ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

主婦です。
パートの面接を受けると必ず「扶養範囲内ご希望ですか?」と聞かれます。
先日応募者の多い(皆さん主婦であるようでした)面接の時も同じように聞かれ、ほとんどの人が「扶養範囲内希望です」と言っていました。

質問1:会社側としては、扶養範囲内での勤務を希望する人としない人では、どちらを採用したいものですか?

質問2:会社が「扶養範囲」と言う場合、103万円未満のこと(税制上の扶養?)を言っているようです。
私のトボシイ知識では、
『103万円を超えると所得税を払う義務が出てくるけれども、世帯収入の手取り額は上がる。だから税金を払っても、全体的な収入は増えるのだから損するわけではない。
実際に気にした方がいい(働き損になってしまうこともある)のは、妻が自分で保険に入らなくてはいけなくなる130万円の壁の方だ。』
と思っているのですが、主婦の皆さんが「103万円の壁」の方を気に掛けてそれより稼がないようにする理由は何なのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

#2です。


「調整」というと、確かに103万以内になるように調整しますが、実際あくまで働いている本人の自己責任ということになっています。 ご主人の会社から家族手当が支給される要件が、ほとんどの所でこの103万だということに依るものだと思われます。(ですから、家が自営だという方については103万とは言いません。)
しかしこの調整についてはあくまで働く方の自己責任ですから、計算の不備などで起こる不利益については、会社は何ら責任を負いません。 (私のように)担当の上司がきちんと気にしている方であれば、そこまで計算した上でシフト作成を行ないますが、あくまで自分で注意しなければいけません。 これは会社によって違いはあるでしょうけれども。
つまり、本人が気にしないのであれば、130万までは本人の勝手(責任)ということになります。

※仮に旦那さんの会社から家族手当が月1万出ているとすれば、単純計算で115万までは±0。 一ヶ月強がタダ働きになりますから、そりゃ皆さん気をつけますよね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど~~~。
「115万までは±0」そうですね! 私の夫が自営なので家族手当というものの実感がなかったのですが、こうして数字で出していただけると確かに納得、皆さんが103万にこだわる理由がよくわかりました。

全員の都合を考えながらのシフト作成、大変ですね。
2度のご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/05/30 23:44

パートの採用を行なっている者です。



おっしゃる通り「扶養範囲」というのは年収103万円以内の調整を行なう場合のことを言います。 これを超えると、旦那さんの会社の「扶養家族」から外れることになり、そちらの会社から家族手当などが支給されなくなってしまいます。 月100時間程度働くと、丁度この辺のボーダーにのっかかってしまうので、年末にそれを超えないように調整しながら勤務することが多いのです。
130万円を超えると「税法上の扶養」から外れてしまうため、自分で社会保険(健康保険・厚生年金など)に加入する必要があります。 ですから103万までに抑えるか、もしくは保険分を補えるだけ働けるだけ働きたいかの二極分化されています。
しかし、2009年度から65万円前後で厚生年金への加入義務が課せられることになりそうなため、その範囲内で働きたいという奥様も増えそうです。

質問1に答えていませんでしたね。 うちの会社では、はじめは「扶養範囲内」というのを前提に採用します。 社会保険に加入させると、労働者と同じ保険金を会社も支払っていますので、その分余計に経費がかかってしまうからです。 本人が保険に加入したいのであれば、会社に有用な人材であるかどうか見極めてから(つまり金をかける価値があるか)、保険に加入してもらっています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

社会保険に加入させるのは、優秀な人材でない場合は会社側にとっても負担だということですね。
ここでまた質問させていただきたいのですが、103万円超~130万円未満の場合は、会社側にとって負担となることや面倒なことは何かありますか?

それと、derder様の会社で採用の条件にされている「扶養範囲内」の境界線は、社会保険が関係してくる130万円になるのでしょうか?
それとも103万でしょうか?(103万だとすると理由がよくわからないのですが・・・)

よろしくお願いします。

お礼日時:2006/05/30 14:44

1.社会保険に入らない範囲のほうが、会社の負担が少ないですが、融通がきかない(忙しいので働いてほしいけどできない)不便もあるので、いちがいには言えません。



2.配偶者控除・配偶者特別控除の38万が103万円を超えると収入に応じて段階的に減っていくので。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/shikari/data/etc/part …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答&参考URLありがとうございます。
そうか、一概には言えないんですね・・・。

お礼日時:2006/05/30 14:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q至急です! 履歴書 本人希望欄 扶養関係です。

私ではなく妹なのですが

今週水曜日初めてのアルバイト(パート?)面接があり
当然ですが扶養家族、家の事情もあり年間103万円以下で抑えたいのですが本人希望欄にはどのように書いたらいいでしょうか?
(計算したところ10万円以上オーバーしていました。)

求人案内には扶養範囲内もOK 時間・曜日応相談と書いてありました。

私の予想としては『扶養範囲内での勤務を希望します。』だと思うのですがこれでは偉そうでしょうか?

それと、そもそもこういうことは受かった後、直に「扶養範囲内で納めたいのですが」と聞く方がいいのでしょうか?

文章が変になっているかもしれませんがよろしくお願いしますm(_ _)m

※先程から色々調べていて同じような質問をいくつか目にしたのですが、そこでは『なぜ103万超えたらダメなの?』などあまり触れて欲しくないところを質問攻めにしてきたり、質問とは関係ない説教?のような回答をみてきたのですが、
あくまで知りたいのは上に書いた事です、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

求人の案内に、扶養の範囲内OK、時間と曜日応相談と書かれているのですから、本人の希望欄に、扶養の範囲内での勤務を希望しますという旨と、時間や曜日に希望があるならそれを記入すればいいです。
何も書いていないと、逆にフルタイム可能と思われる可能性もありますので、希望はしっかり記入してください。
求人案内にも、相談に応じると書いてあるので、面接の際、企業側からも希望を聞かれると思いますが、先に記入しておくほうがいいです。
もし、面接の際に何も聞かれない、履歴書に記入した希望に触れられないとかあるなら、大抵面接の最後に、「何か質問がありますか?」と聞かれると思いますので、その際にご自身のご希望を伝えて、確認をしてください。

面接の際に何も希望を言わず、採用が決まった後にあれやこれやと注文をつけるのは、企業側からすれば、「採用後に何言いだすねん」ってなります。
希望は、面接の際にしっかり伝えられるようにしましょう。(履歴書に記入もしくは面接の際に伝える)

Q主婦のパート面接時の服装

こんにちは。30代既婚女性です。

このたびパート一般事務職の面接に行くことになりました。
一日4時間程度、週4日程度の事務で、電話応対や
パソコン入力などが主な仕事内容だそうです。

その時に着ていく服装について悩んでいます。
もう子どもも大きいので学生さんや若い人が着るようなリクルートスーツは着られない(似合わない)と思います。
スカートにブラウス、といってもどんなスカートやブラウスが好ましいのでしょうか。
(ちなみに普段はGパンにフリースか着物を着ていますので、ますます困っています)

職場では勤務中は支給された制服を着るそうですので、面接時の服装で勤務をするわけではありません。

色や形など、なるべく具体的に教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えばスーパーなどでもあると思いますが、(お店は人それぞれなので、どこでも良いと思います)アンサンブルセーターに、スカート。で良いと思います。今の時期でしたらその上に、コートなど羽織ますよね。
アンサンブルが嫌でしたら、ブラウスに、カーディガンでも羽織ればよいと思いますけど。
今後、着る機会があるのであれば、安くても構わないので、スーツでも良いです。リクルートでないものが、おわかりにならない。とのことですが、今の時期でしたら、フォーマル(卒業式用など)をどこでもやっています。色は春向けですから、ブルーやベージュが多いと思います。
そういったものでも、良いと思います。
後で、着ないのでしたら、アンサンブルにスカートで(パンツが好みならそちらでも)十分だと思います。
中途採用の方でも、スーツを着ていない方もいらっしゃいますし、それで、合否は決まらないと思います。

Q主婦のパート、103万以下か130万以下どちらが得ですか!!?

主婦のパート、103万以下か130万以下どちらが得ですか!!?
7月からパートを始めることになりました。

会社の要望通りに働くと、年収120万位になると思われます。
しかし103万を超えているので所得税と住民税がかかり、
さらに夫の税金もあがりますよね?

夫の年収は400万位。
私が年収120万稼ぐことによって
実際どのくらいの金額をプラスで払わないといけないのでしょうか?
お金と労力を考えればやはり103万以下にするのがいいのかな…。

ちなみに103万以内なら0円ですよね?

そしてこの場合「配偶者特別控除」が適用になりますよね?
これがあるから103以上でも130以内ならお得ってことになるのでしょうか?

すみませんがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万円が家計に入るわけです。
でも103万を超えると妻の自身の税金や、夫の配偶者控除がなくなったり配偶者特別控除が減ることによって、1万円収入が増えても1万円が家計に入るというわけではないということです。
妻の収入が増えるに連れて1万円収入が増えても、家計に入る金額は9千円になったり8千円になったりという具合に減ってしまうということです。
そういう意味で損だということで、決して働くと収入自体が減るという意味で損ということではありません。
ですから単純に損得というならば、実際には働けば働くほど収入の絶対的金額は増えるから得だということになります。

妻の収入が103万をオーバーして120万になったらどうなるか。
所得税の場合は夫の配偶者控除の38万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の17万が夫の給与にどのように反映するかというと、所得税は課税所得によって税率が変わりますが、一般的なサラリーマンとして税率10%とすると

170000×10%=17000・・・夫の今年の所得税増

ということで17000円所得税が増えます。
一方来年の住民税(住民税は今年の所得に対して来年課税される)の場合は夫の配偶者控除の33万が配偶者特別控除の21万に減ってしまいます。
この差額の12万が夫の給与にどのように反映するかというと、住民税は税率が一律10%なので

120000×10%=12000・・・夫の来年の住民税増

ということで12000円来年の住民税が増えます。
つまり妻の収入が103万から120万に増えれば、夫の今年の所得税と来年の住民税との合計で

17000+12000=29000・・・夫の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで29000円増える訳です。
妻は収入が103万から120万へ17万増えるのですから、所得税は5%なので

170000×5%=8500・・・妻の今年の所得税増

ということで8500円所得税が増えます。
一方住民税は一律10%なので

170000×10%=17000・・・妻の来年の住民税増

ということで17000円来年の住民税が増えます。
つまり妻の収入が103万から120万に増えれば、妻の今年の所得税と来年の住民税との合計で

8500+17000=25500・・・妻の今年の所得税と来年の住民税を合わせた増額

ということで25500円増える訳です。
ということで二人合わせると

29000+25500=54500

今年の所得税と来年の住民税で54500円増えるわけです。
しかし収入は17万増えているので

170000-54500=115500

ということで確かに夫の税金は増えていますし妻も課税されるということで税金は増えますが、収入はそれ以上増えているので差し引きでは115500円増えているということで、家計全体の絶対的金額は増えるから損ということはないということです。
これが例えば70万から77万に7万増えたのだったら、夫の控除金額も変わらずに妻の税金もゼロのままなので、増えた70000はそのままそっくり家計に入りますが、103万から120万に17万増えると115500と7割弱程度に減ってしまうということです。
でもマイナスになるわけではないので損にはならないということです。

2について言うと。
手当はそもそも法律で決まっているものではないので、その会社の規定によります、ですからどういう規定になっているかを会社に確かめなければ確実なことはわかりません。
ですが例えば妻の収入が夫が配偶者控除を受けられる103万以下という規定であるならばその手当はなくなるでしょうし、場合によっては1月まで遡って返却させる会社もあるので、そうなるとやはり影響は大きいでしょうね。

3について言うと。
たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

<字数制限により続く>

ポイントは次の3点だと思います。

1.税金だけを考えれば収入の絶対金額が増えて得になる
2.夫が会社からの妻へ対する手当をもらっているとそれがなくなり影響が大きい
3.妻が夫の社会保険の扶養に入っていて、健康保険及び年金の保険料がタダの場合、自らがパート先で社会保険に加入するようになってしまうと、その保険料の負担の影響が大きい

1について言うと。
純粋に税のみで考えれば、損ということはないですね。
つまり収入が103万以下の場合は税金が掛からないので、1万円収入が増えれば1万...続きを読む

Qパートの面接で曜日の休み希望

今年結婚したばかりの新婚の者です。今近所でパートを探しているのですが、スーパーのレジや
100均のレジなどがありました。

応募しようと思うのですが、結婚しているというと大抵、「土日は出れますか?」と聞かれると思うのです。
旦那が土日祝日休みの仕事なのですが、「土日半分でも良いから休みが欲しい」というのはやはり難しいですよね。一緒に過したいというのはやはり我侭でしょうか。また言うとして、理由を聞かれた場合「旦那と一緒に過したいから・・」なんて言ったらダメですよね。でも子供もいないので正当な理由が思い浮かびません。近所では土日休みの仕事がなかなか無いので焦っています。

皆さんはパートでどのような働き方をしていますか?平日のみで働いている方(お子様のいない方)はどのように交渉しましたか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#5です。
土日どちらかのパートは、住宅展示場の仕事でした。
展示場エリアに、いくつもの一戸建て(モデルハウス)が並んでいる、あれです。
簡単なパソコンなどの事務、来客時のお茶出し、電話の対応、展示場内の清掃、
営業マンが不在の時の来客応対、消耗品の買い出し等の雑用が仕事でした。
連休中は展示場全体でイベントがあったので、子供に風船を配ったり、
夏はヨーヨーに水を入れるのを手伝ったり(これもイベント用)、色々できて良かったです。
朝9時~6時までと、勤務時間がやや長かったですが、仕事は楽しくて気に入っていました。
ギリギリに来客がなければ、残業もほぼなかったです。

土日どちらか休みたい理由として、夫と過ごしたい、というのはごく普通の理由だと思います。
家庭を大切にしながら働きたい、というのは悪いことではないと思いますよ。
土日両方仕事に出てしまったら、夫婦すれ違いで、単なる同居人みたいですw

レジは経験がないのですが、立ち仕事で大変そうだな~、とスーパーでいつも思います。
希望の時間帯に入れるのなら、レジも良いかもしれないですね^^

Q採用担当の方に…

採用担当をしている方に質問します。
バイトでも面接後よく「1週間後に電話で連絡します」と言われる方が多いようですが、実際1週間も必要なんですか?

自分も言われたことがあるんですが人員が必要か面接時にまだわかってなくそれがわかるのが3、4日後という事で「1週間後に電話連絡します」と言われました。

1週間後電話がきて人員削減の方になったということで不採用でした。

3、4日後にわかるならわかった時点で連絡くれればいいのに…

Aベストアンサー

人事担当していました

要するに、面接は質問者様だけではなく何人も来るので、ある程度の人数を面接してから採用・不採用を決めます

なので一週間ほど時間を要します

採用人数にはもちろん限りがあるので、出来る限りは会社の求める条件に合致している人を取りたい

採用の電話をした直後に面接に来た人の方がいい人材だったということも結構あるんですよ

ですので、ギリギリまでは引っ張りたいですね

かなり良い人材だと判断した場合は、面接中にすでに採用を決めている事もあります

こういう場合は採用の電話が2~3日以内の場合もあります

不採用かなと思っても、それ以上にいい条件の人が来なければ採用する場合もありますので、お気持ちは良く分かりますが一週間は待たれてみて下さい

それでも連絡が来ないような会社は質問者様の方から蹴ってやりましょう

Q初めてパートの面接に行きます。聞かれる内容はどんなことが多いでしょうか?正社員の面接と同じ?

10年近く勤めた会社を先月退職し、今月から専業主婦です。
近所のハローワークで、食品工場(規模はあまり大きくなさそう)でのパック詰めのパートを見つけ
あさって面接にいくことになりました。

パートの面接というものが初めてなので(面接自体もかなり久々で、今から緊張です^^;)、
面接にあたって自分の中でまとめておくべき事項などについて
経験者の方にぜひ教えていただきたくて、質問させていただきました。

1.パートの面接でも、前職を辞めた理由など聞かれるのでしょうか?
  前職と今回希望している会社は全く別業界です。
  また、志望動機も必ず聞かれますか?

  ちなみに私の退職理由は、「残業があまりにも多く(深夜12~1時の帰宅になることもあり)、
  家庭での時間が全く取れなくなったため」です。
  あまりに仕事中心の生活になりすぎて、精神的肉体的に余裕が欲しくなった・・・のが正直な理由です。
  このように話しても大丈夫でしょうか?あまり印象は良くないでしょうか?
  志望動機については「今まで(一般事務)とは全く違う仕事がしたかった&1つの作業を黙々とこなすのが好き」
  というのが本当ですが、あまりに正直ベースより、もう少し御社でなければ!というような理由が必要ですか・・・?

2.また面接でよく聞かれる「自己PR」とか「長所短所は?」といった質問なんてあるのでしょうか?
  他に、パートの面接でよく聞かれる事項があれば参考までに教えていただきたいです。

どうぞよろしくお願いします。

10年近く勤めた会社を先月退職し、今月から専業主婦です。
近所のハローワークで、食品工場(規模はあまり大きくなさそう)でのパック詰めのパートを見つけ
あさって面接にいくことになりました。

パートの面接というものが初めてなので(面接自体もかなり久々で、今から緊張です^^;)、
面接にあたって自分の中でまとめておくべき事項などについて
経験者の方にぜひ教えていただきたくて、質問させていただきました。

1.パートの面接でも、前職を辞めた理由など聞かれるのでしょうか?
  前職...続きを読む

Aベストアンサー

大学の食堂でレジのパートをしています。ご参考になるかどうかは分かりませんが、私が面接を受けたときは、
1,志望動機
2,長所と短所
3,希望の時間帯
を聞かれました。志望動機は正直に「勤務地が自宅から近くて便利がよいから。また今までやったことのない職務内容で、新しい世界を経験してみたい。」と答えました。交通費を支払わなくてもいいというのが好印象だったようです。短所と長所は「短所は真面目すぎるところ。長所は素直なところ。」と答えました。「素直で、他人の意見には耳を傾ける。」というのがポイントだったようです。あまり自己主張が強いと、使いづらいと思われるみたいです。それと、明るい印象を持ってもらった方がいいので、少し笑顔で面接を受けられたら良いのではないでしょうか?前職のことは聞かれないと思います。「残業が多すぎて・・・」という本当の理由は聞かれることもないとは思いますが、正直にはお答えになられない方が良いと思います。

Q妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました

妻の収入が月108、333円を超え扶養家族の認定取り消しといわれました。
妻が今年から仕事を2カ所で始め、4月から7月の4ヶ月間月108,000円を超えたので、共済組合から、扶養家族の認定を取り消すといわれました。年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。こういう件に詳しい方のご意見をお待ちしています。

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的な解釈です。
ただし繰り返しますが究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
そして健保組合だけでなく、共済組合にも扶養の規定が同じようなところがあるということです。

>年間130万を超えるといけないのはわかっていたので、2つの仕事のうちの一つは8月にはやめて、年間トータルで120万円くらいになるように調整して考えていました。

前述のように一般的に多くの健保組合や共済組合では年間と言うサイクルでは考えていません。
ですから年間トータルと言うことではありません。

>また再認定はしてもらえるようですが、4月から7月はさかのぼって認定取り消しで、医療費や扶養手当を返金せよということです。これはしかたのないことなのでしょうか。

そうですあくまでもその月の月額が約108330円を超えていればその時点で扶養を外れることになり、それ以降は当然扶養ではないのでその間の医療費で共済組合が負担した7割分(自己負担が3割だから)は共済組合は請求することになるのはやむを得ません。

>あくまでも年間の収入で考えていたので、どうも納得いきませんが、そういう規定になっているといわれました。

その共済組合はそのような規定なので、致し方ありません。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養について...続きを読む

Q履歴書の書き方(扶養内)

主婦のパート、アルバイトを探してるものです。
履歴書に書く欄で
・扶養家族(配偶者含む)
・配偶者※有・無
・配偶者の扶養義務※有・無
と書く欄があるのですが
私は現在、旦那と2人暮らしで、子供は居ません。
旦那の扶養の中に入って103万以内で働きたい
のですが、その時は、どういうふうにして書けばいいですか?

基本的な質問ですが教えて下さい。

Aベストアンサー

> ・扶養家族(配偶者含む)

あなたが扶養する家族はいません。だから「なし」。

> ・配偶者※有・無

あなたには配偶者がいます。だから「有」。

> ・配偶者の扶養義務※有・無

あなたは配偶者を扶養するわけではありません。だから「無」。

Qパート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。

パート収入が103万を超えそうです。主婦で旦那の扶養になってます。
今年になり、シフトが激減すると言われたので、もうひとつ仕事を見つけてみましたが、思っていたよりもあんまり収入が減ることなく、このままでいくと103万を超えて、おそらく110万くらいになりそうです。一応、職場には超えそうなので、シフト調整をお願いしていますが、あんまり無理も言えません。
103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
わかりやすく説明していただけるとうれしいです。お願いします。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の所得税や住民税は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
なので、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれなければ、働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

>103万を超えると、扶養控除の問題、市民税などもかかわると言われて、困ってしまっています。
市民税ってどのくらいくるのでしょうか?
110万円だとした場合で基礎控除以外の控除がないとした場合
住民税は「均等割」と「所得割」の2つの課税です。
均等割 4000円(市町村によってはこれより数百円高いこともあります)
所得割 120000円×10%=12000円
計16000円です。
なお、103万円でも所得税はかからなくても、住民税(均等割4000円、所得割5000円)はかかります。

>旦那の税金もかなり増えるのでしょうか?
ご主人の所得により所得税の税率変わるので何とも言えませんが、普通の所得なら税率5%か10%でしょう。
所得税 70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×5%=3500円 もしくは
    70000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%=7000円
住民税 20000円(配偶者控除と配偶者特別控除の差)×10%(所得に関係なく)=2000円
計5500円もしくは9000円増えるだけです。

7万円収入が増えますので、税金の増額分引いても手取り収入はプラスです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円以上の収入(月収108334円以上)があるとはずれなくてはいけません。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は...続きを読む

Qパートで扶養範囲内で働く基準について

パートで夫の健康保険の扶養範囲内で働きたいと思ってます。

条件としては年収130万未満であることの他に、
(a)1日(8時間)または1週間(40時間)の所定労働時間が、一般の社員のおおむね 3/4以下
(b)1ヶ月の所定労働日数(22日)が、一般の社員のおおむね 3/4以下                        ※( )内は一例           a・bのどちらかがクリアしている事と聞きました。


そこで質問です。
基本的には時給900円・1日4時間・週5日の勤務なら何の問題もないのですが、時々1日出勤(8時間)の日がある場合どう扱われるのでしょうか?
 
1日の所定労働時間を考えた場合、1日でも8時間勤務をした日がある時点で正社員の所定労働時間の3/4以上とみなされるのでしょうか?
それとも週30時間未満(正社員の3/4)であれば4時間勤務と8時間勤務が混ざってもいいのでしょうか?

★週5日出勤なので1ヶ月の所定労働日数はすでに正社員の 3/4以上になってしまいます。

色々調べてみたのですが、いまいち分からなかったので、教えていただけると助かります。

 

パートで夫の健康保険の扶養範囲内で働きたいと思ってます。

条件としては年収130万未満であることの他に、
(a)1日(8時間)または1週間(40時間)の所定労働時間が、一般の社員のおおむね 3/4以下
(b)1ヶ月の所定労働日数(22日)が、一般の社員のおおむね 3/4以下                        ※( )内は一例           a・bのどちらかがクリアしている事と聞きました。


そこで質問です。
基本的には時給900円・1日4時間・週5日の勤務なら何の問題もな...続きを読む

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

まず夫の健保が政管健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が政管健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が政管健保かあるいは扶養の規定が政管健保に準拠している組合健保の場合

130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。

B.夫の健保が扶養の規定が政管健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。

ということでまず夫の健保が政管健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば政管健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。

「健康保険で夫の被扶養者になる条件は政管健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。

>条件としては年収130万未満であることの他に、

上記のようにそうとばかりはいえません。

>a・bのどちらかがクリアしている事と聞きました。

いいえ、どちらもです。

>基本的には時給900円・1日4時間・週5日の勤務なら何の問題もないのですが、時々1日出勤(8時間)の日がある場合どう扱われるのでしょうか?

1日の所定労働時間を考えた場合、1日でも8時間勤務をした日がある時点で正社員の所定労働時間の3/4以上とみなされるのでしょうか?
それとも週30時間未満(正社員の3/4)であれば4時間勤務と8時間勤務が混ざってもいいのでしょうか?

そもそも「おおむね」とあるように、がちがちの規定と言うよりも目安に近いものです。
ですから1日4時間労働で、極たまにそれをオーバーするぐらいなら問題にはならないはずです。
究極的には社会保険事務所の判断になりますが、その規定の目的は名目はパートやアルバイトでありながら、実質的には社員と同じに働いていて本人は社会保険の加入を希望しているにもかかわらず社会保険に加入させない会社を対象としているものです。
それでも社会保険事務所は腰が重くなかなか動かない、むしろその方が問題になっている(昨今の年金問題における社会保険事務所の腑抜けぶりの体たらくを見ればわかると思いますが)。
つまりはっきり言って社会保険事務所はそういうことに首を突っ込みたくないというのが本音で、でも訴えてくる人間がいればいやいやでも関与せざるを得ないというのもまた本音です。
ですから失礼ながら社会保険事務所が何も言われないのに、会社に乗り込んできて質問者の方を月にたった数日の8時間労働を捉えて、社会保険に入れろなどと言うとは到底思えませんが。
それだけのガッツが社会保険事務所にあれば、消えた年金もすぐに片付くはずです、いやそもそもあんないい加減なことはしないでしょう。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング