【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

先日修士論文発表がありました。
できは最悪・・・修士論文は中途半端。。
修士論文の差し替えはまだできます。。。

研究のデーターおよび完成度は、まったく駄目。。

学校推薦の就職先ではないですが、
先生の推薦状は提出してます。

修了できるか不安です。
やっぱり就職が決まってても、修士論文の出来がわるいと修了できないんでしょうか????

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>やっぱり就職が決まってても、修士論文の出来がわるいと修了できないんでしょうか



就職が決まってようが決まっていまいが関係ありません。

>研究のデーターおよび完成度は、まったく駄目。。

修士論文はとにかく形にすることです。データがでなかったら、出ないなりのまとめ方があります。とにかく形にすれば、たいてい修了できます。
大学教員いわく、修士学生を留年させても自分の仕事が増えるだけなので、残したくないそうです。
だから、とりあえず形にすればOK。提出しましょう。
    • good
    • 4

悪い情報から、


>やっぱり就職が決まってても、
 まったく関係ありません。教授会では、「就職が決まっているから」と発言しても、誰も聞いてくれません。したがって、こんな発言は、恥ですから、誰もしません。

私が書き込む気になったのは、下記の表現があったからです。
>できは最悪・・・修士論文は中途半端。

 なかなか、これは言えません。私は、院のとき、朝から晩遅くまで、研究室にいましたから、『自分は、真面目に研究している』と勘違いしていました。このように勘違いしているのは、私だけではないと想います。
 教授には、「卒業延期」と言われても『まあ就職も無いし、あせらなくても』としか感じない鈍感さ。それに呆れたのか、一週間後には、「おっても仕方がないから、卒業せえ」と、修士を修了させれました。今では、『あの時は、アホやった』と言えるのがで、少しは賢くなったかと・・・・。

 さて、発表では、4つ質問があれば、2つキチンと対応でき、1つは曖昧、1つは「あとで調べておきます」、すなわち、70~80点あれば、十分です。というのも、教員は、ご自身の専門分野に立って発言します。そのとき、発表者の立場・能力に配慮するような教員は、あまり見かけません。最も重要な質問の受け答えも、『あのときは、こう応えていれば』というのを、学会で何度発表しても毎回経験します。

>研究のデーターおよび完成度は、まったく駄目
この感想は、3年早い。研究は、博士課程修了であれば、一応の完成です。理系なら、論文(=学会で認められる)が3~5報あるでしょう。それでも、あくまで一応です。
 修士だと、論文が1報あるかないかでしょう。完成などするハズがありません。それも分野によるでしょうが、今では自由に研究できる立場にありながら、修士論文の分野についてはともかく、論文そのものを発展させる方法は、ほんの少ししか考え付きません(修士時代から進歩が無いのだ、と言われそうですが)。

 修士論文や博士論文でも、振り返ってみると、恥ずかしいものです。それでも、その時期では、精一杯のものです。
 教授が、「修士論文として発表せよ」というのなら、修士の条件は十分に満たしています。これは、他の方が書き込まれているのと同じです。
    • good
    • 2

一般論として修士までは教育の一環だと思います。


多少のデータ不足があっても、それまでの努力が認められれば修了できるのが普通だと思います。

ただ、最近多いのが、就職活動が長引いて、ろくに研究を行っていないというパターンです。データ不足の原因が、実験不足、努力不足ということであれば、修了できないこともあるでしょう。

なお、これまた、一般論になりますが、修士論文の提出や発表は、指導教員がそれを認めた上で行うことになるのが普通ですので、それを許可されたということは、基本的に修了を認める方針だと考えてよいでしょう。推薦状を書いてもらったということであればなおさらでしょうね。

そうは言いながらも、何事にも例外はありますし、先生からやめておけと言われたにもかかわらず、独断で発表したようなことがあれば見通しは暗いですね。

なお、3月修了できない場合の処置は大学によって違うでしょうが、修士課程であれば9月になるところが多いのではないでしょうか。
    • good
    • 1

どういう審査の流れを取っているのかにもよりますけど、修士論文の出来や、それを審査委員がどう評価するかによって修了が伸びてしまうケースはそれなりにあります。



が、修士の意義としては学術的な姿勢によって、過去の文献に向き合い、どうテーマを設定し、どういう根拠でどういう主張をしたかの一連の流れを評価します。単位認定も「修士論文」ではなくて「修士論文作成演習」とか「修士論文作成研究」とかの名前になってません?

とりあえずは、指導教員の先生とも相談しながら、出来る範囲のデータ取りや差し替えなどやっておきましょう。やれることを、やってみましょう。

もし審査で落ちた場合、3月での修了は難しくなりますが、私の知る事例では4月・9月、翌年3月の修了の事例があります。審査での落ち方にもよるんですが、4月修了という事例は、審査委員が留保条件として「○○について不明確だからもうちょっとはっきりしろ」みたいなものを提示したもので、再審査および教授会などの事務手続きの日程上4月に繰り越したというものです。このケースでは、実質では論文の再提出・再審査をほとんど3月中にやってしまったらしく、就職先が納得してくれたこともあって、4月からフツーに仕事してました。

9月・翌年3月のケースは、フツーに留年・内定取り消しですけど。あと、審査に落ちた時点で退学して、大卒・修士中退という経歴で入社しちゃったケースもあります。


前述したように、修士論文そのものに、その作成にあたりどのような学術的姿勢をとったかを加味した上で演習なり研究なりとして単位を認定する場合が多いので、目だった新規性・データではなくとも、最終審査までにやれることがあるのだれば、それをしっかりやりましょう。その後の結果によっては対応を考えないといけないかもしれませんが、それは結果が出てから考えることで十分です。今は、結果について考えず、修士論文だけを考えててみてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q修士論文が不合格だった場合について

私は現在国立大学の修士課程(大学院前期課程)2年生です。
数日前に修士論文を提出したのですが、正直申しまして論文のクオリティーがかなり低く、とても論文は通りそうにありません。
もし修士論文が不合格となってしまった場合はどうなるのでしょうか。
修士課程単位取得退学のといったような形で退学扱いになるのでしょうか?
それとも留年と言う形で大学に残り次年度にて再度修士論文を提出することは可能なのでしょうか?
それとも大学によって異なるのでしょうか?
以前、一度修士論文を提出した場合は2年間は論文が提出できないなどのお話を聞いたことがあります。
修士課程に2年もいるのに全くの無知でお恥ずかしいのですが、もしよろしければ教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

教授が修士論文の提出を許可したのであれば,論文は通ると思います.

留年して次年度に提出は可能です.
クオリティを上げれば,半年後に卒業などもあるかもしれません.
ただ,大学によって異なりますので,ここで相談するより教授に相談しましょう.

Q大学院を卒業できないかも?

現在、大学院卒業を間近に控えているものです。
大学院での研究ではいろいろと困難があり、研究が進まずにたいした結果を出せずに2月になってしまいました。
現在、来週提出の修士論文を必至に書いていますが、担当教授からは
「君は結果が出せていないのだから場合によっては卒業させない。来年もやるか?」
などと言われてしまいました。
私自身はこの2年間で苦労しましたし、教授のきつい叱責にも耐えてきました。4月からの就職も決まっているからなおさら卒業したい気持ちが強いです。
「こんなに大変な思いをして今更卒業できないだなんて…」と考えると日に日にストレスが溜まり、体調まで悪くなってきました。
修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

「卒業できないかもしれない」という不安を軽くしたくて質問させていただきました。修士論文の書き方などアドバイスをお願い致します。

(忙しいのでお礼が遅くなるかもしれません)

Aベストアンサー

>修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

小生の経験上からは担当狂官によると思います。
小生の場合は、狂官から目をつけられたため、どんなに結果を出しても、「こんなの研究でも何でもない。留年しろ。」ようなことを言われ、散々でした。でも、卒業は何とかできました。
他の研究室の学生はと言うと、「先生がほとんど書いてくれた」「結果は問わないから、手書きでなければいい」とかいう感じの方もいたぐらいです。温度差がありました。

一口に結果言ったって、どうでもいい小さい結果もあれば、学術界を揺るがす大きい結果までまちまちです。修士の学生では、どうでもいい結果が積の山でしょう。修士論文が学術会を揺るがす大論文になった話など聞いたことありませんし・・・
修士の学生の結果に対して(frankさんだって全く結果がないというわけではないでしょう)、もっともらしい文句を付けて留年させるような狂官は明らかに嫌がらせと思っていいです。
その狂官の修士時代の論文だってたいしたことないと思います。恐らく、現在の狂官の論文も同様に学術会から見れば、あってもなくてもどうでもいい論文と思います。大したことない狂官ほど、下男根性と申しましょうか、ちょっと権力を持てば、権力ない者をいじめるものです。

>「卒業できないかもしれない」という不安を軽くしたくて質問させていただきました。修士論文の書き方などアドバイスをお願い致します。

お気持ちはよくわかります。小生の経験からも、今できることは、

 「修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしています」

しかないでしょう。あと、自分のアピールばかりして、担当狂官に対する敬意の言葉を忘れないようにしましょう。(担当狂官がいたからこそ、本論文があるような書き方)姑息な手段ですが・・・

>日に日にストレスが溜まり、体調まで悪くなってきました。

体には十分に気をつけてください。ちなみに小生は、この時期のストレスのために、回復不能な病気にかかってしまいました。小生のようにならないように気をつけてください。

>修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

小生の経験上からは担当狂官によると思います。
小生の場合は、狂官から目をつけられたため、どんなに結果を出しても、「こんなの研究でも何でもない。留年しろ。」ようなことを言われ、散々でした。でも、卒業は何とかできました。
他の研究室の学生はと言うと、「先生がほとんど書いてくれた」「結果は問わないから、手書きでなければいい」とかいう感じの方もい...続きを読む

Q修士論文は必ず通るのでしょうか?

同じ研究室の共同実験をしている先輩についてですが、先輩はM2で今年修士論文を書かなければならないのですが、大学に来てません。
ここ3ヶ月ぐらい来てなくて、パチンコ屋でたまに見ます。先輩に修士論文を書かなくても大丈夫なのですか?と聞いたら、「そんなもん誰でも通るから適当に書く。最悪は卒論をそのまま提出するから心配するな」と言われました。
そんな人が推薦で大企業に内定をもらっているのが悔しいですが、修士論文は本当にどんな内容でも通るのでしょうか?有名私大実験系のラボです。教えてください

Aベストアンサー

大学は卒論が通って卒業すればそれだけでいいというところでしょうか?
私は単に卒業するだけなんて、全くのナンセンスだと思います。

まして、大学院を質問者様がおっしゃるような先輩が卒業して
一体何を大学院で得たというのでしょうか?

そんなんで就職できたからといって、大学院で何も得ていないようなら、社会で生きて行けるとは思えませんが。
大学院を出たということで、会社もそれを見越して能力を要求します。
だめならギャップでできない奴と思われるだけです。

そんなアホな先輩の心配なんか無用です。
くだらない。

Q修士論文不合格って・・・

工学系の M2 の学生です。

修士論文の執筆をしていますが、もう一杯一杯です。
教授にも「知らないからね」と放置されていて、ほぼ一人で書いてる状態。

決して自分の論文で、新規性のあることをかけているのではありません。

既存の理論を、無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。

一応は形にはしてあります。
全部で 70 ページくらいは記述してきました。
図も、式も、一生懸命に書きました。

しかし、修士論文の審査に合格する自信はありません。


皆さんの身の回りで、修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?

「修士くらいなら落ちないよ」と他人が言うのは、ぜんぜん安心材料になりません。

修士論文に不合格になった工学系の学生さんの話があれば、参考に教えていただきたいです。

僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。

Aベストアンサー

私大教員です。
>ほぼ一人で書いてる状態。
書くのは1人ですよ。但し、教員は見る義務はあります。
>新規性のあることをかけているのではありません。
何らかの新規性は必要でしょう。
>無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。
音楽の意味はわかりませんが、こじつけが謙遜で、論理性があればよいと思います(論理性は必要です)。
>一応は形にはしてあります。
それでしたら、教員に見てもらうことです。
>修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?
理学部ではおりますよ。外部発表を科しておりますので、それが一度もないと不合格になりますし、実際になった学生はいます。
>僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。
それでしたら修了できる可能性は高いと思いますよ。但し、教員から書き直しを指摘されたら、議論した上で、書き直す努力をすることです。それができれば修了の可能性は高いでしょう。
但し、学校によってハードルは違うので、そこのところはなんともいえません。私のところでは、査読付英文誌に1報は受理されることとなっておりますが、投稿できると教員が判断できれば、修了させています。原稿すらかけなかったら修了できません。

私大教員です。
>ほぼ一人で書いてる状態。
書くのは1人ですよ。但し、教員は見る義務はあります。
>新規性のあることをかけているのではありません。
何らかの新規性は必要でしょう。
>無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。
音楽の意味はわかりませんが、こじつけが謙遜で、論理性があればよいと思います(論理性は必要です)。
>一応は形にはしてあります。
それでしたら、教員に見てもらうことです。
>修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?
理学部ではおりますよ。外部発表を科...続きを読む

Q修士論文の発表が不安です…

工学部の修士です。
修士論文の発表があさってに迫っています。
ただ、どうしても不安です。

自分なりに、新規性を盛り込み努力もし発表練習も何度もやってきましたが
「努力不足だ。」と言われても返す言葉がありません。
担当教授からは「大丈夫。自信を持ってください」ともいわれるのですが
ふとした時に提出済みの論文のダメな点などが思い浮かんでしまい…
やっぱりダメです。

友達からは
「○○(私)は学校推薦でいいとこ決まってるんだから
 そんな人を落としたりしないよ。」
と言われているのですが、そんなことってあるのでしょうか?

「大丈夫ですよ」っていうご意見をいただきたいのも山々なのですが
そうではないご意見も現実として知っておきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆に教官の立場で考えてみましょう。

就職も決まっている、修論もそれなりに書けている、
そんな生徒をわざわざ落として、もう一年面倒見なければいけない状況に
わざわざするでしょうか。しかも直接の指導教官は合格させるつもりでいるのに。

頑張ってください。

Q大学教員は修士論文をどのくらいのレベルを求めていると思いますか?

まだ修士の学生ではないですが、大学教員は学生の修士論文はどのくらいのレベルを求めているのでしょうか?
修士を修了しても大学教員から見たらまだまだ半人前なのでしょうかね?東大・京大生なら活発に教員と議論できるぐらいのレベルの学生はいそうですけどどうなんでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

修士論文を見たがる人は少なく、ネットで論文検索できる博士論文じゃあないのだから、何か適当にページ数のある論文を書いてくれればOKと思っていますよ。

共研でいろいろ見ていますが、東大だって京大だってレベルはしれています。先輩の論文を半分以上写してパクッているのがいっぱいあります。この人は何をしたのって聞きたいくらいのが。
逆に地方大でも優秀な論文書いている人いっぱいいます。

修士論文程度なら本人の努力次第が非常に出ていて、本人が頑張ったかどうかだけです。

Q院中退と内定取消し

こんにちは。
現在、修論に向けて頑張っているのですが
提出できるようなものができるかどうか、きわどい状況です。
あまり研究自体に楽しさも見出せません。

そこで、万一のことも考えての質問です。
もし修論が書けなくて留年する意思もない場合、内定は取り消されてしまうのでしょうか?
研究とは何の関係もない会社(IT)だし、院卒の割合も少ないので
学部卒として採用してもらえないかなあ、なんて考えたりします。

実際どうなんでしょう?
経験者や人事部の方の回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

つらい状況にあるようですね。人事と人事関連企業に勤めた経験があり、また社会人大学院ではありますが修士課程を修了した立場から、回答させていただきます。ちょっと厳しいことを書きますが、お許しください。

ここで中退された場合、内定はおそらく取り消しになるだろうと思います。その理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、あなたが最初から「院卒見込み」の採用試験を通ってきていることです。新卒か新卒に近い場合、採用する側からみれば、最終学歴が「大学院中退」というのは「大卒」と同じではありません。

院卒と大卒の採用基準は異なります。一般的に院卒は「使いにくい」と考えられており、あえて院卒であることが役に立つ場合を除き、敬遠される傾向があります。つまり、院卒は上司より学歴が高い場合もあるし、実際に仕事には役立たない余計な知識(大学院での研究を、多くの企業がそう感じています)を身につけて、実務で「生意気」にも机上の空論を振り回すかもしれません。それに院卒にはそれなりの給与を支払わねばなりません。

それなのにあえて院卒見込みのあなたを採用したからには、修士号を持つ人間を採用することが、その企業のメリットになると判断したからでしょう。たとえばあなたの修士号が、IT関連のコンサル営業に役に立つ…と、先方は考えているかもしれません。

社会に出て何年もたってからの転職の場合には、「大卒」も「大学院中退」も変わらないと考える人事も多くなりますが(もちろん最後まで「中退者」は採用しない企業も有ります)、企業での実務経験がない(または、浅い)人間を選考する場合には、大卒で行なうことが可能な仕事内容には、最初から大卒見込みの人間を選考にかけるでしょう。

