飲食店を経営しています。
営業許可証の費用12,000円および食品衛生協会費12,000円の消費税区分がわかりません。やはり対象外でしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

営業許可証に関しては、飲食店の営業の許可に係る行政手数料でれば非課税となるでしょう。

更新の場合の手数料という意味合いでしたら課税となる場合もあります。

食品衛生協会費についても、その全額が対価性のない通常会費でれば課税対象外として不課税となりますが、その中に何らかの対価性を認めることが出来るものを含んでいる場合があるかもしれませんので一概には言えません。
協会の処理に準じた対応をしなければなりませんので、詳細は協会に確認してみるのが一番だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
衛生協会は6年分とのことなので多分通常会費かと思いました。
営業許可証に関しては更新なのでどうなんでしょう?
問い合わせてみたいと思います。

お礼日時:2008/03/05 12:55

>営業許可証の費用12,000円…



(7) 国等が行う一定の事務に係る役務の提供
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6201.htm
として「非課税」。

>食品衛生協会費12,000円…

課税要件を満たさないので「不課税」。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6105.htm

非課税と不課税とは意味が違うのでご注意ください。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shohi/6209.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どちらも課税対象ではないのですね。
不と非の違いがよくわからないのでもっと勉強します。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2008/03/05 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q100円の消費税がエクス円 500円の消費税がワイ円 合計は?

100円の消費税がエクス円
500円の消費税がワイ円
合計は?

Aベストアンサー

消費税の合計は、エクス円+ワイ円

Q地震保険料控除 区分

地震保険料控除証明書を申告書に記入する際に区分が地震と旧長期のどちらに該当するのかが分かりません。

控除証明書には
保険の種類 年金積立障害保険
保険期間  H12~ 40年間

上記保険料は、平成十八年所得税法等改正等法附則第十条第二項第一号に規定する長期損害保険料に該当するものです。

と書かれていたので区分は旧長期でよいのでしょうか?

Aベストアンサー

証明書に
「所得税法第七十七条第一項に規定する....」
とあれば、地震保険料控除であり
証明書に
「平成十八年所得税法等改正等法附則第十条第二項第一号に規定する....」とあれば、旧長期損害保険料控除である。

Q簡易課税の事業区分について

はじめまして、会計事務所で働いてるものです。

早速ですが質問があるので教えてください。

うちのお客様で建設業を営む会社があります。

その会社は簡易課税制度の3種で申告してるのですが、原材料のすべてを元請から支給してもらい、外注に丸投げという形の事業です。

工事は請負形態で、1案件につき○○万円という形で、工事請負契約書もあります。

確かに工事を行い、物の引き渡しをしていますが、売上原価を構成するのはほとんど外注費だけです。

原材料の在庫リスクを抱えているのなら3種でよいかと思うのですが、

材料のすべてを元請に依存している場合、役務の提供のみを行う4種の申告にあたるかと思うのですが、このまま3種で申告してかまわないのでしょうか?

もちろん自分で調べはしたのですが、はっきりとした答えが出せずにいます。

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

全部を下請けに施行させる場合も第3種です。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/13/02.htm

(製造業等に含まれる範囲)

13-2-5 次の事業は、第三種事業に該当するものとして取り扱う。(平14課消1-40により改正)
(1) 自己の計算において原材料等を購入し、これをあらかじめ指示した条件に従って下請加工させて完成品として販売する、いわゆる製造問屋としての事業
 なお、顧客から特注品の製造を受注し、下請先(又は外注先)等に当該製品を製造させ顧客に引き渡す事業は、顧客から当該特注品の製造を請け負うものであるから、原則として第三種事業に該当する。
(2) 自己が請け負った建設工事(第三種事業に該当するものに限る。)の全部を下請に施工させる元請としての事業
(3) 天然水を採取して瓶詰等して人の飲用に販売する事業
(4) 新聞、書籍等の発行、出版を行う事業

Q所得税法における為替差益の所得区分

個人事業者が事業用の外貨預金を保有している場合、期末レートに換算が換えする際の為替差益は事業所得で良いのでしょうか?為替差益は原則として雑所得ですが、この場合には事業付随収入と考えられるため事業所得のような気がしています。
いかがでしょうか?

Aベストアンサー

先日いってきたばかりです。
事業用の資金であれば、事業用利益とおもいます。
個人の所得でやられたのなら、3表の分離課税になると思います。

Q今まで税込み1000円で+50円は便乗値上げ?

昨日 飲食店での出来事で、本日からの値上げ価格が表示されてあり。それを見たおばちゃん軍団が、今まで1000円の物が、1050円値上げするのを見て便乗値上げだと大騒ぎしていました。

確かに+3%で1030円なのでしょうが、おばちゃん達は食材、ガス、水道、電気、輸送費等様々な物に消費税がかかって原価が上がるって事を知らないのでしょうか?

Aベストアンサー

>では今まで1050円だった物を単純に1080円貰ったのでは、増えた送料は商品に上乗せしないといけないのでは?
>それなのに何で原価が上がらないの? 
二重課税にならないような計算方法になっているから。

消費税5%の時
A店から仕入原価800円、消費税40円の物を、
B店が買って200円の利益を乗せて売るときは、1050円
1000円の消費に対して
A店が払う消費税は40円、B店が払う消費税は10円

8%になっても
A店から仕入原価800円、消費税64円の物を、
B店が買って200円の利益を乗せて売るときは、1080円
1000円の消費に対して
A店が払う消費税は64円、B店が払う消費税は16円


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報