OCN光で最大124,800円おトク!

リン酸を水酸化ナトリウム水溶液で滴定しました。使用したリン酸は20mlです。NaOHは第一当量点で5.70ml、第二で11.85mlでした。塩基の濃度は0.1Mです。リン酸の濃度はどうやって求めるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

私も2週間程前に同じ実験をしました。

確かなことはいえませんが、参考程度に私はこうやって濃度を出したという方法を・・・

リン酸濃度をyとおく。
第一当量点になったときのNaOH量を使ってリン酸濃度をだす。
y× 20/1000 = 0.1×5.70/1000・・・(1)

第一当量点から第二当量点になるまでの、NaOHは11.85-5.70 で 6.15 ml だから
y× 20/1000 = 0.1×6.15/1000・・・(2)

(1)と(2)の平均値をだして、それがリン酸濃度になる。という感じでだしました。(これだと、0.03位になるとおもいます)

あっているかどうかわかりませんが・・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

お答えありがとうございます。レポート提出ギリギリに同じような答えがでました!安心です。2週間前というと‥‥なんだか同じ大学のような気がするんですが(^^;)まぁ分かりませんけど。本当にありがとうございました☆

お礼日時:2004/06/03 22:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くと

今週の化学実験の時間にリン酸を水酸化ナトリウム滴定し、滴定曲線を書くという実験を行いました。
その時の考察についてわからない個所があったので質問します。

リン酸…濃度未知 10mlを200mlビーカーにとり、蒸留水を50ml加えた
水酸化ナトリウム…0.1M 全部で40ml

考察
1)滴定曲線から第一、第二当量点をそれぞれ求め、リン酸濃度を計算する
  →当量点の方は問題ないのですが、それを濃度計算にどう用いればよいのか?
2)フェノールフタレインの変色点を求める。この値が、リン酸の第二当量点を求めるために適当かどう  かを評価する。
  →評価方法?
3)半当量点でのpHがpKaに等しいとしてリン酸のpK1とpK2を、滴定曲線から求める。
  半当量点とは? pKaとは? pK1 pK2の求め方?

提出が来週の火曜日なので、できるだけ早めに回答していただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

(2)

第2当量点のpHは、生じる 「HPO4^2-」の不均化反応、

2HPO4^2- ⇔ H2PO4^- + PO4^3-

が、他の反応と比べて特に進み易いので、[H2PO4^-]≒[PO4^3-] と見做せるから、

pH≒(pK2+pK3)/2 と近似できます。


これをP.Pの変色域と比較して評価すればよい気がします。

Qリン酸のモル濃度

市販のリン酸(85%)のモル濃度と規定度がわかりません。誰か優しい方教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

リン酸の式量濃度は約14.7Fで比重は1.69です。
分子量は98.00。
1L中に存在するリン酸の量は1690×0.85=1436.5g
よって1436.5/98=14.66
リン酸は3価の酸ですので約44Nとなります。

Q滴定曲線からpKaが求められる理由

0.02mol/LCH3COO30mLを0.1mol/LNaOH(0~12mLまで)で滴定して、NaOHの滴下量とCH3COOHのpHから滴定曲線を作成しました。
この滴定曲線から作図法で滴定終点を求めたのですが、pKaの概略値が滴定終点の1/2のNaOH滴下量の時のpHの値に等しくなる理由が分かりません。ネットで調べても、滴定終点の1/2の滴下量時のpHでpKaが出てくることすら見当たらないです。ヘンダーソンバッセルハルヒの式が関わっているそうなのですが、その式だけ見ても全く見当がつきません。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。


pKa=-log(Ka) 、Ka は酢酸の酸解離定数です。

% を表す式は、次の電荷収支から理論的に得られたものです。

[H^+]+[Na^+]=[CH3COO^-]+[OH^-]

[H^+]+Bx/(v+x)=AvKa/{(v+x)([H^+]+Ka)}+(Kw/[H^+])

[H^+]=Ka を代入、xをvで表して、x=f(v)。

当量点は、x=Av/B だから、100*f(v)/(Av/B) (%)



pKaが小さい程(酸として強い程)、50%の 1/2当量点 から手前にずれていく事が分かります。

Q当量点と中和点の違い

質問タイトルの通りですが、
「当量点と中和点は何がちがうのでしょうか?」
 (ちなみにwikipediaで調べたら
  当量点:全ての被滴定物質が反応し尽した時点とありました。)

どうかこの疑問に答えていただきたいです。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

回答としては #4 でいいと思いますが,そういうことなので,中和点という言い方を止めて欲しいと常々思っています.
どうしても中和=中性という感覚がついてまわり,#2,#3 のように思っている人は専門家や経験者であってもかなり多いと思います.
しかし,中和点を中性の点という意味で使う場合もあり得ます.たとえば,酸廃液を中和してから廃棄するときに,どれだけ塩基を入れるかとかいう場合ですね.分析化学的な意味での「中和点」ではなく,あくまでも中性にした点という意味で使われてしまいます.なので,酸塩基だろうがなんだろうが,当量点に統一して欲しいわけですが...まあ,無理ですかね...

Qリン酸のpH

0.015Mリン酸のpHを求めよ。K1=7.5×10^-3 K2=6.6×10^-8 K3=9.4×10^-13とする。この問題の解き方なんですが、K2・K3は非常に小さいので、第2段解離・第3段解離による[H^+]は無視して、第1段解離による[H^+]のみを考えて、[H3PO4]=C(1-α) [H^+]=[H2PO4^-]Cαとします。それから、K1=[H^+][H2PO4^-]/[H3PO4] この式からαを求めて[H^+]をだしてpHを求めればいいのでしょうか?また、この考えで合っている場合、1-α=1としていいのでしょうか?

Aベストアンサー

2段目以降を無視するのは,とりあえずOK.

> [H3PO4]=C(1-α) [H^+]=[H2PO4^-]Cα

これは変では?
解離度なんてものを使うから面倒なんで,解離平衡後の状況をひとつひとつ式にする方が確実.

> K1=[H^+][H2PO4^-]/[H3PO4]

まず,これは OK.
解離はわずかしかおこらないが,[H+] は事実上解離によって生成するものがすべて(水の電離は無視)とすれば,

[H+]=[H2PO4(-)]
また [H3PO4]+[H2PO4(-)] はリン酸の総濃度を意味する.

以上を連立させる.
電離度を使っても別にかまわないけど,多段解離まで考えに入れるときには間違いなく混乱に拍車がかかるので,上記のように考えられるようにすべきでしょう.

Qリン酸溶液の緩衝能について

リン酸を水酸化ナトリウムで滴定する実験をしたのですが、リン酸溶液が明らかにpH=7付近でpH緩衝能を示すのはなぜですか?

Aベストアンサー

リン酸の解離平衡は・・・

  H3PO4 ←→ H(+) + H2PO4(-) pK1 = 2.15
  H2PO4(-) ←→ H(+) + HPO4(2-) pK2 = 7.20
  HPO4(2-) ←→ H(+) + PO4(3-) pK3 = 12.33

 pH = 7 付近は pK2=7.20 近くですので,H2PO4(-)[NaH2PO4]と HPO4(2-)[Na2HPO4]の1:1溶液になっています。これは pH=7 付近になるリン酸緩衝液の組成にほぼ相当します。そのため,緩衝能を示します。

下記サイトの記述も参考になるかもしれません。

 ・http://www.gls.co.jp/tech/usage_of_hplc/p2_4.html
 ・http://forum.nifty.com/fchem/log/rika/1602_main.html

参考URL:http://www.gls.co.jp/tech/usage_of_hplc/p2_4.html, http://forum.nifty.com/fchem/log/rika/1602_main.html

リン酸の解離平衡は・・・

  H3PO4 ←→ H(+) + H2PO4(-) pK1 = 2.15
  H2PO4(-) ←→ H(+) + HPO4(2-) pK2 = 7.20
  HPO4(2-) ←→ H(+) + PO4(3-) pK3 = 12.33

 pH = 7 付近は pK2=7.20 近くですので,H2PO4(-)[NaH2PO4]と HPO4(2-)[Na2HPO4]の1:1溶液になっています。これは pH=7 付近になるリン酸緩衝液の組成にほぼ相当します。そのため,緩衝能を示します。

下記サイトの記述も参考になるかもしれません。

 ・http://www.gls.co.jp/tech/usage_of_hplc/p2_4.html
 ・http://...続きを読む

Q濃度計算!!

先日緩衛液とpHに関する実験を行いました。

0.1Mの水酸化ナトリウム水溶液を用いて、

リン酸水溶液との滴定曲線を描くというものなのですが、

その滴定曲線から滴定の終点(当量点)を読み取り、

その結果からリン酸水溶液の濃度を計算する、

というものです。

そこで、条件があって、リン酸は

H3PO4←→H(+) + H2PO4(-)
Ka1=7.1 ×10(-3乗)
pKa1=2.1

H2PO4(-)←→H(+) + H2PO4(2-)
Ka2=6.2 ×10(-3乗)
pKa2=7.2

HPO4(2-)←→H(+) + H2PO4(3-)
Ka3=4.8 ×10(-3乗)
pKa3=12.3

の3段階で電離することを考えなければいけないのですが、

本で調べても式の立て方が載ってないんです(泣)

どなたか式の立て方を教えてください!!

Aベストアンサー

#1のお答えのとおり滴定にpKaは要りません。
滴定曲線の傾きが一番急な場所を終点とします。

式は [ ] をその物質(化学種)の濃度として、
Ka1={[H+]*[H2PO3(-)]}/[H3PO3]=7.1*10^(-3)
です。
Ka2、Ka3の階乗部分は間違っています。Ka2は-8乗、Ka3は-13乗です。
pKa=-log(Ka)
ですから
Ka=10^(-pKa)
パソコンの「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「電卓」を開き「表示」で「関数電卓」にして、
10 「x^y」 7.2 「=」「1/x」とすると6.31*10^(-8)という値になります。
滴定曲線算出プログラムのサイトを添付します。
慣れないと使い難いですけど、人様の作品だから文句は言えない。水中の計算なのでpK3は寄与していません。そのため当量点は2つしか見えません。
<(_ _)>

参考URL:http://clustera.skr.jp/java-tcurve.html

Q理論値との違いの理由

塩酸、水酸化ナトリウム水溶液共に0.1、0.01、0,001、0.0001、0.00001Mの稀釈溶液をpHメーターを用いてpHを測定しました。
各水溶液とも理論値と若干ずれた値がでています。
それはなぜかわかるかたいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

単純 誤差があるから

図るのもすべて正確な値は表示しません
ある誤差を含んだ範囲しか測定できないのです

他には
・使用した水が純粋な水でなかった
・ビーカ等に付着物があった
・測定にミスがあった
・測定器の取り扱い方が正確でで無かった
 測定器によっては、つかう前に校正をしないといけない物もある
 電気をいれた直後は安定しない
 電気をいれて2時間後くらいに使用しないといけない
・精度がいるのに精度がない測定器をつかった
 なんかがあります

 たぶん 誤差ですね

例で書くと
 重さを量るとします

 誤差が±3%の測定器をつかうと

 正確な100gの物なら
 97~103gの範囲のどれかを値がでますけどね

Qリン酸の滴定

リン酸の滴定曲線に第2当量点までしかないのはなぜですか?リン酸は3価だから第3当量点まであるとおもっていたのですが・・・

Aベストアンサー

もちろん第3当量点もあります

でも等量点でのpH変化が小さすぎて、滴定では検出できないのです

Q当量点の計算方法を教えてください。

化学の実験で0.1mol/Lのリン酸緩衝液に3mol/Lの水酸化ナトリウムを滴下する実験をしたのですが理論的に第一当量点と第二当量点を求める方法がわかりません。
どなたか教えていただけませんか。
よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

体積などが一切書かれてないですので、わかる範囲で答えます。

第1等量点、第2等量点は実験によって求めます。
これを理論的にと言われると、NaH2PO4、Na2HPO4ができるところと
答えるしかありません。
すなわち、リン酸と水酸化ナトリウムの物質量が等しい点と、NaOHがその2倍の点です。
この濃度だと、H3PO4:NaOH=30:1のところです。


人気Q&Aランキング