こんにちは高1で行政書士の取得を目指してがんばっているものです。現在も試験のための勉強を毎日2.3時間ほどしています。私は現在本屋で買ったテキストを1度読みその後ノートにまとめて覚えられたかどうか問題集をやって確かめながら勉強しているのですが独学で勉強しているのでこの勉強の仕方でいいのか悩んでいます。行政書士の勉強って具体的にどんな風にやればいいんでしょうか?また高校生で行政書士を取得した人っているんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 高校生でも受験資格はあるのはご存知だとはおもいます。

ただ高校在学中に試験を受けるという話は聞いたことはありません。平成11年度までの行政書士試験は学歴条項がありましたので、もし高校生合格者が存在するのだとしても平成12年度以降ということになりますので、せいぜい数名ではないかとおもいます。
 試験の難易度自体は、高校生だからといっても十分に合格できる程度のものです。(むしろ一般教養の面では大人の受験生よりはるかに有利でしょう)ですがそれにもかかわらず高校生の受験者がいないのは、ひとつには未成年者は行政書士の登録ができないので、未成年のうちに資格取得しても意味がないというのがありますし、仮に20歳になって開業できたとしても社会経験が未熟な者にこの商売で食っていくことはマズできません。
 高校在学中に将来の進路を決めれるのは立派なことではありますが、普通「将来は法律専門職に就きたい」と思う高校生は自分の希望する大学の法学部に受かることを優先させるものではないでしょうか。行政書士の資格がいくら簡単とはいっても、やはりそれなりの労力は覚悟しなくてはなりません。そんな暇があるなら少しでも大学受験にむけての受験勉強に時間を割くほうが有意義だと、一般的には考えるでしょう。
 もし仮に受験の動機が「単なる話題性」や「資格もってたほうが就職に有利かも」ということであれば、それはまったくナンセンスです。話題性なんて一過性のものでしょうし、起業の採用担当者は行政書士の資格など歯牙にもかけません。また親権に「いまのうちに手に職をつけたい」というのも、受験動機としては方向違いです。それなら「看護士」や「理髪師」などの資格をとる為に必要な学校に進学するほうが有益です。
 以上くどくどとネガティブなことを羅列しましたが、それを踏まえてもなお受験の意思が揺らがないというのであればたいしたものです。是非1発合格をなしえてください。最後に一応経験者として「高校生が合格する為に必要と思える学習方法について」簡単に書いておきます。参考になれば幸いです。
 
 (法令科目)
 近年の試験問題の難易度にはばらつきがありますので一概にはいえませんが、平成16年度の問題のレベルであれば書店で手に入る参考書を使っての独学でも十分でしょう。ただし答練や模試などは予備校などの主催するものを受けて本番に備えるほうがいいでしょう。ちなみに平成15年度の問題レベルは独学では太刀打ちできないのではないかとおもいます。(その年の難易度は試験委員のみぞ知るです)
 
(一般教養)
国語、社会、理科、数学どれをとってもなじみのあるものばかりでしょう。特に学習の必要すらないかもしれません。(大人たちにはうらやましいかぎりです)早い段階で過去問を入手し問題の傾向を確認しておいてください。
 ただし社会科11問出題中、多ければ4問が時事問題となりますので、それの対策は必要です。今年の4月1日までに起こった日本および世界のニュース全般から出題があります。たとえば
●裁判員制度創設
●個人情報保護法施行
●敵対的企業買収
 などなど例を挙げればきりがありません。世間で注目されている話題だけでなく、大して関心をあつめていないマイナーな話題も出題されます。
 対策としては公務員試験用に出版されている時事対策の書籍を使ったり、新聞、テレビ、ネットなどを活用するのがセオリーでしょうか。
 後は近年は時事問題と法令問題の論点を複合的に問う問題も出題されますし、あと法令科目以外のマイナー法で、特に近年改正のあった法律などは一般教養の枠で出題されます。ですのでニュースを見る際も常に「法律」を意識して見る癖をつける必要があります。
 たとえばライブドア対フジテレビの一連の騒動にしても
●そもそも何が問題なのか?
●その問題は違法性を争っているのか?もしくはたんに妥当性を争っているだけなのか?
●国務大臣や与党の幹部たちが連日コメントを発していたが、今回の騒動に関して商法の改正はあるのか?あるとしていったいどの条文をどのように改正する案が出ているのか?
●司法の場でも争われたようだが、裁判所はどちらに軍配を上げたのか?またなぜそのような判断になったのか?
●和解内容とTOB価格との間に乖離があるようだが、今後フジテレビの株主たちは株主代表訴訟を起こすことはありうるのか?有るとすれば裁判所はいかなるジャッジをくだすのだろうか?

 などなど ひとつのニュースを取り上げても問題になりうる論点はいくつもかくれています。民法や商法は当然のこととして、そのほか憲法、行政手続法、行政訴訟法、税法・・・早い話が全ての法令科目が複合的に時事問題には影響してくるのです。
 そのあたりをふまえて ぜひとも「暗記ではなく理解こそ全て」なのだということを理解していただきたいものと思います。
   


 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士と行政書士の違いって

現在、司法書士もしくは行政書士のように法律の仕事しないと考えています。
まったくの初心者なのですが、司法書士と行政書士の違いって何ですか?
また、どのようにしてなるのですか?
必要な学歴などありますか?
最後に、収入はどのようになりますか?

色々、質問づくしですみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

主な違い
行政書士(総務省管轄)
他人から依頼を受け、官公署(国の機関・都道府県庁・市区役所・警察署・etc)へ許認可などの申請の手続きの代理・代行及び、その書類の作成。(車庫証明・建設業許可など)
行政書士になるには、行政書士試験に合格するか、公認会計士・税理士・弁護士のどれかになっている人。又は一定の公務員OB。

司法書士(法務省管轄)
他人から依頼を受け、裁判所・法務局に提出する裁判絡みの書類の作成・手続き代行、及び登記関係の仕事。
また、司法書士になった後に受験できる、ある試験に合格すると簡易裁判所で弁護ができます。
司法書士になるには司法書士試験に合格。又は一定の公務員OB。

行政書士・司法書士共に学歴は必要ありません。
ちなみに私は、高卒ですが行政書士試験に合格しました。
収入は開業すればその人次第です。どこかの事務所に勤務になると司法書士はそこそこの収入ですが、行政書士は厳しいです。

下記に各書士の団体のサイトを紹介します。(いずれも公的な団体です)
日本司法書士会連合会↓
http://www.shiho-shoshi.or.jp/
日本行政書士会連合会↓
http://www.gyosei.or.jp/

主な違い
行政書士(総務省管轄)
他人から依頼を受け、官公署(国の機関・都道府県庁・市区役所・警察署・etc)へ許認可などの申請の手続きの代理・代行及び、その書類の作成。(車庫証明・建設業許可など)
行政書士になるには、行政書士試験に合格するか、公認会計士・税理士・弁護士のどれかになっている人。又は一定の公務員OB。

司法書士(法務省管轄)
他人から依頼を受け、裁判所・法務局に提出する裁判絡みの書類の作成・手続き代行、及び登記関係の仕事。
また、司法書士になった後に受験でき...続きを読む

Q行政書士独学についてお聞きします 行政書士を受けたいと思います ケータイ行政書士ミニマム六法 ケータ

行政書士独学についてお聞きします

行政書士を受けたいと思います
ケータイ行政書士ミニマム六法
ケータイ行政書士
1分マスター行政書士2冊を
買いました。

どのように勉強したらいいですか

Aベストアンサー

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニマム六法は、条文の語句の色分けをしてあるとのことですね。法律の条文は、一言一句、作る人のこだわりが込められているものです。法律の条文と最高裁の判決理由に無駄な語句はないと思います。最初の段階から、この条文はここだけ覚えればいいという習慣をつけるのは、おすすめできません。今までに試験に出てない重要なタームは完全に穴になってしまうのではないでしょうか。行政書士試験に条文の穴埋めのような問題が出るとすれば、こちらの本も直前期に見直すためにだけ使う方がいいと思います。普段の勉強は、面倒でも、普通の六法や判例六法を使った方がいいのではないかと思います。

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニ...続きを読む

Q行政書士と司法書士の違いってなに?

行政書士と司法書士の違いってなに?

Aベストアンサー

行政書士は、1ケ月の勉強で合格できなければ一生なれないもの。
司法書士は、6ケ月の勉強で合格できなければ一生なれないもの。
ついでに
司法試験は、3年の勉強で合格できなければ一生なれないもの。

Q行政書士試験に合格したら、行政書士会への登録・独立開業しなくても資格取得になるのですか?

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても勉強をして資格試験に合格するのとでは知識の差が違うのではないかな?(勤務が学校ですから分野(?)が限定されてしまいますので…)と思うので、受験して合格し、資格をとりたいなと考えています。
そこで、まだ勉強を始めたばかりなのですが、心配事ができてしまい、質問をさせていただきました。
☆質問☆
(1)行政書士試験に合格=行政書士の資格を取得と考えてよいのでしょうか?
(2)行政書士試験合格のその後には、行政書士会へ申請し登録すると開業できると言うことですが、公務員なので開業は考えていませんが、登録しなくても、行政書士資格取得となるのでしょうか?
(3)試験合格後、登録しないまま年月が過ぎても開業したいときに申請したら開業は可能なのでしょうか?
似ているような(?)内容3点になりますが、教えていただけるとうれしいです。よろしくお願いします。

行政書士試験その後について教えてください。ほかの方の質問にもあり、重複してしまうかもしれませんが、よろしくお願いします。
現在、行政職員として学校に勤務しています。将来、行政書士として開業するかどうかはわかりませんが、行政職員としてスキルアップのためにも資格を持っていたほうがいいのかな?…と漠然と思い、勉強をはじめました。
試験案内を見ていたら、「行政書士となる資格」のところで、行政事務に20年従事しているものが資格を有するとのことがあったのですが、行政事務に従事していても...続きを読む

Aベストアンサー

お分かりだとは思いますが、試験合格しても行政書士会への入会をしなければ、行政書士を名乗ることも行政書士業務を行うことも出来ません。

履歴書などには、
○年○月 行政書士試験合格
ですし、名乗っても行政書士有資格者です。

知り合いのそこそこ大きい士業総合事務所では、支店や業務責任者以外の有資格者は、名刺に○○士有資格者と記載しています。あくまで登録者の補助業務として業務を行うためお金をかけないためでしょう。

合格時の証明書や試験センターなどが発行する合格証明などがあれば、いつでも登録・開業は可能でしょう。

Q行政書士と司法書士試験の民法の違い

タイトルどおりなのですが、
行政書士試験と司法書士試験の民法の違いはありますでしょうか?

Aベストアンサー

行政書士試験の民法は広く浅く。
司法書士試験の民法は更に広くとても深く。
といった所です。
ただ、噂で今年の行政書士試験からは難易度が高くなるらしいので、そこは分かりません。

Q行政書士 行政法勉強法…どうかお助け下さい!

行政書士を勉強していますが、いわゆる行政法で
行き詰まっています。いい勉強法や参考図書などが
ありましたら教えて下さい。

予備校に通っていますので、勉強方法は以下の
通りです。

講義を聴く→問題集、過去問を解く
→答え合わせをしながら解説と一肢一肢を
テキスト(教科書)と照らし合わせる
(正誤の理由を考えていく)
→必要な箇所は紙に書き出して覚える

これを繰り返しています。

民法、憲法はこの方法で合格基準に達していると
思います。ですが、行政法は、いくら照らし合わせても
頭に入って来ません。

例えば、条文ごとの「ねばならない」と「できる」との
違いや、「但し、~の場合を除く」が、どの条文には
あってどの条文にはないかなどが混乱してしまいます。
用語と意味もなかなか一致しません。覚えられません。

ちなみに予備知識は、憲法は小、中、高で、
民法は数年前に取得した宅建で少し勉強した
ことがあります。行政法は今回が初めてです。

どうぞよきアドバイスをお願い致します
(参考図書はこのスレッドからリンクしてあった
『はじめて学ぶプロゼミ行政法』を買ってみました。)。

行政書士を勉強していますが、いわゆる行政法で
行き詰まっています。いい勉強法や参考図書などが
ありましたら教えて下さい。

予備校に通っていますので、勉強方法は以下の
通りです。

講義を聴く→問題集、過去問を解く
→答え合わせをしながら解説と一肢一肢を
テキスト(教科書)と照らし合わせる
(正誤の理由を考えていく)
→必要な箇所は紙に書き出して覚える

これを繰り返しています。

民法、憲法はこの方法で合格基準に達していると
思います。ですが、行政法は、いくら照らし合わせて...続きを読む

Aベストアンサー

私も今年の試験に向けて猛(??)勉強中です。
同じく「始めて学ぶプロゼミ行政法」買いました。きっと行政法を始めて勉強する人の基本なんでしょうね(笑)
でも、私は正直1回パラパラと流してみて今は本棚の端のほうで眠っています・・・
私の勉強方は・・・
講義を聴く

チラシの裏などにその日の講義のノートを書き写す(講義の内容を思い出しながら)どうせ捨てるものなのでみみずのような汚い字で10分くらいです。

その日の範囲の過去問を解く

を、講義のあった日の夜にしています。
今は講義も2順目なので、私なりの「まとめノート」を講義の後に作っています。
丁寧なものではないので、多分私にしか分からないようなものですが、自分でつくれば、頭の中でノートのどの辺に書いたものかすぐ思い出せるので重宝しています。

gogo2183さんと同じで私も書いて覚える派なのでいいかと思う方法が、私もしているのですが、「間違いノート」です。
あるHPで見つけたのですが、過去問などを解いていて間違ったところをノートにまとめるんです。
丁寧なものではなく、時間をかけず簡潔に。そうすれば自分の弱点も分かりますし、次に同じ問題をして答えが分かればそのまとめたものを消していくんです。消したものが増えればちょっとは自信が出てきますよ。
今から自分なりのノートはあまりお勧めしませんが、間違ったところを自分で分かるようにすれば勉強に重点をおくべきところがはっきりしていいかもしれませんね。

条文に関して言えば、行政法で問われる条文は量自体は多いと諦めるには惜しい量なので、私は読んで頭の中で流れを作って、チラシの裏に表や絵にしてみる、というのを時々やっています。

すこしくらい時間がかかっても、ちゃら書きでも、書くということで私は覚えるようにしています。毎日チラシが足りません(笑)
最近行政法は好きになったのですが、同じ好きでも民法はなかなか覚えられず苦労しています。
それぞれ向き不向きがあるんでしょうね・・・
お互い頑張って絶対合格しましょうね!

私も今年の試験に向けて猛(??)勉強中です。
同じく「始めて学ぶプロゼミ行政法」買いました。きっと行政法を始めて勉強する人の基本なんでしょうね(笑)
でも、私は正直1回パラパラと流してみて今は本棚の端のほうで眠っています・・・
私の勉強方は・・・
講義を聴く

チラシの裏などにその日の講義のノートを書き写す(講義の内容を思い出しながら)どうせ捨てるものなのでみみずのような汚い字で10分くらいです。

その日の範囲の過去問を解く

を、講義のあった日の夜にしています。
今...続きを読む

Q司法書士と行政書士の違い

行政書士が行える業務の中で、司法書士が行えない業務ってありますか?

Aベストアンサー

 行政書士は法律で他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とし、そのほか、他人の依頼を受け報酬を得て、作成できる書類を官公署に提出する手続を代わって行い、又は当該書類の作成について相談に応ずることを業とすることができますが、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができないとされています。法律資格においては広範に認められていますが、他の法律、たとえば司法書士、社会保険労務士、税理士で固有分野とされたものについては制限を受けます。
 一方、司法書士は法2条で
  1.登記又は供託に関する手続について代理すること。
  2.裁判所、検察庁又は法務局若しくは地方法務局に提出する書類を作成すること。
  3.法務局又は地方法務局の長に対する登記又は供託に関する審査請求の手続について代理すること。
 と法定されています。だから、裁判所、検察庁又は法務局以外(警察署、県庁・市役所など)に提出する書類の作成は司法書士には行えません。

 行政書士は法律で他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類その他権利義務又は事実証明に関する書類(実地調査に基づく図面類を含む。)を作成することを業とし、そのほか、他人の依頼を受け報酬を得て、作成できる書類を官公署に提出する手続を代わって行い、又は当該書類の作成について相談に応ずることを業とすることができますが、その業務を行うことが他の法律において制限されているものについては、業務を行うことができないとされています。法律資格においては広範に認められていますが、他の...続きを読む

Q半年の勉強で行政書士の資格取得は可能ですか

私は現在50歳です。
法律事務所での勤務経験が25年ありますが、特に資格は持っていません。
昨日、大型書店に行ったら、「行政書士」の資格本が目に留まったので購入しました。
興味がもてそうな内容だったので、そのあとネットでいろいろ調べました。

私は、門前の小僧的に法律の知識を得たり、必要に迫らせて簿記の本を読んだり、
大学卒業後初めての就職がコンピュータ会社だったので程々にPCが使えたり、
(自分で言うのも変ですが)便利な事務職として雇われてきました。
そして定年まで、あと10年働くつもりでいます。

前置きが長くなりましたが、
そんな私でも、短期間に行政書士の資格を取得することは可能でしょうか?
特段焦る必要はありませんが、11月に試験が行われることを知り、
「あと6か月あるのか、もう6か月しかないのか、どちらだろう?」と思いました。
資格取得は1年半後でも2年半後でもよいのですが(取得できるかどうかも不明ですが)、
私の勉強パターンは短期集中型なので、半年は適切な長さかと思います。

勤務があるため、専門学校へ通う時間は確保できないので、
早速、通信講座を申し込みました(独学では難しそうな気がしました)。
文系の大卒かつ事務職なので、文字を読むことは苦になりませんが、
(言い訳かもしれませんが)加齢現象で記憶力や集中力は衰えています。
しかし、やると決めたら、本気で努力するつもりです。

行政書士資格で生計を立てたいとの野望はありませんが、定年後などに
ぼちぼち何らかの形で役に立てられたらいいな・・・くらいに思っています。
ご意見や経験談などをお聞かせいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

※申し訳ありませんが「能力・やる気次第」とのご回答はご遠慮ください。
 それはそのとおりだとわかっておりますので。

私は現在50歳です。
法律事務所での勤務経験が25年ありますが、特に資格は持っていません。
昨日、大型書店に行ったら、「行政書士」の資格本が目に留まったので購入しました。
興味がもてそうな内容だったので、そのあとネットでいろいろ調べました。

私は、門前の小僧的に法律の知識を得たり、必要に迫らせて簿記の本を読んだり、
大学卒業後初めての就職がコンピュータ会社だったので程々にPCが使えたり、
(自分で言うのも変ですが)便利な事務職として雇われてきました。
そして定年まで、あと10年働くつ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、実務で必要とされている知識と資格に合格するための知識の方向性はまったく異なっているのを理解されていますか。

> 法律事務所での勤務経験が25年ありますが、特に資格は持っていません。
ということは、実務能力はあると思いますが、学説解釈とか知らないとも思いますが、どうでしょうか。

これが、法律事務所での勤務経験(雑務的な業務ではないという意味です。)と法律関係の資格を既に取得していれば、努力次第では合格できる可能性はあると思います。

それに、現在勤務されているということは、行政書士試験勉強に専念できないということですよね。

この状態では、個人的には6ヶ月でも足らないと思います。

Q法律に関する仕事。行政書士と司法書士の違い。

 性格的に理屈っぽくて、興味もある事から法律に携わった仕事をしたいと思っています。
 しかし、大学の法学部に通う気は無く独学で勉強したいんです。独学で勉強出来て、法律に携わる資格といえばなんでしょうか?。

 親は「行政書士か司法書士」と言っていますが、司法書士と行政書士の仕事があまり知りません。どこまで範囲の法律に携わり、どういう仕事をするんでしょうか?。そして、資格取得後の雇用状況なども知りたいです。

Aベストアンサー

司法書士のほうが明らかにレベルが高いです。たとえば素人ではややこしい登記のことを頼むのは司法書士です。司法書士ならかなりの収入を期待できるはずです。

Q今年の行政書士のテスト(行政書士合格者に質問)

去年、行政書士に受験して、不合格だったものですが、ここ3年間は、試験の難易度が高くなっていると思い、今後の対策に悩んでいます。

他のサイトなどで紹介されてた、司法試験用の伊藤塾のシケタイとかを基本書として使い、六法も判例六法とかを使っていますが、問題集も司法試験や司法書士とかを使うべきですか?

基本的に、行政書士の過去問題や参考書は、必要ですか? 予想問題や模試などは、購入や受けてみようとは、思っています。

最近の行政書士の合格者の方、アドバイスください。
他にいい勉強法あれば、教えてください。
基本的に、独学で勉強しようと思っています。

Aベストアンサー

平成16年に合格した者です。
昨年は少し傾向が変わったと聞いておりますので、ご参考までに。

行政書士試験も過去問は大事です。
私も5年分くらいは解いたと思います。
http://www.hajimete.tv/test/index.html

六法は、行政書士試験用の六法を買いました。
通常の六法も持っているのですが、それに載ってない規則などもありますので。
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/book_details.php?bookcd=2819

上記六法で条文の素読みはしたものの、今ひとつ身に付いてない気がしたもので、直前は、ひたすら下記書籍のカードをやりました。
http://book.dai-x.com/shop/6/2677.html

その他、早稲田セミナーの基本書も、たしか行政法は使ったと思います(諸法令というのもあったんですが、今はないのかな)。
http://www.w-seminar.co.jp/gyousho/view.cgi?gyousho_text_list.html%23nandemo2006

それから教養対策ですが、普段新聞を採っていないので、「新聞ダイジェスト」(月刊誌)を半年くらい購読してました。
これには時事ネタを就職試験向けにアレンジした問題が入ってます。
http://www7.ocn.ne.jp/~n-digest/

私が受験した感想は、行政書士試験は基本的に暗記がモノを言う試験だということです。
シケタイは、法的思考力を付けるのには優れていますが、これだけでは合格できないと思います(ただし、憲法・民法は量が多すぎることを別にすれば、有用かもしれません)。
司法試験の問題についても同様のことがいえます。
Takamituさんの場合、ある程度行政書士試験に特化した勉強をする必要があるのではないでしょうか。

来年は合格率も多少は上がると思います。
がんばって下さい。

平成16年に合格した者です。
昨年は少し傾向が変わったと聞いておりますので、ご参考までに。

行政書士試験も過去問は大事です。
私も5年分くらいは解いたと思います。
http://www.hajimete.tv/test/index.html

六法は、行政書士試験用の六法を買いました。
通常の六法も持っているのですが、それに載ってない規則などもありますので。
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/book_details.php?bookcd=2819

上記六法で条文の素読みはしたものの、今ひとつ身に付いてない気がしたもので、直...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報