ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

経理を自力でやっている、素人経営者です。
外注業務として行った作業について、発注先より売掛金として振込み入金されるのですが、その中に個人的に立て替えた文房具代や交通費が一緒に振り込まれてしまいます。
すべてを売り上げとして処理すれば簡単なのですが、課税対象となってしまい、また無用な法人税や消費税が掛かることになるため、できれば別に仕訳をしたいと考えています。
現在使っている経理ソフトでは「諸口」のような入力方法ができないため、困っています。
請求時には売掛金として、「売上」、「交通費」「立替金」の3つに分けて仕訳を行っているのですが、入金時に普通預金に一括して振り込まれた後の仕訳方法がわかりません。
そのままでは当然ながら、「交通費」と「立替金」がマイナスになったままとなってしまいます。
また、立て替えた交通費と文房具代は、後日個人として会社へ請求して支払いを受けることになるので、個人の立替金を一旦会社へ預ける形になり、会計上問題がないか不安です。
素人にもわかりやすいアドバイスをいただけないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

交通費は、会社が中抜きとか増額とかせえへんと、受け取った金額をそっくり渡すのやろ?ほいだら、仕訳に交通費そのものが出てこなくて一向に構へんのよ。



税務署に対しては、そのとおりで、請求書とか見せろ言われたら出せばええ。

請求については、別個にせんでもええよ。一括で請求して構へん。内訳書とか内訳欄とかで内訳が分かれば十分よ。

既に仕訳で分かりやすいんが出とるもの、そちらの回答さんも参考にしてな。「預り金」か「未払金」かは、きっちり言うと契約内容とか関わってくるけどこだわる必要ないもの、どっちゃでもええ。あなた自身で分かりやすいほうを選んでええよ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
よくわかりました。
会社設立以来、税務調査されたことがなく不安でしたが、ちょっと安心できそうです。
もっともっと経理の勉強をしないといけませんね。

お礼日時:2012/02/07 08:47

No.3です



追加質問も内容からすると、実際に立替えた実費分をもらうとは限らないわけですね。

それなら、実際払った金額を「旅費交通費」
受取った旅費は「旅費」という項目の「売上」ですね。

消費税課税事業者の1000万円の判断や、簡易課税の売上のことを考えると、売上以外の項目にしたいのは理解できますが、この場合は無理があるようですね。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

tamiemon96さん、ご回答ありがとうございます。
そうですか、やはり無理がありますか。
他の方の回答のように、未払い金や預り金としてその都度ぴったりの金額で清算する以外になさそうですね。
課税業者になることと、どちらがメリットあるかもう一度検討してみます。

お礼日時:2012/02/09 18:38

文房具代5万円と交通費10万円を貴方が立て替えて、65万円の請求を他社に出すという設定として。



ア)いちばんシンプルな例
・65万円の請求をしたとき
売掛金 650,000   売上 500,000
            未払金 150,000

・65万円が振り込まれたとき
普通預金 650,000 売掛金 650,000

・貴方が立替えていた費用を会社が貴方に現金で支払ったとき
未払金 150,000  現金 150,000

イ)「立替金」を使う場合
・15万円を立替え、その分も含めて65万円の請求をしたとき
立替金 150,000  未払金 150,000
売掛金 500,000  売上 500,000

・65万円が振り込まれたとき
普通預金 650,000 売掛金 500,000
            立替金 150,000

・貴方が立替えていた費用を会社が貴方に現金で支払ったとき
未払金 150,000  現金 150,000

>すべてを売り上げとして処理すれば簡単なのですが、課税対象となってしまい、また無用な法人税や消費税が掛かることになるため・・・

そんなことないですよ。
売上にそのまま法人税や消費税がかかるのではなく、益金から損金を引いた所得に「法人税」がかかります。仮受消費税から仮払消費税を控除した額が貴方が負担する「消費税」というのが基本です

ウ)請求額をすべて売上に含める場合

・貴方が費用を立替えたとき
旅費交通費 100,000   未払金 150,000
事務用品費  50,000

・相手に請求したとき
売掛金 650,000 売上 650,000

・入金があったとき
普通預金 650,000 売掛金 650,000

貴方が立替えていた費用を支払ったとき
未払金 150,000 現金 150,000

むしろこのほうが一般的かもしれません(特に実費に手数料を乗せて請求している場合など)
その場合でも、売上65万に直接的に法人税がかかるのではなく、費用(上の例では文房具代5万、交通費10万)を引いた額50万にかかるのです。(実際はそう単純ではないのですが、話をわかりやすくするため)。消費税も同様です。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

大変わかりやすい回答をいただき感謝します。
売上に対する課税の件ですが、当社は零細で課税売上が1千万円ギリギリになることもしばしばです。
そのため、ぎりぎりなら課税事業者になりたくない、との思わくがあるのです。
経費のうち、交通費の占める割合が多いため、売上から除外できればいいな、と。
法人税などは経費を引いた利益にかかることは一応わかっているつもりです。

お礼日時:2012/02/06 17:08

個人の立替分が会社に入金されて、その後で会社が個人に支払う、いうことやね?ほいで、会社での仕訳を知りたいいうことやな?



ほいだら、会社に入金されたときは「預り金」で計上するんがベストや。売掛金の相手を「売上」と「預り金」の2つに分けるちうこと。ほいで、個人に支払うときに「預り金」を借方計上すれば、チャラになる。

「預り金」の代わりに「未払金」を使うてもええ。

あと、個人の立替分をいったん会社が預かること自体は、特に問題ないで。

この回答への補足

なるほど!
預り金で計上すればいいんですね。
「預り金」の中身、「交通費」と「立替金」はとくに表現せず、税務署に聞かれたら請求書を見せればいいんでしょうか。
また、個人に支払う時も他の通常の立替金のように「交通費」とか「事務用品」とかではなく、「預り金」で支払うんですね。
そうすると他の清算金とは別に請求することになるんですよね。
経理上はこの件に関しては「交通費」という項目が一切表れなくなりますがいいんでしょうか。

補足日時:2012/02/06 16:31
    • good
    • 1

交通費や立替金は売上計上しないなら、発生時に、



 立替金 10万円 / 現金 10万円  (交通費を払ったときに立替え計上ということです) 
 立替金  5万円 / 現金  5万円

などと仕訳すればOKでしょう。



通帳入金時に

 普通預金   50万円 / 売掛金 50万円
 普通預金   15万円 / 立替金 15万円

これで合いますよね。

この回答への補足

ご回答、ありがとうございます。
発生時に 「立替金10万 / 現金10万」のように仕訳すると、実際に会社の現金から10万円出金していないと残高が合いませんよね。
あくまでも会社としては発生時に 「立替金10万 / 売掛金10万」とし、入金時に「普通預金10万 / 立替金10万」ではだめでしょうか。
個人に対しては、通常の立替経費として他のものと一緒に会社へ請求することにしたいのですが。
とんちんかんな質問をしているようでしたら、申し訳ありませんが聞き流してください。

補足日時:2012/02/06 15:59
    • good
    • 1

交通費はさておいて文房具代をお客様に請求できるものなのでしょうか?…との素朴な疑問がありますが、それはさておいて考えてみましょう。



MURAQさんが誤解されているのは、次のようなことではないでしょうか?
立替金や交通費は支払いをした際に既に発生していますので、請求の際に新たな取引が発生するわけではありません。
もちろん、お客様から入金された際には、それらはマイナスになり債権の回収が完了します。
但し、それらの経費をMURAQさんが会社に代わって支払いをされているため、会社には見掛け上取引が発生していません。
仕訳で示しますと…

1.MURAQさんが経費を立替えた際(会社の仕訳)…多分、この部分が認識されておらず後日清算されるところに問題がありますね。

(立替金)〇〇〇(未払金)〇〇〇

※上記の仕訳を分解しますと…
立替金(会社の保有する債権)~会社がお客様が負担すべき経費を立替えて支払っているもの
未払金(会社が負う債務)~MURAQさんが会社に対して上記の経費を一時的に支払ったもの

2.会社がお客様に請求する際

(売掛金)×××(売上高)×××
(未収入金)〇〇〇(立替金)〇〇〇

※二段目の仕訳は必ずしも必要ではありませんが、決算期末にはこの状態で残高が残った方が望ましいです。

3.お客様からの入金時

(現金預金)×××(売掛金)×××
(現金預金)〇〇〇(未収入金)〇〇〇

以上の仕訳でおわかりになると思いますが、立替経費がMURAQさんの会社の課税売上高や利益に加算されることはありません。
但し、立替え経費の清算方法には少々問題があるかもしれませんね?
どういうことかと云いますと、後日個人として会社に請求されるとありますが、多分給与の支払いの際にということなのだと思います。その場合に、売上の締日と給与計算の締日に差異があると、立替経費の発生時点によってはお客様への請求から洩れる可能性があります。
また、現状は立替経費の発生時点を会社が認識できていない状態と見なされる可能性があり、拡大解釈すれば個人的な支出を請求しているのではとの誤解が生じかねません。
個人的な立替経費の清算は、その都度とされた方がよろしいかと思います。

以上のようなところで如何でしょうか?
    • good
    • 0

無料相談ができる税理士にでも相談しましょう。


なぜ、交通費と立替金がマイナスになるのかを始め、質問文の意味が理解不能ですし、相手方に、二重請求されているように思います。
個人宛のみに請求すべきことで、会社宛への請求は厳禁行為かと思います。

この回答への補足

私の質問の仕方が悪いようですね。
例えば、依頼された業務費用が50万円で交通費が10万円、立替金が5万円とすると合計65万円を先方に請求し、50万、10万、5万をそれぞれ別々に仕訳して合計65万円の売掛金を計上します。
翌月先方から65万円振込み入金されると、売掛金としては相殺されますが、交通費、立替金がそのままマイナスとなって残ってしまうということです。
先方(発注者)としては交通費も雑費も業務費用として一緒くたに支払った方が楽なんじゃないかと思います。
先方の社員と同じように、交通費と雑費は業務費とは別に清算してもらえばいいんですが、それはそれでお互い面倒ですので。

補足日時:2012/02/05 22:01
    • good
    • 0
この回答へのお礼

稚拙な質問にお答えいただきありがとうございます。
もう少し勉強してみます。

お礼日時:2012/02/06 15:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請負先への交通費実費請求は売上となってしまうのか

請負先で当社社員が業務を行っています。そこで発生した交通費実費分は、当社を通じて請負先へ請求し、受領分を当社社員に支払っています。
この場合、この交通費実費は当社の売上となってしまうのでしょうか?
それとも、売上は請負金額のみで、交通費実費は売上には算入されないのでしょうか?
算入されないなら、請求時と、相手会社からの入金時、及び社員への支払い時に、どのような仕訳を行えば良いでしょうか?

Aベストアンサー

請求書などに、交通費の内容が具体的に詳しく書かれ、しかも主要な交通費の受領証の写しを保存しておくことが出来るならば、そして交通費の合計額と請求額が一致しているならば、請求の内容を「立替金の精算」として会計処理できます。また税法上も、「立替金の精算」として認められます。つまり、売上にする必要はありません。

この場合は、
(1)交通費実費を支払った時点で、
〔借方〕立替金оооо/〔貸方〕現金оооо

(2)請負先から入金した時点で、
〔借方〕当座預金оооо/〔貸方〕立替金оооо

しかし、請求額が交通費の合計額よりも多い場合は、交通費の実費に利益を上乗せしたとみなされるので、請求額は売上にせざるを得ません。

Q売掛金と立替金

商品   100,000
ケース代 50,000 (複数回利用の為、非課税・立替金とする)
これを
  売掛金 150,000  /  売上高 100,000
            /  立替金  50,000
として処理しています。
この分の支払いを受けた時
  現金 150,000   /   売掛金 150,000 
としているのですが、これでいいのでしょうか?
立替金の処理が間違っているように思うのですが。
前任者の仕訳でよく理解できません。ご指導宜しくお願いいたします。   

Aベストアンサー

合っていると思いますよ。
まず商品を80000円で買ったとしましょう。

買った時の仕訳
商品/現金  80,000円  商品代
立替金/現金 50,000円  ケース代 (非課税)
    ↓
商品を売った時の仕訳
売掛金/売上 100,000円 商品代
売掛金/立替金 50,000円  ケース代(非課税)
    ↓
代金を受け取った時の仕訳
現金/売掛金  150,000円 (もちろん非課税)

仕訳に間違えがなければ立替金が綺麗に消えていくハズですが・・・
☆ただし、これはケース代を立替とする場合のみです。ケースを商品として販売するときは仕入時、売上時に課税する必要があります。

Q立替費用の実費請求とその入金仕訳について

提携企業の商品案内や告知DMを提携企業の代わりに弊社がお客様へ発送した際の実費発送費を提携企業へ請求しました。
この入金時はどのように仕訳処理をしたらよいでしょうか。
現在は、実費請求であれば弊社で計上した「経費のマイナス」仕訳としており、色をつけて、または概算請求であれば「雑収入」としています。ただ、実費請求といってもその根拠が明らかにされているわけではなく、担当者からの口頭レベルです。
以前、どこかで、経費マイナスの場合は、支出額を証明する帳票類が必要と聞いたことがあります。
実際、高額なものも発生しており、仕訳の違いで利益管理も異なってくるので心配となりお伺いいたします。
また、請求する際に、実費+消費税とした場合は経費マイナスはできないことになるのでしょうか。
細かい内容で申し訳ありませんが教えてください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

経費のマイナス(本質的には立替金)とするか、雑収入(本質的には手数料収入)とするかは、元の契約内容ないし合意内容によるべきこととなります。

完全な実費請求で合意していれば、それは通常、立替契約が締結されたと考えていいでしょう。この場合、立替金計上となります。決算時において、売上高に比べて金額的重要性に乏しければ、立替金勘定を通さず経費のマイナスとしても構いません。

完全な実費請求ではなく、または完全な実費請求でも立替契約といえそうにないときは、通常、独自に設定した発送費用を請求する契約が締結されたと考えていいでしょう。この場合、その全額が手数料収入となります。決算時において、売上高に比べて金額的重要性に乏しければ、雑収入に計上しても構いません。

このほか、完全な実費部分につき立替契約、上乗せ部分につき手数料を請求する契約が締結されたと考えられる場合もありえます。この場合、立替契約部分については立替金(ないし経費のマイナス)、手数料契約部分については手数料収入(ないし雑収入)に計上することとなります。

概算請求のときは、後で精算されるかどうかがポイントになるでしょう。精算されるのであれば後日精算方式の立替契約になるかどうかを検討し、されないのであれば独自設定発送費用または上乗せ手数料と考えるべきでしょう。

また、実費には消費税が含まれているため、実費+消費税としたときは、完全な実費とはいえません。

契約内容などの仕訳の背景・根拠をベースにし、事務負担を考慮しつつ、仕訳処理を決定してはいかがでしょう。


それから、証憑類については、税務対策だけでなく、株主対策の観点からも、社内体制強化の観点からも、出来るだけきちんと揃えるのがよいといえます。

支出額を証明する証憑の要否については、経費マイナスのときに限らず、支出全般について原則として必要です。特に、多額のときは必須といえます。少額のときは要求度が高くないものの、少なくとも担当者の述べる金額の算定根拠についての書面は、あったほうがいいでしょう。

経費のマイナス(本質的には立替金)とするか、雑収入(本質的には手数料収入)とするかは、元の契約内容ないし合意内容によるべきこととなります。

完全な実費請求で合意していれば、それは通常、立替契約が締結されたと考えていいでしょう。この場合、立替金計上となります。決算時において、売上高に比べて金額的重要性に乏しければ、立替金勘定を通さず経費のマイナスとしても構いません。

完全な実費請求ではなく、または完全な実費請求でも立替契約といえそうにないときは、通常、独自に設定した発送...続きを読む

Q取引先への立替金の請求書

個人事業主(デザイン業)です。取引先から受注した仕事の一環で物品の購入費を立て替えました。
この取引先へは通常、デザイン料に消費税を加えて請求し、
そこから10%の源泉税を差し引いて入金してもらっています。
そこで本題ですが、
物品購入分の立替金の請求についてお聞きしたく
ご存じの方がおられればご回答願えますでしょうか。

質問【1】
消費税込み10,500円(物品代10,000円+消費税500円)の立替金の請求をする場合は、単価を10,500円として消費税は加えず、源泉税も差し引かない請求書にするべきなのでしょうか?

質問【2】
消費税を加算し源泉税を差し引きしてもらう請求書と一緒にして欲しいと言われた場合はどのように処理すればよいのでしょうか?
単価を11,111円にして消費税555円を加えてから源泉税1,111円を差し引くのでしょうか?

1、2とも当方に手取りで10,500円が入金される請求書の書き方を教えてください。

Aベストアンサー

>受注した仕事の一環で物品の購入費を立て替えました…

受注した仕事と密接に関係するものなら、立替金ではなく「仕入」または「経費」でしょう。
どんな内容の買い物かよく分かりませんが。

質問【1】

あくまでも「立替金」とするなら請求書など書かずに、そのお店の納品書や請求書をそのまま提出します。
お金をもらったら、そのお店の領収証を渡します。

質問【2】

これはまさに立替金ではなく、あなたの売上げを構成する原価の一部という考え方ですね。
仕入れ値を明かす必要はなく、1割でも 2、3割でもマージンを上乗せして請求します。

Q帳簿および青色申告時の立替金の記載に関して

当方、個人事業主で青色申告を行っています。
基本的に、普通預金で行っていて、現金の取り扱いはありません。
今回、仕事関係者のために、代わりにある商品を普通預金からの振込によって購入して(立て替えて)、後日、立て替えた分をその口座に振り込んでもらうことになっています。
(1)その場合、私は何の科目においてその立替金を使い、後日戻ってくる振込額に関しては、売上ではなく何と書くべきか、分からずにおります。
(2)また、青色申告時、経費の欄には、自分で何か科目を追加して処理できそうですが、振り込まれたものに関しては、売上以外に記入欄はなさそうに感じるのですが、やはり、どこでどのように記載すべきか、分からずにおります。

大変恐縮ですが、以上の2点、ご存知の方がいらしたら、教えて頂けましたら助かります。
どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

勘定科目は、ズバリ立替金です。
1.支出時の仕訳
借方     貸方
立替金○円  普通預金○円
2.回収時の仕訳
普通預金○円 立替金○円

申告上は、ごらんのとおりプラスマイナス0円です。
決算期をまたがない限り、計上する必要はありません。

Q交通費を含む、売掛金請求について

売掛金(交通費を含む)を取引先に請求をしたのですが、
どのように仕訳を行えばよいのでしょうか?
作業に対する代金には、消費税が含まれますし、
交通費は非課税なので。。。
また、回収時の仕訳も教えて頂けると助かります。
以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

交通費が非課税ってことは???
海外か何かで免税ってことでしょうか?

契約内容にもよると思いますが、
交通費も含んで契約しているなら
売掛金/売上(交通費まで含んだ金額)
入金時は現金/売掛金です。
交通費は客先実費払いってことであれば
売掛金/売上(交通費含まない)
で、交通費は立替え払いしているでしょうから
(支出時に立替金等/現金)
入金時に現金/立替金等でいいのではないでしょうか?

Q社員に立て替えてもらっている状態の仕訳方法

社員が、新聞図書費、旅費交通費、事務用品費、消耗品費などに該当する費用を社員が自分のお金で一時的に立替ている場合はよくあると思いますが、
この仕訳はどのようにするのでしょうか?

あるいは、消耗品資産勘定の場合はどうなるのでしょうか?

また、最終的に、社員が自腹のまま会社に費用請求しないままになった場合はどのように処理するのでしょうか?

(非常に基本的な仕訳だと思いますが、ネットで調べてもわからなかったのでこちらにて質問させていただきました)

Aベストアンサー

社員の立替費用は仮払していない時は
支出承認願で請求されてきます。
よって、社員に支払う時点で費用に計上されます。

○○費  /  現金

備品等の資産勘定の場合は
納品(発生)した時点で

備品  /  未払金

立替者に支払った時点で

未払金  /  現金

となります。

「最終的」とはどう言う意味か不明ですが、
社員が請求しなくても、支払うように準備し、引き換えに領収証を受け取ります。
退職され、居所が判らないなどと言うことでしたら、

未払金  /  雑収入

とするしかないでしょうね。

Q売掛金と立替金

経理初心者です。
ご指導宜しくお願いします。
売掛金 1,000,000 / 売上高 1,000,000
立替金   10,000 / 売掛金   10,000
受取手形  10,000 / 立替金   10,000

売掛金の中に立替金が含まれていた場合、上記のような仕訳でいいのでしょうか? この仕訳だと立替金までが売上高に上がってしまうと思うのですが。

Aベストアンサー

間違ってました(^^ゞ
売上 1,000,000です。

最初から仕入であがってたんですね。

であれば、単純に立替金勘定というものが必要なかったわけです。

仕入れて売上げるそれだけのことでした。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング