【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

簿記二級 第122回第三問 資料IIIの4 .「固定資産減価償却の備品」についての計算が分かりません。

固定資産の減価償却を以下の通り行う。(会計期間:H20/4/1からH21/3/31)

建物:減価償却累計額 84,000円
備品:定率法:償却率20%
平成16年4/1取得
備品価額(前T/B):900,000円

但し当期末に除却した備品を除く。
除却分備品価額:200,000円
除却分の備品減価償却累計額:118,080円
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
回答解説を見ると、下記となっています。

備品の価額 900,000-200,000=700,000円
備品減価償却累計額の金額 408,480(★)-118,080=290,400
(700,000-290,400)×20%=81,920

≪回答≫
減価償却費165,920/建物減価償却累計額84,000
備品減価償却累計額80,920
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この★の部分の詳しい計算が分からず、900,000円分を定率法・償却率20%で計算の意味かと思っており、自分で計算すると、

平成17年 3/31 900,000×0.2=180,000
平成18年 3/31 (900,000-180,000)×0.2=144,000
平成19年 3/31 (900,000-180,000-144,000)×0.2=115,200
平成20年 3/31 (900,000-180,000-144,000-115,200)×0.2=92,160

総計累計額531,360円で★の金額になりません。
どなたか詳しい計算過程、ご説明を頂けると大変助かります。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ああ、そんな問題あったなぁと思って、「過去問」を引っ張り出してきました。


これ、当時通っていたところの講師によりますと「罠」だそうです。
「何故この金額になるのか?」は、この場合突き詰める必要が無いからです。
平成16年4月1日に取得したのは「不要になった備品」です。
その他はいつ取得したか、同時に取得したのか否かは書いてません。
---以下引用
[資料II]2.決算にあたって不要となった備品(取得原価:¥200,000、平成16年4月1日取得、減価償却方法は他の備品と同じ方法による)を除却する。この備品の処分価格は¥50,000である。
---引用終わり
 で、¥408,480は、[資料I]決算整理前残高試算表に出ています。
これが正しいという前提で処理していくということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変分かりやすいご解説、本当にありがとうございました。
全くその様な発想がなかったので、ご説明を読んで正直びっくりしました。
ガチガチに先入観で問題を捉えておりましたので、まさか・・・の回答でした。
試験日も近く、非常に困っていたので本当に助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2015/02/13 08:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q簿記3級 減価償却累計額について

みなさんこんにちわ。
次の問題でなぜ減価償却累計額が90,000円になるかわかりません。どなたか教えて下さい。
 平成12年11月30日に備品(取得日:平成11年4月1日、取得原価:300,000円、減価償却方法:定額法、耐用年数:5年、残存価額:取得原価の10%、記帳方法:間接法、決算日:3月31日、1年決算)を、230,000円で売却し、代金は一ヶ月後に受け取ることとした。なお、減価償却費の計算は月割りによる。

解答
未収金     230,000   備品     300,000
減価償却累計額 90,000    固定資産売却益20,000

読みにくいとは思いますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

取得原価300000で耐用年数5年ということですでに計上されてる減価償却累計額1年分が
300000×0.9÷5=54000

さらに今年分の減価償却を月割りということなんで4月からの8か月分
54000×8÷12=36000

これをあわせると90000になりますが・・・
きちんとした正解だと
借方
未収金230000
減価償却累計額54000
減価償却費36000

貸方
備品300000
固定資産売却益20000

となります。
減価償却累計額の計上は決算整理仕分けでやることなんで、期中売却では今年の分に属する分は減価償却費として計上します。

まー、3級では質問文の回答でもいいのかもしれませんが・・・2級では間違いなく質問文の回答だと×もらいます。

Q建設業経理士2級試験の相談です。

今日第16回目の建設業経理士試験2級を受けて参りました。
私が使用したテキストや問題集は

「すっきりわかる建設業経理士2級 2014年度版」
「すっきりとける問題集 建設業経理士2級 2014年度版」
「合格するための過去問題集 建設業経理士2級」

勉強方法はすっきりわかるシリーズをテキストと問題集をやった後に、
合格するための過去問題集(第3回から14回までの12回収録)と
すっきりとける問題集に付いている15回分の過去問題を解き、
わからない部分はノートに写し、なぜそうなったのかも書いて
何度も読み込んで、過去問も解けるまで繰り返しました。

