親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

p-ニトロフェノールって炭酸ナトリウムで発色するんですか??
発色するのならなぜ発色するのですか??
詳しい方教えてください。お願いします!!

A 回答 (2件)

構造の変化に関しては、No.1のご回答に述べられているとおり、H+がとれてフェノキシドを生じるということです。



こうなることによって、共鳴系に大きな変化が生じます。
すなわち、H+が取れる前には、主としてベンゼン環上に分布していたπ電子が、ニトロ基や新たに生じた-O^-を巻き込んで非局在化することになります。
たとえば、ベンゼン環とOの間やベンゼン環とニトロ基由来のNの間の結合に二重結合性が生じ、下記のような共鳴型が大きく寄与することになるために、可視領域に吸収を生じ、黄色に着色することになります。
Hは省略してあります。少々わかりにくいかもしれませんが、ご容赦ください。
    C=C     O-
   /   \   /
O=C     C=N+
   \   /   \
    C=C     O-

上記のような共鳴型が生じる理由として、フェノール性の-OHからH+が取れたことが重要であるということです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

わかりやすい回答をありがとうございます!

お礼日時:2006/01/13 00:23

p-ニトロフェノールは変色域がpH5~7の酸塩基指示薬の一つです。


アルカリ性下では、脱水素されて、解離型となり黄色の発色となります。
発光機構 HIn ⇔ H++In-
解離型 O-C6H4-N(O-)2 (Oマイナスが2つになります)
実際の構造が知りたいようでしたら、URLのP.3をご覧ください
ttp://www.toyobo.co.jp/seihin/xr/product/dsg/newsletter/img/002.pdf
    • good
    • 6
この回答へのお礼

詳しい説明をありがとうございます!

お礼日時:2006/01/13 00:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニトロフェノールの酸性度のちがい

p-ニトロフェノールと、m-ニトロフェノールの酸性度のちがいについての根拠がわかる方いたら教えてください!!
pとoの差に関しては、oは分子内水素結合をするから、pよりも安定で水素が引き抜かれにくい。。。ということは教科書であったのですが、
mに関する記述は見つけられませんでした。

Aベストアンサー

H^+ が解離したフェノキシドを考えます.
ヒドロキシ基の O 上に負電荷があるんですが, これは共鳴によってベンゼン環に移ることができます. このとき, 負電荷が移るのは (ヒドロキシ基からみて) 2位と 4位, つまり o- と p- の位置になります.
従って, o-ニトロフェノールと p-ニトロフェノールではニトロ基の O が負電荷を持つような共鳴構造を考えることができますが, m-ニトロフェノールではそのような構造を書くことができません. 従って, m- は o- や p- より酸性度が小さくなります.

Qp-ニトロフェノールの構造式を教えてください。

p-ニトロフェノールの解離型と非解離型の構造式を教えてください。知っている方がいたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

フェノールはご存じですね。 C6H5-OHです。
ニトロ基は -NO2 で、これがフェノールのp位についたものです。
簡単に書くと、NO2-C6H4-OH
構造式は以下のURLを確認してください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/4-%E3%83%8B%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB

フェノールは弱酸性ですので、解離する場合はH+がとれます。
NO2ーC6H4-O-
このO-はベンゼン環と二重結合して共鳴安定化しますので、酸のカウンターイオンが
安定になるのです。

Q吸光度の単位

吸光度の単位は何でしょうか!?
一般的には単位はつけていないように思われるのですが。。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

物理的には、No.1さんも書かれているように吸光度も透過度も基本的に同じ単位系の物理量どうしの「比」なので「無単位」です。しかし、無名数では他の物理量、特に透過度と区別が付かないので、透過度は"透過率"として「%」を付けて表し、"吸光度"は「Abs(アブス)」を付けて呼ぶのが業界(分析機器工業会?)のならわしです。

Q酵素の比活性

 前にも似たような質問をしたのですが、よく分からないのでもう一度させていただきます。
 酵素の比活性でどのようなことが分かるのでしょうか?出来れば詳しくお願いします。

Aベストアンサー

比活性というのは、タンパク質あたりの活性と定義されます。
今、アルコールを酸化する酵素を測定するために肝臓をすりつぶしたとします。肝臓には数千種類のタンパク質がありますが、その中でアルコールを酸化する酵素はごく一部です。他のタンパク質は全然別の酵素活性を持っていたり、酵素ではないタンパク質だったりします。ですから、タンパク質あたりの活性を計算すると、分母が大きいから、比活性は小さい値がでます。ところが精製操作を行って、アルコールを酸化する酵素以外のタンパク質が取り除かれれば、分母は小さくなりますから、比活性は大きくなります。その大きくなり具合は、目的の酵素以外のタンパク質を取り除く操作、つまり精製操作の指標になります。完全に精製されれば、それ以上は精製しようとしても、比活性が高くならないはずです。誰かがある酵素をすでに結晶化して、そのような純粋な酵素の比活性を報告していれば、それとの比較で、自分の行っている精製操作がよいか悪いかがわかります。
とはいっても精製した酵素が一部失活すると、たとえば、半分が失活すると、タンパク質としては全部残っていますから元の値のままですが、活性は半分になったので、比活性は半分に低下します。つまり酵素の変性による失活の指標にもなります。

比活性というのは、タンパク質あたりの活性と定義されます。
今、アルコールを酸化する酵素を測定するために肝臓をすりつぶしたとします。肝臓には数千種類のタンパク質がありますが、その中でアルコールを酸化する酵素はごく一部です。他のタンパク質は全然別の酵素活性を持っていたり、酵素ではないタンパク質だったりします。ですから、タンパク質あたりの活性を計算すると、分母が大きいから、比活性は小さい値がでます。ところが精製操作を行って、アルコールを酸化する酵素以外のタンパク質が取り除かれれ...続きを読む

Q吸光度を算出したいのですが。

ある濃度のp-nitrophenyl palmitate(pNPP)を加水分解させて、最終的に加水分解されたp-nitrophenolがどれくらいの吸光度を示すかを算出したいです(計測する際、実験の都合上15倍希釈をしています)

自分なりに計算しますと
pNPP濃度=2.0×10^-4(mol/l)
pNPPのモル吸光係数=15.09×10^6(cm^2/mol)
よりLambert-Beerの法則より
15.09×10^6×1×2×10^-7÷15(希釈したため)≒0.2

となりました。
ただ、加水分解されてできるのはp-nitrophenolなのだから、そのモル吸光係数を用いて計算するのが正しいと思うのです。
でも、p-nitrophenolのモル吸光係数は

http://catalog.castle104.com/p/83939-new-england-biolabs-p-nitrophenyl-phosphate-pnpp-

を参照する限り、1.8×10^4M-1 cm-1らしいです。
これで計算すると、単位の次元は合わないし、無理やり計算すると恐ろしく低い吸光度が算出されます。
どちらが正しいのでしょうか?
後者の場合、自分は何を間違えているのでしょうか?

どなたかご教授お願いします。

ある濃度のp-nitrophenyl palmitate(pNPP)を加水分解させて、最終的に加水分解されたp-nitrophenolがどれくらいの吸光度を示すかを算出したいです(計測する際、実験の都合上15倍希釈をしています)

自分なりに計算しますと
pNPP濃度=2.0×10^-4(mol/l)
pNPPのモル吸光係数=15.09×10^6(cm^2/mol)
よりLambert-Beerの法則より
15.09×10^6×1×2×10^-7÷15(希釈したため)≒0.2

となりました。
ただ、加水分解されてできるのはp-nitrophenolなのだから、そのモル吸光係数を用いて計算するのが正しいと思うのです。
で...続きを読む

Aベストアンサー

単位を整理しましょう.濃度単位Mは,mol/Lです.一方,

>pNPPのモル吸光係数=15.09×10^6(cm^2/mol)

では,濃度単位としてmol/cm^3を使っています.さらに,

>1.8×10^4M-1 cm-1らしいです。

の方は,濃度はM単位ですよね.Mとmol/cm^3で,1000倍の違いがあります.したがって,0.2 mMのpNPPが100%反応してp-nitrophenolが生成すると仮定して計算すれば,

>低すぎる数値が算出されてしまいます。

とはならないと思います.ここまで理解してもらえたら,この件は落着すると思いますが.

Qパラニトロフェニルリン酸について教えてください

パラニトロフェニルリン酸の構造式を教えてください。
また、この物質の特徴とかもあったらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

済みません#1です。
既に#2様が示されているように、私が書いた構造は間違いで、
4-(p-)NO2-C6H4-O-PO2-OH
ではなくて
4-(p-)NO2-C6H4-O-PO(OH)2でしたね。
さて、売っているのはアルドリッチでは二ナトリウム塩6水和物、CASの4264-83-9 1g \7,600-

で元の酸はCAS 330-13-2
BUll. Chem. Soc. Jpn. 44巻 pp2741-44 (1971)
(日本化学会欧文誌ですからどこの大学にもあるでしょう、無ければ日本化学会で見て下さい)mp 156-158℃
pKa1=5.2、pKa2=0.3
だそうです。
バイルシュタイン、クロスファイアからの引用です。

なお#2様が示された
p-(O2N)-C6H4-P(=O)(OH)2
は、パラニトロフェニルフォスフォン酸のような気がするのですが、#2様いかがでしょう。

Q酵素の反応停止液について

酵素の反応停止液ってどうやってきめているのですか?酸性のものを使うときもあれば塩基性を使うときもあるし・・・。
今回実験で基質にp-ニトロフェニルリン酸二ナトリウムを使い、酵素にヒト胎盤ALPase/5mM炭酸緩衝液溶液を使って酵素活性に対するpHの影響について実験した時に、反応停止液に0.25M水酸化ナトリウム溶液を使用しました。
基質が塩基側に至適pHを持つからですか?ちょっと判らないので御願いします。

Aベストアンサー

酵素が反応するpHからはずれていれば酸性、塩基性
どちらを用いてもOKです。
今回の場合は、pNPの発色が塩基性側で黄色くなることから
水酸化Naを加えていると思います。

Q検量線に吸収極大波長を用いるのはなぜですか?

Fe(II)イオンのo‐フェナントロリンキレート錯体の吸光度を測定し、横軸にFe(II)イオンの濃度、縦軸に吸光度をとって検量線を作成するという実験をおこないました。

この際、波長は吸収極大波長である510nmを用いたのですが、吸収極大波長を用いる理由は何でしょうか?

吸収極大波長以外の波長を用いると、何か不都合でも生じるのでしょうか?

お分かりの方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、吸収極大波長を用いると感度が良くなります。よって、より低い濃度でも測定できます。
また、ノイズの影響を小さくする(SN比を大きくする)ことが出来ます。
あと、今回はおそらく関係ないかと思われますが、近い波長に吸収がさらにあると極大波長以外の場合、どちらの波長の吸光の影響が大きいか分からなくなります。


しかし、最大の原因は基本的に吸収極大波長で取るのが普通だからです。他で取ると、過去の知見を生かすことが出来ません。

Qモル吸光係数

o-またはp-nitrophenolのモル吸光係数が乗っているサイトまたは論文を紹介してください。また、一般の化合物の情報があるサイトも同時に教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

rei00 です。お礼拝見しました。

>これらの値は有機溶媒中でしょうか?
 やっぱりこの情報がいりますよね。回答時気になって探してみたのですが,明記されていませんでした。一般的には,nitrophenol 自身は水には溶け難いと思いますので,有機溶媒(メタノ-ルかエタノ-ル)中のデ-タではないかと思います。
 本文には元になった文献がありますので,そちらを御覧になれば出ていると思います。

>目的としては発色基質としての使用を考えていたので、400nm前後のデータが必要だったのです。
 その様な目的であれば,モル吸光係数よりもスペクトル集のようなものを探された方が良いかも知れません。
 簡単なものでしたら,有機化学や機器分析の教科書を御覧になればのっていると思います。

Qニトロフェノールのオルト体とパラ体

 ニトロフェノールのオルト体とパラ体では沸点が相当違いますよねぇ・・・。ニトロ基の場所の違いがどうして沸点の差に結びつくんでしょう?沸騰するっていうのは蒸気圧=外圧になるってことですよねぇ。となると、パラ体の溶液のほうが外圧が高くなるってことでしょうか?それとも蒸気圧が低くなるのでしょうか?でも、なんでニトロ基の場所が違うだけで、そんなことが起こるノー--?
 教えてくださいっっ!!寝れません!!

Aベストアンサー

原因は分子間水素結合をするか、分子内水素結合(キレーション)をするかです。
パラの場合はニトロ基と水酸基が分子の間で水素結合しますので。沸点は高くなります。見かけの分子量が上がるわけですね。
しかし、オルト体では分子模型を作って頂くと良く分かるのですが、水酸基とニトロ基はとなりあい、分子内の官能基で水素結合を起こします。この現象をキレーションと呼びます。このためオルト、パラと比べて分子単体でいる確率が高くなります。ゆえに他の二つと比べて沸点が下がります。
この現象で同様に溶解度の説明も出来ます。溶解するためには、水和する必要があるわけですが、先の理由によりオルト体では水酸基が水和できない状態になっています。従って溶解度が下がります。パラとメタの差については電子の吸引で説明できます。パラの方がより酸性に傾くわけです。
なお補足ですが、確かパラ体では沸点がなかったのではないでしょうか?その前に分解してしまうはずです。


人気Q&Aランキング