グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

就職が決まり、来年3月に大学院を修了予定のM2の学生です。

ある電子デバイスの作製と研究を行っているのですが、デバイスの作製段階でつまづいており、データを得るどころか、動作確認すらままならない状況で現在焦りを感じています。
作製中のデバイスは、他研究機関でも研究開発が進められている物で、論文を読んで作製プロセスなどを参考にしています。
しかし私の研究では、従来の作製プロセスとは異なる全く新しい手法(前例がない)を用いているため、そういった論文はあくまでも参考程度にしかなりません。
従来の手法を模倣しようにも、そのための装置が研究室や学内に存在せず、今取り組んでいる手法を大きく変えることは不可能です。

そのため、助教とも相談を重ね、一日も早くデバイスの完成と動作確認を目指しているのですが・・・。
担当教授からは、デバイスを完成させ、動作させないことには卒業させることが出来ない、と厳しく言われております。

土日も休みなく毎日毎日サンプルを作製しては失敗することを繰り返している。
あの手この手と手法を変えてみた。なのにデータが出ない。

大学院までは、ネガティブデータ(どうして完成しなかったのかなどの考察)だけでも、半ば追い出す形で修了させる、と聞いたことがあるのですが、実際のところ本当にデータが出ないと修了が認められないものなのでしょうか?
ちなみに、過去の先輩で修了することが出来なかった学生はいませんが、ネガティブデータで修了した学生はいないようです。(テーマ変更など、何かしらあったようですが詳しいことは分かりません。)

ご回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

>下品な実学系



 さまざまな回答を見ると、次のことが言えそうですね。
 ・修士論文なら、課題設定等を調節すれば、何とかなる。
 ・しかし教授がその研究を強くおしている。
 ・教授のメリットになるからだ。

 で、ここからが意見の別れどころで、
 ・期待に答えて頑張りなよ、
 という人もいれば、
 ・なんじゃそりゃ?
 と思う人もいる。私は後者だなあ。

 助教が手伝って無理なら、院生が無能なので尻を引っ叩いておけばよい、ということじゃないと判断できます。要するに無理なんでしょう。こりゃまさに、飯が無くなっても根性で闘え、とか、竹槍でB29を落とせ、とか言っている指揮官と同じだなあ。こうやって自分の権威を守り、あわよくば成功したら、おいしい思いをしようと目論んでいる。つまり学会発表して、p先生の言う特許を取ろうというわけ。「下品」。まさに適切な形容辞だと思います。

 学生相談室などに指導方法が適切かどうかを査定するようにお願いして、「脱走」してみては? しかしそういう研究室が存在する大学だと、大学そのものが封建的で、学生相談室もちゃんとしてないんだろうなあ。査問会議を開け、と言ったところで、そもそも開き方もわからないんだろうなあ。

 世の中、いろんな暗黒世界があるものだ・・・。
    • good
    • 0

No.7~9の応答を面白く拝見してましたが,たぶん従来より簡単な製造プロセスを開発するような研究なんでしょう。

成功したら学会発表でプライオリティを確保し,特許を申請する手はずなのですか?(それならテーマは詳しく書けませんよね) いまの大学は,そんな下品な実学系がはばをきかせている時代です。

最初に指導教員が,なんと言ったのか。

1.「何回が成功したことがある。安定したプロセスを開発しろ」。こういう改良の仕事なら,修士課程の学生にやらせるのはわかります。

2.「理論的には可能なはずだ。数撃ちゃ当たるかもしれん」なら,かなりヤバイ仕事を押しつけられたんじゃないですか。

3.「理論的にもわからん」なら,竹槍で敵と戦えも同然。ハイリスク・ハイリータンかもしれませんがね。

助教は,状況をどう見ているのですか? 助教が手伝って成功しないなら,もともと不可能だったんじゃないですか? データがでるでない,マスターをだすださないの問題ではなく,研究室運営体制や指導体制の問題じゃないですか? 実験のやりかたのほかに,その点についても相談したほうがいいと思います。少なくとも,学会発表の有無は修論合格の要件ではないはずであり,「そんなこと一介の学生の知ったこっちゃねえ。おれにも特許料の分け前をくれるってえのか?」と開き直る必要もあるように思います。
    • good
    • 1

ある程度予想はしていましたが、さらに補足のお願い。



>従来の方法を模倣するだけでは新規性がなく、学会発表が難しいのです。

 新規性がないということくらいは分かります。しかし学会発表? これ、誰がするんですか? 教授か、助教がするんじゃないでしょうね? あなたがするわけではないようだという気がしていますが・・・あなたは卒業するだけで十分という書き方ですから。

 ここのところが大切で、あなたが生け贄になっているなら、査問会議でプールしているお金を吐き出させるように決議させて、新しい装置を作ってもらうようにした方がいいと思いますよ。

 そもそも、その新機軸のやり方を決めたのは誰なんですか? 
    • good
    • 0

補足



>担当教授からは、デバイスを完成させ、動作させないことには卒業させることが出来ない、と厳しく言われております。
>あの手この手と手法を変えてみた。なのにデータが出ない。
>ネガティブデータで修了した学生はいない
>テーマ変更など、何かしらあった

 上の四つの情報を総合するとさ、よーするに、次のことを言っているわけだよ。
 ・撤退せよ。課題が難しすぎるのなら、下方修正してもよい。何でもいいからネガティブデータはやめてくれ。

 やはり「最後の一分一秒まで闘って、留年しろ!」とは誰も言っていないね(笑)。
    • good
    • 0

素朴な疑問を列挙



 ・従来と同じものをやらなかったのはなぜなんですか?
 ・失敗したら、従来と同じものに切り替えればいいんじゃないですか?
 ・それでちょっとした新しいことをやればいいんじゃないですか?
 ・今が方針転換のレッドラインじゃないですか?
 ・毎日、サンプルを制作しているなら、従来のやつを作るくらい楽勝ではないですか?
 ・研究の成果が小さくても、ネガティブデータでないことが大切なんじゃないですか?
 ・つまり、卒業させてくれるんじゃないですか?

 あなたと分野は違いますが、私の場合、成果が出ないと思ったら、研究課題をマイナーチェンジすることがあります。発想さえ切り替われば、結構、これはぱっぱとできるものですよ。しかしある程度の時間がないと、それもできません。撤退だ!という判断の時期が大切です。研究は、こういう撤退と、進行を繰り返してやるもんじゃないかな・・・。

 それともあなたの研究室は「撤退は許さんぞ、最後の一分一秒まで闘って、勝利を収めろ」という旧日本軍式を採用しているんですか? そういうやり方で結果が出るとも思えないけれどなあ。まあ先生たちが、M2なら、M3までやらせてもいいか、と高をくくっている可能性はあるでしょうね。撤退するなら、自分の意志で「脱走」する覚悟も必要なのかもしれません。

この回答への補足

お答えします。
従来の方法を模倣するだけでは新規性がなく、学会発表が難しいのです。私の研究は、従来とは違う手法を用いることを込みにしています。
また、従来の方法で作製する装置もなければ、新たに購入したり外部に委託したりする研究資金もありません。

残念ですが、作製方法を変更することは不可能です。

補足日時:2013/11/10 12:42
    • good
    • 0

休日のせいか,文章が一発では決まらん。



>失敗談が聞けるのは,親しい間柄で懇親会の席上

こんなこともありうる:

「条件をこう換えたら,こんな結果がでないかな?」
「ああ,そりゃ試したよ。だめだね。」
それでやめておくか,「おれならできる」と反発するかは,人それぞれ。研究ってのは「くもん式さんすう」じゃないんだよ。
    • good
    • 1

補足。



>学会ではそんなみっともない発表はできません

つまり,人前にでてくる成果の陰には,たくさんの失敗があるのです。あたかも最初から的中したように発表するでしょうが。失敗談が聞けるのは,親しい間柄で懇親会の席上。それがわかっただけでも,修士課程に進んだ意味はあったじゃない。
    • good
    • 0

半導体や合金のような,物性系なんですか? 配合をいろいろ変えて「数撃ちゃ当たる」と? 笑



かりにそうだとして,「この配合じゃだめだった;特性がここまでしか伸びなかった」というデータは無意味ではないでしょうね。他人がその手間を省くことはできますから。学会ではそんなみっともない発表はできませんけど。

まぐれで当たるかもしれないので,がんばってね。
    • good
    • 0

まあ、精一杯やっているのでしょうが、この時期ともなると、修了を見越して、助教の方が何か形になるような方策を考えそうなものだと思うんですけどねえ。

何か良い結果ができたら、その説明のためにもネガティブデータが生きてきますが、ネガティブデータだけの場合は・・・・。

修士修了なら、それなりに形にならないと、ちょっと悲しいような。
まあ、頑張るしかないでしょう。
    • good
    • 0

教授のそのコメントは叱咤激励だと思います。



修士論文なんて実験データさえそろっていれば、ちょと頭をひねって悪知恵・・というと言い方悪いですが、題名・タイトル・テーマを適切に設定すれば、それなりの形になりますよ。
教授はそれくらいのこと心得てます。

ただ教授がそれくらい切羽詰まった言い方をするというのは、本当に欲しいものだからだと思います。
ここは期待に応えられるよう知恵を絞りだしましょう。
装置がないと嘆くのではなく、その装置を持っている企業に折衝してみるとか。
頭脳+行動で!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学院を卒業できないかも?

現在、大学院卒業を間近に控えているものです。
大学院での研究ではいろいろと困難があり、研究が進まずにたいした結果を出せずに2月になってしまいました。
現在、来週提出の修士論文を必至に書いていますが、担当教授からは
「君は結果が出せていないのだから場合によっては卒業させない。来年もやるか?」
などと言われてしまいました。
私自身はこの2年間で苦労しましたし、教授のきつい叱責にも耐えてきました。4月からの就職も決まっているからなおさら卒業したい気持ちが強いです。
「こんなに大変な思いをして今更卒業できないだなんて…」と考えると日に日にストレスが溜まり、体調まで悪くなってきました。
修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

「卒業できないかもしれない」という不安を軽くしたくて質問させていただきました。修士論文の書き方などアドバイスをお願い致します。

(忙しいのでお礼が遅くなるかもしれません)

Aベストアンサー

>修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

小生の経験上からは担当狂官によると思います。
小生の場合は、狂官から目をつけられたため、どんなに結果を出しても、「こんなの研究でも何でもない。留年しろ。」ようなことを言われ、散々でした。でも、卒業は何とかできました。
他の研究室の学生はと言うと、「先生がほとんど書いてくれた」「結果は問わないから、手書きでなければいい」とかいう感じの方もいたぐらいです。温度差がありました。

一口に結果言ったって、どうでもいい小さい結果もあれば、学術界を揺るがす大きい結果までまちまちです。修士の学生では、どうでもいい結果が積の山でしょう。修士論文が学術会を揺るがす大論文になった話など聞いたことありませんし・・・
修士の学生の結果に対して(frankさんだって全く結果がないというわけではないでしょう)、もっともらしい文句を付けて留年させるような狂官は明らかに嫌がらせと思っていいです。
その狂官の修士時代の論文だってたいしたことないと思います。恐らく、現在の狂官の論文も同様に学術会から見れば、あってもなくてもどうでもいい論文と思います。大したことない狂官ほど、下男根性と申しましょうか、ちょっと権力を持てば、権力ない者をいじめるものです。

>「卒業できないかもしれない」という不安を軽くしたくて質問させていただきました。修士論文の書き方などアドバイスをお願い致します。

お気持ちはよくわかります。小生の経験からも、今できることは、

 「修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしています」

しかないでしょう。あと、自分のアピールばかりして、担当狂官に対する敬意の言葉を忘れないようにしましょう。(担当狂官がいたからこそ、本論文があるような書き方)姑息な手段ですが・・・

>日に日にストレスが溜まり、体調まで悪くなってきました。

体には十分に気をつけてください。ちなみに小生は、この時期のストレスのために、回復不能な病気にかかってしまいました。小生のようにならないように気をつけてください。

>修士論文には自分ががんばったことをいろいろ書いてアピールしていますが、それでも結果が出ていない学生は卒業できないものなのでしょうか。

小生の経験上からは担当狂官によると思います。
小生の場合は、狂官から目をつけられたため、どんなに結果を出しても、「こんなの研究でも何でもない。留年しろ。」ようなことを言われ、散々でした。でも、卒業は何とかできました。
他の研究室の学生はと言うと、「先生がほとんど書いてくれた」「結果は問わないから、手書きでなければいい」とかいう感じの方もい...続きを読む

Q修士論文は必ず通るのでしょうか?

同じ研究室の共同実験をしている先輩についてですが、先輩はM2で今年修士論文を書かなければならないのですが、大学に来てません。
ここ3ヶ月ぐらい来てなくて、パチンコ屋でたまに見ます。先輩に修士論文を書かなくても大丈夫なのですか?と聞いたら、「そんなもん誰でも通るから適当に書く。最悪は卒論をそのまま提出するから心配するな」と言われました。
そんな人が推薦で大企業に内定をもらっているのが悔しいですが、修士論文は本当にどんな内容でも通るのでしょうか?有名私大実験系のラボです。教えてください

Aベストアンサー

大学は卒論が通って卒業すればそれだけでいいというところでしょうか?
私は単に卒業するだけなんて、全くのナンセンスだと思います。

まして、大学院を質問者様がおっしゃるような先輩が卒業して
一体何を大学院で得たというのでしょうか?

そんなんで就職できたからといって、大学院で何も得ていないようなら、社会で生きて行けるとは思えませんが。
大学院を出たということで、会社もそれを見越して能力を要求します。
だめならギャップでできない奴と思われるだけです。

そんなアホな先輩の心配なんか無用です。
くだらない。

Q大学教員は修士論文をどのくらいのレベルを求めていると思いますか?

まだ修士の学生ではないですが、大学教員は学生の修士論文はどのくらいのレベルを求めているのでしょうか?
修士を修了しても大学教員から見たらまだまだ半人前なのでしょうかね?東大・京大生なら活発に教員と議論できるぐらいのレベルの学生はいそうですけどどうなんでしょうか。教えてください

Aベストアンサー

修士論文を見たがる人は少なく、ネットで論文検索できる博士論文じゃあないのだから、何か適当にページ数のある論文を書いてくれればOKと思っていますよ。

共研でいろいろ見ていますが、東大だって京大だってレベルはしれています。先輩の論文を半分以上写してパクッているのがいっぱいあります。この人は何をしたのって聞きたいくらいのが。
逆に地方大でも優秀な論文書いている人いっぱいいます。

修士論文程度なら本人の努力次第が非常に出ていて、本人が頑張ったかどうかだけです。

Q院中退と内定取消し

こんにちは。
現在、修論に向けて頑張っているのですが
提出できるようなものができるかどうか、きわどい状況です。
あまり研究自体に楽しさも見出せません。

そこで、万一のことも考えての質問です。
もし修論が書けなくて留年する意思もない場合、内定は取り消されてしまうのでしょうか?
研究とは何の関係もない会社(IT)だし、院卒の割合も少ないので
学部卒として採用してもらえないかなあ、なんて考えたりします。

実際どうなんでしょう?
経験者や人事部の方の回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

つらい状況にあるようですね。人事と人事関連企業に勤めた経験があり、また社会人大学院ではありますが修士課程を修了した立場から、回答させていただきます。ちょっと厳しいことを書きますが、お許しください。

ここで中退された場合、内定はおそらく取り消しになるだろうと思います。その理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、あなたが最初から「院卒見込み」の採用試験を通ってきていることです。新卒か新卒に近い場合、採用する側からみれば、最終学歴が「大学院中退」というのは「大卒」と同じではありません。

院卒と大卒の採用基準は異なります。一般的に院卒は「使いにくい」と考えられており、あえて院卒であることが役に立つ場合を除き、敬遠される傾向があります。つまり、院卒は上司より学歴が高い場合もあるし、実際に仕事には役立たない余計な知識(大学院での研究を、多くの企業がそう感じています)を身につけて、実務で「生意気」にも机上の空論を振り回すかもしれません。それに院卒にはそれなりの給与を支払わねばなりません。

それなのにあえて院卒見込みのあなたを採用したからには、修士号を持つ人間を採用することが、その企業のメリットになると判断したからでしょう。たとえばあなたの修士号が、IT関連のコンサル営業に役に立つ…と、先方は考えているかもしれません。

社会に出て何年もたってからの転職の場合には、「大卒」も「大学院中退」も変わらないと考える人事も多くなりますが(もちろん最後まで「中退者」は採用しない企業も有ります)、企業での実務経験がない(または、浅い)人間を選考する場合には、大卒で行なうことが可能な仕事内容には、最初から大卒見込みの人間を選考にかけるでしょう。

もうひとつの理由は、仮にあなたがここで中退した場合、内定先があなたの性格に疑いを持つだろうということです。

すなわち、あなたが「先に内定を取りながら、2年のうちに論文を書けなかった」「研究に楽しさも見いだせないので大学院を辞めてしまった」ことで、内定先の人事はあなたを「計画性がない」「やり始めたことを完了することができない」「すぐにやめてしまう」人間だと判断する可能性が高いです。

あなたを実際に働かせた場合、あなたが仕事も完了することができないという事態が起こるのではないか、仕事が面白くないと感じた場合(最初から面白いと感じる仕事を割り振られるのは、まれです)、あるいは仕事を期限内に完了できなかった場合に、さっさと会社を辞めてしまうのではないか…との懸念を、企業は抱くでしょう。

私としては、あなたが現状で可能な範囲で論文を仕上げて、提出することをお勧めします。修士の2年間で、満足できる研究結果を伴った論文を仕上げられる人は、それほど多くありません。多くの人は、2年という期限の中で研究が進まないことに悩み、それでもできるところまで進めていき、最後には言葉は悪いですが「見切り発車」で、提出期限にあわせて論文を仕上げています。というのは、研究というのは、すればするほど次々と課題が出てきてしまい、何時までやってもキリがないからです。

本年度に論文を提出して、口述諮問に備えるのが最良の方法だと思います。というのは、内定は、あくまでもあなたが来年の3月に修了した場合に効力を発揮します。留年では取り消しになると思います。そして中退でも取り消しになるでしょう。つらいでしょうが、頑張ってください。

つらい状況にあるようですね。人事と人事関連企業に勤めた経験があり、また社会人大学院ではありますが修士課程を修了した立場から、回答させていただきます。ちょっと厳しいことを書きますが、お許しください。

ここで中退された場合、内定はおそらく取り消しになるだろうと思います。その理由は大きく分けて2つあります。

ひとつは、あなたが最初から「院卒見込み」の採用試験を通ってきていることです。新卒か新卒に近い場合、採用する側からみれば、最終学歴が「大学院中退」というのは「大卒」と同じで...続きを読む

Q修士論文の発表が不安です…

工学部の修士です。
修士論文の発表があさってに迫っています。
ただ、どうしても不安です。

自分なりに、新規性を盛り込み努力もし発表練習も何度もやってきましたが
「努力不足だ。」と言われても返す言葉がありません。
担当教授からは「大丈夫。自信を持ってください」ともいわれるのですが
ふとした時に提出済みの論文のダメな点などが思い浮かんでしまい…
やっぱりダメです。

友達からは
「○○(私)は学校推薦でいいとこ決まってるんだから
 そんな人を落としたりしないよ。」
と言われているのですが、そんなことってあるのでしょうか?

「大丈夫ですよ」っていうご意見をいただきたいのも山々なのですが
そうではないご意見も現実として知っておきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

逆に教官の立場で考えてみましょう。

就職も決まっている、修論もそれなりに書けている、
そんな生徒をわざわざ落として、もう一年面倒見なければいけない状況に
わざわざするでしょうか。しかも直接の指導教官は合格させるつもりでいるのに。

頑張ってください。

Q修士論文が不合格だった場合について

私は現在国立大学の修士課程(大学院前期課程)2年生です。
数日前に修士論文を提出したのですが、正直申しまして論文のクオリティーがかなり低く、とても論文は通りそうにありません。
もし修士論文が不合格となってしまった場合はどうなるのでしょうか。
修士課程単位取得退学のといったような形で退学扱いになるのでしょうか?
それとも留年と言う形で大学に残り次年度にて再度修士論文を提出することは可能なのでしょうか?
それとも大学によって異なるのでしょうか?
以前、一度修士論文を提出した場合は2年間は論文が提出できないなどのお話を聞いたことがあります。
修士課程に2年もいるのに全くの無知でお恥ずかしいのですが、もしよろしければ教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

教授が修士論文の提出を許可したのであれば,論文は通ると思います.

留年して次年度に提出は可能です.
クオリティを上げれば,半年後に卒業などもあるかもしれません.
ただ,大学によって異なりますので,ここで相談するより教授に相談しましょう.

Q修士論文のミスで不合格?

修論提出後にデータのミスが見つかり、半分以上嘘のデータで修論発表した友人がいるのですが、修論が不合格になる可能性ってあるんでしょうかね?本人のミスとはいえ、捏造していたわけではないし結構まじめに研究していたので不合格にするのはかわいそうだなと感じるのですが・・・。(担当教授はこのことを知っているようです)

皆さんはどう思われますか?

Aベストアンサー

No.1でひとつ書き忘れました。

指導教員が提出前に下書きを読んでいたかどうかも,かかわってきますね。その段階でミスが見抜けず,提出にGOサインを出してしまったのなら,教員にも責任が生じます。

Q修士論文不合格って・・・

工学系の M2 の学生です。

修士論文の執筆をしていますが、もう一杯一杯です。
教授にも「知らないからね」と放置されていて、ほぼ一人で書いてる状態。

決して自分の論文で、新規性のあることをかけているのではありません。

既存の理論を、無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。

一応は形にはしてあります。
全部で 70 ページくらいは記述してきました。
図も、式も、一生懸命に書きました。

しかし、修士論文の審査に合格する自信はありません。


皆さんの身の回りで、修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?

「修士くらいなら落ちないよ」と他人が言うのは、ぜんぜん安心材料になりません。

修士論文に不合格になった工学系の学生さんの話があれば、参考に教えていただきたいです。

僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。

Aベストアンサー

私大教員です。
>ほぼ一人で書いてる状態。
書くのは1人ですよ。但し、教員は見る義務はあります。
>新規性のあることをかけているのではありません。
何らかの新規性は必要でしょう。
>無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。
音楽の意味はわかりませんが、こじつけが謙遜で、論理性があればよいと思います(論理性は必要です)。
>一応は形にはしてあります。
それでしたら、教員に見てもらうことです。
>修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?
理学部ではおりますよ。外部発表を科しておりますので、それが一度もないと不合格になりますし、実際になった学生はいます。
>僕は最後まであきらめずに書きつづけて、提出する意思はかたいです。
それでしたら修了できる可能性は高いと思いますよ。但し、教員から書き直しを指摘されたら、議論した上で、書き直す努力をすることです。それができれば修了の可能性は高いでしょう。
但し、学校によってハードルは違うので、そこのところはなんともいえません。私のところでは、査読付英文誌に1報は受理されることとなっておりますが、投稿できると教員が判断できれば、修了させています。原稿すらかけなかったら修了できません。

私大教員です。
>ほぼ一人で書いてる状態。
書くのは1人ですよ。但し、教員は見る義務はあります。
>新規性のあることをかけているのではありません。
何らかの新規性は必要でしょう。
>無理やり音楽にこじつけて書いた論文です。
音楽の意味はわかりませんが、こじつけが謙遜で、論理性があればよいと思います(論理性は必要です)。
>一応は形にはしてあります。
それでしたら、教員に見てもらうことです。
>修士論文の審査に落ちた工学系の学生さんはいますか?
理学部ではおりますよ。外部発表を科...続きを読む

Q大学院留年?

 大学では留年する人もけっこういるイメージなんですが、大学院では留年する人っているんでしょうか?仮に留年する人がいるとしたら、何%くらいでしょうか?また留年する人がいたら、理由などあるんでしょうか?

Aベストアンサー

理系の場合ですが、
留年が起こる理由は、主に「必要な単位が取れない」ということになると思いますが、この単位は「授業科目」「修士・博士論文の研究」に分かれます。

院の授業は、学部と違って概論的な内容が多かったり、レポート提出で単位が取れることが多いこと、必修科目はほとんどないことなどにより、単位が足りないということはほとんどありません。

また、研究については、修士の場合は、進み具合に応じて、できたところまでを論文にまとめようとさせますので、修士論文が完成しないということもなく、別の言い方をすると、無理にでも卒業してもらう形になっています。

博士課程は、学術雑誌への論文投稿などが博士の要件となっていることが多いため、研究を計画的に進めていないと学位の取得は難しく、留年あるいは中退することになります。

Q研究をする気が起きない

研究をする気が起きない

現在、大学院修士2年の学生です。

タイトルの通り、研究を進める気が全く起きません。
そろそろ修士論文に向けて本腰を入れて進めなければいけないのですが、研究室に行く気がでずに休んでしまうことも度々あります。

やる気がでない理由として考えられるのが、研究に対して全くと言っていいほど興味が無いことです。
単に逃げているだけだと思うのですが、実験などをしていてもこんなことやって何の意味があるんだろう、などと考えてしまいます。
学部時代に卒業研究をしながら、自分は研究に対して興味が湧かない、向いていないと薄々は感じていたのですが、その時点で既に進学が決まっており、そのまま大学院に入学してしまいました。

また、学部時代までは与えられたことをやっていれば良かったのが、大学院に入って、急に何をやっても自由、自分で何をやるかを決定しなければならない状況に置かれて、未だに適応できていないのも理由の一つではないかと考えています。

私の所属する研究室は非常に自由で、何時に研究室に来ようが自由、週1のゼミでの発表は任意、年に数回報告会がありますが、そこを乗り切れば最悪あとは何もしなくても何も言われません。

過去の質問を見てみると「研究はやる気でやるものではない」「仕事と思ってやるべき」などの回答があるのですが、上記のように強制力がほとんど働かない状況で自分を律することができず、つい楽な方に流れてしまいます。

親のお金で大学院にまで行かせてもらって、非常に甘ったれた考えであることはわかっているのですが、どうにもこうにもやる気が出ません。

修士論文の審査は厳しくないので、このままグダグダと研究をしていても卒業はできるかもしれないのですが、最近はやるべきことから逃げている自分に対して自己嫌悪の毎日です。卒業まであと半年、少しでも納得いく生活を送りたいと考えています。
既に就職は決まっており、退学は考えていません。

同じような状況を克服された方、また興味などなくても研究を進められている方など、どのような心の持ちようで研究を進められているのかアドバイスいただければ幸いです。

最後に、長文にも関わらずこの質問を読んでいただきありがとうございました。

研究をする気が起きない

現在、大学院修士2年の学生です。

タイトルの通り、研究を進める気が全く起きません。
そろそろ修士論文に向けて本腰を入れて進めなければいけないのですが、研究室に行く気がでずに休んでしまうことも度々あります。

やる気がでない理由として考えられるのが、研究に対して全くと言っていいほど興味が無いことです。
単に逃げているだけだと思うのですが、実験などをしていてもこんなことやって何の意味があるんだろう、などと考えてしまいます。
学部時代に卒業研究をしながら、自分...続きを読む

Aベストアンサー

本音
どこの大学院だろう?そんな大学院はつぶれてしまえ!
役にも立たない修士修了者を排出しないで欲しい。こんな学生がいるから修士修了学生が低く見られる。
やる気がなのなら辞めてしまえ!
修士なんて雑用係だよ。修士にそれ程価値はない。博士修了者だってそれ程の価値が有るわけではない。レベルが低い大学院が増えてきて、でもしか学生増加を嘆く。

建前
折角ここまで来たのですから、親の期待に背かない様に頑張りましょう。
やる気がない、たいした成果も出さないで修士の学位が頂けるのです。世の中はそれでも修士修了者と見なし一目置いてくれます。(駅弁大学の修了者はその傾向が薄いのも事実です)

今落後すると、これからの厳しさに耐えていけないかも知れない。鶏頭でもいいから自分が満足するように努力しましょう。社会は学歴と内容が見合っているかを判断します。見合ってないときは淘汰されますので、今の内に少し先の将来を目標にして欲しい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング