たくさんの方々が質問されていらっしゃるのですが、全く同じ事例を見つけることがてきなかったので、私の場合はどうなのかわからず、同じような質問になりますが、どなたかわかりやすい回答をいただけたらと思います。
今年に入って土地を購入し、現在建物も建築中で、年内入居・10年間の住宅ローン控除をねらっています。
借り入れ額などは次のとおりです。
1 3800万円の借り入れですが、私が連帯債務として1000万円の収入合算をします。
2 自己資金は、主人1000万、私500万
3 土地の登記割合は、主人8、私2
4 建物の登記割合は、主人7、私3
5 私の収入は、融資申込みの時に産休中で減っていたため、1000万でしか合算できなかった。 産休中でない時の収入は、2倍くらい

2人ともが正社員として勤務しているため、できるだけめいっぱいローン控除されるように合算額を決めたかったのですが、産休がひびき、予定より私の借り入れ額がぐっと少なくなってしまいました。実際の収入額でいくと、3800万に対して私の合算額がもっと多い割合にできたと思いますし、そうすると出資割合で決まる持分ももっと違う割合にできたと思います。持分が変われば、ローン控除額もかわる・・・
一番知りたいのは、こういう状況でも、持分を合算額から考えるよりたくさんつけるとダメなのでしょうか? 贈与になるのですか?
それから、税務署で問い合わせをしたところ、土地と建物で登記割合が違うなら、それぞれで計算します。と言う事なのですが、借り入れ額のうち、いくらが土地分で、いくらが建物分、なんて、ローン残高証明にはでてくるのでしょうか? ナゼ?どうして?ばかりでごめんなさい。そして、ややこしい上に長くなってすみません。
どなたかよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず第一に確認すべきことがあります。


借りるところは住宅金融公庫でしょうか?

以下その前提で考えます。

いま総額は5300万円ですね。そのうち土地が2800万円で住宅が2500万円とします。まず持分比率がご質問の場合は、

夫の土地:2240万円
夫の家:1750万円
妻の土地:560万円
妻の家:750万円

となります。したがって、

夫の総額:3990万円
妻の総額:1310万円

となります。ここから各自の自己資金を差し引くと、
夫のローン:2990万円
妻のローン:810万円
となります。これがローンの各自が返済すべき残高となります。
比率にして夫は78.7%、妻は21.3%ですね。

住宅金融公庫からは残高証明書は2人分送られてきます。そして、その残高はどちらもローン残高の総額となっています。

で、そこから、その年の互いのローン支払い金額の割合=78.7:21.3に応じてお互いにローン控除額を分けます。

そして各自が申告すればOKです。

「ローンを借りるときの審査基準での収入合算は関係ありませんのでご注意ください。」

なお、実際のローンの返済の割合が上記で計算した値と異なった場合は、それは一方から一方への贈与となります。ただし年110万円以内であれば贈与税はかかりません。

さて、先ほどの前提条件である住宅金融公庫以外から借りている場合は、かならずローン残高証明書を各人それぞれ一枚発行してもらえるかどうかを確認してください。
もし2人で一枚しか発行してもらえない場合は、ローン控除を受けられるのは残高証明書に記載されている人だけです。

この回答への補足

借り入れ先は、住宅金融公庫の財形住宅融資1本です。土地と建物、それぞれで計算して、その結果、主人と私の総合的な借り入れ割合が決まるのですね。
「ローンを借りるときの審査基準での収入合算は関係ありませんのでご注意ください。」 というのは、審査の時点で収入合算は関係なかった、つまり、主人一人の収入で、申請した額の審査が通ったと考えていいのでしょうか?「」内の意味をとらえ違えてたらすみません。

補足日時:2003/10/30 11:17
    • good
    • 0

>主人一人の収入で、申請した額の審査が通ったと考えていいのでしょうか?


いえ、審査の場合は収入合算が効果がありますね。
ただ、収入合算で計算するご質問者とご主人の収入比率=ローンの各自の持分比率ではないということです。

ですから、ローンの持分比率は自己資金と物件の持ち分比率で自動的に決まる収入合算比率とは別個のものであるということです。

主語が抜けてわかりにくくなってすいません。

あとは、実際にご質問者とご主人で返済したい希望の比率があれば、それにあわせて今度は逆に土地と建物の持分比率を変更すればよいかと思います。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度にわたる、丁寧なご回答、本当にありがとうございました!! とってもわかりやすく、きっと主人も喜ぶと思います。 税金納めることは大事ですが、返ってくるならたくさんの方がうれしいですものね。 しっかり考えて、うまく持分をつけたいと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2003/10/30 15:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング