扶養内での仕事でお願いをした所
面接に行ったお店から扶養内だと80時間
長くて85時間と言われました。
月80の勤務となると週何日の何時間なのでしょうか?

A 回答 (2件)

それだと、週20時間というところでしょうね。


4週は大体丸々あるので、残りの半端な期間で5時間あるかでは?

>週何日の何時間なのでしょうか?

それは会社との契約によるでしょう。
そんなことは直接確認して下さい。
    • good
    • 1

一日に何時間働くかで違いますよ。


例えば、一日8時間であれば、10日です。
一日4時間であれば、20日ですね。
80時間÷一日の働く時間=何日
の計算です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
1日4~6の間で80時間です
説明足らずですいません
回答ありがとうございました

お礼日時:2017/03/13 20:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q1日7時間週5勤務で扶養内でパート? 

従業員5名の会社のパートに合格しました。
面接でははっきりと「自分の希望としては社会保険に
入らなくてもよい130万ギリギリいっぱいまで働きたいのですが
常勤の4分の3とかがあるようですので・・・
勤務時間、日数はおまかせします」と言いました。
合格を知らせる電話にて1日7時間週5でと言われました。
連絡係の方に「扶養内でお願いしたのですが・・?」
と聞きますと「そう聞いております」とのことでした。
給与関係については別でやっているのでわからない
との答えでした。

これはどういうことなのでしょうか?
働き始めてからやっぱり扶養を抜けて自分で保険に入らなくては
いけないなんてことにはならないでしょうか・・・?そして
夫の会社に迷惑をかけることにはならないでしょうか?
心配しております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>これはどういうことなのでしょうか?

質問者の方は社会保険のことをよくご存知で「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」と「夫の扶養の限界」のことをわかって希望述べたのだろうとおもいますが、一般には殆どそのことが判っていないのです。
たとえばこのサイトでも会社の元あるいは現総務と思しき回答者がいるように見受けますが、健康保険の扶養の話では130万の「夫の扶養の限界」のことしか回答しません、つまり「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」について全く知らないのです。
それはとりもなおさず一般に会社の総務辺りでも「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」のことはまったく知らずに、夫の扶養の範囲と言うと130万の「夫の扶養の限界」のことしか頭に浮かばないのです。
ですから質問者の方が夫の扶養の範囲でと言っても、総務のほうは「夫の扶養の限界」の130万のことだけ考えているのだと思います。

>合格を知らせる電話にて1日7時間週5でと言われました。

これだと恐らく「夫の扶養の限界」の限界は超えないが「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」は超えているでしょうから、法律に従えば質問者の方自身が社会保険に加入しなければならず、結果として夫の扶養も外れることになります。
ですから

会社は「夫の扶養の限界」と「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」を認識しているのか?
もし認識していないで130万の「夫の扶養の限界」だけしか頭になければ

>働き始めてからやっぱり扶養を抜けて自分で保険に入らなくては
いけないなんてことにはならないでしょうか・・・?そして
夫の会社に迷惑をかけることにはならないでしょうか?

と言うことになる可能性は十分にあります。
あるいは認識していて違法と知りながら社会保険に加入させないでくれるのかどうか?
いや違法なこと出来ないといったら、合法で社会保険に加入しなくて良いような労働条件の日数・時間に変えてもらうしかありません。

また違法と知りながら社会保険に加入させないでくれるとしても、何かのことでそれがバレて加入させるように勧告を受けると、ビビって遡って加入と言うことにでもなれば
やはり

>働き始めてからやっぱり扶養を抜けて自分で保険に入らなくては
いけないなんてことにはならないでしょうか・・・?そして
夫の会社に迷惑をかけることにはならないでしょうか?

と言うことになる可能性もあります。
なお「夫の扶養の限界」と「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」とは下記のようなものです。

健康保険の扶養には「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」と「夫の扶養の限界」とふたつがあるということです。

「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」

たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

要するに収入の金額ではなく労働時間で決まります。
ですから収入的には扶養でいられるはずでも、上記の条件で社会保険に加入しなければならないのです。

つまりあくまでも労働時間や日数が問題になり金額では有りません、ですから極端な話をすればパートなどで時給が安ければ年収90万でも労働時間や日数が足りていれば社会保険に加入しなければなりません。
逆に時給が高ければ年収140万でも労働時間や日数が足りていなければ社会保険に加入させなくてもよいのです。

「夫の扶養の限界」

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

「○○社会保険事務所」あるいは「全国健康保険協会 ○○支部」ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

「○○健康保険組合」ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。
またBの場合は扶養になれなくても、第3号被保険者にはなれることもあるので気を付けてください。

つまり夫の健保によって扶養の規定そのものが異なるということです。

話の順序として以下のようになります。

1.「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」

妻が職場で労働時間や日数が足りていれば社会保険に加入する、労働時間や日数が足りていなければ社会保険には加入しない。

2.「夫の扶養の限界」

これが問題になるのはあくまでも1で社会保険に加入していない場合です、1で社会保険に加入していない場合でなおかつ前述の夫の健保の扶養の規定に該当すれば扶養になれるということです。

ですから例えば

『年収90万でも労働時間や日数が足りていれば』

1の段階で引っ掛かり2の段階に行くまでもなく(つまり夫の扶養になれかどうか以前の問題として)社会保険に加入となります。

『140万でも労働時間や日数が足りていなければ』

1の段階では引っ掛かりませんが、2の段階で引っ掛かり夫の扶養にはなれません。
となれば会社で社会保険に加入するか国民健康保険(会社で社会保険に加入できなければ)に加入するしかないのです。

つまり夫の健康保険の扶養になるためには、労働時間や日数で1に引っ掛からずになおかつ収入で2に引っ掛からないということが条件になります。
要するに130万と言うのは1の「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」に引っ掛からない場合に有効なのですが、パートなどの場合はよほど時給が高くない限り1に引っ掛かってしまうので130万と言うのは殆ど意味がありません。

>これはどういうことなのでしょうか?

質問者の方は社会保険のことをよくご存知で「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」と「夫の扶養の限界」のことをわかって希望述べたのだろうとおもいますが、一般には殆どそのことが判っていないのです。
たとえばこのサイトでも会社の元あるいは現総務と思しき回答者がいるように見受けますが、健康保険の扶養の話では130万の「夫の扶養の限界」のことしか回答しません、つまり「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」について全く知らないの...続きを読む

Qパートで扶養範囲内で働く基準について

パートで夫の健康保険の扶養範囲内で働きたいと思ってます。

条件としては年収130万未満であることの他に、
(a)1日(8時間)または1週間(40時間)の所定労働時間が、一般の社員のおおむね 3/4以下
(b)1ヶ月の所定労働日数(22日)が、一般の社員のおおむね 3/4以下                        ※( )内は一例           a・bのどちらかがクリアしている事と聞きました。


そこで質問です。
基本的には時給900円・1日4時間・週5日の勤務なら何の問題もないのですが、時々1日出勤(8時間)の日がある場合どう扱われるのでしょうか?
 
1日の所定労働時間を考えた場合、1日でも8時間勤務をした日がある時点で正社員の所定労働時間の3/4以上とみなされるのでしょうか?
それとも週30時間未満(正社員の3/4)であれば4時間勤務と8時間勤務が混ざってもいいのでしょうか?

★週5日出勤なので1ヶ月の所定労働日数はすでに正社員の 3/4以上になってしまいます。

色々調べてみたのですが、いまいち分からなかったので、教えていただけると助かります。

 

パートで夫の健康保険の扶養範囲内で働きたいと思ってます。

条件としては年収130万未満であることの他に、
(a)1日(8時間)または1週間(40時間)の所定労働時間が、一般の社員のおおむね 3/4以下
(b)1ヶ月の所定労働日数(22日)が、一般の社員のおおむね 3/4以下                        ※( )内は一例           a・bのどちらかがクリアしている事と聞きました。


そこで質問です。
基本的には時給900円・1日4時間・週5日の勤務なら何の問題もな...続きを読む

Aベストアンサー

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養については所得税と健康保険との二つの面があり、この二つがごっちゃになり誤解が多いようです。
所得税の面で言うとある年の1年、つまり1月から12月までの実際の収入が103万円以内なら扶養、超えれば扶養になれないということです。
しかし健康保険の面で言うと考え方が全く違います。
「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」という一般的な定義なのです。
これは非常にわかりにくい定義なのです。
まずこれは所得税のように1月から12月の1年間ということではありません、具体的に言うと月単位で考えてください、その月の給与に12(向こう1年ですから12ヶ月ということです)を掛けて130万円を超えるか否かということです。
例えば就職してもらった給料の月額が約108330円(12ヶ月を掛けると約130万円になる)以下ならば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ではないということで扶養になれるのです。
そしてその状態が続けばその間は扶養のままです。
しかしある月から例えば昇給等(パートの場合では勤務時間の延長等も含む)でこの金額以上になれば「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」となってその月から扶養の資格を失うということです。
つまり過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません、あくまでもその月にどれくらい収入があったかということであり、それが続く見込みであるということです。
別の例を挙げると例えば月20万円の給与で1月から6ヶ月だけ働くとします、7月から12月までは無職だとします。
すると20万円×6(6ヶ月)=120万円になります。
するとこの年の収入のトータルは130万円以下なので1月から12月まで扶養になれるという考え方は間違いです。
1月に20万の給与をもらえば20万円×12(今後向こう1年で12ヶ月)=240万円と計算して、1月については今後向こう1年間の見込みは240万円となり扶養になれません。
そして2月から6月までも同様の計算になり、扶養になれません。
そして7月になると無職で無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます。
もう一つ極端な例を挙げれば、1月に就職して月給が140万円だったとします、そしてその月でやめたとします。
するとこのひと月で130万円を超えてしまいます、ですからこの年は2月から12月までも扶養になれないという考え方は間違いです。
1月は140万円×12=1680万円の見込みですから扶養になれませんが、2月は無職無収入ですから0円×12=0円ということで今後向こう1年間の見込みは0円となり扶養になれるのです、以下12月まで同様の計算で扶養になれます、過去についてはいくらもらっていたかは関係ありません。
さて以上のことが一般的で多くの健保が取っている解釈です。

まず夫の健保が政管健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が政管健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が政管健保かあるいは扶養の規定が政管健保に準拠している組合健保の場合

130万と言うのは「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
あくまでもこれからの月額が約108330円を下回るように働けばよいのです。

B.夫の健保が扶養の規定が政管健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.被保険者(夫)の前年の年収を(被保険者(夫)+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
恐らく賞与についても独自の解釈をすると思われるので、そのことも含めて聞くしかありません。

ということでまず夫の健保が政管健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば政管健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。

「健康保険で夫の被扶養者になる条件は政管健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに沿うような形で扶養を外れないように働くということです。

>条件としては年収130万未満であることの他に、

上記のようにそうとばかりはいえません。

>a・bのどちらかがクリアしている事と聞きました。

いいえ、どちらもです。

>基本的には時給900円・1日4時間・週5日の勤務なら何の問題もないのですが、時々1日出勤(8時間)の日がある場合どう扱われるのでしょうか?

1日の所定労働時間を考えた場合、1日でも8時間勤務をした日がある時点で正社員の所定労働時間の3/4以上とみなされるのでしょうか?
それとも週30時間未満(正社員の3/4)であれば4時間勤務と8時間勤務が混ざってもいいのでしょうか?

そもそも「おおむね」とあるように、がちがちの規定と言うよりも目安に近いものです。
ですから1日4時間労働で、極たまにそれをオーバーするぐらいなら問題にはならないはずです。
究極的には社会保険事務所の判断になりますが、その規定の目的は名目はパートやアルバイトでありながら、実質的には社員と同じに働いていて本人は社会保険の加入を希望しているにもかかわらず社会保険に加入させない会社を対象としているものです。
それでも社会保険事務所は腰が重くなかなか動かない、むしろその方が問題になっている(昨今の年金問題における社会保険事務所の腑抜けぶりの体たらくを見ればわかると思いますが)。
つまりはっきり言って社会保険事務所はそういうことに首を突っ込みたくないというのが本音で、でも訴えてくる人間がいればいやいやでも関与せざるを得ないというのもまた本音です。
ですから失礼ながら社会保険事務所が何も言われないのに、会社に乗り込んできて質問者の方を月にたった数日の8時間労働を捉えて、社会保険に入れろなどと言うとは到底思えませんが。
それだけのガッツが社会保険事務所にあれば、消えた年金もすぐに片付くはずです、いやそもそもあんないい加減なことはしないでしょう。

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。
各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。
ですがそれでは全く回答にならないので、一般的なことを言えば扶養につ...続きを読む

Q面接で伝えた希望勤務時間と実際の勤務時間が異なります、よくある事なのですか?

このたび初めてのアルバイトをする事になりました。
スーパーのアルバイトです。

面接時は6時間勤務でお願いしますと伝え、採用してもらいました。
しかし実際に働いてもらう時間は8時間半になると伝えられました。
どうしてそうなったのか直接聞こうと思いましたが、既にシフトは決められたようなので今更変更してもらう訳にもいかず…。

希望勤務時間を変えられてしまう事って、よくあるのでしょうか?

Aベストアンサー

あまりない話ですね。
変更の場合は、大概同意を得るものです。
人手不足でやむなく質問者様を採用し、なし崩し的に変更した時間で働かせようとしてますね。

Qイオンやジャスコの筆記試験で・・

面接を受けてきたのですが
4桁-3桁の筆算がずらっっっと並んだ問題用紙を渡され
3分30問だったんですが
私はゆっくり解いていたので
ほとんど問題数をこなしていません;

今、思えば
もしかして、よく考え工夫すると簡単に解けるような
問題ばっかりだったのでしょうか?

筆記試験を受けた方々は
普通に何も考えず普通に計算して解きましたか?
工夫して簡単に解きましたか?

Aベストアンサー

よく考えないで普通に解く問題だと思います。
ほとんど問題をこなさなくても大丈夫です。
あきらかにおかしい人と判断されなければ
採用されます。

Q短時間労働の雇用保険

月契約85時間であれば、雇用保険加入可能ですか?
1年以上継続雇用を見込んでのパートです。
短時間労働者の場合週20時間を超えれば雇用保険加入出来るとの事
ですが、理解出来ないところが多く困っています。
本日ハローワークにて聞きました。土日を含む業務の場合なら
月の契約が81時間以上なら大丈夫と言ってました。
ある人は、月の週が4,3と計算して
87時間÷4,3=週の時間20時間を満たすので、87時間以上なら雇用保険適用だと・・。どちらが正解なのでしょうか?

そして解雇の場合は6ヶ月間加入していたら雇用保険支給ですが、
入社してから半年少しなのですが、解雇の場合は支給されるという事で間違いないのでしょうか?

どちらが正解なのでしょうか?

Aベストアンサー

契約書はどうなっていますか
週2日休みで、5日出勤、1日4時間なら、週20時間以上になります

>そして解雇の場合は6ヶ月間加入していたら雇用保険支給ですが、
入社してから半年少しなのですが、解雇の場合は支給されるという事で間違いないのでしょうか?
 ・契約期間終了前に、会社側から解雇された場合は、会社都合になります
  (契約期間は6月までだが、3月で解雇された等)
  (契約期間満了で更新がなく、退職した場合は会社都合にはならない:この場合契約書に更新なし・更新もある・記載なしで契約期間のみの場合等があります
   :但し契約書に更新ありと明記されている場合は、会社都合になる)

Q「休憩時間」に関する疑問 私は小売店で働く30代の女です。 つい最近店長が代わり、シフト表に予め書い

「休憩時間」に関する疑問


私は小売店で働く30代の女です。
つい最近店長が代わり、シフト表に予め書いてある休憩が今日初めて取れないと言う事態になりました。

法的には、確か6時間未満の場合は申請すればとか会社によって異なりますとありました。
6時間~8時間の場合は最低45分。
8時間を越える場合は1時間で、それは15分と45分の様に分割しても構わない、みたいに書いてあるのを見ました。

では、出勤時間6時間未満の場合(例えば5時間30分)は15分休憩は有りですか?
今までの店長は「5時間30分の場合はナシでもいいが仕事の効率が落ちるから」と15分休憩を入れてくれていました。

確かに前の職場も5時間30分では休憩ナシでしたが、今の職場に変わり、5時間30分で休憩ありで半年以上仕事をしてきた為、会社の方針でもなく、ただ店長自身の仕事量の関係だけで休憩時間を減らされるのは正直とても迷惑です。

法に触れなければ、店長の独断でスタッフの休憩時間を減らしてもいいのでしょうか?
どなたかお答え頂けたら幸いです。
長文申し訳ありません。

Aベストアンサー

では、出勤時間6時間未満の場合(例えば5時間30分)は
15分休憩は有りですか?
  ↑
はい、ありです。
労基法に反しなければ、どういう態様で休憩を
入れようが、事業所の自由です。



法に触れなければ、店長の独断でスタッフの休憩時間を
減らしてもいいのでしょうか?
  ↑
まず、就業規則を確かめましょう。
就業規則を店長の独断で変更することはできません。

就業規則に書いていなければ、慣習に従い
ます。
その慣習が合理的であり、永年続いてきたもの
であれば、店長の独断で変更することが許されない
場合があります。

Q娘のアルバイト先について

娘のアルバイト先の社員と他のアルバイトが不倫関係にあると噂になっているらしく、そういう人間関係の中でやりづらいと言っています。仕事は楽しいから辞めたくないと言っていて、会社のお客様センターに相談しようか迷っています。

Aベストアンサー

娘さんはおいくつでしょうか?
私も成人している娘が2人いますが
バイト先での人間関係について 愚痴は聞きますが
自ら何かすることはないですね

まず 
事実なのか噂なのか→噂でしかない状態であれば そんな噂でいちいち
惑わされないよう言います
何がやりにくいのか?→本当に実務に影響が出ているのか?(シフトが減らされ
不倫の子が優遇されているとか)
そこと確認したうえで 仕事は楽しいからだけですることでもなく
まず前提として 労力に対して賃金が発生するんだから
誰が付き合おうと 業務に関係ない
御嬢さんは御嬢さんの仕事をこなせばいいだけである
ということを 伝えてはどうでしょうか?

実務に支障がある場合は(感情論ではなく) 御嬢さんの直接の上司に
御嬢さんが相談すべきです

それでも改善されない場合は さらに上に言うか やめることも視野に入れるしかないでしょう
お客様センターはあくまでも お客様のものですから
勤怠や従業員の愚痴 管理をする部署ではありません

きついようですが
あなたが 会社等に連絡するのは絶対やめましょうね
御嬢さんの評価を下げるだけです
昨今 仕事(バイト)休むのに親が連絡してくる
といパターンと同じですよ
そんなことしたら陰で言われるのは 働いている本人ですから

親としては 愚痴を聞きつつ どうやって本人が解決していくのか
御嬢さんにアドバイスする程度にとどめましょう
よい社会勉強をできるように 程度で^^

娘さんはおいくつでしょうか?
私も成人している娘が2人いますが
バイト先での人間関係について 愚痴は聞きますが
自ら何かすることはないですね

まず 
事実なのか噂なのか→噂でしかない状態であれば そんな噂でいちいち
惑わされないよう言います
何がやりにくいのか?→本当に実務に影響が出ているのか?(シフトが減らされ
不倫の子が優遇されているとか)
そこと確認したうえで 仕事は楽しいからだけですることでもなく
まず前提として 労力に対して賃金が発生するんだから
誰が付き合おうと 業務に関係...続きを読む

Q雇用契約書について

アルバイトなのですが、同じ会社なのに働く店舗毎に雇用契約書が必要なのですか?

Aベストアンサー

No.1です。

>店舗毎の雇用契約書は法的に決まっているのでしょうか?

特にそういう法律はありませんが、アルバイトやパートは即戦力として必要であることが多いため
本社の決済ではなく、店(の責任者)の決済だけで採用する方が手っ取り早いからであると思われます。
そのため雇用契約書は店舗の責任者と締結することとなります。

この質問が「そもそも雇用契約書は必要か?」という質問であれば、答えは「必要ありません」ということに
なります。雇用者は労働条件の明示(労働基準法第15条)さえすれば良いことになっています。
したがって契約書ではなく、一方的に通知する形でも構いませんが、それでは誤解が生じかねません。
それを避けるには契約書作成が一番です。契約書は一方的なものではなく、労働諸条件を明示し、雇用者と
被雇用者が確認の上署名捺印します。つまり両者がしっかりと確認して初めて契約が成り立つという理屈です。

複数の店舗で働くということは複数の雇用契約があるはずですので、法律では特に取り決めはありませんが
それぞれで雇用契約書を取り交わしておくのが後日の紛争を避けるのに最も良い方法です。
契約書はそういう大切な書面ですので、よく読んで理解したうえで署名捺印し、提出してください。

No.1です。

>店舗毎の雇用契約書は法的に決まっているのでしょうか?

特にそういう法律はありませんが、アルバイトやパートは即戦力として必要であることが多いため
本社の決済ではなく、店(の責任者)の決済だけで採用する方が手っ取り早いからであると思われます。
そのため雇用契約書は店舗の責任者と締結することとなります。

この質問が「そもそも雇用契約書は必要か?」という質問であれば、答えは「必要ありません」ということに
なります。雇用者は労働条件の明示(労働基準法第15条)さえすれば良い...続きを読む

Qバイト先で泣いてしまいました。 初めまして、私は今年の春から大学生になる18歳の女です。 長文な上文

バイト先で泣いてしまいました。


初めまして、私は今年の春から大学生になる18歳の女です。
長文な上文がおかしいと思いますが読んでいただけたら嬉しいです。



人生初めてのバイトで昨日が出勤2日目だったのですが、注文を間違えて伝えてしまい作り直しになってしまって、割り箸をぶちまけてだめにしてしまいました。
一個年下の子(5日ぐらい先に入った子)にはなめられ、何に対しても嫌味っぽく言われてしまいました。
その子の方が仕事ができるしなめられても仕方ないとは思っています。
お店を閉めてから片付けをし、退勤するとき指導をしてくれる先輩に「今日は迷惑をかけてしまって本当にすみませんでした」と言った瞬間迷惑をかけてしまった申し訳なさや、自分の情けなさや、悔しさなど色々な気持ちが入り混じってしまって泣いてしまいました。
バイトの先輩は本当に優しい人しかいなく、忙しいときかまってあげられなくてごめんね、すごく頑張ってたよ、迷惑だとか足引っ張ってるだなんて全然思ってないよなどと言ってくださって、慰めてくれました。
しかしバイト2日目で泣く女はうざいと思われてしまったのではないかと思ってしまいます。
メンタルが弱いやつ、めんどくさいなどと思われていたらと思うと不安でなりません。

もし、皆さんが先輩の立場であったらどう思いますか?
回答よろしくお願いします。

バイト先で泣いてしまいました。


初めまして、私は今年の春から大学生になる18歳の女です。
長文な上文がおかしいと思いますが読んでいただけたら嬉しいです。



人生初めてのバイトで昨日が出勤2日目だったのですが、注文を間違えて伝えてしまい作り直しになってしまって、割り箸をぶちまけてだめにしてしまいました。
一個年下の子(5日ぐらい先に入った子)にはなめられ、何に対しても嫌味っぽく言われてしまいました。
その子の方が仕事ができるしなめられても仕方ないとは思っています。
お店を閉めてから片...続きを読む

Aベストアンサー

違います。真摯に真剣に取り込んでるからこそ泣いてしまったんです。
先輩たちもそれが分かるからこそ、優しくするんですよ。
私も読んでいてホッコリしました。
あなたのような人にバイトに来て貰いたいです。

要領の良さってのはあります。
割とすぐに仕事が出来てしまう人っているんですよ。

でもね、最終的に一番頼りになるのは、覚えるの遅かったけど、一生懸命頑張って続けてきた人なんです。

自信を持って、前向きに明るく続けて下さい。
近いうちにバカにした先輩を追い抜いてますよ!
保証します。頑張ってね‼︎

Qマイナンバーと免許証の提出が必須の日雇いバイト、応募しても安全でしょうか? 調べると、マイナンバーだ

マイナンバーと免許証の提出が必須の日雇いバイト、応募しても安全でしょうか?





調べると、マイナンバーだけでは悪用リスクは低いけどマイナンバーと顔写真付きの個人情報などが揃うと悪用できてしまうとか…

応募しようと思っている日雇いバイトは、リクナビにものっているような大きなホテル会社さんなのですが、マイナンバーを教える機会がほぼなかったので、教えていいものかどうか分からず怖いです。

提出必須のものは、マイナンバー、免許証またはパスポートの写し、なければ保険証や公共料金、年金手帳の写しです。

この日雇いバイト応募しても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

>マイナンバーと顔写真付きの個人情報などが揃うと悪用できてしまうとか…

どう「悪用」するのですか?
今、マイナンバーの悪用という話が、よく言われます。
しかし、そういった人のほとんどが、上記の質問をすると答えられません。
あるいは、「いや、それはマイナンバーの悪用じゃなく、これまでにもあるデータ流出とかの問題でしょ」となります。

マイナンバーは、現時点では、税金に使われるケースがほとんどです。
今後は、銀行口座などにも必須になります。税金がかかりますからね。
なので、「顔写真付きの個人情報などが揃うと悪用できてしまう」のではなく、「本人証明なしでOKなら悪用できてしまう」のです。

考えてみてください。
質問者様が日雇いバイトをしようとしています。
でも、本当は質問者様は他に仕事を持っているので、他人の名義を使おうとしていたとします。
マイナンバーだけだったら、たまたま番号を知ってさえいれば、誰でもなりすますことができます。

あるいは、今後、起こりうることとして、誰かが質問者様の口座とマイナンバーを知っていたとします。
本人証明が不要であれば、勝手に印鑑を偽造してクレジットカードを作るといった行為が可能になります。
本人証明が必要であれば不可能です。


アルバイトに応募して問題ないかどうかは、その会社が正しいか、名称だけでなく所在地なども含めて確認し、業務内容に納得がいくかどうか、紹介しているところが信頼の置ける所かどうかで決めた方が良いでしょう。
報酬を払うのにマイナンバーと身分証明を求めない組織が不法なのはもちろん、たとえ求める所でも有名会社の名前だけを騙るといった手口は存在します。

余談ですが、どうしても嫌な場合、マイナンバーの提示は拒否できます。
また年額5万以下ですと、税金にかかる書類も作成しないで良いので、会社側にも収集の義務もありません。
ただ、拒否なさった場合には、ほぼ採用の見込みはないと思いますので、あくまでも余談です。

>マイナンバーと顔写真付きの個人情報などが揃うと悪用できてしまうとか…

どう「悪用」するのですか?
今、マイナンバーの悪用という話が、よく言われます。
しかし、そういった人のほとんどが、上記の質問をすると答えられません。
あるいは、「いや、それはマイナンバーの悪用じゃなく、これまでにもあるデータ流出とかの問題でしょ」となります。

マイナンバーは、現時点では、税金に使われるケースがほとんどです。
今後は、銀行口座などにも必須になります。税金がかかりますからね。
なので、「顔写真付...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報