柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

Synthetic biology is in fact the name now used for a cluster of new technologies in which, as John McCarthy, the computer scientist, says, biomolecular components (natural or synthetic) are newly combined or reorganised to create novel genetic and biochemical circuitry, pathways, and ultimately organisms. It is, in a sense, a hybrid discipline between science and engineering.

Synthetic biology has caugh the imagination not least because it makes the beginnings of potentially manufacturing life forms from scratch and eventually of creating tailor-made creatures in our own image-or in principle in the image of anything we can engineer. This is heady stuff, and if it works may give us un precedented powers.

If we can try to understand how to make better creatures than ourselves, longer-lived, more resistant to disease and injury, healthier and better adapted to a changing environment, we should surely do so.


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

合成生物学(?)は実のところ現時点では、コンピュータサイエンティストのJohn McCarthyがいっているように(天然であれ合成であれ)分子生物学的な構成物に新しい遺伝学的もしくは生物化学的な反応回路もしくは経路、究極的な有機物を新しく生成するために合成もしくは再合成する新しいテクノロジーの総称として使われる。

それはある意味、科学とエンジニアリングのハイブリッド化された分野である

特に合成生物学は潜在的な生命合成(manfacturing)の最初の段階を切り開いているので、最初からかつ最終的にはわれわれ自身の-もしくはわれわれが操作できるどんな対象物にへでも、おあつらえ向きなクリーチャーを創作できる展開力を持ってきた。これは強力なツールでありもしうまく動けば私たちに前例のない力を与えうるのかもしれない

もしわれわれがわれわれ自身より長生きでもっと病気やけがの耐性のある、健康的な環境変化に対応できるクリーチャーをいかに作るかを理解することが許されるのなら、われわれはそれを実行するべきだ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/04 20:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング