経理を始めたばかりの、超初心者です。
主人が、個人事業で工場を借りています。
工場で使用する機械類のために、動力設備工事(電気工事・使用できる電力を増やす工事)をしました。
これは雑費として処理してしまって、大丈夫でしょうか?
(関係ないかもしれませんが、金額は7万円くらいでした。)
よろしくお願いいたします。

A 回答 (3件)

10万円以下の場合は、


雑費、もしくは修繕費、もしくは補修費など、
資産にならない修理関連の費用なら、なんでも
大丈夫です。

10万円を超えるといろいろあるのですが。
    • good
    • 0

10万円以下であれば、支払時の経費として処理でき「修繕費」でも「雑費」でも問題ありません。



ご質問には直接関係ありませんが。
10万円を超えて20万円以下の場合は、固定資産に計上して3年間で均等償却することになります。

又、30万円以下で青色申告をしている場合は、固定資産に計上した上で、一括して減価償却をすることが出来る特例があります。

税制上の特典のある青色申告は、開業後2ケ月以内に税務署に申請する必要があります。
青色申告については、参考urlをご覧ください。

又、お近くの商工会か商工会議所(地域によっていずれかがあります)へ行くと、無料で記帳の相談や指導を受けることが出来ます。

こちらも参考になります。
http://www.otasuke.ne.jp/

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/2070.htm
    • good
    • 0

雑費ではなく、修繕費(金額が少ないので)でよいのではないかと思います。



資産価格と比較して金額が多い場合は、資産(原価償却資産)価値(資産価値や耐用年数など)が変わることになる場合があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勘定科目について

このたび、当法人で、デジタルカメラを購入したのですが、適当な勘定科目をお教え下さい。
価格は、4万円程度です。
もう、一件、電話配線工事費の勘定科目もお教えいただけますでしょうか。
こちらの工事費は、1万円程度です。
宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

こんばんは。(^^)
5万円以上の場合の処理について、更にお尋ねでしたので、ご参考になれば…。
正確には、5万円以上ではなく次のようになります。
ちなみに、下記1や3に該当する場合は皆さんがお答えになっているように「消耗品費」で処理されればよろしいかと思います。
逆に、下記金額以上の場合や2の場合は「器具備品」などの固定資産の科目として計上します。

1.少額減価償却資産
 取得価額が10万円未満の減価償却資産は、購入年度の必要経費にできます。
2.一括償却資産
 10万円以上でも20万円未満なら、一括償却資産として3年間で3分の1ずつ経費にできます。
3.中小企業者の少額減価償却資産の特例
 中小企業者、青色申告者、H15.4.1~H18.3.31に取得という3要件を満たす必要がありますが、30万円未満の減価償却資産をその年度の経費にすることができます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報