電線サイズと過電流遮断器の選定をする場合(3相3線式200V)。

電動機及び電熱器併用の選定例が記載しています。
<使用例2>
負荷が下記のように記載されています。

電動機1.5kW じか入れ 8.0A
電動機3.7kW じか入れ 17.4A
電動機3.7kW じか入れ 17.4A
電動機15kW 始動器使用 65.0A
電熱器3kW (3相) 9.0A

電動機合計 23.9kW
負荷の総計 116.8A

『ここで過電流遮断器の選定で電動機合計30kW以下の行を用いる』となっているのですが、
仮に電熱器が大きかった場合、おかしくなると思うのですが、これは間違いですか?

表記としては125A以下の行を用いて、じか入れ最大の列と始動器最大の列をみて大きいほうだと
おもうのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

電気工事士の勉強は別ですが、


考え方は
総電流で電圧降下等考え幹線は決めます
主開閉器は、総電流に誘導電動機器の大きい物の始動電流加算で、ブレーカー決めます
でも最近はインバーター、冷凍機等2Pの始動電流が大きい機器も有るので、
それでも落ちない容量で決めてます。
ぎりぎりの場合は1段上のブレーカーに成ります。
    • good
    • 0

1.まず最大使用電流(1)´を見ます。


2.負荷の総和 116.8Aですので、125A以下の段が選定されます。
3.125Aの段は、電動機の総和(1)が30kW以下になっています。
4.今回は、23.9KWなのでこれに適合するので、125Aの段が合致します。
5.じか入れ3.7KWと始動器15KWの列を見て、175Aを導き出します。

この回答への補足

回答ありがとう御座います。
今回は125Aの段と30kWの段が合致するのですが、
例えば電熱器が20kWとかなった場合は電熱器が28.9Aとなり
電動機合計が23.9kW、負荷の総計が131.7Aとなりそれぞれの段が異なることになります。
この場合は150Aの段を見て、じか入れ最大のもの、始動器最大のものの大きいほうを
選ぶのでしょうか?

補足日時:2011/04/12 15:23
    • good
    • 0

じか入れは始動電流が大きいので、じか入れの電動機の最大の行で見る


始動器使用は始動電流が少ないので、その行で良いのでは、
電熱が大きく成れば、じか入れ電動機が小さいので、その行で見れば良いと思います、
(ここは電動機の始動電流に対して、ブレーカー選択で、電熱は始動電流が無い)
又この表は電動機の総和です、

又は電熱が大きければ、電動機別に計算して、電線容量とブレーカー選択でも良いと思います、
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

地絡遮断装置について(漏電遮断器と過電流素子付漏電遮断器)

漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?
(オーム社さんのP29ページ25番には漏電遮断器(過電流保護付)
と書いてあります。しかしながら、別のテキストには過電流素子
付漏電遮断器」とも書いてありました。どちらが正しいのでしょ
うか?

以上3つの質問ですが、電気に詳しい方、回答よろしくお願いし
ます。

Aベストアンサー

>漏電遮断器<E>はテストボタンの色は緑で過電流素子付漏電
遮断器<BE>のテストボタンの色は赤で良かったでしょうか?

従来はその色でしたが、1999年からは国際規格に沿って灰色に推奨されているみたいです。  

>また、過電流素子付漏電遮断器を表す表記で<BE>と<E>の2
つがあるのですが、どちらを使えばよいでしょうか?

別にどちらでもかまわないが、過電流素子付はアンペアフレームも書くみたいです。

>最後になるのですが、「過電流素子付漏電遮断器」という言い方
と「過電流保護付漏電遮断器」とは同じ意味でとらえて良いでし
ょうか?

同じですよ。

Q内線規定1360-10低圧幹線を分岐する場合の過電流遮断器の施設についてで質問です。

内線規定1360-10低圧幹線を分岐する場合の過電流遮断器の施設の中で
過電流遮断器を省略することができる条件として、細い幹線の許容電流が
太い幹線に直接接続されている過電流遮断器の定格電流の55%以上
ある場合とありますが、55%の数字の根拠を知っていたら教えて下さい
ちなみに、内線規定の発行元に電話で聞いたところ、30年以上前に
決められたことなので、わかりませんと言われました。
専門的すぎて、この場で聞くことではないのかも知れませんが、
答えが判らず困っています。

Aベストアンサー

55%以上あれば短絡時に太い幹線の遮断器をトリップさせる事が出来る為だと、私は解釈しています。

Q【電気】対地電圧が150V以下で乾燥した場所なら漏電遮断器は不要ということは、一般住宅の一戸建て、一

【電気】対地電圧が150V以下で乾燥した場所なら漏電遮断器は不要ということは、一般住宅の一戸建て、一軒家だと100V15Aなのでそもそも玄関の乾燥した場所に分電盤を置けば、漏電遮断器は不要ってことですか?

対地電圧150Vを超える電気機器は住宅ではそもそも使えないですよね。

エアコンとかIHクッキングヒーターだけ分電盤に個別に小型漏電遮断器はを付けても法律上はOKってことですよね?

分電盤に1個漏電遮断器と個別の配線用遮断器にするのと、

分電盤に個別の配線用遮断器+エアコンとか150V超えの機器に個別に小型漏電遮断器を付けるのとではどのくらいの値段の差が出ますか?

対地電圧というのがよく分かってないのですがエアコンの対地電圧って200V用なら対地電圧も200V?

対地電圧150Vを超える機器って何がありますか?

どれかの場合、漏電遮断器は省略出来るということは風呂場以外の機器は対地電圧150Vを超えてても漏電遮断器は省略出来るってことは一般住宅は漏電遮断器は付けなくても合法ってことになるのでは?

Aベストアンサー

電気工事士のひよこさんですか。
それとも全くの素人さんですか。

>エアコンとかIHクッキングヒーターだけ分電盤に個別に小型漏電遮断器はを付けても法律上はOK…

そうですよ。
見方によってはそのほうが良いのです。
だって、主幹が漏電ブレーカーではどこかで本当に漏電が起こったとき、全館停電してしまいますからね。

>分電盤に個別の配線用遮断器+エアコンとか…

それは、本当に漏電ブレーカーの必要な回路が何回路あるかによります。
極めておおざっぱな見方ですが、主幹を漏電保護機能のないブレーカーにすればマイナス 8,000円ほど。
分岐回路に漏電保護機能を持たせれば 1回路あたりプラス 3,000円ほどです。

>エアコンの対地電圧って200V用なら対地電圧も200V…

家庭用エアコンである限り、200V用でも対地電圧は 100Vしかありません。
IHヒーターやエコキュートなどでも同じです。

>対地電圧150Vを超える機器って…

業務用パッケージエアコンで、三相 200V 製品のことです。
通常、住宅で用いられることはありません。

>一般住宅は漏電遮断器は付けなくても合法ってことになるのでは…

水を使う洗濯機や屋外設置のエアコン室外機などは、漏電ブレーカーが必須です。

電気工事士のひよこさんですか。
それとも全くの素人さんですか。

>エアコンとかIHクッキングヒーターだけ分電盤に個別に小型漏電遮断器はを付けても法律上はOK…

そうですよ。
見方によってはそのほうが良いのです。
だって、主幹が漏電ブレーカーではどこかで本当に漏電が起こったとき、全館停電してしまいますからね。

>分電盤に個別の配線用遮断器+エアコンとか…

それは、本当に漏電ブレーカーの必要な回路が何回路あるかによります。
極めておおざっぱな見方ですが、主幹を漏電保護機能のないブレーカー...続きを読む

Q単相3線でのコンセント回路と内線規定について

内線規程3605-2と技術基準解釈171条について教えてください。

やりたい事
・納屋をリフォームして居室に改装中
・コンセント1回路では足りないと思われるので2回路を用意したい。
・分電盤~納屋への電線はVA2.0×3Cが敷設されている。

上記のような工事を行った場合(単相3線でのコンセント送り)、
内線規程3605-2と技術基準解釈171条に抵触すると聞き、内線規定を確認してみました、

私なりの解釈では、中性線欠相保護付のELBを経由していれば規定はクリヤできると解釈したのですが、
この考え方で問題ないでしょうか?

ご存知のかた居られましたらご教授ください。

Aベストアンサー

中性線欠相保護付遮断器が欠相保護出来る範囲は、電圧検出用のリード線が接続されている場所より電源側です。
リード線は通常分電盤内の中線銅バーに接続されていて、分岐ブレーカーの2次側は保護範囲外となります。

ですから、先の質問にも書きましたが、NFB1・2~コンセント1・2の分岐接続点の間で断線があると、コンセント1もしくは2に過電圧が掛る可能性があります。(実際そのような事は稀だとは思いますが)

コンセント1・2の分岐接続点に、中性線欠相保護付遮断器を取り付ければ、欠相保護の問題はクリア出来ます。

Q漏電遮断器と配線用遮断器の表示について質問があります。

漏電遮断器と配線用遮断器の表示について質問があります。

漏電遮断器は真四角(正方形)の中にBEの二文字を入れ、配線用遮断器
は真四角(正方形)の中にBの一文字を書けばよいでしょうか?

また良く耳にする、「ブレーカー」もしくは「安全ブレーカー」とい
う言葉は漏電遮断器と配線用遮断器のどちらでしょうか?

最後に、玄関入ってすぐの壁際にあるのは、漏電遮断器と配線用遮断
器のどちらになるのでしょうか?

回答のほどよろしくお願いします。

Aベストアンサー

>漏電遮断器は真四角(正方形)の中にBEの二文字を入れ、配線用遮断器
>は真四角(正方形)の中にBの一文字を書けばよいでしょうか?

はい。
BEは、四角にEでもいいです。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8004/framepage0000008.htm

>また良く耳にする、「ブレーカー」もしくは「安全ブレーカー」とい
>う言葉は漏電遮断器と配線用遮断器のどちらでしょうか?

配線用遮断器です。
漏電遮断器は、漏電ブレーカーとか記号だとELBとかELBCなど。
配線用遮断器は、記号で呼ぶとMCBやMCCB。

>最後に、玄関入ってすぐの壁際にあるのは、漏電遮断器と配線用遮断
>器のどちらになるのでしょうか?

ここと見比べてみてください。
http://www.chuden.co.jp/ryokin/information/chishiki/mame_bundenban/index.html

左にある50Aと書かれた紫色の奴が、サービスブレーカー(電流制限器:記号は○にL、契約によりアンペア数や色が変わる。)、真ん中が漏電ブレーカー(赤色のテストボタンがあるのが特徴)、右にたくさんあるものが配線用遮断器(一般家庭では20Aが普通)

>漏電遮断器は真四角(正方形)の中にBEの二文字を入れ、配線用遮断器
>は真四角(正方形)の中にBの一文字を書けばよいでしょうか?

はい。
BEは、四角にEでもいいです。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/8004/framepage0000008.htm

>また良く耳にする、「ブレーカー」もしくは「安全ブレーカー」とい
>う言葉は漏電遮断器と配線用遮断器のどちらでしょうか?

配線用遮断器です。
漏電遮断器は、漏電ブレーカーとか記号だとELBとかELBCなど。
配線用遮断器は、記号で呼ぶとMCBやMCCB。

>最後に...続きを読む

Q過電流遮断器の設置位置を規定する理由が分かりません

第二種電気工事士の受験生です。
また分からないことがありましたのでお聞きします。

分電盤前の幹線や、分電盤以降の分岐回路で、過電流遮断器の設置に関し、
省略できる条件や、設置位置の条件が決められています。

ここで分からないのが、設置位置の規定です。
なぜ設置位置が問題になるのか分かりません。
電線の全長とかなら発熱総量が増加するので多少は理解できますが。

守るのは接地した地点まで、ということではなく、設置した電線全体です。
守るという視点だけから考えれば、どこに設置しても効果は同じに思えますが。

Aベストアンサー

NO.5です。
回答がニーズに合っていなかったようですね。
分岐回路の過電流遮断器の位置についてですが
過電流遮断器が設置位置の上流を保護しないということからいえば、
過電流遮断器は、幹線の分岐点に限りなく近い所に設置することが望まれ、これが原則になっています。
3mの数値そのものが、分電盤の位置や配線の施工など純粋に技術的なものではなく、政策的なものでもあることは、昭和45年当時の内線規程では、当該数値が1.5mであったことからも知られます。
電線の許容電流が35%、55%などの場合に、設置位置が緩和されているのは、その間で短絡しても、幹線の過電流遮断器で分岐回路が保護されるからです。
55%などの数値の根拠は、A種ヒューズの特性と短絡時の電線の許容温度から算出されますが、紙面と時間の関係で割愛します。

Q漏電遮断器が作動しました。

朝起きたら漏電遮断器が作動していて電気が使えませんでした。漏電遮断器のレバーを「入」にしたら電気が使えるようになりました。普通漏電がある場合また漏電遮断器のレバーは「切」になってしまうのではないでしょうか??朝「入」にしてから夕方になっても漏電遮断器は作動していません。これはどういうことなのでしょうか?? 考えられる原因と改善策をお願いします。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>普通漏電がある場合また漏電遮断器のレバーは「切」になってしまうのでは…

完全な漏電であれば、たしかにそのとおりです。
すぐ復旧できたということは、

(1) 一時的な漏電。
(2) 一時的な過負荷。
(3) 雷などの外部要因。
(4) 単相三線式であれば、片側が一時的に電圧降下。
(5) 漏電しゃ断器自体の不具合。

などが考えられます。
あとになってこれらの原因を特定することは、なかなか困難なものです。何度も落ちる場合ははっきりするのですが、一度落ちただけでその後再現しない場合は、ちょっと機械の機嫌が悪かったんだなぐらいに考えてください。
余り気に留めないでよいかと思います。

Q単相3線200Vに単相2線100Vの機器を接続

皆様、こんちには。

ご教授下さい。

単相3線200Vの電源が来ているブレーカがあるのですが、2つの端子を使って単相2線100Vの機器を接続しても問題ないのでしょうか?その場合、残りの1つの端子はどのように処理する必要があるのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>2つの端子を使って単相2線100Vの機器を接続しても…

別に問題ありませんが、どの端子とどの端子で 100V が取り出せるのかは、お分かりなんですよね。

>残りの1つの端子はどのように処理する…

ブレーカなら特に何もすることはありません。
強いていうなら、ネジが不用意に緩んで外れたりしないように、軽く締め付けておきます。
また、3つの端子にまたがるカバーが上下 2個付属しているはずですが、忘れずにはめ込んでおきます。

Qポンプの突入電流で漏電遮断器が漏電遮断しますか。

排水設備で浸水検出起動のポンプの電源の漏電遮断器がよく漏電表示を伴い遮断します。
漏電遮断器二次側での絶縁抵抗値は良好なので、ポンプ内部の漏電だと思うのですが、先輩が「ポンプの突入電流の可能性もあるよ」と言いました。

この意見について、疑問を抱いたので質問します。
①突入電流が原因で、漏電動作表示を伴う遮断は、漏電遮断器の原理上ありうるか?
②ZCTの検出する突入電流の三相ベクトル和は0ではないのか?

Aベストアンサー

> 各相の電流が不均等でも、漏れ電流がない限り、3本の電流ベクト
> ル和が0となるため、ZCT入力は相殺され漏電遮断器は動作し
> ないのではないでしょうか?
理論的には、漏れ電流がない限り、3相分の電流のベクトル和は0
になります。

漏電遮断器の内部にはZCTがあり、これに3相分の配線が巻かれて
います(場合により貫通)。
この配線がバランス良く巻かれていれば、ZCTの2次側の出力配線
の電流のベクトル和が0になりますが、実際に巻いて製造しますと、
3相分の配置には微妙にズレが生じ、電流が流れますと、これがアン
バランス分としてZCTの2次側の出力配線に微小な電流が出力され
ることになります。

モータの始動時のような大きな電流が流れますと、アンバランス分
も大きくなりますので、漏電遮断器の規定の感度電流以上となると
動作することも考えられます。
漏電遮断器の定格電流を選定する場合、メーカのカタログや技術資料
などに記載してある選定表を参照して選定すると良いでしょう。

なお、JIS規格では、ある電流以下では不必要に動作しないこと確認
するための試験をすること定められています。
詳しくは次のJIS規格を参照してください。

JIS規格 JIS C8201-2-2:2011
8.5項 過電流状態のおける不動作過電流限界値の検証

次のURLをクリックしますとJIS規格を見ることができます。
読むことのみで、印刷はできません。

http://www.jisc.go.jp/app/JPS/JPSO0020.html
(1)上段の枠内に[C8201-2-2]と入力
(2)[一覧表示]をクリック
(3)[C8201-2-2]をクリック
(4)[JIS規格詳細画面]の下にある[規格の閲覧]右側の部分をクリック
(5)[C8201-2-2]の内容が表示され読むことができます。

> 各相の電流が不均等でも、漏れ電流がない限り、3本の電流ベクト
> ル和が0となるため、ZCT入力は相殺され漏電遮断器は動作し
> ないのではないでしょうか?
理論的には、漏れ電流がない限り、3相分の電流のベクトル和は0
になります。

漏電遮断器の内部にはZCTがあり、これに3相分の配線が巻かれて
います(場合により貫通)。
この配線がバランス良く巻かれていれば、ZCTの2次側の出力配線
の電流のベクトル和が0になりますが、実際に巻いて製造しますと、
3相分の配置には微妙にズレが生...続きを読む

Q「過電流遮断器と配線用遮断器の違いについて」

「過電流遮断器と配線用遮断器の違いについて」
電気工事士の参考書の引込開閉器の兼用についての記述において ブレーカの有無が関連する所があり
その内容が 過電流遮断器の定格電流が15[A] (配線用遮断器にあっては、20[A])と
なっているのですが 過電流遮断器と配線用遮断器の違いとは何なのでしょうか?
電気要量の値が違うので何か動作が違うのではと思うのですが
教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

過電流遮断器とは、ヒューズの事を言います。
現在では、家庭では殆ど使用されないでしょう。
配線用遮断器とは、いわゆるNFB(ノーヒューズブレカー)と言われるものです。
家庭などで見る事ができますね。

詳しい話は省略しますが、ヒューズの15Aと、NFBの20Aでは、同じ程度の電流が流れた時に切れます。
つまり、ヒューズは15Aの電流では切れない・・と言う事です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング