システムメンテナンスのお知らせ

初歩的なことですが教えてください。

3相200Vの電源に 単相AC200V、2KWのヒーターを6台接続します。
 
R-S間に2台
S-T間に2台
R-T間に2台
と接続したときのブレーカー容量はどのように選定すればいいのでしょうか?

どなたかお願い致します。

gooドクター

A 回答 (2件)

ヒータが3相200Vの電源にデルタ接続されますので、単純に



6×2kW=12kW

と計算できます。
次にヒータの使用電流を計算します。
なお、ヒータですので力率(cosθ)は1.0とします。

P(W)=√3×E(V)×Ih(A)×cosθ

Ih(A)=P(W)÷[√3×E(V)×cosθ]=12×1000÷[√3×200×1.0]
Ih(A)≒34.641≒35(A)

ブレーカメーカのカタログ等に記載されているヒータの場合の
適用表により選定します。
次のURLをクリックして参考にして下さい。

[電灯/電熱回路の選定(富士電機機器制御)]
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/pdf/catalog/KH …

3/14(14/26)頁を参考にします。
この適用表から最大使用電流:35Aから定格電流 50A のブレーカ
を選定します。

この他、ブレーカを選定するに当たり、重要な事項として
ブレーカの遮断容量(kA)を検討する必要があります。

このために、接続する回路の"短絡電流"を計算し、この短絡電流を
遮断できるシリーズのブレーカを選定します。

短絡電流は変圧器容量(kVA)と変圧器の%インピーダンス、配線の
サイズや長さから計算できます。
詳細が不明の場合は次の「選定と適用」の内容を参考に決定します。

上記カタログの3-2(2/26)~3-5(5/26)頁を参考にします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変よくわかりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/09 17:54

デルタ接続の1本当たり、20Aですから √3*20A=34.64A です。


だから、35A以上で選定すればいいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2012/02/09 17:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング