色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

文法書に先行詞が、all, anything, everything, little, much, nothing の時には、関係代名詞は、that がよく用いられるとあったのですが、この中に something も含まれるのでしょうか? 含まれないとしたら、something と上の語との違いはなんですか?

A 回答 (1件)

>この中に something も含まれるのでしょうか?



含まれません。

含まれない理由は、その意味からして、all, anything, everything, little, much, nothing は特別なもの、目立つものなのでthatが好まれますが、somethingは何ら特別なもの、目立つものではないからです。

先行詞が特別なもの、目立つものである場合にthatが好まれるのは、そのようなものを漏らさないようにあるいは逃がさないように制限的に修飾するためには強く、明確に、ガチンと修飾する力を本来的に持った関係代名詞であるthatが適役だからです。これは、先行詞に最上級、firstなどが付いている場合にthatが好まれるのと同様です。

>含まれないとしたら、something と上の語との違いはなんですか?

上記のとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました。よくわかりました。

お礼日時:2008/05/24 16:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング