今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

前々期に未払金があり、
備品消耗品 100,000 未払金
として、あげました。

前期で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じく前期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しました。

ところが、今期になって、その未払金はまだ支払っていなかったことに気づきました。(なぜ、前期の決算時に現金が違っていなかったのか、今となってはわかりません^^;)

このような場合、今期で修正するにはどのような仕訳をすればよいでしょうか?

未払金を実際の未払金とあわせたいので、
個人の懐から現金を会社に入れ、

現金 100,000 未払金

とすればいいのでしょうか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>このような場合、今期で修正するにはどのような仕訳をすればよいでしょうか?



今期の期首の日付で、次の仕訳を起します。
〔借方〕前期損益修正損100,000/〔貸方〕未払金100,000


〔借方〕現金100,000/〔貸方〕未払金100,000
この仕訳は誤りです。

この回答への補足

追加の質問はここでよろしかったでしょうか?

〔借方〕前期損益修正損100,000/〔貸方〕未払金100,000
という仕訳をした場合、

別表四で「加算」は必要でしょうか?

追加質問で申し訳ございませんが、
よろしくお願いします。

補足日時:2009/10/18 22:00
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
「前期損益修正損」という勘定科目があることを
恥ずかしながら初めて知りました。

お礼日時:2009/10/18 21:58

#1です。



>なぜ、前期の決算時に現金が違っていなかったのか、今となってはわかりません

ということは、前期は、理由の分らない現金100,000円がこつ然と現われ、その現金で未払金を支払ったことになります。よって、こつ然と現われた100,000円が雑収入(または、別の収益科目)になります。

つまり、前期は架空の利益100,000円を計上したことになり、それに対する架空の法人税を納めたわけです。

ですから今期は、
〔借方〕前期損益修正損100,000/〔貸方〕未払金100,000

この仕訳によって架空の損失を計上し、前期の架空の利益100,000円を取り消します。つまり、これによって、前期の架空の法人税を取り戻せます。

ですから、別表四での申告調整(所得の「加算」)は不要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかりました。
助かりました。
ありがとうございました。m(..)m

お礼日時:2009/10/19 07:58

と思ったけど、やっぱり前期において現金過不足による雑損失を計上すべきだから、


やっぱり前期損益修正損を計上すべきなんですかね?

すみません。私の回答は全て無視してください
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/18 22:00

決済したと思ってた債務を取り消すって表現がおかしいですね


債務を決済したという事実を取り消すに訂正します
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/18 21:59

現金 100,000 未払金


でいいんじゃないですか?決済したと思ってた債務を取り消すだけで、べつに損益を
修正してるわけじゃないですし
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2009/10/18 21:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未払金の計上ミスについて

おととしから青色申告に切り替えたばかりの、経理初心者です。
前年分で計上ミスが発覚し、どう修正すればいいのかわかりません。

2007年12月  外注工賃 32,400 未払金

本当は28,200としなければならないところを、32,400で計上してしまいました。
支払ったのは「2008年3月 28,200」なのですが、この場合、差額分はどのように計上すればいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

所得税は暦年課税ですから前年の所得を当年に持ち越すのは間違いです。

1.当年分の帳簿については次の仕訳で未払金の残高を抹消します。
借方 未払金 4,200/貸方 事業主借 4,200

2.前年分の所得が過小だったのですから、前年分について修正申告をします。
もっとも、修正申告しても、納付すべき税額が発生しない場合、純損失の金額に異動がない場合は修正申告の必要もありません。

Q会計処理で、未払い金の前期繰越未払い金の金額を110としたのですが

会計処理で、未払い金の前期繰越未払い金の金額を110としたのですが、今期での実際の未払い金は、100で処理が完了しました。
前期繰越未払い金の金額が間違っており、正しい金額は、100でした。
従って、まだ未払い金が10残っていることになっているのですが、今期としてどのように処理(仕訳け)をしたら、未払い金が残高ゼロに修正できるのでしょうか。

Aベストアンサー

前期分の修正をするには、基本的には下記のとおりです。

未払金  10 /前期損益修正益  10

ただし、金額が少額ですから下記の仕訳で問題ありません。

未払金 10 / 相手科目 10
(前期の未払計上をしたときの科目です、雑収入はできる限り使いません)

Q前期の未払金を消す仕訳処理(前期未払費用が減額変更)

前期の未払金を今期で消す処理での質問です。

(例)前期に計上された未払金20,000円(事務用品費)を今期に支払処理したが、先方の都合で1,000円値引きしてくれた。その場合その差額は雑収入?それとも事務用品費のマイナス?

一会計期間内でしたら、未払金を消す処理は事務用品費のマイナスになると思いますが、前期の未払金が減った場合は今期の費用のマイナスではないので雑収入で未払金を消すのでしょうか?

【A案】
(借方)未払金20000 (貸方)現金19000
          (貸方)雑収入1000

【B案】
(借方)未払金20000 (貸方)現金19000
          (貸方)事務用品費1000

Aベストアンサー

No.2の者です。

会計理論上、仕訳を切る日付(会計事実を認識・計上する日付)は事実の発生日となります。事実発生日において、事実を認識・計上することになります。

この点、前期に締結した売買契約の対価の額すなわち売買価格を契約の変更によって当期に減額変更した場合には、「値引」という事実の発生日が当期になります。そのため、当期の値引として認識すべきことになります。特別利益扱いにはなりません(重要性の原則が適用される場合を除きます)。

もっとも、kame-tamagoさんのケースでは決済処理の関係によるとのことなので、営業外収益である「雑収入」で構いません。また、金額が寡少であれば、重要性の原則により、「事務用品費」のマイナスでも構いません。

Q前期分 計上間違い金額

前期の未払金の計上を間違えていて(実際額より多い)、今期分に計上されていて

支払は全部済んでいるんですが、この金額はどのように処理したらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

No.4です。

前期、計上した雑費が3000円だけ多過ぎたのですから、次の仕訳を起して未払金3000を消します。

〔借方〕未払金3,000/〔貸方〕雑収入3,000

間違えた金額は3000円であり少額ですから、
(1)会計としては、今期に「未払金」を「雑収入」に振り替えれば充分です。
(2)また税務としては、修正申告の必要はありません。何もしなくて良いです。

Q前年度の記入間違いに気付きました

前年度より、青色申告をしています。

今年度の準備を始めるにあたり、前年度の仕訳帳を確認していたら、計上金額が間違っていたり、開業日前の計上すべきでない金額が計上されていたり・・・に気付いてしまいました。(金額は一万円ほどです。)
年度途中からの開業・記帳でして、記帳を初めてから開業日の変更があったり、初めての記帳で不慣れでのチェック漏れが原因で、悪意があっての事ではありません。

勘定科目は<未払金>です。
期首残高に計上したいのですが、前年度が間違っているために今年度末も合わなくなってしまいます。
このような場合、処理はどのようにしたらよいのでしょうか?
一応、簿記の資格はありますが、何十年も前に取得したものですのでハッキリと覚えていません。

どなたか、お教え下さいませ。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

実務上と理論上で違います。

先に実務上の処理をお答えします。
「当期に逆仕訳をきる」
です。
(消耗品費)/(未払金)
であれば
(未払金)/(消耗品費)
*もちろん、消耗品費勘定がマイナスにならないことが前提。
*勘定科目は正確には「前期損益修正損」です。

過失による修正で1万円くらいなら、税務署も恐らく何も言いません。


次に、理論上です。
個人事業者なら「修正申告」です。
前年度分を正しく修正して申告しなおします。この場合、差引税額と延滞税と過少申告加算税が掛かります。(1万円くらいなら、差引税額だけだと思いますが)
また、法人の場合、税務申告が「"確定した"決算」が前提であるため、修正ができません。もし、仕訳を修正するのであれば、申告は「修正申告」ではなく「確定申告」の出し直しです。つまり期限後申告になります。

Q未払い計上と支払額に差異が生じた場合の処理方法

期末時に(3/31)
通信費 600/未払い金 600
と計上したら
期首(4/1)
未払い金 600/通信費 600
となりますが、
実際の通信費が700円や500円だったら何か問題ありますか?

未払い計上と支払額に差異が生じた場合の処理方法を教えてください。

Aベストアンサー

>期首(4/1)
>未払い金 600/通信費 600
>となりますが

違います。
期首は未払金 600円が残っているだけです。

その支払いをしたときに、
【未払金 600円/現金 (or 普通預金など) 600円】
です。

>未払い計上と支払額に差異が生じた場合の…

差異の生じた理由によります。

・請求額 600円に対してリベートなどで 500円しか支払わなくて良いことが、決算後に明らかになった場合
【未払金 100円/仕入値引 100円】

・もともと700円を請求されていたのに 600円しか未払計上しなかった場合
・もともと500円を請求されていたのに 600円に水増しして未払計上した場合
→前期分に戻って決算書の訂正。

Q未払金の処理について

12月決算でしたが、今回初めて決算処理を行っています。
その中で未払金の処理で悩んでいます。

前期からの未払金のうち、一部の金額の処理方法がわかりません。
前期の総勘定元帳を確認したところ
「前期より繰越」となっており、その前の
総勘定元帳が手元にありません。

なんとかこの未払金を無くして処理するよう上からは言われているの
ですが・・・・。
何かいい方法はありませんでしょうか?
(本来は何の未払金であるかちゃんと調べてそれに
基づいて処理すべきなのでしょうが・・・)

Aベストアンサー

費用科目/未払金
で計上していた残額なのであれば、仕訳自体は
未払金/前期繰越修正益
とするのが基本形です。もっとも、その金額であれば
未払金/雑収入
で十分だと思います。

問題は、対税務署でしょうね。概算での計上自体、許容されない場合があることに加え、消費税の問題や源泉の問題なども絡んでいるおそれもあります。

もっとも、二重計上を重点調査項目として指摘されたのであれば、これを重点的にかつ時間を掛けて調べ、十分な説明ができるように準備しておくと良いように思います。

Q(訂正)前期の未払金処理の誤りを今期で修正したい。

前のスレッドで、質問内容に誤りがありました。

以下、正しい質問です。

前々期に未払金があり、
備品消耗品 100,000 未払金
として、あげました。

普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。

ところが、今回、
前期で、支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
としてあるものとして(実際はこの仕訳はしていない)、

(同じく前期の)決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理してしまいました。

ところが、今期になって、その未払金はまだ支払っていなかったことに気づきました。

このような場合、今期で修正するにはどのような仕訳をすればよいでしょうか?

単に、間違いの反対の仕訳として、

備品消耗品 100,000 未払金

とすればいいのでしょうか?

その場合、別表4で加算する必要はあるでしょうか?

たびたび申し訳ありませんが、
よろしくお願いします。

前のスレッドで、質問内容に誤りがありました。

以下、正しい質問です。

前々期に未払金があり、
備品消耗品 100,000 未払金
として、あげました。

普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。

ところが、今回、
前期で、支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
としてあるものとして(実際は...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

実をいうと、

>普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。


両方の仕訳が間違っているのです。

未払金を支払った時点で、
〔借方〕未払金100,000/〔貸方〕現金100,000
この仕訳だけで良いのです。


>(同じく前期の)決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理してしまいました。

この仕訳が間違っています。


なので、今期、どのように是正するか、ですが・・

「備品消耗品」は資産科目ですか、費用科目ですか。


◇「備品消耗品」が資産科目である場合:
今期は前期と同じく間違った仕訳を起します。
〔借方〕備品消耗品100,000/〔貸方〕未払金100,000
減価償却は今期から始めれば良いでしょう。

利益に影響がないので別表四での申告調整は不要です。


◇「備品消耗品」が費用科目である場合:

前期は、
未払金 100,000 備品消耗品
この間違った仕訳によって損金(備品消耗品)をマイナス算入したわけです。つまり、架空の利益100,000円を計上したことになります。そして、架空の法人税を納めました。

今期は、次の仕訳を起して前期の間違いを取り消します。
〔借方〕前期損益修正損100,000/〔貸方〕未払金100,000
(備品消耗品は使えません。これを使うと、今期に費用「備品消耗品」を計上することになります。)
これによって、前期の架空の法人税を取り戻せます。

ですから、やはり、別表四での申告調整(所得の「加算」)は不要です。

こんにちは。

実をいうと、

>普通、このような場合は、
次の期(今の場合、前期)で、その未払金を支払ったものとして、
まずは支払い時点で
備品消耗品 100,000 現金
とし、

同じ期の決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金から処理しています。


両方の仕訳が間違っているのです。

未払金を支払った時点で、
〔借方〕未払金100,000/〔貸方〕現金100,000
この仕訳だけで良いのです。


>(同じく前期の)決算仕訳で
未払金 100,000 備品消耗品
として未払金か...続きを読む

Q修正申告すべき?

個人事業主です。
前期の帳簿チェックをしていたら、仕分けミスをいくつか見つけました。

まず、所得金額に影響してくるものが

修繕費/未払金 と仕分けをして、翌月に
未払金/現金 と仕分ける所を間違って
修繕費/現金 と仕分けています。
結果、修繕費が二度経費に上がっている事になります。
同じミスが二カ所あり金額の合計は63525円で、修正申告の計算をした所、追加の納税額は4000円と少額ではありますが、やはり修正申告すべきでしょうか?

また、このままでは帳簿上には実際には支払済の修繕費の未払金が、残ったままになっています。これをなくすためにはどう言う仕分けをすればよいなでしょうか?また、上がったままの二重の修繕費はどうすればよいのでしょうか?

もう一つは仕分けの科目を間違って
未払金/現金 と仕分ける所を
買掛け金/現金と仕分けています。
これも帳簿上に未払金が残ったままになっています。今期で修正するにはどう言う仕分けをすればよいのでしょうか?

頭が混乱して参ってます。
お助け下さい。

Aベストアンサー

>修正申告の計算をした所、追加の納税額は4000円と少額ではありますが、やはり修正申告すべきでしょうか?

前期の事業所得の過少計上が63525円で、修正申告する場合の追加納税額が4000円という少額なのであれば、あえて修正申告をする必要はありません。今期の確定申告で、その所得「63525円」を計上しておけば解決です。


>帳簿上には実際には支払済の修繕費の未払金が、残ったままになっています。これをなくすためにはどう言う仕分けをすればよいなでしょうか?
>また、上がったままの二重の修繕費はどうすればよいのでしょうか?

次の仕訳を起こせば一挙に解決します。
〔借方〕未払金 ☆☆☆☆☆/〔貸方〕雑収入 ☆☆☆☆☆

【解説】未払金元帳残高に実態のない「未払金☆☆☆☆☆」が残っているわけですから、それを消去するために「〔借方〕未払金 ☆☆☆☆☆」とします。〔貸方〕は、「修繕費」にしたいところですが、前期の「〔借方〕修繕費 ☆☆☆☆☆」を消去するのに今期、「〔貸方〕修繕費 ☆☆☆☆☆」とすることはできません。今期の修繕費発生高に影響を与えるからです。この場合は「雑収入」を使うほかありません。
※法人の場合は、「雑収入」ではなく「前期損益修正益」を使いますが。


>前期、未払金/現金 と仕分ける所を
買掛け金/現金と仕分けています。
帳簿上に未払金が残ったままになっています。

今期において次の仕訳を起こします。

〔借方〕未払金 ☆☆☆☆/〔貸方〕買掛金 ☆☆☆☆

>修正申告の計算をした所、追加の納税額は4000円と少額ではありますが、やはり修正申告すべきでしょうか?

前期の事業所得の過少計上が63525円で、修正申告する場合の追加納税額が4000円という少額なのであれば、あえて修正申告をする必要はありません。今期の確定申告で、その所得「63525円」を計上しておけば解決です。


>帳簿上には実際には支払済の修繕費の未払金が、残ったままになっています。これをなくすためにはどう言う仕分けをすればよいなでしょうか?
>また、上がったままの二重の修繕費はどう...続きを読む

Q前期経費の計上し忘れの場合の仕訳方法

当社は3月決算の会社です。
3月にクレジットカードで購入した経費があるのですが、本来は購入時に未払金で計上し、翌月に口座から振替で支払います。
(3月未払金で計上→決算→翌期4月に口座振替)

ところが、3月購入時に計上が漏れてしまいました。
そのまま決算を迎え、翌期4月に口座から引き落とされたのですが、
3月に未払金計上していないので4月ではどのように仕訳をするべきなのでしょうか?


方法としては、、

1)前期3月を修正申告し、未払金で計上する仕訳を追加する。そして当期4月はその未払金を相殺する仕訳をする。

2)当期4月に口座引落があった時、ふつうに
   経費 XXXXXXXXXX 普通預金 XXXXXXXXXX

3)当期4月に口座引落があっても、当期の経費ではないのでなにも
計上しない→預金額が通帳と合わなくなる?



というように仕訳をする。
ただし、この経費は前期の分なので当期の決算時に経費に含めない。

などといった方法が考えられますが、、
どのような方法がいいのでしょうか?

宜しくお願いします

当社は3月決算の会社です。
3月にクレジットカードで購入した経費があるのですが、本来は購入時に未払金で計上し、翌月に口座から振替で支払います。
(3月未払金で計上→決算→翌期4月に口座振替)

ところが、3月購入時に計上が漏れてしまいました。
そのまま決算を迎え、翌期4月に口座から引き落とされたのですが、
3月に未払金計上していないので4月ではどのように仕訳をするべきなのでしょうか?


方法としては、、

1)前期3月を修正申告し、未払金で計上する仕訳を追加する。そして当...続きを読む

Aベストアンサー

前期の経費計上もれの場合
<1)前期3月を修正申告し、未払金で計上する仕訳を追加する。そして当期4月はその未払金を相殺する仕訳をする。

経費の計上する場合は、修正申告ではなく「更正の請求」になります。
修正申告とは、税金を追加して支払う場合をいいます。経費を計上すると利益が減少するので、還付を受けなくてはならなくなります。(前期赤字なら税金は戻りませんが、いずれにせよ「更正の請求」に該当)
更正の請求をすると高い確率で「税務調査が入ります」のであまりお勧めしません。

私なら、前期損益修正損/未払金 ○○○○円で日付は、4/1から引落しの前日までの日付で仕訳します。この科目で処理するメリットは、損益計算書の「特別損失」に表示するので、当期の営業利益に影響しない点です。
ただ、そういった計上もれを表にだしたくない時は、ご質問にある(2)の方法で経費処理する方がよいでしょう。
売上のもれではなく経費のもれなので、あまり心配しなくてもいいでしょう。参考になれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング