はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

4月~6月の給料で1年の税率が決まるから、
残業代が翌月に反映される場合、3月~5月は残業しない方がいいとよく聞きます。

将来の年金額が払った分増えるから、気にしなくていいという意見も聞きます。


実際のところどうなんでしょうか?

私自身は、トータルでイーブンならいいかという考えなのですが、
将来、年金がちゃんともらえるかわからないこの時代、
やっぱり今税金を多く払うのは損でしょうか?

みなさまの意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。



税金(所得税・住民税等)と社会保険料(厚生年金・健康保険料等)を混同してませんか?

4月から6月の給料平均月額を参考にするのは、社会保険の等級を決める「標準報酬月額」です。

この、標準報酬月額は春の賃上げが行われる4月の給料から以後3ヶ月間の6月までの平均額で暫定的に算出するのが一般的ですが、年度の途中でも残業手当の増減などで給与支給額の変動があった場合は等級は随時見直されるので決定額ではありません。

従って、4月から6月まで3ヶ月間の残業をせずに標準報酬月額を控えめにしても、その後に残業手当が増えて標準報酬月額が等級の範囲内上限額を超えれば社会保険の等級は同じ年度の途中からでも容赦なく引き上げられます。
(※逆に標準報酬月額が、その後に等級の下限額を下回れば等級は下がる)

また、給与所得税については「年末調整」で過不足などがあった場合は12月の給与で調整されるので、4月から6月の所得税平均額が年間所得税額に影響することもありません。
    • good
    • 24

社会保険料の確定は、4月昇給の場合で4月・5月・6月の3か月の平均給与で決まります。

(平均の標準報酬月額)
ただし、残業代を含めても1等級以内の昇給であればあがりません。注意、もし4月に会社から遠くに引っ越した場合通勤手当が増えますね! この場合通勤手当も含まれます。簡単に言えば各種手当も含まれるということです。4月・5月残業なし、6月に1等級以内×3か月分以内の残業をしてもあがらないということです。しかし、2等級以上の場合はあがりますよ。
因みに1等級の参考金額を入れておきます。給与10万円の場合8,000円・20万円の場合15,000円・30万円の場合20,000円・40万円~60万円の場合30,000円・70万円の場合35,000です。各3(か月)を掛けた金額いないとなりますが、実際は多少違いますのでお調べください。 
    • good
    • 14

それは税金ではなく、厚生年金や健康保険などの社会保険料です。



年金は標準報酬に基づいて支給されます。多く納めれば多く支給されます。
健康保険は、確かに保険料を多く支払っても医療費は同じですが、
保険料率は9%程度です。保険料を安くするより、収入を多くした
ほうがいのではないでしょうか。

気にする必要はないと思います。
    • good
    • 21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q住民税は4~6月の給与を元に算出するのですか?

住民税か健康保険料だったか裏覚えなのですが、
以前、4~6月分の給与の平均×12ヶ月分を平均月額給与として算出する
と聞きましたが、現在もそうなのでしょうか?
そしてこれは、「4~6月分」の給与でしょうか?
それとも、「4~6月に支払分」なのでしょうか?(給与が翌月支払いの場合)
ご存知の方がいらしたら、どうぞ教えて下さい!

Aベストアンサー

#2の者です。

>>>では、健康保険・年金保険は、4~6月に「支払われた」給与という事で、
給与が当月締め翌月払いの場合、実際は3~5月分の給与という事になるのですね?

一般のサラリーマンの場合で分かりやすい例を挙げますと、
4月入社の新入社員も、ちゃんと4月の給料日に給料をもらえるはず。
「給与が当月締め翌月払い」というケースは、私は聞いたことが無いですが、
残業手当など、当月分を当月の給料として支給するのが、事務手続き上無理な場合、翌月払いになるでしょう。
いずれにせよ、4~6月に実際支給された給料・諸手当の額が、標準報酬月額の算定根拠になります。


>>>
その給与とは、会社から交通費が出ている場合、それも含めての合計額になるのでしょうか?

通勤費は含む、
出張時などの交通費実費は含まない、
です。
http://hccweb1.bai.ne.jp/~apadi703/txt20.htm

Q標準報酬等級の算出は3~5月?4~6月?

こんにちは。
今まで何も考えずに残業等やっていましたが4~6月の平均月収により1年でかかる税金が違うと
知り今年から調整したいと思っています。
そこで自分なりに調べていたのですがどうしても分からないことがあるので詳しい方に
教えていただけますと幸いです。

標準報酬等級を決める際に4~6月の平均から決められるとありましたが、あるページには翌月給与支払いの方は3~5月、とありました。
そこで混乱してしまったのですが…どちらが正しいのでしょうか?

3月月初から月末までの給与が4月20日にでる場合、これは3月、4月、5月分の給与の平均なのでしょうか?
それとも4月分からスタートして7月20日にでる6月分までの4月、5月、6月の平均で考えればいいのでしょうか?
うまく伝えきれず申し訳ありませんがどうぞご教授ください。

Aベストアンサー

もっと簡単に考えればいいんですよ(^^;)。
4月・5月・6月の各給与支給日に実際に支払われた額を平均して導く‥‥。それだけです。

それぞれの月のお給料が「いついつの分」か。
これは、例えば、4月に実際に支払われた給与が3/16~4/15の勤務から出したもので、4/30に支払われたと仮定しましょう。
一見「3月分?」と思われるかもしれませんけれど、そうではなくて、「4月分」として見ます。
ただ、ここで3/16~4/15が31日あるので、届出のときの算定基礎日数は「4月分=31日」のように書きます(30日、とならないところがミソ)。
同様に、5月が4/16~5/15の勤務を元に5/30払だとしたら、「5月分=30日」のように考えます。

要は、4月~6月に実際に支払われる額を見る‥‥。
ここがポイントです。
 

Q4~6月の所得を低くすれば節税できますか?

過去ログなどから
『住民税については、前年の収入を基に、翌年の5月に決定されて、6月から翌年の5月まで、給与から控除されます。

社会保険の保険料については、5月から7月(昨年までは4月から6月)の間の3ヶ月間の、平均給与によって標準報酬月額が決り、その等級によって毎月の保険料が決る制度になっています。』

と言うのを見つけたのですが、ということで5~7月には残業をしないでなるべく給料を抑えようと思います。
そこで気になったのが、5~7月度の給料なのか、それとも5~7月度に支払われる給料のことなのかということです。
それによって有給や残業を調節しようと思います。
アドバイスお願いします。
ちなみに締め日は月末で支払いは15日です。

Aベストアンサー

住民税は前年の1~12月の収入総額で決まりますから、残業による操作は意味がありません。
所得税は毎月支払われる金額に応じて変動し、12月に過不足の精算をしますので、こちらも意味がありません。

社会保険については、
去年までは、
5,6,7月に「支払われる」給与の平均で決まっていました。
(10月より適用となり、来年9月まで続きます)
今年からは、
4,5,6月に「支払われる」給与の平均で決まります。
(9月より適用となり、来年8月まで続きます)

残業代を減らせば確かに保険料は安くなります。
健康保険については安くなった分だけ単純に得します。
厚生年金については受け取りも多くなるため一概には言えません。

なお、随時改訂という制度もありますが、残業代による収入の増減があっても随時改訂の対象にはなりませんので、ご注意下さい。

Q住民税は、およそでいいのでいくらなのか教えて下さい

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払ってる人がいるようです。

国民年金が全国一律15240円だったと思います、年間約18万円
国民健康保険が私の市だと、月16000円くらいで、年間約19万円

この2つだけで年間37万円も払わなければならないです。

住民税というのが、いくらかかるのか全くわからず
ネット上では年間10万以上は払うように書かれているのですが

ということは、年金、健康保険、住民税を合計すると年間50万以上
必要のように思えてしまうのですが、これは本当なのでしょうか?

私は年収200~230万位で 
年金は銀行引き落とし、健康保険は払い込み用紙で毎月払う形
住民税は毎月払うのでしょうか?

毎月払えれは、楽なのかと思いきや、年収200万くらいで
年間10万~30万 高い人は50万くらいだそうなんですけど

自由になるお金減りすぎますよね。

あと40歳になると、介護保険料 というのが発生するみたいなんですが・・

年収からこれらを全部引いてしまうと、手取り150万くらいになってしまうのですが
こんなんで、ひとり暮らしは可能なのでしょうか?

月の収入で見ると

月給 180,000円
年金  -15,000円くらい
健康保険-16,000円くらい
所得税 -7000円くらい
住民税 -???円(仮に10,000円として)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄手取り 132,000円 

醜い数値が出ました。

ひとり暮らしをしたら

知人の話では家賃4万円で光熱費いれるとトータル6万円くらいだそうです。
食費が、節約を常に考えても、1日1000円でも月3万円
この時点ですでに9万円です。 
残りは42000円、これで生活できるのでしょうか・・

閲覧ありがとうございます。

住民税について質問があります。

私は今まで住民税払ったことがないです。30代後半まで。

今まで親の扶養に入っていたから?だと思うのですが、
世帯分離して国民健康保険に加入したのですが

住民税は発生するのでしょうか?

最近、国保に加入して、どれくらい出費があるのか、考えていたら

年金と健康保険とあと住民税かな?と思いまして
ですが住民税っていくらなのかパッとしないので、
ネットであちらこちらと閲覧してみたところ、
個人差があり年間10万払ってる人と30万払...続きを読む

Aベストアンサー

年収210万円とした場合の住民税
住民税は「所得割」と「均等割」の2つの課税があります。
所得割
1360000円(所得)-370000円(社会保険料控除)-330000円(基礎控除)=660000円(課税所得)
660000円(課税所得)×10%(税率)=66000円
これに、均等割5000円がプラスされ71000円が税額です。
なお、給与所得の場合、「収入」から「給与所得控除(年収によってきまります)」を引いた額を「所得」といいます。

71000円÷12=5900円/月
が、毎月の給料から天引きされます。

なお、所得税は7000円も引かれません。
4000円くらいですし、最終的には引かれた所得税の一部が年末調整で還付されます。
年末調整のとき、1年間に払った年金と国保の保険料申告することを忘れないですることです。

Q税金の基準は4,5,6月?

住民税か何税か忘れましたが1年間に徴収される税金の基準が4,5,6という話を聞きました。
これは本当なのでしょうか?
本当であれば当該月は残業をしないほうがいいような。

Aベストアンサー

社会保険料のことですね。
ですから4~6月の給料は少ないに越したことはありません(^^;
残業を少なくできるならそうしたほうがいいかもしれませんね。

ただし4~6月以外でも基本給に変動があったり、転勤や引越しなどで通勤費に変動があれば随時社会保険料は改定されます。
※4~6月以外では残業代が増えただけでは社会保険料は改定されません。

Q4-6月で算出された社会保険料について

4-6月で算出された社会保険料がでました。
しかし、この春は残業がとても多かったので、
残業が少なかった7-9月で再度見直ししてください、と10月に頼んだら
固定給が変わってないからダメ、と言われました。

で、質問なのですが

まず、
■12月の年末調整では、この多く払いすぎている社会保険料は戻ってくるんでしょうか?

■冬のボーナスにもこの度決定された控除額が適用されると思いますが、これも年末調整で戻ってきますか?

次に、
■見直しのタイミングは

1、2012年の4-6月 (固定給が下がっていなくても等級が下がっていれば)
2、2011年の11-2012年の1月 (固定給を下げてもらえれば)

の2つしかありませんか?


かなりの控除額Upで、これが1年続くとなるとかなり厳しく、気がめいっています。

ご回答とお知恵の拝借、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 固定給が変わってないからダメ、と言われました。
その通りですね。

> まず、
> ■12月の年末調整では、この多く払いすぎている社会保険料は戻ってくるんでしょうか?
先ずは認識を改めてください。これは『多く払いすぎている』と言う性質の物ではありません。
○年末調整で従前の保険料額との差額が戻ってくると言う事は有りませんが、収入から控除される社会保険料額が前年よりも増えたので、ご質問者様の所得税を計算する為の『課税対象額』はその分だけ減少し、結果として、僅かかも知れませんが、年末調整による還付金が前年より増える可能性が有る。
○病気や怪我を原因として会社を一定日数以上休むと健康保険から支給される『傷病手当金』(健康保険)は、保険料の計算基礎となる『標準報酬月額』を使って金額が計算されます。(因みに、傷病手当金の日額は、標準報酬月額÷30×2/3=標準報酬月額×2÷90)
 ですので、平時の給料額に比べて高い保険料を支払っていると言う事は、万一の時の収入が、同じ金額の給料を貰っている同僚に比べて増える状態にあるといえます。
○厚生年金に支給には『老齢厚生年金』が有名ですが、他にも『障害厚生年金』『障害手当金』『遺族厚生年金』が有ります。
 これらは、これまでの月に適用されてきた標準報酬月額の平均値を使って計算いたしますから、厚生年金からの給付額が増えます。


> ■冬のボーナスにもこの度決定された控除額が適用されると思いますが、
> これも年末調整で戻ってきますか?
ここも認識違い(用語間違い?)。
賞与に対する計算は、支給した賞与額から千円未満を切り捨てた額に対して、各保険料率を掛けた値。
各保険料率に関しては、給料から控除されている保険料の計算に使われている保険料率と同額。
今回決定した標準報酬月額とは無関係。
 ※ ※ ※
 加入している健康保険や厚生年金基金によっては多少異なりますが、
 以上の事は、世間一般での共通事項です。
 ※ ※ ※
年末調整で帰ってくるくるのかと言う点は、最初の質問に対する回答と同じなので割愛します。

> 次に、
> ■見直しのタイミングは
> 1、2012年の4-6月 (固定給が下がっていなくても等級が下がっていれば)
> 2、2011年の11-2012年の1月 (固定給を下げてもらえれば)
> の2つしかありませんか?
細かい事を省けば、その通りですね。
『2012/4-6』は定時決定と呼び、後述する随時改定に該当しない者全てに対して一斉に適用されます。これが年1回の定期的な見直しシステム。
しかし、年1回の定期的な見直しシステムだけでは、給料額に対して社会保険の負担率が極端に重く(逆に軽く)なってしまう事があります。では、雇用保険の様に『支給額×保険料率』としたり、毎月、3箇月平均を取って標準報酬月額を決めればよいのでしょうか?
事務上の問題もあるためとは思いますが、健康保険及び厚生年金では『固定的賃金に変動があり、変動があった月を含む3ヶ月間の平均が著しく(等級が2等級以上)変動した場合には、見直す』と言う決まりを作りました。これが随時改定と言う制度です。
但し、固定的賃金が下がったからと言って、必ずしも随時改定に該当する訳ではありませんので、ご注意下さい。
 http://www.tabisland.ne.jp/explain/shaho2/sha2_1_5.htm

> ご回答とお知恵の拝借、よろしくお願いいたします。
1 毎年、「4月から6月の給料だけ高額になるが、他の月はそれ程では無い場合には・・・」と言う取り扱いが、今年から追加されました。
  ご質問者様の給料の増減パターンがこの取り扱いに該当し、加入している健康保険の保険者がこの取り扱いをするのであれば、元に戻してもらえる可能性もあります。
  事務担当者と相談の上、健康保険に問合せてみてください。
2 法の抜け道を知っている実務担当者であれば、従前の標準報酬月額に戻す方法も知っていると思います。但し、ご質問者様に不利益が生じますよ。

> 固定給が変わってないからダメ、と言われました。
その通りですね。

> まず、
> ■12月の年末調整では、この多く払いすぎている社会保険料は戻ってくるんでしょうか?
先ずは認識を改めてください。これは『多く払いすぎている』と言う性質の物ではありません。
○年末調整で従前の保険料額との差額が戻ってくると言う事は有りませんが、収入から控除される社会保険料額が前年よりも増えたので、ご質問者様の所得税を計算する為の『課税対象額』はその分だけ減少し、結果として、僅かかも知れませんが、年末調整...続きを読む

Q1月~3月の給与での所得税計算(?) について

1月~3月の給与での所得税計算(?) について教えて下さい。

私は特定の期間の所得を以って、年収から引かれる額が決まると思っていましたが、
http://www.freshmanmoney.com/tax4.html
を見ると、そのような事は書かれていません。
私はその特定の期間が1月~3月だと思っていましたが、なかなか検索に引っかかりません。
あるいは記憶が正確に引き出せない為、所得税計算であったどうかも不明です。
ただ確かなのは、「特定の期間の所得を以って、年収から引かれる額が決まる」という事について周囲の人達がいろいろな対応をしていた事です。

1月~3月の所得を以って、年収から引かれる額を決め、それを通年に割り当てていたと思うのですが、
1.これは所得税で合っているしょうか? 
  それとも他の税制処置なのでしょうか? 
2.「この1月~3月の所得を以って、年収から引かれる額が決まる」というのは何故こうなったのでしょうか? 
 私の知人(当時34歳)は特定の月(1~3月?)に残業を沢山して、5月に全く仕事が来なかった為、手取りが15万円になった、と言ってやさぐれている人がいました。確かにこれはものすごく不公平だと思います。
 逆に一流企業の経理部門に勤めている人で、「年間所得から引かれる額が決まる」という特定の月に残業は減らしている、という人がいました。この人は賢いとも思います。
 ただ、本来であれば、その月の所得に対して税をかけるのがスジだと思うのですが、税の徴収上そうもいかないから便宜上こうしているのでしょうか。

 仮に通年営業しない企業があったとして、そして「年間所得から引かれる額が決まる」という特定の月だけ営業しなかった場合、雇用者・被雇用者の給与において「年間所得から引かれる額」は大幅に減額されるのでしょうか。

矢継ぎ早の質問になってしまいましたが、どなたかご存知の方がいらっしゃいましたらご教授下さい。
あるいは自分の勘違いの可能性もあるので、その場合にはご指摘頂ければ幸いです。

宜しくお願い致します。

1月~3月の給与での所得税計算(?) について教えて下さい。

私は特定の期間の所得を以って、年収から引かれる額が決まると思っていましたが、
http://www.freshmanmoney.com/tax4.html
を見ると、そのような事は書かれていません。
私はその特定の期間が1月~3月だと思っていましたが、なかなか検索に引っかかりません。
あるいは記憶が正確に引き出せない為、所得税計算であったどうかも不明です。
ただ確かなのは、「特定の期間の所得を以って、年収から引かれる額が決まる」という事について周囲の人達...続きを読む

Aベストアンサー

勘違いです。

たぶん、健康保険、厚生年金、雇用保険などの社会保険料と混同しているのだと思います。
健康保険などは、4月から6月の報酬から算定された標準報酬月額から1年間の保険料が決定されます。標準報酬月額表の上位等級にならないように、残業時間を調整する人もいるかもしれません。

Q住民税の決定時期 等について

質問が二つあります。
昨年4月に入社したのですが、この職場は比較的自由に残業代を稼ぐことができます。(自分の休みの日に誰かに有給をとってもらい、代わりに休日出勤するということができます。)ですが先日先輩に「3月から5月の給料は抑えておいた方がいいよ」と言われました。理由は、その三ヶ月の収入により、その後一年間の住民税の金額が決定する、ということでした。そこで自分で調べてみたところ、「前年の収入により住民税の金額を算出する」という記述があり、先輩から聞いた話とは少しちがうようでした。さらに複雑な計算方法等が書かれていましたが、私には難しくよくわかりませんでした。
まず一つ目の質問ですが、「3月から5月」等の「ある時期」がピックアップされ住民税の金額が算出されるというのは事実でしょうか。また、事実だとすればそれは何時なのか教えて頂きたいです。
そして、昨日のことですが別の先輩に3月の休日出勤を依頼されました。しかし他の人にも既に依頼されており、ここであまり稼いでしまうと住民税が上がり、その結果プラスマイナスゼロ、あるいはマイナスなんていう事にもなり兼ねないのかと考えてしまい、返事を待ってもらうことにしました。
そこで二つ目の質問ですが、この休日出勤は一回当たり一万五千円ぐらいの収入アップになります。この程度の増収ではどれくらい税額が上がってしまうのでしょうか。
自分の休日は他の方と同じように有給を消化する為、週一以上は確保できております。なので、基本給が決して高くはない為、できるだけ休日出勤を断らずに稼ぎたいと考えています。どなたか、税金に詳しい方の回答をお待ちしております。よろしくお願いいたします。

質問が二つあります。
昨年4月に入社したのですが、この職場は比較的自由に残業代を稼ぐことができます。(自分の休みの日に誰かに有給をとってもらい、代わりに休日出勤するということができます。)ですが先日先輩に「3月から5月の給料は抑えておいた方がいいよ」と言われました。理由は、その三ヶ月の収入により、その後一年間の住民税の金額が決定する、ということでした。そこで自分で調べてみたところ、「前年の収入により住民税の金額を算出する」という記述があり、先輩から聞いた話とは少しちがうようで...続きを読む

Aベストアンサー

一つ目は来年のいまごろ確定申告が終った時点で住民税額は決まります。
でも、単身のサラリーマンで、公務員でもなさそうなので、病気もせず、
副業の成果があまりかんばしくなければ、
年末調整に会社に資料を提出した時点ですから、たいていは今年の11月中だと思います。
2つ目の質問では、新人で月収40万円とかでないと思いますので、国税とその翌年の
住民税の合計年額で、2200円ぐらいでは。

1月まで、都合9か月も働いていすので、すでにデータはあるはず。
給与明細や住民税の書類の裏と、国税庁のHPを参考に自分でシミュレーションをしてみましょう。
正確な予想ができます。
結論から言うと、働いた分はほぼポケットに入ります。ただ、会社も年間予算というものがあります。
極端に残業代がかさむと違法行為ぎみな裏操作が行われます。査定ですね。
年収って予想と変わってもらうといろいろ困る方が多いようですよ。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング