プロが教えるわが家の防犯対策術!

 質問の通り、お伺いしたいと思います。

 私は今までこまめは‘小まめ’と漢字で書いてきました。しかし、職場の人は皆、‘細め’と書くのです。それでは‘ほそめ’となってしまわないですか?パソコンや携帯で変換しても‘小まめ’と出ますが、私は合っているのでしょうか?

 自信がなくなり、質問しました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

すでに回答が出ていますが、「こまめ」は「小まめ」と書くのが一般的で、「細め」と書くことはないと思います。



「細やか」があるから「細」に「め」を付て「こまめ」と読ませるのは、無理があると思います。
「こまめ」とは、「あの人は“まめ”だなあ」というような場合の「まめ」に「こ」がついたものですから。

『広辞苑』にある、

こ‐まめ【小まめ】
ちょこちょことよくからだを動かして使うさま。まめまめしいこと。「―に立ち働く」

の中の「まめまめしい」は、漢字で書くと、「忠実忠実しい」だそうです。先の「あの人は“まめ”だなあ」の「まめ」も同じで、「忠実」と書いています(どちらも『広辞苑』にありました)。

ということは、敢えて漢字で書くならば、「小忠実」と書いて「こまめ」となるでしょう。

どちらにしても“当て字”でしょうし、あまり「忠実」を「まめ」と読ませている文章にお目にかかりませんから(私だけ?)、「小まめ」と書くのがよいと思います。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

やはり小まめが一般的ですよね。
上司がみんな細めなので、え!?と自信をなくしてました。

分かりやすい説明ありがとうございます。解決できました!!

お礼日時:2007/08/26 16:34

広辞苑第5版より



こ‐まめ【小まめ】
ちょこちょことよくからだを動かして使うさま。まめまめしいこと。「―に立ち働く」

だそうです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

広辞苑で調べて下さったのですね!
ありがとうございます。

お礼日時:2007/08/26 16:32

辞書で調べましたが「こまめ」です。


漢字は使いません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですか。。辞書によっても違いますね。

お礼日時:2007/08/26 16:31

では「こまやか」を変換してみてください。


「細やか」になりますから。

この回答への補足

こまやか=こまめ
では意味合いが異なると思います・・。

補足日時:2007/08/26 16:29
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「こまめ」は「細目」?

私の職場では「こまめ」という表記がいつも「細目」になるのですが、これって間違っていますよね。辞書にも載ってなかったし。。

Aベストアンサー

どういったことを表現する言葉なのか、質問文からは読み取れませんでしたが、「こまめ」=「細目」となる場合もなくはありません。以下のURLを参考にしてみてください。

  http://www.aji-ishi.org/aji-shinko/shop/aji_stone.html

粒子の大きさや、網の目の大きさについて使う言葉です。

通常は「さいもく」と読み、「こわけした条目。こまかい事柄」の意となります。

「労を惜しまないでよく働くさま」を表す「こまめ」は通常はひらがなで書くのが一般的ですが、漢字をあてれば「小忠実」となります。以下のURLを参考にしてみてください。


 http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E3%81%93%E3%81%BE%E3%82%81&stype=1&dtype=0

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Q食事は「摂る」「取る」どっちでしょうか?

タイトルの通りの質問です。
どちらの漢字が正しいのか悩んでいます。手持ちの辞書で調べてみたのですが、満足な回答が得られませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

goo辞書の例文にも書いてあります。(まる2の(7)です)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C8%A4%EB&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

Q”かりゆし”の意味教えて

沖縄の言葉?で”かりゆし”というのがありますがどんな意味でしょうか?
ホテルの名前、ビーチの名前、船の名前、ホームページの名前にもたくさん使われていますが”かりゆし”とはどんな意味でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

 
  「かりゆし」は検索で調べると、一杯出てきます。「沖縄かりゆしFC」の名前にも使われ、沖縄地方で、幸せ・縁起がよいこと・めでたいこと、などの意味だそうです。
 
  他方、語源的には、参考URLの説明では、与論島の言葉で、「軽石(かるいし)」で、船出する時、軽石は沈まないので、「かりゆし」と声をかけて、船の安全を祈ったそうです。縁起のよいこと・幸福をもたらすことの意味だそうです。これは、沖縄では「最高の物」「究極の物」という意味になるそうです。いずれにしろ、縁起のよいことでしょう。
 

参考URL:http://club1.s-direct.com/users/half-moon/kariyushi.html

Q「幸せ」、「辛い」という漢字について

「幸せ」、「辛い」という漢字はよく似ています。「幸」から横棒を一本取ると、「辛」という字になります。二つの漢字ができた理由に関連性があるのか教えてください。

Aベストアンサー

No3さんの回答が一般的なのですが、文字の成り立ちには諸説あるので、違った観点から意見を言わせてもらいます。

 「幸」は一説によれば、元の成り立ちは、刑罰に使われた手かせの形と、それを逃れる意の字(逆のしんにょうを取った字)が合わさったものとされています。
 つまり、「刑罰を逃れるから“幸せ”」という事です。

 一方、「辛」はNo3の方も言われていますが、入れ墨針の形からです。この入れ墨針は、刑罰者に用いられていた入れ墨針です。

 つまり、「幸」は刑罰用の手かせ、「辛」は刑罰用の針、から成り立っています。

 刑罰道具という事では、二つの漢字には関連があるとも言えます。

 どのみち、「横棒を一本取ったら~」というのは、完全に後付けの関連です。

 それにしては、よくできた関連付けだと思います。
 校長先生のスピーチとかで、よく聞くエピソードですからね。

Q「適確」と「的確」の違い

「適確」と「的確」の違いを教えてください。辞書では同義となっていますが・・・。

Aベストアンサー

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)。

●的確・・・「的」という字を用いていますので、「的を射た」あるいは「的を外さない」という意味。大事な点は押さえている(あるいは外していない)状態。いずれにせよ、「的」には面積がありますので、「ぴったり」(的の中心)から一定の許容範囲があります。

●適確・・・ほぼ「的確」と同義だけれど、あえて使い分けをするならば、「最善の」、「必要かつ十分な」という意味。法令用語としても、こう解釈すれば理解しやすいですね。あるいは、No.2様のご回答にある「適正確実」、「適切確実」と読み替えるのも一法。

http://www.bsmanner.net/2007/07/post-226.html
http://www.kyoiku-shuppan.co.jp/kokugo/tebiki.html

http://www.nararoudoukyoku.go.jp/gaiyou/h19gaiyou/04.html
ちなみに、このサイトでは、「適確」を「適正かつ効率的」、「的確」を「迅速・適正」の意味で使用しているようです。もっとも、国語として吟味されたわけではないでしょうが・・・。(さて、「適確」と「的確」はどこにあるでしょう?探してみてください。笑)

No.4です。再び失礼します。
あれからいろいろ調べてみたことをまとめてみます。

「適」と「的」の違いを考えてみます。
「適」は「かなう」という意味で、「その条件」に合うかどうかということ。
「的」は「まと」ですから、「その条件」自体が「まと」であり、「的を射ている(条件に合っている)」ということでしょうね。

だから、意味がとても似ているのでしょう。

●適格・・・「格」は資格の格。「適」は「かなう」。資格に合っている、という意味。反対語は「失格」(「不適格」もありますね)...続きを読む

Q「ご賞味下さい」「お召し上がり下さい」の使い方について

「ご賞味下さい」と「お召し上がり下さい」の使い方について教えて下さい。

パンフレットに「ご賞味下さい。」と書いてあるものと、「お召し上がり下さい」と記載されているものを目にします。

「ご賞味下さい」は上から目線ぽいって言われたこともありましたが、本当はどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

>「ご賞味下さい」は上から目線ぽいって言われたこともありましたが、本当はどうなんでしょうか?

「賞」という字を辞書で調べてみました。

例解新国語辞典第二版三省堂
===============================
【賞】ショウ
(1)ほうびのこと。 賞金。賞品。懸賞。受賞。
(2)ほめたたえる。 賞賛。賞味。激賞。
(3)味わってたのしむ。
===============================
上の(2)の通り、「賞味」は「ほめたたえる」の項に入っています。
「賞味」には「ほめる」という意味が含まれていることは明らかです。

「賞」という漢字には、和語の「ほうび」、「ほめたたえる」、「味わってたのしむ」などの意味が含まれています。
「賞」という漢字を使う限りは、どの言葉にも、上の三種の和語の意味は大なり小なり含まれてきます。こういうことは、漢字と和語の関係を考えるときの基本中の基本です。

食べ物屋(食品メーカー)がパンフレットに「ご賞味ください」と書いても、上からの目線ということはありません。
「美味しいものですから、よく味わって食べてください」という宣伝文句です。
多少押し付けがましい感じはしますが、商人は昔から自分の品物を売るのに謙遜したりしません。

しかし、一般人が粗品と書いた菓子折りなどを他人様に贈り、「ご賞味ください」と葉書に書いたら、笑われますね。
「美味しいものですから、よく味わって食べてください」ということですから、一般人がこんなことは言ったらおかしいです。
こういうときは、葉書に「ご笑味ください」と書くのが教養人の常識でした。「粗末なものでお口には合わないと存じます。お笑いください。」と謙遜して言うわけです。
そうして、もらった方は礼状に「ありがたく賞味いたしました。」と書くわけです。美味しいと思って味わいましたということです。
他の人に面と向かって「この間の結婚式のあなたの歌は素晴らしかった。」や「この前いただいた饅頭は大変美味しかった。」ということは「ほめる」という行為です。

新人アナウンサーさんもよく理解できました。拍手。
  ↓
新人アナウンサー研修日記(女性) 賞味と笑味
http://p21.4cast.co.jp/announcer/essay/2003shinjin_w/29.jhtml?1=1

>「ご賞味下さい」は上から目線ぽいって言われたこともありましたが、本当はどうなんでしょうか?

「賞」という字を辞書で調べてみました。

例解新国語辞典第二版三省堂
===============================
【賞】ショウ
(1)ほうびのこと。 賞金。賞品。懸賞。受賞。
(2)ほめたたえる。 賞賛。賞味。激賞。
(3)味わってたのしむ。
===============================
上の(2)の通り、「賞味」は「ほめたたえる」の項に入っています。
...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング