痔になりやすい生活習慣とは?

住宅売却予定で、譲渡所得が出ので、3000万の特別控除を使う予定です。
現在無職、無収入なので、今年の住民税はゼロです。

差し引き1000万ほどなので、控除適用後は譲渡所得は掛からないと思うのですが、
来年度の住民税は、3000万の控除前の収入に対して計算される、と聞きました。

売却益で、次の家を買い、残りをその後の生活費にあてようと思っているので
住民税が高くなるのが心配です。

どのホームページを見ても、3000万の特別控除で譲渡所得は無税になります、
としか書いてないので、住民税について、詳しい計算式がわかりません。

どのくらい掛かるものなのか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

控除前の金額という用語が出てくる例は控除対象配偶者になれるかなどの「所得制限」がある場合です。


例えば、自宅を売却して3,000万円の特例を受けて税金がかからないとします。
その夫が配偶者控除を受けようとすると「だめ」といわれます。
3,000万円の特別控除を引く前の譲渡所得が1,000万円あるので、年間所得額38万円以下という条件に引っかかるからです。

「あなたの去年の所得はいくらですか」と聞かれたら「1,000万円です」となるわけですが、「特例があるので税金はかかりませんでした」ということです。
税金(国税も地方税も)がかからないということと、譲渡所得自体は1,000万円あったということは別というわけです。

ですから、昨年の所得がいくら以上あると受けられないという行政サービスがあるとしたら、その判定では「去年の譲渡所得は1,000万円あります」となります。
そして、昨年の所得が1,000万円あるというなら、この行政サービスを無料で受けることはできませんよといわれる可能性があるということです。
これは改めて地方税が課税されるということではないんですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

とてもわかりやすく説明してくださったので、
これまでモヤモヤしていた気持ちがとてもすっきりしました。

確かに、控除するというのは、特例なのですね。
思わず文句が出そうな税金に対する気持ちをリセットすることが出来ました。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/24 19:36

[差し引き1000万ほど]


といわれてる点にひっかかってます。
何と何との差し引きが1,000万円なのでしょうか。

この回答への補足

言葉不足で申し訳ありません。
売却の金額から、購入時の取得費、仲介手数料などを引くと、
1000万ほどになるという意味でした。

これが単純に譲渡所得ということになりますよね?

長く住んでいた自宅なので、特別控除は使えると思うので、
譲渡所得はなし、と言う事になると思うのですが、

なぜ、来年度のもろもろの税金の計算をするときに控除前の金額になるのか
疑問に思っています。

まだ次の住所が決まらないので、自治体によって差があるのは困りますね。

補足日時:2012/10/24 01:44
    • good
    • 2

>来年度の住民税は、3000万の控除前の収入に対して計算される、と聞きました。


そんなことありません。
ただ、市町村によっては、国保の保険料が特別控除前の所得で計算されるということはあります。

>どのホームページを見ても、3000万の特別控除で譲渡所得は無税になります、
そのとおりです。
なので、当然、住民税もかかりません。

参考
http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/k …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

一度税務署に電話で問い合わせた時に、
自治体によっては、控除前の所得で計算することもある、と聞いていたので、
たぶん、国保の保険料のことだったのを勘違いしていたのかもしれません。

来年度の住民税はゼロのままで大丈夫なら嬉しいです。
ただし、今年も健保の保険料は高額だったので、(固定資産が関係あるといわれました)
それも気がかりです。 ありがとうございました。

お礼日時:2012/10/24 01:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q譲渡税の申告をしましたが、住民税はどのように申告して支払うのでしょうか?

譲渡税の申告をしましたが、住民税はどのように申告して支払うのでしょうか? 父名義の土地が今年の5月に売れて、本日分離申告をしてきました。譲渡税(所得税)の申告はしましたが、住民税の申告は何時、何処で幾ら納めるのでしょうか?国税(所得税)15%と地方税(住民税)5%を納めるものだと思うのですが、本日の税務署では譲渡税しか申告しなかったです。教えてください!

Aベストアンサー

税率はご存知のようですので、税額はだいたいおわかりになるかと思いますが、譲渡所得の確定申告を税務署に申告した場合、その申告内容の一部はお住まいの管轄の役所のほうに送られることになります。

そのデータをもとに役所が税額を計算し、御質問者さんのところへ後日納付書が送られてくることになりますので、確定申告をした場合は、役所へ住民税の申告はする必要がありませんので、とくに何もする必要はありません

納税見込額は払えるように置いておいたほうがよいかと思います。

Q不動産売却に伴う年金生活者の影響

不動産売却に伴う年金生活者の影響に関して教授下さい。国民年金での生活者が先祖からの不動産を売却した場合には国民健康保険やその他、青色申告等の影響が出るのではないのか素人考えで心配しております。背景としては不動産の譲って欲しいとのお隣さんからの依頼によりこの悩みが発生しております。このようなケースでの対応方法を教えていただければ幸いです。不動産売却額は400万ですので・・・現金をいただき、所得により次年度健康保険に影響がでるとか、その他にも要らぬ失費が増えるようならと考えて質問させていただきました。適切な情報を頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

ANo.3です。
訂正と補足です。

誤)×15%(住民税を含む)
正)×15%(住民税は含まず)

>青色申告等の影響

譲渡所得に該当する不動産所得は「青色申告」の対象とはなりません。

『No.2070 青色申告制度』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm
『No.1370 不動産収入を受け取ったとき(不動産所得) 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1370.htm

※いずれにしても一般論以上の回答は難しいので必ず税務署へご相談ください。

Q土地売却益があった翌年の税、社会保険の扶養について

親(73歳)が現在年金収入(年額40万円)のみで同居の息子(会社員)の扶養家族に入っています。今後、土地(区画整理地の更地を買って30年保有、ずっと更地で建物を建てたことがない)を売却します。

(1)親が30年保有した土地を売却して600万円の利益(買値と売却額の差額から保有中の支払い済み固定資産税等を差し引いた額)が出た場合、翌年は現在のまま税、社会保険に関して息子の扶養家族のままでいられますか?

(2)売った年の翌年の3月に確定申告をして不動産所得の納税をすることになると思いますが、それ以外に何を支払う事になりますでしょうか?

===

仮に74歳になってから売ると、売った翌年が75歳になるので健康保険は後期高齢者になり、いずれにしても息子の扶養から外れてしまうのかと思います。

(3)74歳になってから売った場合、上記(1)(2)はどうなりますか?(73歳で売るのと変わってきますか)

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>同居の息子(会社員)の扶養家族に入っています…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ、税金の方ですから 1.税法の話かとは思いますが、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
息子が会社員等ならその年の年末調整で、息子が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「扶養控除」は、被扶養者の「合計所得金額」が 38万円以下であることが条件です。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1180.htm

>600万円の利益(買値と売却額の差額から保有中の支払い済み固定資産税等を差し引いた額)…

保有中の支払い済み固定資産税は、「取得費」でも「譲渡費用」でもありません。
そのため、保有期間が 5年以上なら 5年未満より税率が低くなっているのです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3202.htm

>翌年は現在のまま税…

所得税については、前述のとおり翌年でなく「今年」(売った年) がアウト。
市県民税については、1年遅れの課税なので来年がアウト。

>社会保険に関して息子の扶養家族の…

社保は税金と違って全国共通した基準があるわけではありません。
お書きのような細かい部分は、それぞれの会社、健保組合によって違います。
正確なことは会社、健保組合にお問い合わせください。

>(2)売った年の翌年の3月に確定申告をして不動産所得の納税をすることになると…

確定申告をした年の 6月 (年度でいえば翌年度) に、市県民税の納付通知書が届きます。

>3)74歳になってから売った場合、上記(1)(2)はどうなりますか…

どうにもなりません。
後期高齢者医療保険に関すること以外は、何歳で売ろうと条件は同じです。

後期高齢者医療保険に関しては、74歳の年に売れば、75歳の初年分後期高齢者医療保険料に、本人の所得があるとして反映されます。
後期高齢者医療保険に関する限り、73歳以前に売ってしまうのが得策とは言えます。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>同居の息子(会社員)の扶養家族に入っています…

何の扶養の話ですか。
1. 税法
2. 社保
3. 給与 (家族手当)
それぞれ別物で認定要件は異なり、相互に連動するものではありません。

まあ、税金の方ですから 1.税法の話かとは思いますが、配偶者控除や扶養控除などは、1年間の所得額が確定した後に決まるものであり、年の初めや途中に出たり入ったりするものではありません。
息子が会社員等ならその年の年末調整で、息子が自営業等なら翌年の確定申告で、それぞれの年分をあとから判断するということです。

「...続きを読む

Q土地を売ったのですが、申告しなかったので税務署から問い合わせが来てしまいました。

 平成15年に兄弟3人の共同名義の土地を売りました。手続きは兄がやりました。私の分は60万ほどでした。
 確定申告しなければいけなかったようで(無知でお恥ずかしいのですが)今日税務署から「譲渡所得の申告についてのお尋ね」という書類がきました。
 申告しなかった理由を尋ねている物なのですがただ申告しなかっただけと書いたらいけませんよね。
 払わないつもりはなかったのですが、税金はかからないかもと言われましたので、ついそのままにしてしまいました。
 これからどのような手続きになるのでしょうか?申告しなかった理由をなんてかいて送ればよいのでしょうか?

 ・売った土地は今住んでる県ではありません。
 ・主人は自営業ですが、私は主人の扶養で所得はありません。

 税金の事などなにもわかりませんので、教えていただければ助かります。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地を売買した場合は譲渡所得として申告が必要になる場合があります。
そして税務署は土地の売買について把握しており今回のような通知を出してきます。

土地の譲渡所得の場合は給与や年金、事業所得といったような一般的な所得と分けて、その譲渡所得に関わる部分を別立てでを計算する分離課税という形を取り、分離課税用の確定申告書を使用します。

土地の譲渡所得の計算として。
土地の売却価格からその取得価格を引き、特別控除と呼ばれる控除を引いた差引きが税の計算をする上での基礎になります(課税標準額といいます)。

特別控除は5年以上持っていた土地を売却するのであれば最低100万円、行政などによって収用を受けた場合は最高5000万円を受けることができます。

あなたの土地の売買の利益が60万円だと仮定すると5年以上その土地をもっていた場合は全額特別控除の100万円によって控除され、土地の譲渡所得については税金がかからないと考えられます。

確定申告については税金がかからない場合はする義務がありませんから、その他に所得がなければ、その「譲渡所得の申告についてのお尋ね」に理由を書けば終わりかなと思います。

ただ土地税制は結構複雑なので税務署の担当の人に、「この様な書類が送られてきたんですけど、どうしたらいいですか?」と聞いておいたほうが無難ですね。
上記の説明はその土地を所有していたのが5年以上と仮定してお話しているので。

そして、税法上の扶養控除の判定は特別控除前の所得で判定します。
この場合、あなたは旦那さんの扶養に入れない可能性が出てきますので、旦那さんの修正申告が必要になることも考えられます。

いずれにせよ一度税務署に連絡をして聞いたほうが良いと思います。

土地を売買した場合は譲渡所得として申告が必要になる場合があります。
そして税務署は土地の売買について把握しており今回のような通知を出してきます。

土地の譲渡所得の場合は給与や年金、事業所得といったような一般的な所得と分けて、その譲渡所得に関わる部分を別立てでを計算する分離課税という形を取り、分離課税用の確定申告書を使用します。

土地の譲渡所得の計算として。
土地の売却価格からその取得価格を引き、特別控除と呼ばれる控除を引いた差引きが税の計算をする上での基礎になります(...続きを読む

Q非課税の相続(遺産)は翌年の住民税などに影響する?

母親の遺産を受けとりました。控除金額以下なので相続税はかかりませんが、確定申告をしなくてはなりませんか?申告した場合、収入とみなされ、翌年の住民税や、国民保険や、介護保険の、金額が増えてしまうのでしょうか。以前、母が家を売却したとき、譲渡税は非課税でしたが、翌年の諸々の税金はビックリするほど、多くなってしまいました。遺産に関しても、収入と見なされてしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

>母が家を売却したとき、譲渡税は非課税でしたが、翌年の諸々の税金はビックリするほど、多くなってしまいました。
家を売った場合、「非課税」ではなく「所得税」がかかります。
ただ、住んでいた家を売ったなら3000万円の特別控除があるので、売った価額がそれ以下で課税されなかったということでしょう。
なので、住民税もかからなかったはずです。
でも、国保の保険料などは、その控除前の額を所得として計算するので、最高額になってしまいます。

>遺産に関しても、収入と見なされてしまうのでしょうか?
収入には違いありません。
ただし、遺産は相続税の対象で、所得税は遺産額にかかわらず「非課税」です。
なので、住民税もかかりませんし、国保や介護保険の保険料計算の対象にもなりません。
所得税が非課税であれば、対象の所得とはなりません。

Q土地売却時の税金と支払う時期

今年、600万の土地を売ろうかと考えています。

1土地を売却した税金は所得税?だけですか?

2税金はいくらかかりますか?

3税金を支払う時期はいつ頃ですか?

他の質問回答を見ても、よくわからないので教えてください。

Aベストアンサー

1 住民税もかかります

2 5年超所有物件なら 所得税 利益の15% 住民税5%
  5年以下所有なら その倍

3 所得税は翌年の2月16日~3月15日
  住民税は翌年5月ころ通知が来て四半期に分けて納付

です。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/jouto303.htm

Q専業主婦が土地売却代金を得たら、夫の扶養から外されますか?

専業主婦が土地売却代金を得たら、夫の扶養から外されますか?

年収480万のサラリーマンの夫を持つ専業主婦です。
相続により土地の権利1/8を得ました。
同じく相続した親族の1人が私を含め他7人の権利を買い取ることになりました。
現在の土地の取引価格を参考に250万-300万程度での売却を考えていますが、この売却代金を得る翌年は夫の扶養から外れなければならないのでしょうか。
税金や保険料の面で損をするのなら、親族に土地の権利を贈与し、額面は少なくなりますが2年に分けて111万円の現金を親族から私に贈与してもらったほうが良いのでしょうか。
(その売却代金は夫が債務者の住宅ローンの繰上げ返済にあてる予定なので、可能なら親族から夫に贈与してもらう約束を取り交わすほうが良いでしょうか)

降ってわいた話にできるだけ早く判断しなければならず、無知で恥ずかしい限りですがどなたかお知恵をいただければ助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養があります。
税金上の扶養ですが、貴方は扶養からはずれることはありません。
土地は親が買ったときの価額を引き継ぎ、取得費としてみれます、
つまり、買値(親が買った)より売値(貴方が売る)のほうが安いのですから、売ったことによる所得はマイナスになります。

また、健康保険の扶養は「所得」ではなく「収入」が130万円以上だと扶養からはずれなくてはいけな
くなります。
貴方の場合収入は300万円ですが、でも、これは「恒常的な収入」が130万円ということです。
土地の売却収入は恒常的な収入ではありません。
なので、通常なら健康保険の扶養からもはずれなくすみます。

Q家を売る時、税金が20%以上かかるって本当ですか?

税金に全く無知なので、どうぞよろしくお願いします!
売ろうと考えているのは両親の家なんですが。

今現在、両親はA県A市B町に住んでおり(賃貸)、住民票もここです。
両親はA県C市D町に家を持っています。
祖母に建ててあげて(亡くなりました)、自分達も定年後C市の方に引っ越ししようと思っていましたが、実際、定年前になってみると、子供も孫もいる、今の所(A県A市)で、最後まで過ごしたいと思う様になり、C市の家を売ろうと思いました。ところが、知り合いから聞いた話によると、売った金額の20%が税金に取られてしまうらしいとの事。そして、祖母が7年前に他界してしまったため、そのC市の家には今誰も住んでいなくて、両親が月に2回程、風通しに行く程度なのですが、その家の持ち主、売ろうとしている人?が、2年住んでいないと(住民票がそこにないと)税金が40%かかるって聞いたそうです。
その話を聞いてから、売ろうか売らずに仕方なくC市に引っ越そうか迷っている様です・・・
本当に20~40%の税金を支払わなければいけないのですか?
そして、2年程住んでいないと税金が上がるとしたら、住民票だけC市に移して、今のA市に住み続け、2年後に売ろうとしても大丈夫なんでしょうか?
多分売りたい家は1000万円弱でしか売れないと思うので、20%以上もの税金が取られてしまうのなら、大損してしまうのが悩みみたいです。
どうか経験された方、専門家の方、知識をお持ちの方、教えて下さい!!!

税金に全く無知なので、どうぞよろしくお願いします!
売ろうと考えているのは両親の家なんですが。

今現在、両親はA県A市B町に住んでおり(賃貸)、住民票もここです。
両親はA県C市D町に家を持っています。
祖母に建ててあげて(亡くなりました)、自分達も定年後C市の方に引っ越ししようと思っていましたが、実際、定年前になってみると、子供も孫もいる、今の所(A県A市)で、最後まで過ごしたいと思う様になり、C市の家を売ろうと思いました。ところが、知り合いから聞いた話によると、売っ...続きを読む

Aベストアンサー

税金とは利益に対して掛かるものです、貴方が家を建てた時の価格から売った時の価格を引いて計算して下さい。
貴方が1000万円で建てた家を1000万円で売ったら利益はゼロですから税金もゼロです。
貴方が購入した時の価格を証明できるものが必要です。

Q不動産収入は市県民税に反映する?

はじめまして。
税金のしくみを良く分かっていないのでご回答よろしくお願いします。

夫の給与所得は約650万円で、プラス不動産収入が約100万円あります。不動産収入は借家の賃貸料ですが、全額夫の実家に振り込まれており、実際には私たちは1円ももらっていません。。
しかし、借主が夫になっているため書類上は夫の収入となり、不動産収入分を確定申告しています。申告の結果発生した未納分の所得税は夫の実家に払ってもらっています。

しかし書類上不動産収入があるため、翌年(今年)の市民税・県民税、住民税が値上がってしまうのではと疑問に思っています。家賃をもらっていないのに税金だけ上がってしまうのでは???と。

私はパートで働いた分、翌年に25000円ほど市民税・県民税を払っているので、不動産収入もパート同様に副収入とみなされるような気がします。。どうなのでしょうか。

よくご存じの方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

住民税は10%ですが、暫定的に9%になってます。

不動産収入か不動産所得か不明ですが、不動産所得だとしますと、
旦那様にかかってくる市民税のうち9万円が不動産にかか住民税です。課税通知書には内訳が書いてありますから、それを見るのが確実です。。

なお「収入」と「所得」の違いは以下です。
収入 受け取った全ての額
所得 収入から経費を引いた額

また「夫の給与所得は約650万円」との既述ですが「給与の総支給額」つまり「給与収入」だと思われますが、当然に不動産収入と一緒に確定申告されてるのですよね?でしたら問題は市民税の「不動産所得分の増加分」の把握だけです。これは市民税の通知がくるので内容をみればわかります(既述のとおり)。

文中に「私はパートで働いた分、翌年に25000円ほど市民税・県民税を払っているので、不動産収入もパート同様に副収入とみなされるような気がします。。どうなのでしょうか。」とありますが、失礼ながら意味が不明です。よろしかったら、表現を変えてください。

Q土地の売却と国民健康保険料の関係性

現在、母親が土地の売却(2000万円)を検討しています。
そこで、質問があります。

母親は、専業主婦をしており、社会保険は誰の扶養にも入っていません。
そこで、土地の売却を行う事で、一時的に所得が上がります。
その結果、国民健康保険料が上がると思うのですが、

例えば、
2016年1月に売却を成立させる(所有権移転)と、2016年5月に成立させるのでは、国民健康保険の負担額は大きく変わりますか?

つまり、2016年1月に売却した場合は、国民健康保険料は、2016年1月~3月までしかアップせず、2016年5月に売却をした場合は、2016年5月~2017年3月まで高くなるという事でしょうか?

また、それ以外に、国民健康保険料を低く抑えてる方法などがあれば、合わせて教えて頂けると助かります。
どなたか、土地の売却と国民健康保険の関係性について詳しい方、回答頂けると助かります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>2016年1月に売却を成立させる(所有権移転)と、2016年5月に…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。
しかも、税金は和暦で「平成△年分」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h26/02.pdf

>国民健康保険の負担額は大きく変わりますか…

「年度」ではないのだから同じです。

>1月に売却した場合は、国民健康保険料は、2016年1月~3月…

アップしません

>5月に売却をした場合は、2016年5月~2017年3月まで…

アップしません

アップするのは、平成29年7月 (自治体により 6月かも) に納付通知書が来る平成29年分からです。
いや、“から”ではなく29年分“のみ”です。

29年分とは、29年 7 (6) 月から 30年 3月までの間に、4回の分納または9 (8) 回の分納です。
4月、5 (6) 月は納付がありません。

>それ以外に、国民健康保険料を低く抑えてる方法…

土地の譲渡所得にかかる税金の算定法
http://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3202.htm
は単純ですから、特に節税策もありません。
上がっても 1年間だけですから素直に払いましょう。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

>2016年1月に売却を成立させる(所有権移転)と、2016年5月に…

個人の税金は 1/1~12/31 の「1年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ではありません。
しかも、税金は和暦で「平成△年分」と表記します。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/pdf/h26/02.pdf

>国民健康保険の負担額は大きく変わりますか…

「年度」ではないのだから同じです。

>1月に売却した場合は、国民健康保険料は、2016年1月~3月…

アップしません

>5月に売却をした場合は、2016年5月~2017...続きを読む


人気Q&Aランキング