出来ます。

電池の+

├───抵抗体─────┬─ 電流計A ─ 電池の-
└─電圧計──電流計B─┘

Q極大値・極小値 を英語で

解答でよく、
最大値をMax、最小値をMinと書くことがありますが、
極値も極大値Max、極小値Minと書いてもよいのでしょうか?

英語では同じですが
これがよいのだとすると
極値も最大値・最小値も求める問題のときに混乱してしまう気がします。

わかりやすく納得できる説明が欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が採点するときに極大・極小のところを《Max・Min》を使ってたら、【ホントに理解してますか?】とコメントを入れます。
そして【人に見せる解答に略語を使うのは避けたほうがいいです。】とも書きます。
(特にこの場合、【Max,Min】は最大値・最小値に対して使うことが多いのです。)

私は《減点したくなる》のですが、実際減点するのは数学的ではないと思うので、もちろん解が当たってれば正解にします。
(かなり矛盾があるかもしれませんが)数学的に理解していればどう書こうが普通は許してくれると思います。
ただ、解答を書くときには、見せる対象の人が納得できるような形にすべきだと考えます。
だから略語を使うのは避けるべきなのです。

(ただ私が言った【Max ×】は当然意味はわかりますが、数学的に許されない行為だと思うのです。)

Q熱電対の特性の理論値と実験値について

クロメル-アルメル熱電対の温度を変化させ、それに対する熱起電力を測定しました。そのとき熱電対の基準接点温度を0[℃]にしようしましたが、結局そうならず約2[℃]あたりで測定しました。そして、各温度で測定した熱起電力と、基準接点温度のずれを補正したクロメル-アルメル熱電対の熱起電力:IEC規格(理論値)に差が生じました。読み取り誤差とは考えられないほど大きかったので(約-1.0[mV])、何らかの原因があると思うのですがよく分かりませんでした。どのような原因でそのようにずれたのか、どなたか教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

1mVと言うと、ほぼ室温(25℃前後)
温度補償の方法に誤りがあったと思われます。
再度実験方法を確認してください。


度---クロメル--・---銅線---電圧計(+)
測---アルメル--・---銅線---電圧計(-)

(・は0度補償のポイント)

まさかとは思いますが、上のように接続せず、銅の部分を補償導線で接続していませんか?

Q偏差値40英語・・・

私は本当に英語が出来ません。
というか、勉強の仕方がわかりません。

楽な方法じゃなくて良いので、英語が出来るようになる方法を教えて下さい。出来れば偏差値60の大学でトップのレベルになりたいです。

今は単語の覚え方も分からない、文法も分からない、短い文も読めないので長文なんて読めないってかんじです正直(笑)

何だか英語が不得意で、他の科目は偏差値65英語は40もいかないという感じです笑
原因は嫌いだからということもあるでしょうが、私が理系の頭なので、根本的に英語というものの勉強法が分かっていなくてだめなのかな?と思い質問させていただきました。

今高3です!

Aベストアンサー

おお、俺ガイル(笑)
つい先日、似たような質問をした者です。
私の場合、偏差値はあなたのより低い36でしたけど。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8469327.html
以下は、あくまで「英会話ができるようになるためのお勧めの勉強法」であり、「受験で合格するためのお勧めの勉強法ではない」のですけど、それでもよろしければ。

私の場合、解決策としては「思い切って留学する」でした。

現実問題として留学するのが難しいのなら、
洋画を英語音声で観る。最初は字幕なしで。次には英語字幕付きの英語音声で。そして、その後は『観ない』。という勉強法がいいですかね。

NHKの教育番組(Eテレ)でやってる「プレキソ」という英語番組もいいですよ。
本来は子供向けの英語番組なんですが、日本語がまったく出てこないので、教材としては最適です。
英語ができない友人にまったくのボランティアで英会話の個人レッスンをしてるのですが、私は教材にこの番組を使っています。

とにかく、日本語が出ちゃダメなんです。日本語が出るとどうしても日本語に頼ってしまいます。脳が日本語の思考になってしまうので、英語での思考がいつまで経ってもできないんですよ。
英語で入ったものをそのまま英語で処理するんです。いちいち日本語に翻訳しない。そしていちいち辞書を引いて意味を確認しない。これが重要です。

人間は取り入れた情報を脳が処理しようとします。
食べ物だと食べやすい物を好むように、人間の脳は、処理しやすい情報を好んで処理しようとします。なので日本語が入ってくると、英語での情報を捨ててしまって日本語に頼りっぱなしになります。
なので(余談ですが)「スピードラーニング」。あれの効果については私は甚だ疑問に思いますね。英語の後で日本語の解説がつく。それが余計です。
全部英語の、解説は無し、の方がよっぽど効果があると思います。

また、最近では安価でスカイプを利用したインターネット英会話レッスンもあります。
そういうのを利用するのもいいのではないでしょうか。
私もまだ利用していませんが、近いうちに始めようかな?と思ってます。
私は「自分が英語を教わる代わりに、自分が日本語を教えるからレッスン代はタダ」ってサイトを利用しようか?と考えています。
http://www.e-kaiwa.net/

ああ、私が書いたのはあくまで「中3レベルぐらいの英語力はある」ということ前提です。
関係代名詞や受け身までは理解できた、というぐらいですね。
「I my me ってなんですか?」や、「be動詞ってなんですか?」レベルだと英語だけ聴いたとしても英語力の上達は見込めませんので、ラジオの基礎英語講座等を利用して、レベルの底上げをして下さい。

おお、俺ガイル(笑)
つい先日、似たような質問をした者です。
私の場合、偏差値はあなたのより低い36でしたけど。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8469327.html
以下は、あくまで「英会話ができるようになるためのお勧めの勉強法」であり、「受験で合格するためのお勧めの勉強法ではない」のですけど、それでもよろしければ。

私の場合、解決策としては「思い切って留学する」でした。

現実問題として留学するのが難しいのなら、
洋画を英語音声で観る。最初は字幕なしで。次には英語字幕付きの英語音声で。そし...続きを読む

Qオームの法則 実験

オームの法則の実験を行いました。実験の過程でVとIを測定し、V-I図を書きました。
考察にオームの法則が成り立つ根拠を言いなさいとあるのですが、どのようなことを書いたらいいのかわかりません。

どのように書けばよいのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

物理現象が成り立つ根拠は、全て実験で確認されるという大前提をよく理解しましょう。
オームの法則はどんなもので、どういう実験結果から成り立つことが確認されたかということです。

理論の演繹で出てくる式は、単なる式です。実際の自然現象として成り立っているかわかりません。量子力学等も、既存の理論では説明できない現象が現れたから出て来た理論です。従って、単純に一つの考え方で成り立つ式を"用いて良いのか?"という所に、理論のみの式展開の限界があります。
成り立っているかどうかは、実験で確認します。それが根拠です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報