お願いします。
(1) The First Intermediate Period began with blood. With each passing year of Pepi II's reign, which began in 2278 BCE, the aging king's power slipped a little more. The governors of the outlying provinces who all had once lived in the capital city with Pepi II moved out o the rural lands they governed. Until then, whatever each province produced, such as grain, had gone to the capital to be handed out by the great and powerful King Pepi II. Now goods remained in the province to be distributed by the governor. Poweq shifted. It shifted, bit by bit, from the capital to the provinces―from the king to the governors.
(2) The governors, accustomed to palace life, began to build their own luxurious houses. They financed their rich lifestyle by keeping more and more of the local goods. Soon they needed artists to decorate their homes and their tombs. Rural Egypt changed. Wealth and culture shifted, bit by bit, from the capital to the provinces―from the control of the king to the control of the governors.
(3) A papyrus known as the Admonitions of Ipuwer tells how wealth moved from royalty to ragamuffin: "poor men have become owners of wealth, and he who could not make sandals for himself is now a possessor of riches...noblemen are in distress while the poor man is full of joy...the land turns around as does a potter's wheel."
(4) One typical governor, Ankhtyfy, ruled two provinces. Inscribed on the pillars of his tomb are the details of his life. He begins his autobiography by bragging, "I was the beginning and the end of mankind, since nobody like myself existed before, nor will he exist...I surpassed the feats of the ancestors, and coming generations will not be able to equal me...." This man did not suffer from low self-esteem.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1) 最初の中間期(王国と王国の間のエジプト全体の統一が崩れた時期)は、流血から始まりました。

ペピ2世の治世は、紀元前2278年から始まりましたが、年々、その年老いた王の力は、少しずつ低下しました。 かつて全員がペピ2世と共に首都に住んでいた遠くの地方の総督は、彼らが統治する地方の土地から出てきていました。 その頃までは、例えば穀物など、それぞれの地方が生産した産物は全て、偉大で強力なペピ2世王によって分配されるために、首都に運ばれていました。 今や、産物は、総督によって配布されるために、地方に残りました。権力は移りました。 それは、少しずつ、首都から地方へ ― 王から総督へと移って行ったのです。
(2) 総督たちは、宮殿での生活に慣れていたので、彼ら自身の豪華な邸宅を建設し始めました。 彼らは、ますます多くの地方の産物を地元にとどめることによって、豊かな生活様式の原資としました。 まもなく、彼らは、家や墓を飾るために、美術家を必要としました。地方のエジプトは変わりました。 富と文化は、少しずつ、首都から地方へ ― 王の支配から総督の支配へと移行しました。
(3) 「イプウェルの警告」として知られているパピルスは、富がどのように王族から貧しい人々へ移ったかについて語っています: 「貧しい人々は、富の所有者となった、そして、自分のためにサンダルを作ることができなかった者が、今では、富の持ち主である ... 貴族は苦しんでおり、他方、貧者は、喜びに満ちている ... 陶工のろくろのように、国は、その方向を変える。」
(4) 典型的な総督のアンクティフィは、2つの地方を統治していました。 彼の人生の詳細は、彼の墓の柱に刻まれています。 彼は、自叙伝を自慢から始めます、「余は、始めなり、また、人類の終わりなり、余自身のような者が、これまで、存在しなかったからである ... 余は、祖先の功績を凌ぎたり、また、来たるべき世代も余に匹敵することは不可能なり .... この男性は、低い自尊心で苦しむことはありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2012/10/27 22:58

この質問文を検索すると、



Se Ancient Egyptian Wld 2005 G6
著者: Eric H. Cline,Oup

だと、すぐに分かります。 そこで、何回か著作権違法ではないかと通報したのですが、OKWAVE的にはOKみたいですね。 この本の著者に連絡とって著作権違法されてます伝えてあげるのがベストだとは思うのですが、、、メンドクサイから僕はしていません。

本当に著作権の心配をされているなら回答欄で何いっても意味がありません。 Eric H. Cline,Oupさんに誰か、伝えてあげてください。
    • good
    • 0

(1)第1中間期は、血液から始まりました。

2278年に始まったペピIIの治世の年を追うごとにBCE、老化王の権力は、もう少し足を滑らせた。一度にすべてペピIIで首都に住んでいた辺境地方の知事は、彼らが支配農村土地oを外に移動。それまでは、各県が生産何であれ、そのような穀物として、偉大で強力な王ペピIIによって配られるように首都に行っていた。現在、商品は知事から配布されても地方に残った。 Poweqはシフト。これは、首都から地方 - から王に知事に、少しずつ、シフトした。

(2)知事は、宮殿の生活にも慣れ、自分の豪華な家を建てるようになった。彼らは地元の商品のより多くを保持することにより、豊かなライフスタイルを融資した。すぐに彼らは彼らの家と墓を飾るために芸術家を必要としていました。農村エジプトが変更されました。富と文化が首都から地方から、王の制御知事の制御にし、少しずつ、シフトした。

(3)Ipuwerの訓戒として知られているパピルスは、富は、ロイヤリティから浮浪児に移動方法について説明します:貧しい男が富の所有者となっている"と、彼自身のためにサンダルを作ることができなかった彼は今、富の所有者である貴族が...であるろくろの場合と同様に苦痛貧乏人は喜びに満ちている間は...土地が振り向く。"

(4)一つの典型的な知事、Ankhtyfyは、2つの州を支配していた。彼の人生の詳細は彼の墓の柱に刻まれた。彼は自慢することで彼の自伝を開始し、"私は自分自身のように誰も前に存在していないので、最初と人類の終わりだった、また彼は存在しています...私は祖先の偉業を超え、次の世代は、私を等しくすることができません.... "この男は低い自尊心に悩まされることはありませんでした。
※添付画像が削除されました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"Most of the counry's wealth comes from its oil." の発音

"wealth comes from its"の部分が聞き取れません。「ウェル カムスルミンツ オイル」と聞こえます。どのような規則があるのでしょうか。

Aベストアンサー

規則という程のものはないと思いますが、
wealthの"th"は日本語のようにはっきりと「ス」とは言わずに、舌を噛む程度ですから、慣れていないと音としてはなかなか聞き難いかもしれませんね。
"comes from its"は殆ど繋げた状態(comesfromit)で発音しますから日本語で敢えて書くと「カムスフロミッツ("sf"は殆ど同時に発音し、フは小さく「ミ」にアクセント)」
なんか日本語ではうまく書けませんね(笑)

Q"terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract"

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of the contract" と "conditions of the contract" と "terms and conditions of a contract" の相違は何でしょうか。

"terms" は 例えば
■The purchase agreement contained many clauses.
の " clauses" /条項 に近いのでしょうか。

2: 前置詞を in にした場合はどのような相違があるのでしょうか。

教えて下さい。

■You/we must follow all the conditions laid out in the contract.

■The terms in the agreement covered shipping, but not insurance.

上記の conditions と terms はどちらも「契約の条件」のような意味と思います。

「契約条件」を調べると

"terms and conditions of a contract"

という使い方が多く

"terms of the contract"
"conditions of the contract".

も多くあり、


"conditions in the contract.
"terms in the agreement"
も使われています。

1: "terms of ...続きを読む

Aベストアンサー

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありますが、この説明に当てはまりそうにない例も多くあり、本当のところは良くわかりません。
いずれにしても、同義語を並べて表現するのが、法律英語らしくてかっこいいのだと思います。

2
terms (conditions) of the contractだと「(全体としての)契約条件」という感じがします。
一方、terms (conditions) in the contractだと「契約の中の条件」ということになって、どちらかといえば個々の条項のことを指している感じがします。

1.
"terms"、"conditions"、"terms and conditions"は、いずれも同じ意味と考えてよいと思います。

"terms and conditions"のほかにも、法律英語では"null and void"、"any and all"、"made and entered into"、"by and between"等々、同義語をふたつ並べる表現が多く用いられます。
どうしてそうなのかについては、その昔、支配者階級の使うラテン語・フランス語系の言葉と一般庶民の使うゲルマン語・古英語系の言葉を並べて、誰にでも意味がわかるようにしたことに由来するという説明を聞いたことがありま...続きを読む

QThe rest of the menu was a level up from last time to two dined together.

2月23日(月)先日のある英字新聞に "Chirac, Bush share appreciation for culinary arts, if not politics"という見出しの記事の第7段落に次の一節があります。ブッシュ米国大統領とシラク仏大統領食事会に関するもののようです。

The rest of the menu—lobster risotto and filet of beef with Bordelaise sauce—was a level up from last time to two dined together, scarfing down cheeseburgers.

(同様の記事はhttp://66.102.7.104/search?q=cache:Fb6diW5qSeYJ:news.tradingcharts.com/futures/7/7/63966277.html+%22was+a+level+up+from+last+time%22&hl=ja)

このwas 以下なんですが、
" ...was a level up from A to B"の構文でBの部分は「S' V'」の節になっていると見ていいのでしょうか?それとも?よくわかりません。ご教示ください。

2月23日(月)先日のある英字新聞に "Chirac, Bush share appreciation for culinary arts, if not politics"という見出しの記事の第7段落に次の一節があります。ブッシュ米国大統領とシラク仏大統領食事会に関するもののようです。

The rest of the menu—lobster risotto and filet of beef with Bordelaise sauce—was a level up from last time to two dined together, scarfing down cheeseburgers.

(同様の記事はhttp://66.102.7.104/search?q=cache:Fb6diW5qSeYJ:news.tradingcharts.com/futures/...続きを読む

Aベストアンサー

何が言いたいのかは、white-bonbonさんの訳している通りだと思います。

そこで、fwkk8769さん、ここは素直に考えた方がいいのではないでしょうか。

要するに単純な間違えではないかと。"two"と書こうとして"to"と書き、"to"を消し忘れたか、"the"と書くべきところを"to"としたかのどちらかで、個人的には"the two"だろうと思っています。

Qどなたか翻訳お願いします。 Their families, too, are encouraged to got into the act.

Their families, too, are encouraged to got into the act.

どなたか翻訳お願いします。
特に、何が主語になってそして目的語になるのかを悩んでいます。theyが主語になるのでしょうか?,(コンマ)がどのように主語や目的語に関わっているのかが理解できません。

どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

■"too (~もまた) "が主語の "their families" の後に挿入されておりますが、これは「かれらの家族もまた」という意味をはっきりさせるためにここに置かれております。tooを文中の修飾対象の語句の後に直接置く場合にはこのようにカンマで区切って挿入することになっております。
■...ということが分かればこの文はさほど難しくありませんよ!("they"はこの文には出てこない、ということでよろしいですね?)
【試訳】
彼らの家族もまたその「活動」に参加するように勧められている。
■"act"はひょっとしたら何かの「出し物」かも知れませんが、この一文からはなんとも判別できません。
■"encourage + 人 + to不定詞" は「人に~するように働きかける、勧める」という表現。この文はその受身構文ですね。
■最後にご質問のポイントとは別ですが "families" と複数形になっているのは家族という単位で見て複数ですから、この文の主語としては「2家族以上」であることを確認なさってください。上の訳文ではそれは見た目では分からないですので。

■"too (~もまた) "が主語の "their families" の後に挿入されておりますが、これは「かれらの家族もまた」という意味をはっきりさせるためにここに置かれております。tooを文中の修飾対象の語句の後に直接置く場合にはこのようにカンマで区切って挿入することになっております。
■...ということが分かればこの文はさほど難しくありませんよ!("they"はこの文には出てこない、ということでよろしいですね?)
【試訳】
彼らの家族もまたその「活動」に参加するように勧められている。
■"act"はひょっとしたら...続きを読む

Qpart of,a part of,the part ofの違いについて

定冠詞、不定冠詞の使いは方は理解しているつもりですが、以下の認識であっていますでしょうか?

まず、the part ofの場合は、その部分が会話の中で明確になっておりまさにその部分であると言うことをさす場合に使用すると考えてよろしいでしょうか?

a part ofはその部分が数えられるものである場合に使用し、part ofは数えられないもしくは分割の単位があいまいなものに使用するという考えでよろしいでしょうか?


以下のような感じでしょうか?
this is the part of the issue.
訳「これは、その問題のその一部分(今話題に上がっている部分)です」

this is a part of the issue.
訳「これは、その問題のいくつかある中のそのうち一つです。」

this is part of the issue.
訳「これは、その問題の一部です。」

また、経験からしてpartに関してはtheかaをつけてもよいときにでも冠詞なしで使われることが多いように思うのですが。

Aベストアンサー

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East Germany ceased to exist in 1990, becoming a part of the Federal Republic of Germany.

John had to pay Mary $10 million as part of the divorce settlement.

などはいかがでしょう?

おっしゃるとおりでよいと思います。特に a part of は one part of と言い換えながら考えるとよくわかるのではないでしょうか。

ぼくもyasuさんと同じように理解していると思うのですが、ぼくなりに訳してみるとこんな感じでしょうか。

the part of the issue
「問題のその部分(今話題に上がっている部分)」

a part of the issue
「問題のある一部分」

part of the issue.
「問題の一部」

ほかにこの違いがわかりやすいような例文として、

I missed the first part of the movie.

East...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報