こんにちは。
作ったかやくご飯(おこわ)をお弁当につめて、1日半後にレンジで温めて食べようとしたところ、納豆のように糸を引いていました。
3合炊いたのですが、米、もち米の割合は2合、1合です。

これはなぜでしょうか。
一日半で腐るわけがない(お弁当にするまでの一日間は冷蔵してあった)
という信念のもとに食べてしまいましたが、
半日立っても大丈夫です。

もち米が入っているからですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 糖が発酵し始めているのだそうです。


 でもどのみち、菌が繁殖してることには変わりないですよ。
 糸を引いたご飯自体は食べても平気ですけど、これが他の菌だったことを考えると、確認せずに食べるのはどうかと思います。

 どのみち、1日半もあれば菌が増殖するには充分ですよ。俺の場合は鶏肉ですが、冷蔵庫に入れてた奴が5時間で腐りました。

 あとご飯類は、炊き立てをラップしてカチカチに凍らせたあと、食べるときにレンジで戻すと美味しいです(戻すときは、500Wの機種で、茶碗1杯のご飯が2分半程度です)。
    • good
    • 0

話がずれますが、お弁当にすると痛みやすいかやくごはんは、我が家では炒めて焼飯にしたり、ケチャップを入れてケチャップライスにし、薄焼き卵をかぶせてオムライス風にして持たせています。


具が入っているので炒めるだけで良いし、痛みませんよ!おすすめです。
質問と違う内容でごめんなさい。m(_ _)m
    • good
    • 0

完全に冷めてから冷蔵しましたか?


暖かいのを冷蔵庫に入れるとあっという間に腐ります
すし飯の要領で冷ますと良いですよ。
それと、冷蔵庫から出して半日は常温だったわけでしょう
当然腐りますよ。
具が入っている分余計に腐り易いしね
糸を引くように成ったら食べない方がいいですよ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q保存方法冷蔵の食品を冷蔵しないでもつ時間

ずっと前から気になっていたのですが、質問させてください。
私はお弁当など、しばらく冷蔵庫に入れない食べ物は全て火を通すのですが、
可愛いお弁当のレシピなどには焼いていないカマボコの飾り切りや、チーズに何か巻いただけのおかずがあります。
本来冷蔵保存するこれらの食品は、生のままお弁当に入れても痛んだりしないのでしょうか。
他にも、ハム・ソーセージ(剥いてからは冷蔵庫ですよね)など、どうなんだろう。。。と思ってばかりで入れる勇気がありません。

可愛いキャラクター弁当など作りたいです。
そういうものを活用したらとても便利になるのですが、
常温でいいのか、どれくらいもつものなのか、教えてください。

Aベストアンサー

近年食品の管理はなかなか難しいですね。
ただ大量に作る業務用ならば別ですが、お昼に食べるお弁当(保育園や小学生ですかね)なら食品の熱をよくとることと、菌の繁殖を抑えることに気をつければ問題はありません。
ご飯等の暖かい食材はしっかり冷まし、容器や道具は消毒する。
そして手洗いの徹底です。特に人が持つ菌が一番気をつける所です。
指の間・手のひらの皺・指先(つめの間)、肘まで洗えば完璧。
そのままお弁当屋で働けます(笑)

まあカマボコは一度火の通った製品ですし、ソーセージも剥いたからといってすぐ痛むわけではないです。チーズもそう。その日のうちに使う分には冷蔵庫に入れる必要はありません。
ただ真夏で冷房の効いていない部屋や、春先や秋の陽気の日なんかは気をつけなければいけません。市販のワサビシート(あくまでも菌の繁殖を抑える効果がいくらかはあるだけですが)なども使うと安心ですね。
食品管理がしやすいので冷蔵が基本ですが、だからといって今すぐ痛んでしまう製品はそんなにはないのです。
常温でどの程度持つかは保存状態や気候、品物によりけりなのではっきりとは断言出来ませんが、上記のものなどは半日は十分持ちます。

近年食品の管理はなかなか難しいですね。
ただ大量に作る業務用ならば別ですが、お昼に食べるお弁当(保育園や小学生ですかね)なら食品の熱をよくとることと、菌の繁殖を抑えることに気をつければ問題はありません。
ご飯等の暖かい食材はしっかり冷まし、容器や道具は消毒する。
そして手洗いの徹底です。特に人が持つ菌が一番気をつける所です。
指の間・手のひらの皺・指先(つめの間)、肘まで洗えば完璧。
そのままお弁当屋で働けます(笑)

まあカマボコは一度火の通った製品ですし、ソーセージも剥いた...続きを読む

Qはんごうで炊いたご飯と炊飯器で炊いたご飯

はんごうで炊いたご飯と炊飯器で炊いたご飯は、味が違うのですか?
言われないで二種類出されても味の違いが分かるほどですか?

Aベストアンサー

No.4の方が飯炊き仙人の事をかいておられますが、これは堺の「げこ亭」の大将のことですね。
私は直接に美味しいご飯の炊き方を教えてもらったことがあります。
・米はコシヒカリとササンシキのブレンド。
・渾身の力をこめて研ぐ。(最近の米は研がなくていいというのは間違い)
・浸水時間はやや長め。
・水にこだわる。(夏期以外の井戸水。夏期は閉店)

Q炊飯器でお米を炊くとき1回で2種類の硬さに炊くことはできますか?

こんにちは(*^.^*)
質問はタイトル通りなのですが…
先日父が胃の手術をして、退院してきました。
しばらくはなるべく軟らかいものを食べなければならならず、母もご飯を軟らかめに炊いているのですが、
私はどちらかというと硬めのご飯の方が好きなんです(^^;)
以前1度で2種類の固さのご飯を炊飯器で炊く方法を何かで見た気がするので、もし知っている方がおられましたら、その方法を教えていただきたいと思います。

Aベストアンサー

自分では試したことが無いので確信を持ってお勧めは
出来ませんが・・
以前何かの本で読んだのですが、炊飯器にお米をセッ
トするとき、お米を水に浸す部分と浸さない部分とに
分ければよいと書いてありました。(ちょうどお釜の
中で「陸」と「海」を作る感じかな?)
水に浸った部分が軟らかくなって、浸っていない部分
が固くなるとの由。
試してみては?

Q先に中華おこわを作ってから、ちまきにしたいのです。

中華おこわの素を使って、ちまきを作りたいと思います。

先におこわにしてから、竹の皮に包んでもいいのでしょうか?

それとも、炊く前に包んだほうがいいですか?
そうすると味がかたよってしまわないか心配です。

それから、竹の皮は普通のスーパーで販売しているのでしょうか?もしわかりましたら、だいたいの価格もお願いします。

いっそのこと、竹の皮をお皿にした中華おこわでもいいかなぁ・・。でも、ちまきにしたほうがワクワク感がアップしますよね。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、炊く前に包んで、竹の皮ごとゆでます。
これで、中華ちまきをつくって、失敗したことはありません。

竹の皮はスーパーで見たことはあります。お弁当コーナーあたりで、おむすびを包む用らしいです。値段は3枚で500円くらいだったかなぁ・・ちょっと不明。私は、竹林を持っている人にもらったりして、自分で買ったことはないのです。竹の皮の代わりに笹の葉(北海道のクマザサあたりでないとちょっと小さいですが)もつかえますよ。

中華ちまきは、楽しいですよ。季節によっては栗をいれてみたり、ソーセージを入れてみたり、いろんなアレンジもできるし。食べるときも何がでてくるか楽しいみだし。

Qいかめしに合うお弁当おかず

今度、おでかけにお弁当を作ることになり、
一緒に行く人のリクエストで、いかめしをメインにしようと思っています。

この時に、一緒に入れて合う料理がわかりません。
いかめし自体に味があるので、普通のお弁当のようなおかずでは変な気がして・・・。
かといっていかめしのみ、というのも楽しくありませんし。

どなたか、いいアイディアがありましたら教えてください。

Aベストアンサー

献立の原則は以下の通り。
1.食材系統・色・調味・食材の堅さがバラエティになること。
2.過剰・不足になりがちな栄養素に注意すること。
3.消化のしやすさ、栄養摂取を助ける組み合わせを考えること。
お弁当の場合は以下の制約が加わります。
1.冷めてもおいしいおかずにすること。
2.時間が経っても変質しないおかずにすること。
3.汁が垂れない、漏れないようにすること。

メインが「いかめし」ですから、他のおかずは穀類・魚介類は使わず、豆類、魚類、肉類、海藻類、木の実類、きのこ類、乳製品、野菜、果物、漬物から選定することを考えます。
色はこげ茶色が使われたので赤・緑・白・黄色を使うようにします。
調味はさとうと醤油が使われたので、酢・味噌、あるいは味が薄いおかずを考えます。

過剰になりがちなのは塩分、コレステロール、糖分です。いかめしは、このどれもが警戒警報レベルなので、他の食材はできるだけそれらが含まないことが重要になります。
不足しがちなのは鉄分、カルシウム、ビタミンC、食物繊維で、いかめしはどれもほとんど含んでいないのです。またいかは脂肪分が少ないので、脂溶性ビタミンの摂取に支障がありそうです。脂肪分も他のおかずで補いたいです。いかめしは炭水化物、たんぱく質が多いので、ビタミンB6、パントテン酸などのビタミン類、消化酵素の補充も考えましょう。

といったところを頭に入れて、いよいよ他のおかず選定を考えましょう。

一番に思いつくのはポテトサラダ、低コレステロールマヨネーズとこしょうで控えめに味をつけましょう。食材はじゃがいも、にんじん、きゅうり、たまねぎといった辺り。これで芋類・野菜類が摂れますし、色も黄・赤・緑でにぎやかになります。お弁当の定番ですから、当然弁当3条件もクリアしています。でも栄養はどうかな。ちょっと鉄分、カルシウムが心許ない感じです。ごまとあおのりをトッピングしましょう。これで木の実類、海藻類もカバーしました。じゃがいもはでんぷんばかりのイメージがありますが、意外とビタミンC、ビタミンB6、カリウム、銅、食物繊維、葉酸、パントテン酸などビタミン類も豊富で、ポテトサラダにするといろいろ好みに合わせてトッピングしやすいのでおすすめです。

次はおからがいいと思います。食物繊維が豊富でカルシウム、鉄分なども含まれます。味噌おからでどうでしょうか。具はしいたけ、ピーナッツ、ひじきも合うでしょう。これで豆類、木の実類も戦列に参加します。

味噌おから by izumi11 [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが108万品
http://cookpad.com/recipe/379598

漬物は野沢菜がいいと思います。ビタミンC、カルシウム、食物繊維が摂れます。

こんなところでどうでしょうか。何にせよ、いかめしは存在感が強烈ですから、他のおかずは主張が控えめな地味系おかずが合います。

献立の原則は以下の通り。
1.食材系統・色・調味・食材の堅さがバラエティになること。
2.過剰・不足になりがちな栄養素に注意すること。
3.消化のしやすさ、栄養摂取を助ける組み合わせを考えること。
お弁当の場合は以下の制約が加わります。
1.冷めてもおいしいおかずにすること。
2.時間が経っても変質しないおかずにすること。
3.汁が垂れない、漏れないようにすること。

メインが「いかめし」ですから、他のおかずは穀類・魚介類は使わず、豆類、魚類、肉類、海藻類、木の実類、きのこ類、乳製...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報