しかし、今回の第3問に近いものが過去問にもテキストや問題集にもなくて
全くわかりませんでした。
本質がわかっていないから応用が利かずに解けなかったんだと考えております。
解答速報は出ていませんが、今までの過去問と似たようなパターンだった
第1問、第2問、第4問は計算ミスがなければ理解できていたので、いいのですが、
第5問の仕訳と第3問に稀に出る(今までの試験では第5回と今回の試験である第16回)複雑な
理解力を問われる問題を克服したいです。

そこで、オススメの問題集やテキスト(本でも)があれば是非とも教えて頂きたいです。
よろしくお願い致します。

今日第16回目の建設業経理士試験2級を受けて参りました。
私が使用したテキストや問題集は

「すっきりわかる建設業経理士2級 2014年度版」
「すっきりとける問題集 建設業経理士2級 2014年度版」
「合格するための過去問題集 建設業経理士2級」

勉強方法はすっきりわかるシリーズをテキストと問題集をやった後に、
合格するための過去問題集(第3回から14回までの12回収録)と
すっきりとける問題集に付いている15回分の過去問題を解き、
わからない部分はノートに写し、なぜそうなったのかも書いて
何度も読...続きを読む

Aベストアンサー

私も同じ試験を受けました。
当初私も「すっきりとける問題集 建設業経理士2級 2014年度版」を使用していましたが
合わなかったのか頭に入ってこず、ネットで調べたら「パタ解」というテキストが好評だったので
さっそく購入し「すっきりとける~」は一切開かず「パタ解」オンリーで学習しました。
正しくはネットスクール出版の「出題パターンと解き方」というテキストです。
要点や試験に出る重要度やポイントが過去問に照らし合わされていて比べ物にならないくらい
わかりやすかったです。

私も同じ第3問で頭が真っ白になったのでとても共感したんですが、
真っ白になった理由が、思いつく答えの導き方が簡単すぎてこんなはずはないもっと難しく考えなくちゃいけないんじゃないかとパニックになってしまったという感じでした。14点は捨てるしかないとさえ思いました。
でも空欄なんてありえないしということで思った通りに記入し昨日の解答速報で確認したら合っていたので
難しく考えすぎなくてよかったんだなと思いました。
過去問を解く中でパターンを覚えるのと同時に問題の本質をとらえる力を養うことの方が大事だと痛感しました。

とにかく「パタ解」は非常におすすめです!お互い合格できるといいですね!

私も同じ試験を受けました。
当初私も「すっきりとける問題集 建設業経理士2級 2014年度版」を使用していましたが
合わなかったのか頭に入ってこず、ネットで調べたら「パタ解」というテキストが好評だったので
さっそく購入し「すっきりとける~」は一切開かず「パタ解」オンリーで学習しました。
正しくはネットスクール出版の「出題パターンと解き方」というテキストです。
要点や試験に出る重要度やポイントが過去問に照らし合わされていて比べ物にならないくらい
わかりやすかったです。

私も同じ第3問で...続きを読む

Q減価償却費と減価償却累計額について

現在簿記3級の勉強をしております。
固定資産の売却の仕訳と勘定記入(間接法)の問題を解いておりますが
どうして減価償却累計額は貸方に記入して
減価償却費は借方の方に記入するのでしょうか?
できるだけわかりやすく教えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の3級ということでしたら、仕訳の対象については、
・収益
・費用
・資産
・負債
・資本
この5つが発生したり、増減したりするものだという
ところまではわかっていますよね。

仕訳で

減価償却費 / 減価償却累計額

というのは、借方で「減価償却費」という費用が発生し、
貸方で「減価償却累計額」という負債の増加を示したものです。

減価償却費は、固定資産を1年間使い、1年分使い古した
費用のことです。それに伴い、資産取得してから、累計で、
これだけ資産の価値が目減りしてきてますよというのが、
減価償却累計額のことです。

Q建設業経理士2級を3月試験で独学2ヶ月で取得!

以前建設業経理士について、質問させてもらいましたが…実家の親が、入院したので勉強どころでなく、ようやく昨日ようやくか退院しました(^-^)
だから、明日から気合い入れて3月受験に向けて勉強にがんばるつもりです!
仕事は、日曜日祝日しか休みがないです…仕事が終わったあと、人より体力がなく疲れやすいですが、頑張って勉強して3月試験に絶対合格したいです!!

問題集は二冊購入してます。独学で、建設業の事務知識なく、2ヶ月の勉強で合格された方、または近い期間で合格された方おられましたら、ぜひとも勉強方法や合格の秘訣ありましたら、教えてください!お願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

もう問題集を購入しちゃったみたいですが、私はネットスクールの
「過去問題集&テキスト(出題パターンと解き方)」をやって合格
しました。
多分、建設業経理士のテキストは工業簿記を一通り理解している人
向けに作ってあると思うので、ちょっとやってみて「よくわからな
いな」と思われたら工業簿記の個別原価計算だけでも復習された方
がいいと思いますよ。
要領は同じで勘定科目が違うだけですので。
基礎を固めたら、過去問を解いて慣れていけば大丈夫ですよ。
出題のパターンは決まっていますから。
あとは、時間配分の感覚を身につけるために、一通り時間を計って
解いた方がいいと思います。
(試験の1週間ぐらい前からそういう訓練を開始した方がいいです)
解く順番はその時々で判断してもいいと思いますが、一つの問題に
時間をかけすぎて他の問題が手付かずになってしまうことは避けな
いといけませんから。

Q建設簿記の問題が理解できません

タイトルのとおりなのですが
「資本金10,000,000 資本準備金1,500,000 利益準備金500,000 を有している会社は、その他資本剰余金から300,000 その他利益剰余金から200,000 を剰余金の配当として支出した。
この場合新たに必要な利益準備金の積立額はいくらになるか」
という問題が全くわかりません
どなたか解説をしていただけたら助かります。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんにちは

解答は20,000です。

配当に関する問題を見るとき、先ず準備金の積立てが必要かどうかを判断します。
準備金の合計額(資本準備金+利益準備金)が資本金の1/4を上回っていれば準備金のと積立ては不要ですが、下回っていれば積立てなければなりません(会社計算規則第22条)。本問の場合、

資本金10,000,000×1/4=2,500,000
資本準備金+利益準備金=2,000,000

ですから、積立額が500,000不足しています。


次に準備金への積立額は資本金の1/4に達するまで、配当により減少する各剰余金の金額の1/10をそれぞれの準備金に積立てます(会社法第445条)。本問の場合ですと、

資本準備金への積立額は、
その他資本剰余金からの配当額300,000×1/10=30,000

利益準備金への積立額は、
その他利益剰余金からの配当額200,000×1/10=20,000

となります。

上記より、新たに必要な利益準備金の積立額はは20,000となります。

Q有価証券と投資有価証券の違い

経理初心者ですが、有価証券と投資有価証券の違いがわかりません。わかりやすく教えてください。

Aベストアンサー

「流動資産」の中にある科目で預貯金のうちの定期性預金を除けば、手元資金をリスクのある資産として保有しているものになります。
手元資金を有価証券に換えて保有しているわけですから、流動性の高い資産、つまり短期(会計上で1年以内)に処分し得る資産として流動資産に区分されます。

一方、投資有価証券は、長期的な投資目的で保有するものですから、短期で市場が値上がりしたからといって処分することはありません。
非上場の株式なんかは、その典型です。

流動資産に区分された有価証券だって投資の一種ではないか、という気がしますが、#1の方がおっしゃっているように、会計特有のワンイヤールールという長期か短期かを区分する基準があって、これにもそれが適用されるということです。

もちろん、「有価証券」を1年以内に処分しなかったからといって、「投資」に区分しなおすということではありません。あくまでも、短期で処分をし得るものとして保有しているのかどうかという分け方です。

そして、有価証券の処分損益は経常損益のうちの営業外損益に計上されますが、投資有価証券を処分した時は特別損益に計上されます。

「流動資産」の中にある科目で預貯金のうちの定期性預金を除けば、手元資金をリスクのある資産として保有しているものになります。
手元資金を有価証券に換えて保有しているわけですから、流動性の高い資産、つまり短期(会計上で1年以内)に処分し得る資産として流動資産に区分されます。

一方、投資有価証券は、長期的な投資目的で保有するものですから、短期で市場が値上がりしたからといって処分することはありません。
非上場の株式なんかは、その典型です。

流動資産に区分された有価証券だって投...続きを読む

Q建設業経理事務士2級取得が出来ない・・涙

私は高卒(普通科)で今春、建設会社に入社し事務系の仕事に就いています。
私の会社では建設業経理士2級以上を取得しなければならず、入社が決まった去年の9月から勉強を始め3月の試験を受験しました。しかし簿記など勉強をした事はなく、会社側も講習など実施してくれず完全なる独学で受験しました。案の定、先月不合格通知が来て次の9月も受験をすることになったのですが勉強方法がわかりません。参考書は「建設業経理士2級出題パターンと解き方 過去問題集&テキスト」や「合格トレーニング 建設業経理士2級」を使用しました。一通り解いたので、次の受験の際に同じ参考書だけでは受かる気がしません。DVD講座なども使用した方がいいのでしょうか。値段が高いので、躊躇しています。他に良い勉強法や良い参考書、手の届きやすい値のDVDなどあったら教えてください。

Aベストアンサー

私自身、日商簿記2級、全経簿記上級を持っています。取得は10年前です。建設業簿記の受験の経験はありませんが、過去門を見た限りでは難しくは思えませんでした。

ですので、勉強したことが無いのであれば、一般の簿記検定である商業簿記を日商で3級から勉強されたらどうですか?できることなら、2級の商業簿記と工業簿記も目指すと良いと思います。勘定科目の違いはありますが、基本的な考え方はあくまで簿記ですからね。また、建設業以外の会社への転職の際には日商の方が有利だと思います。建設業以外だと建設業簿記の存在すら知っている人は少ないです。

通信教育などもありますし、入社後であれば資格取得祝金や資格手当、資格取得費用などを会社が負担すべき部分はある程度あると思いますが・・・。
通信教育のCMを出しているようなところでは分割も可能です。がんばってください。

Q建設業経理士 2級 完成工事補償引当金繰入額

ただ今3月の試験に向け、過去問題をやっております。
どうぞどなたかのお力をお借りできればと思っております。
どうぞよろしくお願い致します。

本試験の第5問の設問で、問題文は
「なお、工事原価は未成工事支出金を経由して処理する方法によっている。」
と、なっている場合に、
「完成工事補償引当金を完成工事高に対して*%計上する」
の決算整理事項に対して、二通りの解答があるようで、
どちらの方が正しいのか迷っております。

仕訳(1)
借方:完成工事補償引当金繰入額 貸方:完成工事補償引当金

仕訳(2)
借方:完成工事補償引当金繰入額 貸方:完成工事補償引当金
借方:未成工事支出金      貸方:完成工事補償引当金繰入額

具体的に申しますと、
過去門の第21回では、上記の仕訳(1)
過去門の第22回では、上記の仕訳(2)
になっております。

この仕訳を間違えるだけで、他の数字にも影響し、点数をひかれるので
心配しています。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

3月に2級受験予定の者です。
私の持っている税務経理協会編の過去問集では、第21回、第22回とも、
仕訳(2)になっています。正確には、#1のmakoseiさんの言われる
借方:完成工事補償引当金繰入額 貸方:完成工事補償引当金
借方:未成工事支出金      貸方:完成工事補償引当金繰入額
ですね。

>この仕訳を間違えるだけで、他の数字にも影響し、点数をひかれるので
心配しています。//
清算表の整理勘定科目に「完成工事補償引当金繰入額」欄が有っても無くても、この仕訳を
借方:未成工事支出金      貸方:完成工事補償引当金
 (#1のmakoseiさんの言われる仕訳(1))
としていたら、精算表の整理記入欄の合計金額が変わることはあっても、本来求めるべきP/L、B/Sの金額に間違いは起こりません。
ですから、問題文に「なお、工事原価は未成工事支出金を経由して処理する方法によっている。」とある意味を正確に理解して処理すれば、正解は導きだ出せるのです。

ただし、このような、2種類の記入方法ができてしまうことを懸念してか、第24回以降の問題文には、
「また、整理の過程で新たに生じる勘定科目で、精算表上に指定されている科目はそこに記入すること」
の記載がありますので、現在では、必ず仕訳(2)である、
借方:完成工事補償引当金繰入額 貸方:完成工事補償引当金
借方:未成工事支出金      貸方:完成工事補償引当金繰入額
を行ない、「完成工事補償引当金繰入額」も用いなくてはならないようです。

3月に2級受験予定の者です。
私の持っている税務経理協会編の過去問集では、第21回、第22回とも、
仕訳(2)になっています。正確には、#1のmakoseiさんの言われる
借方:完成工事補償引当金繰入額 貸方:完成工事補償引当金
借方:未成工事支出金      貸方:完成工事補償引当金繰入額
ですね。

>この仕訳を間違えるだけで、他の数字にも影響し、点数をひかれるので
心配しています。//
清算表の整理勘定科目に「完成工事補償引当金繰入額」欄が有っても無くても、この仕訳を
借方:未成工事支出...続きを読む

Q完成工事高と完成工事原価の関係(経審)

知識ゼロです。おしえてください。
今経審のための建設業財務諸表を作成中です。
税務申告の決算書だと売上が7億くらいなんですが、実際注文書を見せてもらうと、工事が完成してたのが2.7億くらいでした。
この場合、完工高を2.7億にしてあとの4.3億を未収工事受入金とすればいいのでしょうか??

そうすると、工事原価も変わってくると思うんですが、どうやって計算すればいいのでしょうか??
今必死で調べてますが、簿記、建設業簿記の知識が無いのでわかりません。
なにかいい方法あったら教えてください

Aベストアンサー

>実際注文書を見せてもらうと、工事が完成してたのが2.7億くらいでした。

注文書はあくまでも契約上のことであって、 経理上(決算)と混同するものではありません。
財務諸表は決算書の内容と一致しなければなりません。

>この場合、完工高を2.7億にしてあとの4.3億を未収工事受入金とすればいいのでしょうか??

未成工事受入金を完成工事高(収益)に挙げた場合はこの時点で未成工事受入金(負債)は消えますので
これはありえません。

売上高=完成工事高+兼業事業売上高 です。
つまり、兼業がなければ 売上高=完成工事高 です。


作業手順としてはまず、
 今期手掛けた其々の工事が完成工事か未成工事、どちらなのかを分別する。

 完成工事においては
  完成工事原価=期首未成工事支出金+当期発生原価  となり、
  費目別に上記の計算式を基に算出します。
  (場合によっては期首期末の材料棚卸高も関ってきます)

 未成工事においては
  当期発生原価=期末未成工事支出金  となり、当然完成工事原価には含まれません。

言葉通り完成工事原価とは完成工事にかかった原価でありまだ完成していない現場の原価は含まれません。


あとは余談です。
>知識ゼロです。
前置きされているにもかかわらず、どうしても専門用語の羅列になってしまいました。申し訳ありません。
またご質問の部分は建設業経理士2級レベルです。
建設業では決算を終えたら【変更届→経営分析→経審】という流れなのですが、
最初の変更届の段階でご質問の財務諸表(完成工事原価報告書を含む)を提出します。
この段階で届出先機関においてしっかりチェックをしてくれます。というか、 されます。
あとの分析、経審へはただその写しを添付するだけです。
 
  ・・・既に財務諸表は作成済み。ということはありませんか?(失礼な邪推ですが^^;)

>実際注文書を見せてもらうと、工事が完成してたのが2.7億くらいでした。

注文書はあくまでも契約上のことであって、 経理上(決算)と混同するものではありません。
財務諸表は決算書の内容と一致しなければなりません。

>この場合、完工高を2.7億にしてあとの4.3億を未収工事受入金とすればいいのでしょうか??

未成工事受入金を完成工事高(収益)に挙げた場合はこの時点で未成工事受入金(負債)は消えますので
これはありえません。

売上高=完成工事高+兼業事業売上高...続きを読む

Q建設業経理士1級か、宅建か…

建設業経理士1級か、宅建か…

以前、このサイトに相談させてもらって無事に、建設業経理士2級合格しました!参考になるアドバイス頂きまして、ありがとうございました!本当にありがとうございますm(_ _)m
ヘタレな私ですが、合格の勢いで次に向けて資格試験を受けたいと思います!

建設業経理士1級を受けるなら、公認会計士を受験するわ~と先輩の話を聞きます…公認会計士並みに、そんなに一級は難しいのかと…と思いました…

一級を合格された方の、勉強方法や勉強時間、また公認会計士や他の資格がお薦めなど、色々なご意見をいただけたら助かります(*^_^*)

いい年して嫁に行く当てもないので、少しでも努力して仕事の力をつけたいです!
なんでもいいので、アドバイスお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

1級建設業経理士、宅建主任者です。

2級合格おめでとうございます。
まず1級のレベルですが…さすがに公認会計士ほど難しくはありませんし、日商簿記1級と比べても多少易しいぐらいのレベルです。ただ、他の簿記検定の最上級に比べると会計理論を重視する傾向があります。
また、他の簿記検定にはない「財務分析」という科目もありますので、単に経理処理ができるだけではなく、会計の仕組みを理解して経営状況の判断ができる人というのが1級を持っている人に求められる人物像にあります。
1級は科目が3科目あり、最初の科目合格から5年以内で全部合格することを求められます。
独学も何とか可能ですが、日商簿記1級ほどではないにしろ結構困難を伴います。かといって、通信や通学講座はあまり多くありません。
会社での1級の見通しですが、建設業界以外では試験レベルや知名度の関係であまりうけがいいとは言えません。1級取得者の多くは大手ゼネコン勤務なので、中小建設業者で1級持ってたらかなり重宝がられます。また、経営審査上、公認会計士と税理士登録者で会社に在籍していれば、みなし1級の扱いを受けます。

あとは宅建ですが、建設業経理士が経理財務系に対して、宅建は法律系です。
ネームバリューはもとより純然たる国家資格なので(建設業経理士は国土交通省の登録を受けた公的試験)、資格としての威力はかなり強いですが、宅建主任者の資格を取るまでの費用と時間がかなりかかります。また、資格者証を取れば更新もいりますし、自分の懐事情を考える必要があります。試験も年に1回だけです。

結局どっちを目指すかは、現在どのような仕事に就いていて、将来どのようなキャリアアップを目指しているかにもよります。
確かに両方持っていれば、建設・不動産系ではかなりの強みになりますが、汎用性を取るなら宅建、専門性を取るなら1級建設業経理士や、あるいは日商簿記にシフトするのも一つの手です。
ただ、方向性の違う資格だけに、両方取るにしてもどっちに自分の軸足を取るかをよく考えて、それぞれの資格を目指されることをお薦めします。

1級建設業経理士、宅建主任者です。

2級合格おめでとうございます。
まず1級のレベルですが…さすがに公認会計士ほど難しくはありませんし、日商簿記1級と比べても多少易しいぐらいのレベルです。ただ、他の簿記検定の最上級に比べると会計理論を重視する傾向があります。
また、他の簿記検定にはない「財務分析」という科目もありますので、単に経理処理ができるだけではなく、会計の仕組みを理解して経営状況の判断ができる人というのが1級を持っている人に求められる人物像にあります。
1級は科目が3科...続きを読む


人気Q&Aランキング