至急お願いします!!
直列共振回路の実験をしたのですが
考察がわかりません
よろしければ教えてください
結果は写真のとうりです
そこで
1.各素子の両端の電圧vr.vc.vlの総和は入力電圧viと等しくならない理由
2.RLC直列共振回路に共振周波数と一致する入力電圧が印加された場合、この回路での消費電力は他の周波数の入力電圧を、印加した場合と比べてどうなるか?
3.RLC並列共振回路において回路全体のインピーダンスと回路に流れる電流の周波数特性はどうなるか?

この3つわかる方いたら教えてくだはい

「至急お願いします!直列共振回路のレポート」の質問画像

A 回答 (1件)

考察以前に、「交流回路」「インピーダンス」「共振」がどういうものなのか、本当に理解できていますか?


その理解なしに「考察」を書こうとしても、それは無理な相談ですよ。
↓ RLC直列共振回路
http://eleking.net/study/s-accircuit/sac-resonan …
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/elec/koukairo/ …

>1.各素子の両端の電圧vr.vc.vlの総和は入力電圧viと等しくならない理由

「電流」に対して、電圧の位相がずれているからです。直列に接続されていれば、「電流」はどこでも等しいですが、それを基準にした「電圧」の位相は、抵抗、コンデンサー、コイルでそれぞれ異なります。

>2.RLC直列共振回路に共振周波数と一致する入力電圧が印加された場合

「共振周波数と一致する入力電圧」は、「電圧」そのものではなく、電圧の周波数ですね?

>この回路での消費電力は他の周波数の入力電圧を、印加した場合と比べてどうなるか?

それが「共振」ということなのですが・・・。

>3.RLC並列共振回路において回路全体のインピーダンスと回路に流れる電流の周波数特性はどうなるか?

「インピーダンス」と、それを介した「電圧」と「電流」の関係を理解しましょう。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q計算値と理論値の誤差について

交流回路の実験をする前に、ある回路のインピーダンスZ(理論値)を計算で求めたあと、実験をしたあとの測定値を利用して、同じ所のインピーダンスZ(計算値)を求めると理論値と計算値の間で誤差が生じました。
そこでふと思ったのですが、なぜ理論値と計算値の間で誤差が生じるのでしょうか?また、その誤差を無くすことはできるのでしょうか? できるのなら、その方法を教えてください。
あと、その誤差が原因で何か困る事はあるのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

LCRのカタログ値に内部損失や許容誤差がありますが、この誤差は
1.Rの抵抗値は±5%、±10%、±20% があり、高精度は±1%、±2%もあります。
2.Cの容量誤差は±20% 、+50%・ー20% などがあり
3.Lもインダクタンス誤差は±20%で、
3.C・Rは理想的なC・Rでは無く、CにL分、Lに抵抗分の損失に繋がる成分があります。
これらの損失に繋がる成分は、試験周波数が高くなると、周波数依存で増大します。
また、周囲温度やLCRの素子自身で発生する自己発熱で特性が変化します。
測定器や測定系にも誤差が発生する要因もあります。
理論値に対する測定値が±5%程度発生するのは常で、実際に問題にならないように、
LCRの配分を工夫すると誤差やバラツキを少なく出来ます。
 

Q左の図は並列で考えろと言われたんですけど、捉え方によっては直列に考えられませんかね?

左の図は並列で考えろと言われたんですけど、捉え方によっては直列に考えられませんかね?

Aベストアンサー

どうみても並列でしょう

Q電圧を複素数表示にするときなぜ画像のように定義できるのかわかりません 回答お願いします(._.)

電圧を複素数表示にするときなぜ画像のように定義できるのかわかりません
回答お願いします(._.)

Aベストアンサー

vとVは別物と考えて下さい(^^)
vは実際の電圧で、Vは交流の複素数表示です。
で、画像に「対応関係」とあるのですが、
それは、後で勉強するように、モロに交流を扱わなくても、
V=Ve(cosθ0 + isinθ0)
で、様々な交流回路の問題を扱うことができるからなんです(◎◎!)
どんな風に複素数表示が便利なのかは、この先の勉強を楽しみにしておいてくださいね(O^^O)

Q合成抵抗の解き方についての質問です。 自分の解き方が合っているか?

自分の回答です。↓

R1+R3(直列)=Ra
R2+Ra(並列)=Rb
Rb+R4(直列)=Rc

回答はRc

Aベストアンサー

考え方のプロセスとしてはよいと思います。

(1)R1 と R3 の直列 → 合成抵抗は Ra = R1 + R3   ①

(2)その Ra と R2 の並列 → 合成抵抗は Rb = Ra・R2/(Ra + R2)  ②

(3)その Rb と R4 の直列 → 合成抵抗は Rc = Rb + R4

以上を総合して

 Rc = Rb + R4
   = Ra・R2/(Ra + R2) + R4   ←Rb に②を代入
   = (R1 + R3)・R2/(R1 + R3 + R2) + R4   ←Ra に①を代入

ということです。それは分かっての質問文ですよね?

Ra, Rb という仮置きの記号を使わずに、与えられた R1 ~ R4 だけを使って表わすのが最終結果です。

Qテスターと比抵抗

実験で抵抗を測るためにテスターを用いてチタンを計測しましたが、全く針が振れませんでした。
これは、チタンの比抵抗が4.2×10^-6Ωcmと小さい値だからでしょうか?

回答のほどよろしくお願いします

Aベストアンサー

チタン表面に 絶縁性の酸化チタンが出来ているためと思います。

Qコンデンサのエネルギーの問題で 電圧Vで充電された電気容量Cのコンデンサに3Vの電池をつなぎスイッチ

コンデンサのエネルギーの問題で

電圧Vで充電された電気容量Cのコンデンサに3Vの電池をつなぎスイッチを入れる。
抵抗で発生する熱量Hを求めよ

という問題で

発生する熱量=回路の後の状態のエネルギー-前のエネルギー

より
H=(1/2)C3V^2-(1/2){C(3V)^2}
と計算したら間違いでした。考え方のどこを間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

コンデンサーの初期電圧Vcと電池電圧Vbの関係は以下とします。
Vc>Vb

コンデンサーVcに蓄えられたエネルギーは以下になり、これはあっています。
(1/2)C*Vc^2

電池が直列に接続されているため、Vcは最後にVbになります。
この時のコンデンサーに残るエネルギーは、
(1/2)C*Vb^2

個の差分が、抵抗で発生する熱量Hになります。

ご掲示の式は、右辺の1項目と2項目が同じ3Vですね。
コンデンサーの初期電圧が適用されていません。

Q画像の変圧器の効率の問題でまた分からなくなってしまいました 正しい計算方法は理解できたのですが、私の

画像の変圧器の効率の問題でまた分からなくなってしまいました
正しい計算方法は理解できたのですが、私の式(補足の画像)では間違っていて何がおかしいのか分からなくなってしまいました

私の式の考え方は
1台で運転の時の損失<2台で定格並列運転の時の損失

になればいいと考え式をたてました

質問1 この式は何を求めている式になるのでしょうか
質問2 この式の考え方はどこを間違えているのでしょうか

正しい計算方法は理解できたのですが、何回考えてもこの計算方法ではなぜ求められないか分かりません

よろしくお願いします

Aベストアンサー

なるほど、この問題に対する正式なやりかたは理解されているようですね(^^)
で、主さんがあげている計算の意味は

負荷に最大電流100Aを2台の変圧器であたえたときの損失よりも小さい損失が、
1台運転の変圧器で生じる負荷電流はいくら以下か、という意味です。

もともとの問題が、同じ負荷電流を1台と2台で流したときの損失をくらべようとしているのに
主さんの計算では負荷電流が100Aと91.29Aと異なっていることから見ても
誤っていることがわかりますね。

Q画像のコンデンサの問題で補足のように計算したら間違いでした。計算のどこを間違えているのでしょうか

画像のコンデンサの問題で補足のように計算したら間違いでした。計算のどこを間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

まず、2C1=・・・の次の式で、左辺に2かけるのを忘れています(^^;)
また、極板間隔を[m]の単位にしてあるので、
10[mm]=0.01[m]
6[mm]=0.006[m]
ですね(・ー・)
この2つを修正すれば解答が出てきます(^^)

助言なのですが、極板間隔は[mm]で表されているので、[m]になおさずに[mm]の単位で計算してしまいます(´∀`)
つまり、10[mm]は10、6[mm]は6として扱います(-_-)
0.00・・・なんて出てくると、式があつかいづらいですし、単位換算でミスをする恐れができますから(’⌒’)
ただし、静電容量を実際に計算する場合は[mm]を[m]になおして下さいね(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q導線で繋がれた極板はなぜ等電位になるのかを教えて下さい!

異なる電圧で充電された二つのコンデンサーを導線を用いて繋ぐと、最終的には、二つの極板間の電位差が等しくなりますよね?そこで質問なのですが、導線で繋がれた極板はなぜ等電位になるのかを教えて下さい!ご回答宜しくお願いします!<(_ _)>

Aベストアンサー

電位の差というのは、大雑把に言えば、そこに存在している電子の数(密度)の差です。
導線でつながれると電子は導線の中を移動します。
当然、混み合っている方(電位が高い)からすいている方(電位が低い)に移動します。
そして、周りの混み具合が一定になると(つまり、電位が等しくなると)電子の移動は止まります。

Q画像の問題について質問します ⑶について、ブラウン管がそもそもどういうものかわかりません、電子光線を

画像の問題について質問します

⑶について、ブラウン管がそもそもどういうものかわかりません、電子光線を打ち込むという問題は以前解いたことがありますが、それも本質的なことはわからないまま誘導に従って解いたという感じです

図2のブラウン管内に描かれた極板はすべて蛍光面になっているということでしょうか?
また具体的に⑶の問題の解き方も詳しく教えていただきたいです

よろしくお願いします

Aベストアンサー

ブラウン管はテレビの表示器として広く使われて来ましたがテレビが液晶になると忘れられたようですね。
構造図は下のリンクを見てください。
http://www2.plala.or.jp/Artificial/HomePage/Book/crt_def.html
電子銃から出た電子線を偏向板で上下・左右に曲げてスクリーン(蛍光面)に画像を表示します。
この図は主に測定器に使われていた静電偏向型といわれるものです。オシロスコープのブラウン管はこのタイプです。
テレビに使われていたものは偏向に磁気を使ったので電磁偏向型と言います。

静電偏向型では上下の偏向板(垂直偏向板)の間に加わる電圧差によって電子線が垂直方向に曲がります。
同様に2枚の水平偏向板の間の電圧差のよって水平方向に曲がります。
電子はマイナスの電気を帯びているのでプラスになった偏向板の側に曲がります。

問題にはダイオードがありますね。抵抗には+の電圧しか加わりません。端子EはFに対して+にしかならないので電子線は上にしか曲がりません。
水平偏向板には電源の交流がそのまま加わっているので左右に振れます。
結果として _/ の図になるでしょう。

ブラウン管はテレビの表示器として広く使われて来ましたがテレビが液晶になると忘れられたようですね。
構造図は下のリンクを見てください。
http://www2.plala.or.jp/Artificial/HomePage/Book/crt_def.html
電子銃から出た電子線を偏向板で上下・左右に曲げてスクリーン(蛍光面)に画像を表示します。
この図は主に測定器に使われていた静電偏向型といわれるものです。オシロスコープのブラウン管はこのタイプです。
テレビに使われていたものは偏向に磁気を使ったので電磁偏向型と言います。

静電偏向型では上...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報