もうひとつの理由は、仮にあなたがここで中退した場合、内定先があなたの性格に疑いを持つだろうということです。

すなわち、あなたが「先に内定を取りながら、2年のうちに論文を書けなかった」「研究に楽しさも見いだせないので大学院を辞めてしまった」ことで、内定先の人事はあなたを「計画性がない」「やり始めたことを完了することができない」「すぐにやめてしまう」人間だと判断する可能性が高いです。

あなたを実際に働かせた場合、あなたが仕事も完了することができないという事態が起こるのではないか、仕事が面白くないと感じた場合(最初から面白いと感じる仕事を割り振られるのは、まれです)、あるいは仕事を期限内に完了できなかった場合に、さっさと会社を辞めてしまうのではないか…との懸念を、企業は抱くでしょう。

私としては、あなたが現状で可能な範囲で論文を仕上げて、提出することをお勧めします。修士の2年間で、満足できる研究結果を伴った論文を仕上げられる人は、それほど多くありません。多くの人は、2年という期限の中で研究が進まないことに悩み、それでもできるところまで進めていき、最後には言葉は悪いですが「見切り発車」で、提出期限にあわせて論文を仕上げています。というのは、研究というのは、すればするほど次々と課題が出てきてしまい、何時までやってもキリがないからです。

本年度に論文を提出して、口述諮問に備えるのが最良の方法だと思います。というのは、内定は、あくまでもあなたが来年の3月に修了した場合に効力を発揮します。留年では取り消しになると思います。そして中退でも取り消しになるでしょう。つらいでしょうが、頑張ってください。

つらい状況にあるようですね。人事と人事関連企業に勤めた経験があり、また社会人大学院ではありますが修士課程を修了した立場から、回答させていただきます。ちょっと厳しいことを書きますが、お許しください。

ここで中退された場合、内定はおそらく取り消しになるだろうと思います。その理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、あなたが最初から「院卒見込み」の採用試験を通ってきていることです。新卒か新卒に近い場合、採用する側からみれば、最終学歴が「大学院中退」というのは「大卒」と同じで...続きを読む

Q修士論文のミスで不合格?

修論提出後にデータのミスが見つかり、半分以上嘘のデータで修論発表した友人がいるのですが、修論が不合格になる可能性ってあるんでしょうかね?本人のミスとはいえ、捏造していたわけではないし結構まじめに研究していたので不合格にするのはかわいそうだなと感じるのですが・・・。(担当教授はこのことを知っているようです)

皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

No.1でひとつ書き忘れました。

指導教員が提出前に下書きを読んでいたかどうかも,かかわってきますね。その段階でミスが見抜けず,提出にGOサインを出してしまったのなら,教員にも責任が生じます。

Q不安です!修士論文の合否

修士論文は、先生に受理されたらもう合格でしょうか?私は就職も決まり、卒業したいのですが、自分の書いた修士論文を自分でみてもしょうもないものと感じます。 一応調査研究をし、形にはしました。二月に3人の先生から口頭試問があります。このまま卒業できないってあるでしょうか? 旧国大社会学です。

Aベストアンサー

修士レベルであれば、それなりにやってあればまず大丈夫です。

Q大学院留年?

 大学では留年する人もけっこういるイメージなんですが、大学院では留年する人っているんでしょうか?仮に留年する人がいるとしたら、何%くらいでしょうか?また留年する人がいたら、理由などあるんでしょうか?

Aベストアンサー

理系の場合ですが、
留年が起こる理由は、主に「必要な単位が取れない」ということになると思いますが、この単位は「授業科目」「修士・博士論文の研究」に分かれます。

院の授業は、学部と違って概論的な内容が多かったり、レポート提出で単位が取れることが多いこと、必修科目はほとんどないことなどにより、単位が足りないということはほとんどありません。

また、研究については、修士の場合は、進み具合に応じて、できたところまでを論文にまとめようとさせますので、修士論文が完成しないということもなく、別の言い方をすると、無理にでも卒業してもらう形になっています。

博士課程は、学術雑誌への論文投稿などが博士の要件となっていることが多いため、研究を計画的に進めていないと学位の取得は難しく、留年あるいは中退することになります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング